タグ:single tax ( 2 ) タグの人気記事

the fluke of runes

今日は、Bobbie Gentry が流れています。
アルファベット順に聞いてるだけという安易な選択ですね。

昨日の夜は、本当に疲れが出ていたのでDominos のボックスに入っているセッションの方を聞きました。Duane Allman は、登場しません。一曲目が終わるかどうかのあたりで寝ちゃいました。
心地よいリズム、余計なことを考える必要もないというわけです。
ギタリストは無視すればよいですからね。

EC だったらデュエイン・オールマンの歌の方がまだましと思うこと少なからず。どちらも精神衛生上好ましいかどうかは別ですが。

警句で有名なAmbrose Bierce の詩です。

      The Statesmen

How blest the land that counts among
Her sons so many good and wise,
To execute great feats of tongue
When troubles rise.

Behold them mounting every stump,
By speech our liberty to guard.
Observe their courage--see them jump,
And come down hard!

'Walk up, walk up!' each cries aloud,
'And learn from me what you must do
To turn aside the thunder cloud,
The earthquake too.

'Beware the wiles of yonder quack
Who stuffs the ears of all that pass.
I--I alone can show that black
Is white as grass.'

They shout through all the day and break
The silence of the night as well.
They'd make--I wish they'd go and make--
Of Heaven a Hell.

A advocates free silver, B
Free trade and C free banking laws.
Free board, clothes, lodging would from me
Win wamer applause.

Lo, D lifts up his voice: 'You see
The single tax on land would fall
On all alike.' More evenly
No tax at all.

'With paper money,' bellows E,
'We'll all be rich as lords.' No doubt--
And richest of the lot will be
The chap without.

As many 'cures' as addle-wits
Who know not what the ailment is!
Meanwhile the patient foams and spits
Like a gin fizz.

Alas, poor Body Politic,
Your fate is all too clearly read:
To be not altogether quick,
Nor very dead.

You take your exercise in squirms,
Your rest in fainting fits between.
'Tis plain that your disorder's worms--
Worms fat and lean.

Worm Capital, Worm Labor dwell
Within your maw and muscle's scope.
Their quarrels make your life a Hell,
Your death a hope.

God send you find not such an end
To ills however sharp and huge!
God send you convalesce! God send
You vermifuge.

stateman と politician は違うなんて教科書に書いてあってりしますがそんなものではないようですね。

アンブローズ・ビアスというと『悪魔の辞典』(The Devil's Dictionary)を思い浮かべる人が多いかもしれません。

南北戦争従軍後、西部へ移り、サン・フランシスコに落ち着き、William Randolph Hearst の the San Francisco Examiner 紙に寄稿するようになるのですね。
大体、このことから彼の政治的立場はうかがえるようです。

この詩で、再び登場するのが the single tax on land ですね。
以前、Edgar Lee Masters の' Spoon River Anthology’ にある詩を照会したときにも出てきた税金です。

この税金、アメリカの西部開拓、大陸横断鉄道等、19世紀後半におけるアメリカの産業革命と資本主義の勃興、租税制度について勉強しなければいけないですね。

包括的所得税論を論ずるときには合衆国の税制史を抜きにはできませんから。

*メモ
アメリカの税制を日本のそれと比較するとき、前提が大きく異なるという点には常に留意しなければならないと思います。

例えば、アメリカにおける事業体課税を論ずる場合において、内国歳入法典に規定するC法人、S法人、LLP、LLC、trust、partnership その他のビークルを個別に検討するのはよいのですが、あくまでも連邦全体に統一的に適用されるIRCにおける存在としての性格、存在意義の検討に止まってはいけないのだと思います。

アメリカでは、合衆国全体に統一的に適用される商法典もありませんし、会社法も存在しません。自然人以外の社団等を含む私人間の取引、地位や権利を定める民法も連邦レベルのものは、ありません。
日本の商法、会社法、民法等に該当する法律は、基本的に州法として定められているわけです。

ですから、内国歳入法典でAという形式の事業体だと認定されているものは、州によって、その位置づけが異なることがあるわけです。州によってその性格を異なるものとして定義されている上、個別の州ごとに州税としての法人、個人所得課税の体系は、異なる点が少なからずあるわけです。

具体例をあげるとすると、連邦モデル会社法というものもあり、それによっている州も小さなところではあるのですが(人口でという意味です。)、そのモデル法も手本にしているのは、デラウェア州法における会社法です。

