タグ:I.R.S. ( 18 ) タグの人気記事

sing about taxation in harmony

緊縮財政に方向転換したことに怒り心頭、というか、少し諦観気味のクルーグマン。
Op-Ed Columnist
Myths of Austerity
By PAUL KRUGMAN
Published: July 1, 2010

When I was young and naïve, I believed that important people took positions based on careful consideration of the options. Now I know better. Much of what Serious People believe rests on prejudices, not analysis. And these prejudices are subject to fads and fashions.
http://www.nytimes.com/2010/07/02/opinion/02krugman.html
緊縮財政下における経済成長の例があるのですね。
1980年代のアイルランドです。
ただし、これは、一国だけの問題なので、緊縮による内需の喪失を為替レートを切り下げること、それから輸出の創出、規制緩和等によって乗り切った。
このつけが、今、また回ってきたのですが。
同様に、クルーグマンは指摘してませんが、1990年代初頭に住宅バブルがはじけて財政危機になったスウェーデンにおいて、戦前から一貫して政権にあった中道左派が政権から離れ、中道右派政権になりました。そして、付加価値税を含む増税を行いながら経済回復を果たしました。
スウェーデンでは、このとき、増税はしていますが、福祉の切捨てはしていません。
アイルランドもスウェーデンも一国経済における緊縮財政下における経済成長の可能性を示しているに過ぎません。
世界的に同時にハンドルを反対側に切ると、いわゆる合成の誤謬が起きて、浮上しきっていない経済は沈没するんでしょう。

ただ、アメリカの不動産市況は、税額控除バブルがはじけたようですね。下駄を履いていただけだった。
U.S. housing market remains fragile despite low mortgage rates

By Dina ElBoghdady
Washington Post Staff Writer
Friday, July 2, 2010

After showing signs of a fledgling recovery from the worst downturn in decades, the U.S. housing market appears to be heading back toward the doldrums, as the expiration of a lucrative tax credit for buyers and increased uncertainty about the economy cause home sales to plummet.
http://www.washingtonpost.com/wp-dyn/content/article/2010/07/01/AR2010070106483.html
5月の不動産着工契約の成立件数が激減しています。

アメリカでは、脱税摘発につながるIRSへの内部告発等者に対して報奨金が出るのですが。
Change in IRS rules could block rewards for whistleblowers

By David S. Hilzenrath
Washington Post Staff Writer
Thursday, July 1, 2010

Congress has called on the Internal Revenue Service to pay rewards to whistleblowers on the theory that they may be the agency's best hope for penetrating tax-evasion schemes, but a recent change in an IRS manual could in certain cases block those rewards.
http://www.washingtonpost.com/wp-dyn/content/article/2010/06/30/AR2010063005349.html
先のUBSの一件においても、内部告発者自身は司法取引にも拘らず収監されました。
IRSは、内部告発者に対して甘い姿勢をとるのをやめたのですね。マニュアルを変えた。

州政府は均衡財政を義務付けられているので、歳入減(税収減)に対応して歳出を減らすしかないわけです。
Editorial
Bad News Back Home
Published: July 1, 2010

How bad does it have to get before Congress notices? Kevin Sack reported in The Times on Thursday that budget shortfalls have led 11 states to close enrollment in programs that provide drugs to people with H.I.V. and AIDS. Worse, the number of those turned away is expected to surge in the months ahead as more states defer enrollment and cut eligibility.
http://www.nytimes.com/2010/07/02/opinion/02fri2.html
タイムズは、州政府に対する連邦政府の財政援助法案を拒否している共和党をなじっています。

サンタナってつまらんですね。楽しいのは、パーカッションのところだけ。
[PR]
by nk24mdwst | 2010-07-02 17:22 | 租税法(アメリカ)

tax the secret money

メキシコ湾の原油流出の実体は、かなり大きなものであるようですが、実態がわからない。
How Much Has Spilled, and How Far? Seeking Answers as Questions Mount

By THE NEW YORK TIMES
Published: June 25, 2010

Since the Deepwater Horizon oil rig exploded in the Gulf of Mexico in April, killing 11 and setting off the biggest maritime oil spill in the nation’s history, questions about the potential dimensions of the disaster have only multiplied from week to week. Readers have been asking whether the oil can be contained, how serious the damage will be and what they can do to help. Following is a primer on the spill.
http://www.nytimes.com/2010/06/26/us/26primerWEB.html
ルイジアナの海岸からフロリダ、パナマにいたるまで原油が到達してるようです。
戦争やって、深海リグを掘削するだけの値段に原油価格が高騰した、その結果がこれか。原油埋蔵量って、結局、炭鉱採掘するコスト次第で変わるからいい加減なものですね。
二酸化炭素温室効果論も、結局、原子力発電所を再建設するための口実でしかないような。

