人気ブログランキング |

on the road, again

今日は、曇り時々、雨。

UBSにとっては、暗いトンネルが続いているようです。
UBS May Face Trial on U.S. Demand for Clients’ Names

By LYNNLEY BROWNING
Published: February 23, 2009

UBS, mounting a legal fight against federal efforts to force it to disclose the names of United States clients suspected of offshore tax evasion, may end up in court in July for a mini-trial on the matter.

UBS, the world’s largest private bank and a major engine of the Swiss economy, agreed last week to pay $780 million to United States authorities to settle accusations that it helped wealthy Americans illegally evade taxes through secret offshore bank accounts, known as “black accounts,” that went undeclared to the Internal Revenue Service.

While UBS admitted to conspiracy to defraud the I.R.S. and agreed to cooperate with the government’s continuing criminal investigation, it has since fiercely resisted efforts to disclose the names of its clients. A day after the agreement, the Justice Department sued UBS to force it to divulge the identities of the 52,000 Americans. Under Swiss financial secrecy laws, disclosing client names in all but the most egregious cases is a crime.
http://www.nytimes.com/2009/02/24/business/24ubs.html
連邦司法省は、UBSに対して52,000人のアメリカ市民の名前の開示を求める訴訟をフロリダの連邦地裁に提起。連邦地裁は4月30日まで猶予を設けているという状況です。

UBSは、I.R.Sに対して脱税に協力したことを認め、脱税反捜査に協力するとしているものの、顧客の名前の開示に関しては強固に抵抗しています。スイスの国内法によれば、犯罪に関与していることが明らかでない限り、銀行が顧客の名前等の開示をすることは守秘義務違反として罰せられるわけです。

スイス銀行の特権の時代の終わりなんでしょうか・・・風向きが、今は、悪すぎるというところで、追い風待ちか。

口直しにCaptain Beefheart というのも変ですが。
MUSIC: Already Boxed. Just Add a Little Wrapping.; CAPTAIN BEEFHEART AND HIS MAGIC BAND: 'THE DUST BLOWS FORWARD (AN ANTHOLOGY)'

By JON PARELES
Published: December 12, 1999

''The Dust Blows Forward'' efficiently sums up the recorded Beefheart, including collaborations with Frank Zappa, though it could easily have been extended to a third disc. ''Grow Fins'' is for cultists who want more: live recordings, radio performances, CD-ROM concert videos and rehearsal tapes that show the path from a song's improvisatory germ to its finished parts. A disc of practice tapes from Beefheart's masterpiece, ''Trout Mask Replica,'' offers nearly note-for-note instrumental renditions of the songs, perfect for Beefheart karaoke.
http://query.nytimes.com/gst/fullpage.html?res=9C03E5DD1531F931A25751C1A96F958260&scp=2&sq=captain%20beefheart&st=cse#
要するに、ボックス・セットというやつはクリスマスの贈り物としての需要があるのだと前振りにありました。

このGrow Fins は、確かにレア物満載で楽しめる人には楽しめますかね。個人的には、紙のスリーブへのCDの出し入れが面倒なのが私の気に入らない点です。
しかし、これを聞いてTrout Mask Replica のカラオケになるっていうの評も振るっているというか何というか。

Howlin' Wolf が出たので、Little Feat でも引っ張り出しますか。Punch and Swagger From Little Feat

By JON PARELES
Published: July 11, 1988
LEAD: Little Feat's reputation kept on growing after Lowell George, its lead guitarist, singer and main songwriter, died in 1979. A reconstituted Little Feat, which included the band's survivors plus a singer, Craig Fuller, and a guitarist, Fred Tackett, appeared last Wednesday at the Ritz. The group carries the band's good name and the punch and swagger of its rhythms, but it has absolutely nothing new to offer; a handful of songs from the band's forthcoming album, due Aug.
http://query.nytimes.com/gst/fullpage.html?res=940DE6D9143FF932A25754C0A96E948260&sec=&spon=
Lowell George が死んだ後のフィートをどう考えるかって問題ですけどね。

昨日の続きで来日したら見に行きたいかという選択の延長上ですね。
キャプテンは音楽活動止めているし、体調もよくなさそうです。リトル・フィート、か。最近、ちょっと、今も真面目に仕事をしていると言う意味では認めてもいいかなとは思っていますが、見に行くか。
Paul Barrere がしきっている風なのが余り、です。

ライブで失敗しても、その方が本当の姿が出ているから文句言うなっていえるバンドっていくつくらいあるんでしょう。

Peter Green は、一応、未だライブ活動をやっているのですが、声がもうどうしようもなくなっているし、近作では、ギターを弾いているのかどうかも定かではないような気がします。Mic Abrahams の方が元気そうです。
Greg Ridley が、存命だったら、Peter Frampton を入れてHumble Pie を名乗って来たら、見に行ったかな?!でも、Steve Marriott Tribute のときの演奏を見ていたら、確かにリドリーは元気がなかった。

年の割りにというか、逆に若いときより丸くなって歌が聞けると思うのがJorma Kaukonen だったりするので不思議です。

40年前の録音を聞いて、色々思いをめぐらしているほうが楽しいです。Lumpy Money を聞いていて思ったのは、FZが複数のベーシスト、つまりスタンダップ・ベースとフェンダー・ベースを一緒に使っていること、複数のギタリストを起用していること、複数のドラマー+パーカッションを加えていること、要するに正統派のハリウッド・ポップスをきちんと押えているのだなと感じるわけです。

このアイディア、全部、FZかという問題に関しては、まあ、アイディア盗まれたと思っているメンバーもいるわけです。唯一、鷹揚なのが、Don Preston でしょう。彼のアイディアがかなりあるはずだと思うのですけど。
ドン・プレストンが余り気にしていなかったのは、FZより一回り年上で、自身既に、音楽家として自活していたからでしょうね。
by nk24mdwst | 2009-02-24 17:10 | 音楽


<< still more mile... north or south >>