人気ブログランキング |

gimme dat harp, man

今年の冬は、どこへ行ったのでしょうか。山麓の方へいってきましたが、雪がありません。
山の上の方、標高1,000メートルから上は、違うようですが。

Captain Beefheart は、FDさんがおっしゃるとおり、最高の白人ブルース・マン、ブルース・ハーピストとしてカウントされる人だと思います。
Little Feat を比較に出されていますが、Lowell George は、CBとは違ってちゃんと譜面の読める人だと思っているのですが、ビーフハートにその歌い方等、多大な影響を受けていると感じます。
同時期にFZの周辺にいてライブを見たりしているので影響を受けていることをあの世のロウェルも完全に否定はしないでしょうが、影響下にあると言い切られると、そりゃないよって言うでしょうね。
要するに、CB同様、Holin' Wolf なんかを真面目に聞いて勉強し、自らのスタイルを編み出して言った結果がたまたま似ていたというべきだって。Stand Up、Keisuke Kuwata!!!

リトル・フィートのデヴュー・アルバムを私が一番気に入っているのは、ここにロウェルの全てが既につまっていると思うのですね。それから、ロウェル、Roy Estrada, Bill Payne, Richie Hayward というオリジナル・メンバーでのライブ音源は、後年の色んなヴァージョンのリトル・フィートの音源と一緒くたになっていますが、Raw Tomatos、Ripe Tomatos出聞くことができ、本気になったときの彼がどんなものかということがよくわかります。
フィートのライブというと、Waiting for Columbus ですが、これも確かに悪いとはいいませんし、ダビングしているからどうこうというつもりもないですが、ロウェル・ジョージのやる気は、雲泥です。

私は、Sailin' Shoes あたりまでロウェルはやる気はあったものの、ヒットしなかったので興味を失ってしまったのがよくわかります。Dixie Chiken 以後、当時のジャズの流行であったフュージョン的なサウンドが混じりだしますが、こういった音作り自体は、セイリン・シューズにはいっているCat Fever で既に試みがされたいます。

他の四人は、確かに腕の立つミュージシャンであるとは思いますが、彼らがフュージョンっぽいサウンドをやるのを見ていて、Mothers にいたロウェルにしたら下らないと感じたのは当然でしょう。
*フュージョンとかブレッカー兄弟なんて人たちに関しては、私はよい聞き手ではないのですが、Dreams がやっているMedcated Goo は、捨てたものじゃないと感じましたが。

日本に比べたら、真面目に仕事をしているようではあります。
Deal Reached in Congress on $789 Billion Stimulus Plan

By DAVID M. HERSZENHORN and CARL HULSE
Published: February 11, 2009

WASHINGTON — House and Senate leaders on Wednesday struck a deal on a $789 billion economic stimulus bill after little more than 24 hours of rapid-fire negotiations with the Obama administration, clearing the way for final Congressional action later this week.

Senator Ben Nelson spoke with reporters in Washington on Wednesday.
The package of spending increases and tax relief, intended to spur an economic recovery and create jobs by putting money back in the pockets of consumers and companies, ended up smaller than either the House or Senate had proposed.

Many Democrats would have preferred a larger bill, but agreed to pare back, including cuts to favored education and health programs, to win three crucial Republican votes in the Senate.
http://www.nytimes.com/2009/02/12/us/politics/12stimulus.html?partner=permalink&exprod=permalink
下院で議決された案に比べて上院案は、減税、教育関連支出等々、削られているという点に関して、下院の民主党議員は不満を持っているようですが、共和党議員からの賛成票も必要とするので妥協が図られたということですね。

デフレ・リスクをめぐってクルーグマンとマンキューが全く異なる見解を示しています。まずクルーグマン。
February 11, 2009, 9:37 am
Deflation risks, again
Brad DeLong calls my attention to an off-point comment by Greg Mankiw; I worry about deflation in a couple of years, Greg responds by saying that we’re not there yet. Huh? It’s like all the people who said that we couldn’t have a recession because profits were high …
http://krugman.blogs.nytimes.com/2009/02/11/deflation-risks-again/
クルーグマンが言及している、マンキューの見解。
Friday, February 06, 2009
Wage Deflation?

Update: Paul Krugman responds that the employment cost index is a better measure of wages than is average hourly earnings. He might well be right about that. But note that his graph still shows positive wage growth, which does not suggest that "the private sector is experiencing widespread wage cuts." He also says he is actually worried "about deflation in a couple of years." So I think Paul and I now agree: As I said in my initial post, at this time, widespread wage deflation is more of a fear than a reality. If that is what Paul meant all along, then I was confused by his use of the present tense in passage I quoted above. I suppose it depends on what the meaning of the word "is" is.
http://gregmankiw.blogspot.com/2009/02/wage-deflation.html
この部分で、上述のクルーグマンの見解に反論しています。

アメリカの大銀行を中心とした信用収縮は世界的に波及しデフレ・スパイラルの入り口にいるのは、あるいは、入り口を過ぎたのは間違いないのだと私個人は感じますけれど。ただ、算数は苦手なので。足し算も電卓がないとできません。

さらに銀行の金融化の必然についてクルーグマンが言及。
February 11, 2009, 9:46 am
Obama on nationalization
Felix Salmon is impressed by President Obama’s response to a question about nationalization of banks. Me, not so much.

Yes, Obama is impressively articulate and well-informed — and his response shows that he has actually considered the issue. It’s light-years better than what we’ve grown accustomed to in recent years.

And the argument that our culture won’t stand for nationalization — well, our culture isn’t too friendly towards bank bailouts of any kind. Yet those bailouts are necessary; and even in America they may be more palatable if taxpayers at least get to throw the bums out.

Oh, and not a week goes by without the FDIC taking several smaller banks into receivership. Nationalization is actually as American as apple pie.
http://krugman.blogs.nytimes.com/2009/02/11/obama-on-nationalization/
資本主義の本家であるアメリカにおける銀行国有化の実現可能性ですね。可能不可能論ではなく、必然論じゃないかなと。

投資損失を他の所得と損益通算できるかどうかについてI.R.S. の見解がだんだん明らかになってきつつあるようです。
Some Balm From the I.R.S. for Those 2008 Losses

By CHARLES DELAFUENTE
Published: February 7, 2009
SOME people who lost money in the financial turmoil last year may be able to get a measure of tax relief.

The tax code provides help for losses in stocks and mutual funds, in homes that had to be sold or were lost to foreclosure, in the failure of small businesses and in the loss of a job. Special rules apply to losses that occurred through theft — as may be the case for victims of Ponzi schemes, like the one that authorities say was run by Bernard L. Madoff.
http://www.nytimes.com/2009/02/08/business/yourtaxes/08loss.html?partner=permalink&exprod=permalink
これも、日本の所得税でいうところの資産損失、あるいは、雑損控除の対象となるかどうかというはなしですが、かのメイドフ氏による詐欺による損失をどうするか。
前にも書きましたが、日本もアメリカも基本的に詐欺による損失を所得計算上控除することを認めていないわけです。

あと、気になる租税判例もあるのですが、あすがないわけでないので。
by nk24mdwst | 2009-02-12 19:15 | 音楽


<< busy day what's wron... >>