人気ブログランキング |

just another day in tokyo

金曜にクルーグマンはコラムを書くので。悲観的過ぎていやになりますが。
On the Edge

By PAUL KRUGMAN
Published: February 5, 2009
A not-so-funny thing happened on the way to economic recovery. Over the last two weeks, what should have been a deadly serious debate about how to save an economy in desperate straits turned, instead, into hackneyed political theater, with Republicans spouting all the old clichés about wasteful government spending and the wonders of tax cuts.

It’s as if the dismal economic failure of the last eight years never happened — yet Democrats have, incredibly, been on the defensive. Even if a major stimulus bill does pass the Senate, there’s a real risk that important parts of the original plan, especially aid to state and local governments, will have been emasculated.

Somehow, Washington has lost any sense of what’s at stake — of the reality that we may well be falling into an economic abyss, and that if we do, it will be very hard to get out again.

It’s hard to exaggerate how much economic trouble we’re in. The crisis began with housing, but the implosion of the Bush-era housing bubble has set economic dominoes falling not just in the United States, but around the world.
崖っぷちにいるのにワシントンは、現状を把握していない。まあ、いろんな人事の問題、それも税金がらみの問題があったことが影響しているのかどうかはともかく、民主党も積極性にかけている、つまり減税案にこだわりすぎだと難じています。

ブッシュ時代8年間で形成されたバブルは、住宅バブルの崩壊に端を発し、アメリカだけではなく、世界中にその影響を及ぼしていると。
It’s no wonder, then, that most economic forecasts warn that in the absence of government action we’re headed for a deep, prolonged slump. Some private analysts predict double-digit unemployment. The Congressional Budget Office is slightly more sanguine, but its director, nonetheless, recently warned that “absent a change in fiscal policy ... the shortfall in the nation’s output relative to potential levels will be the largest — in duration and depth — since the Depression of the 1930s.”

Worst of all is the possibility that the economy will, as it did in the ’30s, end up stuck in a prolonged deflationary trap.
1930年代以来のデフレの入り口に立っている以上、政府による財政出動をなぜためらうのだ、民間部門は完全に萎縮しているじゃないかと。
大恐慌以来の、深さと長さを持つ不況が来るぞ・・・狼少年なら良いんですけどね。
Would the Obama economic plan, if enacted, ensure that America won’t have its own lost decade? Not necessarily: a number of economists, myself included, think the plan falls short and should be substantially bigger. But the Obama plan would certainly improve our odds. And that’s why the efforts of Republicans to make the plan smaller and less effective — to turn it into little more than another round of Bush-style tax cuts — are so destructive.

So what should Mr. Obama do? Count me among those who think that the president made a big mistake in his initial approach, that his attempts to transcend partisanship ended up empowering politicians who take their marching orders from Rush Limbaugh. What matters now, however, is what he does next.

It’s time for Mr. Obama to go on the offensive. Above all, he must not shy away from pointing out that those who stand in the way of his plan, in the name of a discredited economic philosophy, are putting the nation’s future at risk. The American economy is on the edge of catastrophe, and much of the Republican Party is trying to push it over that edge.
http://www.nytimes.com/2009/02/06/opinion/06krugman.html?partner=permalink&exprod=permalink
アメリカの新政権は、ブッシュ・スタイルの減税策に頼っていると、結局、日本のような失われた10年を体験するだけだ。そして、新政権の財政出動を縮小させようとする共和党の運動は、結局、新政権の政策の有効性を失わせるだけであり、まあ、共和党の思う壺にはまるということですか。

新大統領はもっと積極的になれ、これまでのワシントン人脈(民主党の)の延長でやっているからだめなのだと。
さもないとアメリカの経済はカタストロフ、崩壊するといってますね。

アメリカ経済がよければそれで良いとは思いませんし、アメリカ経済を助けるために日本の税金が使われるなんてことがあってよいとは思いません。ただ、現在の世界でアメリカ経済が崩壊すると世界的な影響が計り知れないことは言うまでもないわけで。

まあ、自分が生きている間にこんなことを経験するようになるとは思いませんでしたが。

最悪のシナリオもありなのですかね。此方では、相変わらずわけのわからん官僚システム主導政策が続いているだけです。

官僚システムにとっての至上命題は、国家の存亡、国民の福祉、幸福にあるのではなくシステム自体が行き続けることにあるのでしょうね。映画「2001年宇宙の旅」のコンピュータと同様、官僚システム自体が一個の独立した集合意識としての生命体なんでしょうか。

アメリカでは議会が妥協点を探っていて。
Senators Close to Reaching Accord on Stimulus Bill

By CARL HULSE and DAVID M. HERSZENHORN
Published: February 6, 2009
WASHINGTON — Spurred by a dismal unemployment report for January, senators were close to reaching an accord on Friday evening on an economic stimulus program of some $800 billion sought by President Obama to pull the country out of the worst recession in years.
http://www.nytimes.com/2009/02/07/us/politics/07stimulus.html?partner=permalink&exprod=permalink
CNNのニュースを見ていると7800億ドルで決着ということのようです。

前にも書きましたが、世界的な恐慌のふちに立っているわけです。アメリカが行おうとしている、雇用創出、減税、その他による需要喚起政策がどれだけ実効性があるのかは未知数です。しかし、それにより生み出される有効需要によりアメリカの経済状況が回復し、日本は黙ってその後をついていくという論理は、通るのでしょうかね。
つまり、一国、それももっとも大きな市場における経済刺激策が需要を喚起したとして、世界の他の国が同じような政策を採らなかったとすれば、アメリカで生まれた需要は、日本からの輸出によってまかなわれるという議論が出てきます。

アメリカ追随の良し悪しレベルではなく、いずれにしろ、経済的国際協調、財政的国際協調政策は必要なんでしょう。

しかし、クルーグマンは怒っていますが、アメリカ経済が破綻しているのに何でアフガン増派するんだ、馬鹿って。パキスタンが非協力的なので、ロシア経由で米軍はアフガンへ入ろうとしています。

ソマリア沖への海賊退治という名目の憲法違反がお粉和洋としている日本では、こちらの像派のほうには、お付き合いするんでしょうかね。

憲法9条論は、別にするとして、もっとまじめに経済を考えてほしいな日本政府も。官報にしか見えない日経も少しイラついているように感じます。
by nk24mdwst | 2009-02-07 01:49 | 租税法(アメリカ)


<< a long friday&#... burden of proof >>