人気ブログランキング |

now, the tax season's come

もう1月が終わってしまい、2月です。雪もなく、3月を思わせる日和が続いていて足元がよいのはうれしいのですが。
年に一度の思考停止の時節となりました。
目の前の皿を片付けなるのに精一杯。よる年波には勝てません。
目が見えない、物を忘れる、頭が働かない。平均年齢が60代後半の業界なのですが、個人差があるのでしょうが、私には60代でまともに務まるかどうか自信はありません。

夕べの晩は、ちゃんと音楽を聴きました。Allman Brothers Band のFilmore Last Concert です。Eat A Peach のデラックス版の2枚めのCDのライブです。この時の演奏は、Filmore Live の数段上です。
一般の客を入れない平日昼間のライブでDuane Allman がもう閉鎖されちまったみたい棚って言うくらい、前半、あまりやる気があるように思えない演奏ですが、にもかかわらずというか、だからこそというべきか、タイトな演奏です。
最後のYou Don't Love Me はこのときのヴァージョンが最高でしょう。

ABB以後の南部のジャム・ロック・バンドの系譜を一度おさらいしておく必要がありますね。
Gov't Mule, Blues Traveler, Dave Matthews Band, Phish, Widespred Panic, Drive By Truckers ほか五万とあります。

オールマンズのあと、ミュールのWith A Little Hilp From My Friends を聞いたのですが、破綻のないうまい演奏だなとしか感じませんでした。切迫感というか疾走間に欠ける。
こんな風に感じたのは珍しいですね。

今は、FZを聞きながらです。何を聞いているかは、この数日、同じものでありまして。

しかし、ガイトナーだけではなく税金が問題で議会の承認が遅れている人物が出てきました。
Daschle Pays 3 Years of Tax on Use of Car

By ROBERT PEAR
Published: January 30, 2009

WASHINGTON — President Obama’s pick for health and human services secretary, Tom Daschle, failed to pay more than $128,000 in taxes, partly for free use of a car and driver that had been provided to him by a prominent businessman and Democratic fund-raiser, administration officials said Friday.

Mr. Daschle, concluding that he owed the taxes, filed amended returns and paid more than $140,000 in back taxes and interest on Jan. 2, the officials said.
http://www.nytimes.com/2009/01/31/us/politics/31daschle.html?partner=permalink&exprod=permalink
民主党の前の上院院内総務だったトム・ダシュル氏です。
後援者から無料で自動車と運転手の供与を受けていたにもかかわらずjこれを申告していなかった。いわゆる経済的利益ですね。ほかにも申告漏れがあって延滞税を含めて14万ドル以上を支払ったのだそうです。
今年の1月2日だというのが、なんと申しましょうか。
政治任命職もいいですが、身体検査は大変ですね。、

政府の公共投資と国民の貯蓄行動についてクルーグマンが持論をぶっています。
January 31, 2009, 6:37 pm
Another temporary misunderstanding
Brad DeLong links to Megan McArdle saying something wrong about the effects of a temporary increase in government spending. But he fails to note that it’s not just wrong, it’s 180 degrees wrong: a temporary increase in government spending should have a larger impact on demand than a permanent increase, not a smaller impact.

But suppose the government introduces a one-time, $100 billion program to repair bridges over the next year. The government will have to issue debt to pay for this, and will have to service that debt, requiring higher taxes — say, $5 billion a year. That’s a much smaller impact on consumers’ future after-tax income than the permanent program. So much less of the spending rise will be offset by a fall in consumer demand. (I’m not considering the effect of the spending in raising income, which would probably cause consumer demand to rise rather than fall.)

So economic theory — Milton Friedman’s theory! — says that spending is a more effective form of stimulus than tax cuts.
http://krugman.blogs.nytimes.com/2009/01/31/another-temporary-misunderstanding/
経済学理論じゃなくてミルトン・フリードマン理論だと一蹴しているのが面白い。

Chris Hillman を聞いています。確かに彼は、晩成型だと思います。
スタートも彼は早いのですが、歌に自信がなかったと語っています。彼もサザン・カリフォルニアの出身です。周りがみんなサーファーだから自分はブルーグラス・プレイヤーになったと語っているのを読んだことがありますが、これは、必ずしも正しくないようですね。
10代半ばで父親を亡くしてロス近郊へ出てくるまで、ヒルマンは、サザン・カリフォルニアでも内陸のほうで育っていて、馬に乗るというような生活をしていたのですね。
だから、カントリー志向は当然の帰結だったようです。母子家庭で上の学校へ行けず、音楽で身を立てようとしていたヒルマンとGPの出会いというのも皮肉といえば皮肉です。

最近のPC、特にラップトップのキーは、触るというかタッチする感覚にあわせているのですね。私のように30数年前に英文タイプをブラインド・タッチでたたく訓練をした人間からすると、どこか何か物足りない。
何かの本で読んだのを思い出します。曰く、ピアノと違いオルガンは、触るものだと。PCもそうなったのですね。

Lester Maddox を皮肉った歌がRandy Newman が作っています。このレスたー・マドックス氏というのが実在の人物でジョージア州知事だったのですね、カーターの前の。
差別主義者で有名であったというか、それを政策に掲げて当選したわけです。

ランディ・ニューマンの12 Songs は、擦り切れるほど聞きました。Ry Cooder, Clarence White, Jim Gordon みんな勢ぞろいですしね。

ライ・クーダーは、ずっと大好きで、一所懸命コピーの真似事をしていました。アナログで1980年ごろまでのものは全て持っています。まあ、CDでも全部そろえましたが、昔ほどの熱意を持って聞くことはないですね。というか、ほとんど聞かない、というべきでしょうか。

彼がセッションに参加したレコードもたくさん集めましたが。

John Hiatt は好き嫌いのある人かもしれませんが、Jim Keltner がたたいているので割りと聞きますね。ライもギター、弾いていましたっけ。

ライがCaptain Beefheart について語っているインタヴューを聞きながら、そのとおりだったろうとは思いましたが、音楽プロフェッショナルがそうでない人について語っている違和感がありました。
CBを天才だとか、芸術家だとか持ち上げるつもりは全くありませんし、彼の絵を評価することも私にはできません。音楽家としてのCBは、砂漠のバー・バンド・プレイヤーとしては傑出しているというあたりでしょう。

しかし、レコード会社の保守的な重役連がみなキャプテンをブルー・アイド・ソウル・シンガーで売れると思ったというのには笑います。FZは、高校の同級生ですが、素材としてビーフハートを使ったことがあるだけなのだと私は思っています。
B級映画音楽作曲家とバー・バンド・シンガーの組み合わせです。
いちおう、褒めているつもりです。

キャプテンの歌やハープを聞いているとHowlin' Wolf どころかSonny Boy Williamson(Rice Miller)、さらにCharlie Patton の歌声までが浮かんできます。

FZのギターに哀愁を感じると書きましたが、彼が非常に優れたギタリストであるというのは、ZFTが出したつまらないセッション風景点描でホーン・セクションにギターで手本を示しているのを聞いて感じたことです。

最近、FZとCBの2人は、ヒット・チャートと無縁であったとしても伝統の延長線上にいるオーソドックスな人たちだったと感じる私は、やっぱり変かもしれません。
by nk24mdwst | 2009-02-01 07:13 | 音楽


<< a lazy day no humor does b... >>