日本と考え方が違うというか、BPが支払う被害者に対する賃金保証は課税対象だとIRS。
IRS Wants Taxes From BP Payments for Lost Wages
By THE ASSOCIATED PRESS
Published: June 25, 2010

Filed at 4:06 p.m. ET

WASHINGTON (AP) -- The Internal Revenue Service says oil spill victims who receive BP payments for lost wages will have to pay up come tax time.
http://www.nytimes.com/aponline/2010/06/25/us/politics/AP-US-Gulf-Oil-Spill-Taxes.html?_r=1&scp=17&sq=tax&st=nyt
日本の所得税の場合は、身体精神等の損害に対する賠償金に該当して非課税所得になるのかなと思いますが。

CTJが共和党が雇用創出法の成立を妨害していることを非難しています。
Minority of Senators Block Jobs and "Tax Extenders" Bill -- No Resolution in Sight

June 25, 2010 1:26 PM

President Obama wants to sign a jobs bill into law. The majority of members of the House and Senate want the same thing. So do the two million out-of-work Americans who will have lost their unemployment benefits by July because of Congress's inaction. Not to mention the millions of Americans who will see public services like education and public safety slashed because their states have to make up shortfalls in Medicaid funding. And then there are the mainstream economists who conclude that some deficit-spending on measures that pump money immediately into the economy and create jobs are entirely justified when unemployment is hovering around ten percent. In the face of all this, a minority of 42 Senators has managed to block legislative action.
http://www.ctj.org/taxjusticedigest/archive/2010/06/minority_of_senators_block_job.php
CTJは、当然、民主党支持ですけどね。

法域(jurisdiction)ごとの金融制度指標なんてのを調べているんですね。デラウェア州が、最悪だと。
Financial Secrecy Index
Download: PDF | Excel

2009 Results
http://www.financialsecrecyindex.com/2009results.html
二位がルクセンブルク、ガーンジーなんてのも入っているわけです。
タックス・ヘイブンのブラック・リストと考えればいいんでしょうね。
[PR]
by nk24mdwst | 2010-06-26 11:40 | 租税法(アメリカ)

garage band extraordinary

今日も、曇りで肌寒い日です。
先週に比べて人手の少ないショッピング・モールでは、手持ち無沙汰げな男性の姿が目に付きます。会社を卒業して、解き放たれたものの、行き先を見つけられず空ろな目をしているのです。

アメリカの失業問題と財政赤字についてタイムズの社説は、対応の遅れに対して、怒っています。現状認識の違いなのですかね。
Editorial
The Trans-Atlantic Crisis: America’s Uncertain Recovery
Published: May 29, 2010

The stock market gyrated wildly last week, soaring when China denied reports it was about to forsake the euro, then retreating on bad news about Spain’s creditworthiness. Contagion from Europe is obviously still a threat to the United States. But Europe’s woes are only one of several risks still facing the American economy. And those risks are made all the worse by an increasingly incoherent response from Congress.
http://www.nytimes.com/2010/05/30/opinion/30sun1.html
9.9%の現在の失業率が5%に回復するためには、4月の好調な実績が続いたとしても5年かかるとしてます。ヨーロッパの財政危機は、アメリカ経済全体のリスクにとっては、数あるうちの一つでしかないのだと。
中小零細企業の景気回復が遅れているので、さらに住宅ローンその他の不良債権が発生し、結果として中小銀行775行に注意が必要だと政府リポートがのべていると。
さらに、10月1日から会計年度が始まる連邦政府とは異なり、多くの州政府の会計年度は、7月1日から始まるのですが、6月30日で終わる今会計年度において、すべての州が財政赤字を計上している結果として、州レベルでは、さらなる増税と人件費削減が行われるので、景気抑制要因になると指摘しています。

連邦財政と州その他の地方政府財政の相克なのです。

取れるところから取れというのが、歳入難のときの課税庁のやり口です。
IRS wants a cut of online sales on eBay, Craigslist

