人気ブログランキング |

the front page comes last

きょうは、少し、暖かいような、されど気分は最低。

Little Feat のFront Page Back Page が続けざまになっています。
Bill Payen がリード・ヴォーカルをとるのが普通ですが、Lowell George が歌っているやつもあって、アレンジが違うので、何だこれって思いました。

レコードを数十枚しかもっていなかった頃は全部、擦り切れるほど聞いていて、次にどの曲が来るかまでわかったものですが。アルファベット・オーダーで聞いていると新しい発見というか何というか。

結局、CDやLPが増えても、繰り返し聞くものは限られているので、ウォークマンに取り込んでいてもちゃんと結局同じものばかり聞くのですね。
一定の意図をもって聞くということもしないことはありません。つまり、特定の曲、プレイヤーに絞って聞くというスタイルでしょうか。
アルバム単位で聞こうとすると同じものの繰り返しになります。

このウォークマンからはFZは全て除いているので、Dead とABB、The Byrds とその周辺が一番多くはいっているのかな。CBがときどき出てきて、アクセントになります。

ラジオ等でかかってヒット曲になるものというのが存在する理由がわかりました。アルバム一枚通して聞こうとすると耐えられないバンドなんかでも一曲だけ、気を入れて作れば、あるいはまぐれかもしれませんが、聞ける曲はあるのですね。

あと、Leo Kottke ですね。ヴォーカルの魅力を感じます。

さて、ブッシュ政権に対する悪口を二つばかり。
Forgive and Forget?

By PAUL KRUGMAN
Published: January 15, 2009

There’s much, much more. By my count, at least six important government agencies experienced major scandals over the past eight years — in most cases, scandals that were never properly investigated. And then there was the biggest scandal of all: Does anyone seriously doubt that the Bush administration deliberately misled the nation into invading Iraq?

Why, then, shouldn’t we have an official inquiry into abuses during the Bush years?

And to protect and defend the Constitution, a president must do more than obey the Constitution himself; he must hold those who violate the Constitution accountable. So Mr. Obama should reconsider his apparent decision to let the previous administration get away with crime. Consequences aside, that’s not a decision he has the right to make.
http://www.nytimes.com/2009/01/16/opinion/16krugman.html?partner=permalink&exprod=permalink
アメリカの新大統領が、前政権時代の不始末を追及するつもりがないといったことに対してクルーグマンは怒っています。

しかし、アメリカの大統領は素晴らしい年金生活が約束されているようですね。
For Immediate Release Jan 16, 2009
For Further Information, Contact:
Peter J. Sepp, Natasha Altamirano, (703) 683-5700
Golden Years to Bring Golden Pension Payout of $5.6 Million to Bush, $3.2 Million to Cheney, Taxpayer Group Finds

NTU calculates that George W. Bush will draw a Presidential pension that will start at $196,700 per year, and would add up to $5.56 million over his lifetime, should he live to be 83.5 years old, the age predicted by actuarial tables for a male born in his year. All former Presidents receive a pension for life immediately upon leaving office, linked to the current salary of Cabinet Members (which often rises).

Dick Cheney's service as a Representative and Vice President (presiding officer of the Senate) would count toward a pension under Congressional rules, which are more generous than those that apply to most other federal employees. His service in other various Executive Branch posts is calculated under a different formula. All told, Cheney’s career in government entitles him to an estimated pension equivalent to $132,451 per year (which is regularly adjusted for the cost of living). According to his predicted life expectancy (84.4), Cheney could accumulate an inflation-compensated lifetime retirement benefit of $3.24 million.
http://www.ntu.org/main/press.php?PressID=1084&org_name=NTU
全米納税者連盟が、ブッシュ大統領とチェイニー副大統領が受け取ることになる年金がそれぞれ、556万ドル、324万ドルになると試算しています。

GAO(会計検査院)は、この点に関して余り積極的な調査をしていないと指摘しています。
なお、元大統領等の職にあった人にはシークレット・サービスによる終身警護がつくわけですが、そのコストはここにカウントされていないのは当然ですが、膨大になるんでしょう。

もう一度クルーグマンですが、アメリカは日本と同じになると。
January 16, 2009, 2:02 pm
The TIPS spread

But there are new worries. These days I’m looking at the TIPS spread: the difference between nominal US bond rates and rates on Treasury Inflation-Protected Securities. This spread is an indicator of expected inflation. And what it shows isn’t good.

Bear in mind that the Fed tries to keep inflation expectations “anchored.” Too low is as bad, or worse, than too high — because if expected inflation is low or negative, even a zero interest rate isn’t that good a deal, and the Fed may have a hard time booting us out of a recession. Normally the Fed wants expected inflation to be in the 2-2 1/2 percent range.

