人気ブログランキング |

snow in march

昨日の夜中から、雪が降りました。例年、この高校の入学試験の時期には雪が降ります。もちろん、積もるというほどのものではなく、うっすら雪化粧、午前中にはきれいに消えるというようなものですが。
しかし、雪が降るとやはり寒い。

The Grease Band を聞いています。Joe Cocker 抜きです。私はこのバンド、贔屓なのです。

終身刑か。ホワイトカラーの犯罪に厳しいのがアメリカですね

ポンジー・スキーム、要するにねずみ講をやったとして詐欺等の容疑で逮捕、現在保釈中のバーナード・メイドフの刑事訴訟に関する記事です。
Madoff faces life in prison on 11 criminal charges
Tue Mar 10, 2009 7:27pm EDT

By Grant McCool and Martha Graybow

NEW YORK (Reuters) - Bernard Madoff, accused of an "unprecedented" $50 billion financial swindle, was charged on Tuesday with 11 criminal counts that could put him in prison for the rest of his life.

Madoff, 70, a former Nasdaq stock market chairman and money manager, is expected to plead guilty on Thursday, his lawyer said.

U.S. prosecutors provided new details of the alleged fraud in court papers, saying Madoff's crime spree lasted from "at least" the 1980s.

They said Madoff's investment business had about 4,800 client accounts as of November 30. 2008, and issued statements for that month reporting that client accounts held a total balance of about $64.8 billion.
http://www.reuters.com/article/ousiv/idUSN1046349920090310
しかし、1980年代から同じ手口をやっていて、2008年11月30日時点で4,800件のクライアント、648億ドルの資産を預っていたという話ですから。
Madoff Guilty Plea Expected; He Could Face Life in Prison は、ニューヨーク・タイムズの記事です。
11の罪状で訴追され、最高150年の懲役、1,700億ドルの罰金が課される予想というわけです。メイドフ自身は有罪答弁をする模様です。
金ぴかブッシュ時代の最期は、アメリカ時代の終わりなのか。

ケイマン諸島などのタックス・ヘイブンに対する税務調査その他もこの事件がかなり大きな起因になっているのですね。さて、アメリカでも金持ち優遇税制だと

さて、アメリカでも金持ち優遇税制だと。
Two Americas, Two Tax Codes

Article Tools Sponsored By
By DOROTHY BROWN
Published: March 8, 2009

WARREN BUFFETT knows there’s something very unfair about the American tax system. He’s often complained that while his 2006 tax rate (for federal income taxes and Social Security withholding) on $46 million of income was 17.7 percent, his secretary’s combined tax rate was 30 percent.

There are effectively two tax systems in America: one for the very rich and one for the rest of us. Income from stock dividends and capital gains, which makes up a disproportionate amount of the earnings of the very rich, is taxed at 15 percent. But the bulk of what the rest of us earn — wages and interest from savings accounts — is taxed at up to 35 percent. Though President Obama’s recent tax proposals are progressive and comprehensive, his reforms don’t do nearly enough to address this significant disparity.
http://www.nytimes.com/2009/03/09/opinion/09brown.html
有名投資家のウォーレン・バフェットを例に取り、4,600億ドルの所得のある彼に対する平均所得税率が17.7%、それに対し、彼の秘書には30%の税率が適用されていると。

ようするに、配当所得や株式上駅頭のキャピタル・ゲインに対しての課税に関し税率が低いのですね。その結果、富めるものの方が低い税率を適用されるというわけです。アメリカも日本と同様、包括的所得税論に基づく総合課税が建前ですが、そんなものはもう絵空事なのですね。

この状況は日本でも全く変わらないのです。

日本の惨状、嘆いてもしょうがないというか、その只中にいるわけで、何某がどうしたって話は、どうでもよいです。魔法を信じるかといわれたら・・・キリスト社会の魔法というか、一神教の世界の魔法なんて理解できませんが、人間なんてちっぽけなものだとは感じます。何をいっているのだ。

そうです、日本はもうインチキ詐欺集団の呪縛から逃れてもいいんじゃないかと思うのですね。

江戸時代は別に日本は鎖国をしていたわけじゃなくてオランダの東インド会社と商売をしていた。アメリカの大陸横断鉄道が完成して、そいつが海を渡ってきて満鉄からシベリア鉄道につながる中で、勘違いした人がいたということでしょう。

オランダとイギリスの東インド会社の対立がアメリカ革命を生むわけです。この連中は、国家を超えた存在で傭兵を雇って戦争もしていたのですね。東インド会社の傭兵の主力は、外国人です。6割がドイツ人ないし日本人だったということです。18世紀の話です。どこが鎖国なもんですか。

この大陸横断鉄道の金を盗んだからブッチ・キャシディとサンダンス・キッドは南米まで追われる。南米で銅山なんて狙うけど、これも経営者同じですからね。

日本の資本主義のことをネポティズムっていいますが、海の向こうだってそうですよ。ご馳走を他人に分けてあげるほど人のいい人間なんていないです。

ディックは、小説よりも晩年の講演録の方が面白いですよね。アンドロイドは実在するのだって言い出しますから。小説もヴァリスあたりからぶっ飛びだして・・・。

疲れました。しかし、私の同業連中は年に一度のこのシーズンがあるせいで、思考力を失うのです。考えていたら乗り切れませんから。私だけ思考力を保っているような書き方をしているとしたら、それは間違いです。
by nk24mdwst | 2009-03-11 09:38 | 租税法(アメリカ)


<< snow and the bl... who needs the b... >>