By Tom Herman
Fiscal Times
Sunday, May 30, 2010

Many people think of online auction sites, such as eBay and Craigslist, as virtual garage sales -- a convenient way to clean out cluttered closets and attics stuffed with old clothes, books and knickknacks inherited from Aunt Gladys.
http://www.nytimes.com/2010/05/30/opinion/30sun1.html
e-bay でネット・オークションをやって収益を上げた女性に対して課税したという話です。
租税裁判所に訴えて負けた納税者の女性は、2000年から2005年にかけて8,000件ほどのオークションによる取引を行ったとされています。
自己所有のものの転売ですから、収入金額がそのまま所得になるわけではなく、当然、取得費が控除されるということになるのですが、この納税者は、それらを証する帳簿等を示すことができなかったのです。
納税者の言い分としては、ネット・オークションが事業(business)に該当するということを知らなかったというわけです。
IRSによると、通常の自宅等で行うガレージ・セールやフリー・マーケットで中古品を売ることは、事業に当たらず、それに対して課税はされないと。しかし、ネット・オークションなどで一定の回数を超えるものについては事業性が認められるというのです。

こんな話じゃなくて、Drive-By Truckers の音楽性とアメリカ南部社会における政治状況の変化について書く、なんてテーマの方が面白いのですが。
The BandやABBとDBTとの間にある違いは何か、共通性は何か。
[PR]
by nk24mdwst | 2010-05-30 13:21 | 租税法(アメリカ)

lost and not found

日本では上場会社が破綻した場合でもその経営者だった人物がこんな目にあうことは、まずないでしょう。クライスラーが破綻したわけですが、そのときの経営トップの現状。
Unpaid bills mount for top Chrysler executive
Fri Sep 18, 2009 9:20pm EDT

By David Bailey

DETROIT (Reuters) - One of the best-known auto industry executives in the world has fallen on hard times.
http://www.reuters.com/article/ousivMolt/idUSTRE58H56D20090919?sp=true
トヨタの現地法人のトップを経て、クライスラーへ移った人物ですが、滞納税額とクライスラーが保証していた住宅ローンの債務が一度にやってきて、それが135万ドル。

UBSに関連した脱税訴追の猶予期限まであと1週間を切りました。
UBS warns US clients as tax amnesty nears end

By Kim Dixon

WASHINGTON, Sept 18 (Reuters) - UBS AG (UBSN.VX) has formally warned wealthy American clients that their secret Swiss accounts may be revealed to U.S. tax authorities after next Wednesday's expiration of a U.S. amnesty program.
http://www.reuters.com/article/euRegulatoryNews/idUSN1825361520090918?sp=true
UBSは、資産総額100万ドルに達しない顧客にも連絡をしているのだそうです。
金額基準ではないということですね。

個人的に興味を持ったのはこのペーパー。
Behavioral Economics and Tax Policy
William J. Congdon, Jeffrey R. Kling, and Sendhil Mullainathan
http://www.brookings.edu/~/media/Files/rc/papers/2009/0616_behavioral_economics_kling/0616_behavioral_economics_kling.pdf
最近のIRSについて分析してます。
ブルッキングス研究所のリポートですね。
[PR]
by nk24mdwst | 2009-09-19 17:04 | 租税法(アメリカ)

keep it clean

梅雨らしい、雨の日です。
世間は三連休、学校は夏休みですか。

IRSはtax preparer、つまり申告書作成代理業者に対する規制を強くするという方針を出したのですが、今まで何をやっていたのかという記事。
IG: IRS does poor job regulating tax preparers

By STEPHEN OHLEMACHER
The Associated Press
Monday, July 20, 2009; 11:28 AM

WASHINGTON -- The IRS does a poor job overseeing the paid tax preparers used by more than half the nation's taxpayers, the agency's inspector general said in a report released Monday.

"The IRS currently is not able to track, monitor or control preparers' activities and compliance, or even determine the total number of paid tax return preparers," said J. Russell George, the Treasury inspector general for tax administration. "As a result, the IRS currently is not capable of ensuring that paid preparers adhere to professional standards and follow the law."
http://www.washingtonpost.com/wp-dyn/content/article/2009/07/20/AR2009072001119.html


以前も書いたかもしれませんが、日本とは異なりアメリカでは申告書作成は、有料で誰が行ってもかまいません。それらの業者に対する規制、監督がなっていないとthe Treasury inspector general for tax administration(TIGTA)のリポートがいっているという報道です。

財務省税務行政監察局長(とでも訳せばいいのかな)のリポートは、Inadequate Data on Paid Preparers Impedes Effective Oversight July 14, 2009 です。
http://www.treas.gov/tigta/auditreports/2009reports/200940098fr.pdf

