人気ブログランキング |

a rainy day, dreaming of rain

雨の日の今日は、朝から、雨雲から雨が降る、雨の日で、空は、終日雨空だったのが、今日という日です。

朝から頭が頭痛なので、お許しを、と言いたいのですが、おかげさまで、お昼過ぎから頭の頭痛は消えました。

英語では、live a life なんて言い方しますけどね。

アルファベット・オーダーのウォークマンは、Wに差し掛かっているのですが、Whippin' Post が登場してきました。既に、2時間以上、色んなヴァージョンが続いています。どれも同じといえば同じ。違うといえば違う。
もちろん、Duane Allman がいるときとそうでないとき、リユニオン後は、違いますけどね。
Chuck Levelle がピアノでリードするヴァージョンなんていうのもあります。

Gov't Mule もそうですが、Dave Matthews Band, Blues Travelers その他諸々、1990年代頃からたくさん出てきた、アメリカ南部のジャム・バンド系の認知度というのは日本ではどうなんでしょうかね。

ポール・ウェラーが来日したので見に行った、歩いていけるところだったからと知り合いが話していました。逆に、還暦ディープ・パープルが当地のようなドサまでやってくる。

私が初めて、「実演」(ライブではありません。)を見たのは、寺内タケシ・アンド・ブルー・ジーンズでした。実演の後は、もちろん映画で、「エレキの若大将」だったりしたのです。昔は、私の住んでいるような田舎の小さな町でも映画館が一軒あったのです。小学校4年生くらいだったでしょうね。

田舎の映画館なので洋画の週と邦画の週がありました。交互にあったのではなく、2ヶ月に一度くらい洋画がかかっていたのでしょうか。

バスに乗って隣の県庁所在地にある大きな映画館に行かないと封切が見られなかったのすね。中学3年生になって初めて一人でバスに乗るというような子供だったので、親父に連れられ映画を見に行きました。
怪獣映画を見たいな、ゴジラやモスラをと思ったのですが、親父は戦争映画、西部劇ファンでして。まあそのおかげで、「攻撃」以下のロバート・アルドリッチの映画を小学生時代に見ることができたのは、不思議言えば不思議です。
by nk24mdwst | 2009-04-14 18:32 | 音楽


<< two men from th... a reason to be ... >>