Whoops.

More and more, this looks like a Japan-type trap.
http://krugman.blogs.nytimes.com/2009/01/16/the-tips-spread/
要するに、世界的に急速な信用収縮が起こっていて、流動性のわなにはまり、どうやって抜け出せばいいのか誰にもわからんということですね。

いずれにしろ、アメリカの過剰消費に頼るスタイルは終焉を迎えたのではないかと思うのですが。

新聞等で、政府の昨年12月24日の閣議決定の税制改革中期プランをめぐって与党内でももめているという話がでています。
財務省所管の財政制度審議会が定額給付金止めろという始末ですし。

先週、このあたりを書きかけ、ほったらかしになっているのですが、少しまとめつつあります。
エーット、民主党税制抜本改革アクションプログラム-納税者の立場で「公平・透明・納得」の改革プロセスを築く-にも問題があるように感じます。それも少なからず。

アメリカで税金を払っていない巨大銀行に税金を注入することの当否は、というわけですね。
U.S. Subsidiaries in Offshore Tax Havens

By LYNNLEY BROWNING
Published: January 16, 2009

Many of the largest United States corporations, including big banks now receiving federal bailout money, operate scores of subsidiaries in offshore tax havens that may let them evade or defer their tax bills, according to a government study released Friday.

The study, by the Government Accountability Office, singled out Citigroup as having 427 subsidiaries in offshore havens like the Cayman Islands, British Virgin Islands and Switzerland. Bank of America has 115 subsidiaries in offshore havens, while Morgan Stanley has 273, the report said.
http://www.nytimes.com/2009/01/17/business/17tax.html?partner=permalink&exprod=permalink
GAOが金曜に公表したリポートによると、アメリカの複数の大銀行が海外子会社を使って租税回避をしていたというわけです。
シティグループが427の子会社をケイマン諸島等のタックス・ヘイブンに作っていた。バンカメが115、モルガン・スタンリーが273、それぞれ同様の子会社を利用して租税回避をしていた。

まあ、日本でもバブル崩壊後、法人税の青色欠損金の繰越期限が7年になり、大銀行はこの10年来税金を払っていないということになるはずです。

で、GAOのリポートのサマリーです。
International Taxation: Large U.S. Corporations and Federal Contractors with Subsidiaries in Jurisdictions Listed as Tax Havens or Financial Privacy Jurisdictions
GAO-09-157 December 18, 2008

Summary
Many U.S. corporations operate globally and have foreign subsidiaries. The subsidiaries may be created, for example, to take advantage of sales opportunities or favorable labor conditions. In some cases they may be used to reduce taxes. GAO was asked to update its 2004 report on large federal contractors with subsidiaries in countries sometimes called tax havens because of low taxes and a general lack of transparency. In response, GAO determined how many of the 100 largest publicly traded U.S. corporations and the 100 largest publicly traded U.S. federal contractors have subsidiaries in jurisdictions listed as tax havens or financial privacy jurisdictions. GAO (1) combined three lists of such jurisdictions created by governmental, international, and academic sources and (2) identified large publicly traded U.S. corporations and federal contractors and the locations of their subsidiaries using the Fortune 500 list, a federal contracting Web site, and a Securities and Exchange Commission (SEC) database.
http://www.gao.gov/products/GAO-09-157
このサマリーでは、銀行等に限らず米国の大企業全体のタックス・ヘイブンを利用した租税回避について述べています。
全文テキストは、こちらhttp://www.gao.gov/new.items/d09157.pdfです。

グローバリズムというのは結局、課税回避のできる大企業、富裕層にとってはチャンスですが、言語、習慣、宗教等によって属地性が強い普通の個人にとっては、指をくわえてみているだけですね。
弾けたといってとばっちりだけ受ける。

しかし、タックス・ヘイブンにある留保所得を非課税で還流させようというのが政府自民党の閣議決定にもありましたし、民主党のアクションプログラムにもありました。
世界中で資金ショートが起きているので、課税強化すべき時期なのかどうかとは思いますが、ブッシュ政権が終焉を迎えると同時に、アメリカの舵は少し、切られているように見えるのです。

ただ、クルーグマンが難じているように、現下の経済危機脱却最優先ということだけを目標にして、結果的に前と同じことを繰り返すのか、きちんと責任を取るべき人間に責任を取らせるか。
マモンを唯一神とする世界は、一旦、後退するようには思えますが、人間は物忘れが上手ですからね。
by nk24mdwst | 2009-01-17 12:29 | 租税法(アメリカ)


<< what's happ... who's free? >>