現在のInspector General の J. Russell George氏の経歴はhttp://treas.gov/tigta/about_ig.shtmlにあります。ニュー・ヨーク出身、公立学校からアフロ・アメリカンの大学であるハワード大学をでた後、ハーヴァード・ロー・スクールで弁護士資格取得。
以後、地方検事局、大統領府等々で経歴を積んでいます。

日本の場合、国税庁は、財務省の外局として存在しているわけですが、国税庁の業務を監督する部署というと会計検査院だけですね。
1998年改正法によりアメリカでは1999年にI.R.S.の外部、といっても財務省の中ですが、TIGTAというポジションを設けてその業務を監視、監督する体制を作りました。これいがいに、Oversight Board があります。また、I.R.S.の内部に独立性を持った全米納税者擁護官も置いています。Taxpayer Adovocateですね。納税者擁護官事務所は、独自の組織を持ち、I.R.S.や財務省の長官の下にいるにもかかわらず、直接、議会に対して報告することになっています。
もちろん、これら以外にGAO、つまり会計検査院がその業務を監査報告しているわけです。

アメリカが何でも言いなんていうつもりは全くないのですが、このように課税当局に対して外部の監視体制を設ける国は少なくありません。オーストラリアでは、連邦オンブズマンが税務オンブズマンをかねています。

アメリカのNational Taxpayer Advocate やオーストラリアの連邦オンブズマンは、キャリアの官僚とは全く違います。

まあ、日本の納税者支援調査官が何をしているのかという話にもなるのですが。

H&Rブロックのようなチェーンでの社員に対する教育が十分ではない。まあ、そりゃ、基本的に季節雇用だからそうなるだろうと思いますけど。
あるいは、同じIDで複数の社員が、申告書を代理作成する等々。
逆に、I.R.S.の立場からすると、彼らも日本の国税庁同様、電子申告、つまりe-file の達成に関してノルマが課せられていて、そのためには申告代理業者、それも大手を利用するというのが一番手っ取り早いということを知っているのですね。これについては、ブーズ・アレン・ハミルトンを使ったリサーチの結果が公表されています。

いずれにしろ、結果的に、申告書の誤りが増え、納税者もその誤りを正すIRSも双方が莫大なコスト負担しているということですね。これを問題視しているわけです。

この点に関しては、納税者擁護官の議会報告でも採りあげられていました。

かつて、現在TKCの副会長だかをやっている後の国税庁長官が、税理士法改正に賛成しないと黒船がやってくるって恫喝したことがありましたが。
規制緩和と黒船におびえることなんてないのですよ。

もっとも、国税庁のHPに税理士の懲戒処分対象者の名前が載っていたりするのですね。

税理士、税理士法人に対する懲戒処分権は、税理士法改正前は国税庁長官、現在は、財務大臣にありますからね。
弁護士会のように、税理士会が自らを律すること自体ができない仕組みです。

日本の税理士制度の歴史を考えると仕方がないといえるかも知れません。それでいいといっているのではないです。
当局の下請けとしての税理士、税理士会、日税連だということには歴史的なものがあるのは事実だけど、それは、なんとしても取っ払ってしまう必要があるのだと思うのですが。

日本の税理士は税務代理士法が1942年2月に制定されたところに始まるわけです。1941年12月に真珠湾があるわけで、要するに戦費調達のための租税徴収補助が目的だったわけですね。皇国租税史観なんていうのもあったりしまして。
納税は、天皇に対する初穂料であるというわけです。戦前の話ですよ。
この延長で、納税は銃後の鉄兜なんて標語も出てくるわけです。

税理士に対する規制自体は明治30年代の大阪府警察条例辺りに淵源があります。

まあ、ハリウッド映画でも会計士なんて悪者に決まってますから。弁護士にはいい弁護士と悪いやつが出てきますが。

いまはビッグ3になっちゃいましたが、かつてのビッグ8といわれた大手の監査法人は、イギリス、オランダ資本がアメリカの産業革命と同時に資本進出したときにその監査のためにできたものが母体です。19世紀の終わりごろですね。

ところで、税理士は、会計屋じゃなくて、法律家でなければならないなんて松沢智先生その他の方がおっしゃっております。
私もその通りだと思っておりますといいたいのですが、そもそも税法って法律なのかと混ぜ返したりして。

税法の方としての特殊性があるということを認識しないといけないと思いますね。あるいは、これは行政法一般に言えることなのかもしれません。私の土地収用法体験が、そうささやいています。

租税訴訟で補佐人になれるから法律家なのではないですね。あるいは補佐人になるために法律家にならないといけないのではないと思いますね。

富岡先生の言うような税務会計から真実が見えてくるということまでは考えませんが、技術論としての税務会計学、政策論としての税務会計学というのは成り立つのではないかと。