アメリカの大企業はほとんどがデラウェア法人なのですが、デラウェア州においては、州法人所得課税がないのですね。デュポンの地元だからかどうかは知りませんが。
事業体としてのLLP(有限責任パートナーシップ)というものがありますが、このLLPに関しての連邦所得課税は、どうなっているかというと、基本的には、パス・スルー課税、すなわち、LLP本体に課税せずその構成員に対して個人所得税を貸すこととなっているわけです。
ところが、デラウェア州においてはLLPに法人格を認めているわけですね。
つまり、LLPは法人であるので、州法人所得課税は課されない、内国歳入法典上はパス・スルー課税されるのでどこに住んでいようとその構成員に対しては連邦個人所得課税がされます。

しかし、州税についていえば、構成員が住んでいる州の税法によるということになります。デラウェア州在住であれば、法人扱いなので州税レベルのパス・スルー課税はない。

というようなわけで、アメリカにおける事業体課税論は非常に複雑な順列組み合わせになるはずなので、実務家としてスキームを組む、あるいは、訴訟になるということを除くと外形的に研究することには自ずと限界があるはずなのです。

要するに、あまりに概括的なものか極端に租税回避的性格を持つものしか表に出てこないということです。

日本において、相続税の課税方式に関して遺産税方式、すなわち被相続人(亡くなって財産を残した人)の遺産額に応じて相続税額を計算する方式から、遺産取得税方式、すなわち、相続人(遺産をもらった人)がもらった遺産の額に応じて課税する方式に変更するような流れができてきています。

これもアメリカその他先進国は遺産取得税だ的ないい方をするのですが、アメリカにおいては、遺産の取得等を定める民法は州法であり、個々の州で異なるわけです。州の中には、夫婦財産共有制を定めているところもあるわけです。
したがって、遺産取得税スタイルをとらざるを得ない。

また、夫婦財産共有制を前提にすると、夫婦合算申告の選択適用を認めておかないと、特定に州の住民にとっては不都合が生じうるというようなことですね。

他国の制度をわが国の制度と比較するときは非常に複眼的な思考が要求されるので、財政学的に、要するに取る側の一方的な論理により結論が出るというようなものでは決してないのです。

今は、Bonnie Raitt の歌声が聞こえます。

 
[PR]
by nk24mdwst | 2008-06-17 10:27 | Tax Poems

edie's been gone

Edgar Lee Masters (1868–1950) は、シカゴで成功した弁護士で詩人です. 代表作とされる1916年の' Spoon River Anthology’ からの詩を紹介します。

      Harry Carey Goodhue


You never marveled, dullards of Spoon River,
When Chase Henry voted against the saloons
To revenge himself for being shut off.
But none of you was keen enough
To follow my steps, or trace me home
As Chase’s spiritual brother.
Do you remember when I fought
The bank and the courthouse ring,
For pocketing the interest on public funds?
And when I fought our leading citizens
For making the poor the pack-horses of the taxes?
And when I fought the water works
For stealing streets and raising rates?
And when I fought the business men
Who fought me in these fights?
Then do you remember:
That staggering up from the wreck of defeat,
And the wreck of a ruined career,
I slipped from my cloak my last ideal,
Hidden from all eyes until then,
Like the cherished jawbone of an ass,
And smote the bank and the water works,
And the business men with prohibition,
And made Spoon River pay the cost
Of the fights that I had lost?

もう一つ、同じ詩集からです。


      George Trimble

Do you remember when I stood on the steps
Of the Court House and talked free-silver,
And the single-tax of Henry George?
Then do you remember that, when the Peerless Leader
Lost the first battle, I began to talk prohibition,
And became active in the church?
That was due to my wife,
Who pictured to me my destruction
If I did not prove my morality to the people.
Well, she ruined me:
For the radicals grew suspicious of me,
And the conservatives were never sure of me—
And here I lie, unwept of all.


