人気ブログランキング |

anniversary, raining

朝から雨で気が滅入ります。

Spike Milligan は、イギリスのコメディアンというべきでしょうか。
彼の第二次大戦従軍記は、イギリスのワーキング・クラスの生活観があふれていて面白かったです。

どうして、彼を読んだのか、35年以上前なので忘れました。

      Jumbo Jet

I saw a little elephant standing in my garden,
I said 'You don't belong in here', he said 'I beg you pardon?',
I said 'This place is England, what are you doing here?',
He said 'Ah, then I must be lost' and then 'Oh dear, oh dear'.

'I should be back in Africa, on Saranghetti's Plain',
'Pray, where is the nearest station where I can catch a train?'.
He caught the bus to Finchley and then to Mincing lane,
And over the Embankment, where he got lost, again.

The police they put him in a cell, but it was far too small,
So they tied him to a lampost and he slept against the wall.
But as the policemen lay sleeping by the twinkling light of dawn,
The lampost and the wall were there, but the elephant was gone!

So if you see an elephant, in a Jumbo Jet,
You can be sure that Africa's the place he's trying to get!

犬のおまわりさんみたいな話しだと思えばいいのでしょう。
シュールだといえばシュール、ナンセンスといえばナンセンス。こんなユーモアというのはもう古いのでしょうか。漢字が読めなくても、感じはつかめるかと。

「ボディガード」というケヴィン・コスナーの映画がありましたが、あの映画の中で、ホイットニー・ヒューストンが歌っているあの曲は、ドリー・パートンのものですよね。
それから、彼らのダンス・シーンで流れるのは、オールマン・ブラザーズ・バンドのEat A Peach の中の Melissa です。5人組のABB。これをホイットニー・ヒューストンはカウ・ボーイの歌ねっていうのに違和感があります。

Eat A Peach のアルバム・ジャケットの桃を積んだトラックというのはDuane Allman がぶつかったトラックが桃を積んでいたからとか。もちろん、ジョージア州はジョージア・ピーチというくらいでありますが。

野球でジョージア・ピーチといえば、もちろんタイ・カッブですね。ルースが出る前のメジャーのスーパー・スター。喧嘩っ早いので有名でありました。

しかし、スピットボールを武器にした Gaylord Perry は、自伝 Me and the Spitterで、軍隊にはいって初めて自分用の新品の靴を履いたと書いています。1950年ごろの話です。
彼は、ノース・カロライナ州のタバコ小作農家の息子で日の出から日の入りまで畑で木靴を履いて仕事をしていたと。

最初の黒人メジャー・リーガーは、アメリカの平均的白人男性の高校卒業率が30%ほどだった1940年代にジュニア・カレッジからUCLAへと進んでいます。
それでも、27歳になるまではニグロ・リーグにいたのです。

今の一見、誰でも受け入れられるメジャーとは大違いですね。

そういえば、ケヴィン・コスナーもかのブラックソックス事件を題材にした映画を撮っていましたっけ。

いわゆる人種の問題について軽々に語ることなどできませんが、アメリカの次期大統領について面白い記事をみつけました。
Predicting the Nature of Obama's Presidency というものです。

John W. Dean(a FindLaw columnist)で大統領顧問官だった人物のコラムなのですが、 故James David Barber の著書を再読し、アメリカの大統領をいくつかのタイプに分けています。

ます、Active/Negative タイプ。John Adams, Woodrow Wilson, Herbert Hoover, Lyndon Johnson, Richard Nixon, George W. Bush がこのカテゴリーに入る。

次いで、Passive/Positive タイプ。James Madison, William Howard Taft, Warren G. Harding, Ronald Reagan がそうだと。
このタイプが一番アメリカ市民に好まれるのだそうですが、最終的に良い結果を出して国民の満足を得られるかどうかは別だと。

三番目が、Passive/Negativeタイプ。George Washington, Calvin Coolidge,Dwight Eisenhower という人たちで本人が望んだからではなく、周囲の状況から引き受けざるを得なかったタイプ。

最後が、Abraham Lincoln に代表される Active/Positive タイプ。Franklin Roosevelt, Harry Truman, John Kennedy, Jimmy Carter というわけです。
新大統領はこの範疇かということですね。

ふと思い出して過去ログを見てみたら、ちょうど1年目だと気づきました。

今日は、一日、北西風が吹き、時折激しく雨が降る一日でした。
日頃の行いがよいので、こんな日に明日のリサイクル用にゴミを集めて車に積んだり、荷物の移動をしたり。
ちゃんとお天道様は見ていて、一仕事終わったら雨も上りました。

ただ、強い風は吹き続けています。隙間風が辛い季節になってきたようです。
建て付けがよいので、隙間風がいっぱい吹き込んでくれるのです。
by nk24mdwst | 2008-11-18 13:46 | その他


<< hailing all or nuffin' >>