人気ブログランキング |

the sky's blue, thinking who i am as have been

Spike Milligan で気分直して、がんばろう。足が痛い、あーあ。

    A Silly Poem

Said Hamlet to Ophelia,
I'll draw a sketch of thee,
What kind of pencil shall I use?
2B or not 2B?

Who's silly? と突っ込みたくなります。Billy かな。

    Why?

American Detectives
Never remove their hats
When investigating murders
In other people's flats.

P.S. Chinese Tecs
Are far more dreaded!
And they always appear
Bare-headed!

この手の探偵映画ってなくなりました。でも、礼儀を弁えろってことですか。
名前のないやつにそんなこと言ってもね。

     Teeth

English Teeth, English Teeth!
Shining in the sun
A part of British heritage
Aye, each and every one.
English Teeth, Happy Teeth!
Always having fun
Clamping down on bits of fish
And sausages half done.
English Teeth! HEROES' Teeth!
Hear them click! and clack!
Let's sing a song of praise to them -
Three Cheers for the Brown Grey and Black.

この手の、イギリスの生活に根ざしたやつが一番難しい。

      The Lion

If you're attacked by a Lion
Find fresh underpants to try on
Lay on the ground quite still
Pretend you are very ill
Keep like that day after day
Perhaps the lion will go away

ライオンのいるようなところへ行きませんから。渡る世間はライオンだらけ?!

今月の日経の私の履歴書は、小宮氏ですね、経済学者の。少数派だったのだそうです。本当にそうなんでしょうか。少数派を名乗る方がヒップ?!
November 30, 2008, 1:05 pm
The greatness of Keynes …

… is illustrated by the trouble people who consider themselves well informed have, to this day, in understanding the basic principles of how a depressed economy works.

The key to Keynes’s contribution was his realization that liquidity preference — the desire of individuals to hold liquid monetary assets — can lead to situations in which effective demand isn’t enough to employ all the economy’s resources. When you don’t understand that principle, you end up writing stuff like this:
http://krugman.blogs.nytimes.com/2008/11/30/the-greatness-of-keynes/


月末は、憂鬱です。
12月1日だから年末の始まりか?!
11月30日が日曜だったので今日は、11月の月末なのですね。12月は年末なのか。

何もせずに一年が終わり、また徒に時だけが過ぎていく。

rage and depression か・・・

John Einerson のFlying Burritos の本は、良い本だと思います。昨日も書きました。一応、読みました。
1968年頃にカントリー・ロックと称するものが誕生した当時の状況について、今も生きている人が、それも口が重かった人が、色々話しているので、新しい事実というか色々勉強になります。
当時の全体状況を知る上では、有用かなと思います。

Chris Hillman が本音で色々話しているのが興味深いわけです。ただ、ヒルマンびいきの私でも、うーん。逆にGPファンには向かない本かもしれません。
GPに関しては、私は熱狂的なファンではなく、一応、距離を置いていられる人間ですが、それでも、そこまで言うかという気がするところもあります。

読後感は、必ずしも爽快ならず。これは、The Band に関してLevon Helm が語っているのと同じですね。リーヴォンのファンの私も、ここまで、Robertson の悪口言わなきゃいられないのかと思いました。

Too Much of Hillman というのは裏返して言えばToo Much of GPだということです。

今年、まだもう一月あるのかと思うと、気が重いです。12月はロードが多くなりそうで。

この数年、年末年始に飛び回っているというか・・いわゆる帰省ラッシュの人たちと反対の動きをしているので馬鹿かと思います。

Pentangleは、ある種、Cream と共通性があるのではないか、対抗馬はHumble Pie などと訳のわからん思いつきを論理付けないといけないって誰も望んでいないですが。

昨日、中学時代の話を始めたのは、Incerdible String Band を聞き、ギターを弾きながら歌っていた頃のことを思い出そうとしていたからです。それが、校舎の話から始めるものだから。

Robin Williamson のこの歌はどうでしょう。

     Way Back in the 1960s

I was a young man back in the 1960s.
Yes, you made your own amusements then,
For going to the pictures;
Well, the travel was hard, and I mean
We still used the wheel.
But you could sit down at your table
And eat a real food meal.

But hey, you young people, well I just do not know,
And I can't even understand you
When you try to talk slow.

There was one fellow singing in those days,
And he was quite good, and I mean to say that
His name was Bob Dylan, and I used to do gigs too
Before I made my first million.
That was way, way back before,
before wild World War Three,
When England went missing,
And we moved to Paraguayee.

But hey, you young people, I just do not know,
And I can't even understand you
When you try to talk slow.

Well, I got a secret, and don't give us away.
I got some real food tins for my 91st birthday,
And your grandmother bought them
Way down in the new antique food store,
And for beans and for bacon, I will open up my door.

But hey, you young people, well I just do not know,
And I can't even understand you
When you try to talk slow.

Well, I was a young man back in the 1960s.

詩を読むより、聞いた方がよいです。何とかTube にもありますが、それより、昔の擦り切れたレコードが良いです。CDだと音がクリアすぎて。

しかし、ロビン・ウィリアムソンが91歳の誕生日の日の歌という設定ですから、これまだ未来の歌ということですね。彼は1943年生まれですから、まだ25年先の話です。つまり、おいそこの若いのって言われる人間はまだ生まれていないわけです。
しかし、最後のゆっくり話してもいってることわからんというのは、私も既に実感しているところであります。

このレコードはよく聞きました。ハリウッドのプロの世界とは全く違う世界。お馬鹿なヒッピーに憧れていた田舎のガキにはぴったりでした。
ただ、連中がお馬鹿なヒッピーだったのかどうかは別の話です。立派なプロだったのだと今はわかります。

友人が高校時代このアルバムを聞いて笑い転げていたのが懐かしいです。冗談にもほどがあるって。

冷戦だって冗談だったんでしょう。

あ、歌の中にディラン某って出てきますが、別に気にするほどのものではありません。Hibari なんて出てきていたのなら話は別ですが。
by nk24mdwst | 2008-12-01 09:45 | Poetry


<< so down not lik... rainin', co... >>