Henry George と彼の提示した有名なThe Single Tax on Land については、考えてみる必要がありそうです。
19世紀末のアメリカにおける裸の資本主義と現在のいわゆる市場主義経済の時代においては。

夕べは、The Bucknghams なんていうのを聞いてました。Sundazed のCDのライナーに書かれたJames William Guercio の一文を読んで、昨日、感じたことの理由がわかりました。
バッキンガムズは、シカゴの出身なので、シカゴ・ブルース・ブルース・マンの名前を挙げ、さらにHarvey Mandel, Barry Goldberg とシカゴのホワイト・ブルース・シーンの話につながります。1966年ですから。
しかし、そのあと、ストラヴィンスキー、コープランド、ヴァレーズの影響なんて言及するのですね。
ドラムが好いです、当然ですが。ホーンとストリングスにアクースティック・ギターが数本絡むという感じですね。ヴォーカルと曲自体が弱い・・・かな、ですけど。

ハリウッドの音楽は奥が深いです。
東欧出身のハリウッド映画音楽の伝統なんてもののことを考えました。ティンパニーの使い方が印象的なのですね。ソフト・コア・ポルノの歌詞を抜いたFZの音楽に通じます。

しかし、そのソフト・コア・ポルノにこだわるFZは、自らが依拠せざるを得ないシステムを通じてそのシステムを批判するというのは、難しいことですね。依拠せざるを得ないシステムを通じてしかその批判ができないとすれば、なおのことです。

同時代のポップ音楽を含めての社会批評を行う手段として、ポップ音楽という手段を用いるという方法には、自ずと矛盾があり、矛盾があるがゆえ、誤解は避けられず、FZの真意がどこにあるのかというのは非常に判断の難しい問題として提示されます。

彼は、君たちの社会は、君たちが作っているわけであり、その社会が駄目なのは、あるいはアメリカ社会が馬鹿なままなのは、その社会を構成する人間が馬鹿だからだ、あるいは、偏見や先入観にとらわれて自ら考えることを放棄しているからだと終生訴え続けているわけですが、その訴えを聞いて拍手喝采しているのは、FZのコンサートに集まるファンやレコードを買うファンそのものと同じなのですよね。
これは、ファンの矛盾、問題だとしましょう。

逆にそのファン心理を逆手にとって、微妙なミックスの違い、テイクの違ったアルバムを発売することにより金もうけができることを確信犯的に理解していて、それの正当性を譲らないFZも大きな自己矛盾を抱えているわけですね。

バディ・ホリーの曲をやっているFleetwood Mac が流れています。Jeremy Spencer の二つの顔、つまり、Elmore James のコピーとロカビリー・マニアうちの後者の方が出ているのです。

Christopher Hjort の Strange Brew: Eric Clapton and the British Blues Boom は、題に偽りなく、1965年1月から1970年末にかけて、当時の記録等を調べて、Date to Date ベースでブリティッシュ・ブルース・シーンを追いかけています。

Eric Clapton が Yardbirds を抜け John Mayall のバンドに参加を決意するところから始まります。
採り上げられているのは、ECについては、YardbirdsからDominosにいたるまで。あと、ジョン・メイオールとその周辺グループということで、フリートウッド・マック、マック加入前のPeter Green, それからStones 等について、コンサート・デイト、セッション・デイトが詳細にまとめられています。

ECファン必携かなとは思いますが、個人的には興味の焦点が一致してはいないなと感じます。

戦後のアメリカのブルース・ギタリストを概観している本としてはJas Obrecht の’’Rollin' and Tumblin' : The Postwar Blues Guitarists が、主要なギタリストを網羅してます。Otis Rush のメイオール、EC感など、インタヴューが豊富です。
この本は、テキサスやウェスト・コーストのブルース・ギタリストからシカゴの大御所まで漏れなく採り上げています。
シカゴ・ブルース・ファンには物足りないかなという気もします。

ということになると、Charles Keil の’Urban Blues’ (Phoenix Books) が、適度なヴォリュームで読みやすいと。

誰が好き、かのスタイルこそ全てといった感じの人には、この手の本はどこまで行っても満足できないかなとも思うのですけれど。

Son Seals よりもECに触れているところが多い点は、個人的には当然、大きな不満ですし、Johnny Winter を、そこまで持ち上げる必要はないだろうなんて、私も思いますから。

1969年に、Allman Brothers Band がFillmore East に初めて出たとき、客が多くてビビッたというのがバンドの正直な感想だったそうですが、そのときのトリがジョニー・ウィンターだったとか。
Duane Allman は、来年はあれ以上になってるべと。確かに、そうなったわけです。ときに、彼は、まだ23歳になったばかりでした。
[PR]
by nk24mdwst | 2008-05-19 10:31 | Tax Poems