ロイターだってちゃんと日本の問題を指摘しているわけです。執筆は日本人ですが。
Policy challenges facing Japan's next government

Mon Jul 20, 2009 8:50pm EDT

By Yoko Nishikawa

(Reuters) - The winner of an election that Japan's Prime Minister Taro Aso is set to call for August 30 will face a raft of challenges including the country's worst recession in 60 years and growing social welfare costs in a fast-aging society.
http://www.reuters.com/article/worldNews/idUSTRE56K06A20090721
高齢社会における福祉財源をどうするか。

消費税25%の美しい日本にすればいいという東大の中里教授理論は通用しないと思いますが。

まあ、私の立場は言わずもがななのですが。

いずれにしろ、日本では、経団連を中心とする輸出大企業が自民党政権を援助し、見返りに大規模な方事前税減税特別措置の恩恵を受けてきたわけです。
これは、借入等による資金融資においても同じことがいえます。

他方、自民党は、従来、その選挙基盤を地方の農村部においていたのですね。この地方の農村部というのは、高度成長期においては、勤勉で優秀な工業労働者を供給する一方、農業だけでは立ち行かないので補助金付けにされ、さらに農業補助が地方の公共事業に形を変え、土建業者となった元農家が自民党の支持基盤だったのですね。
政財官のトライアングル体制というときに、この、自民党のアンビバレンスな部分を見逃してはいけないわけです。
これを、この前の選挙でたったどっかのポピュリストがぶち壊してしまった

そして規制破壊で、金持ちが金儲けできる、富めるものがますます富める社会にしようとした。そうなったように見えたとたんに今回の不況というわけですね。

要するにトヨタが儲かるための体制を作ったのに、トヨタが利益を出せなくなった。ほかのみんなは既に置いていかれているのに、殿様までが転んじゃった。
どうすればいいのか、これからどっちへ行くんだ、という方向性が見えない。

だから、消費税増税云々というような財政問題レベルではないのだと思うわけです。

アメリカはこれから10年間、高額所得者に対する課税強化で望むのですが、これについて詳細な報道ないしリポートがなされていませんね、この国で。
高額所得者課税強化と抽象的にいうのではなくて、どこをどうするのか、理念は何なのかという議論です。

昨日は、夜、何を聞いたから忘れました。ウォークマンの調子が悪くて、ホールドに触るとリセットされてしまって、もぞもぞやっているうちに寝てしまったようです。
まあ、寝床から落としたりしたからかな。
[PR]
by nk24mdwst | 2009-07-21 13:01 | 租税法(アメリカ)

america drinks soft

医療保険等の企業負担分以外の経済的利益(日本の税法の言い方ですね。)に対して課税強化をしようと言う動きが強いですね。
Tax Proposals Draw Critics in Talks on Financing Health Insurance

By ROBERT PEAR
Published: May 20, 2009

WASHINGTON — Even as Congress weighed options to finance health insurance for tens of millions of Americans, lobbyists mobilized Wednesday to head off proposed taxes on employer-provided health benefits, alcoholic beverages and soft drinks.
http://www.nytimes.com/2009/05/21/us/politics/21health.html
医療保険の会社負担分だけではなく、社内で飲めるアルコールやソフト・ドリンク等についても課税しようということです。
組合は、当然、反対していますが。

アメリカのオフィス等へ行くと、社員の休憩スペースが会ってドーナツとかドリンクが飲み放題スタイルなのを何度か見ましたが、それに課税するというわけですね。
日本でも、一時、フリンジ・ベネフィット課税をするのだって話がありました。
課税方法をどうするのかまだ調べていないのですが、ただで飲み食いできる、あるいは、医療保険料等を負担をしてもらっているので、従業員が確定申告のときにその分を所得加算して申告することになるのでしょうね。

それと、砂糖は肥満につながり有害だという論議があって、連邦レベルでソフト・ドリンクに個別に税金をかけるという話もあるようです。イメージとすると、ペプシやコークに小売段階で州等の売上税以外に連邦税をかけるのでしょう。

一方、医療保険制度整備の財源としての増税策を大統領は打ち出してきています。
To Pay for Health Care, Obama Looks to Taxes on Affluent

WASHINGTON — President Obama will propose further tax increases on the affluent to help pay for his promise to make health care more accessible and affordable, calling for stricter limits on the benefits of itemized deductions taken by the wealthiest households, administration officials said Wednesday.
http://www.nytimes.com/2009/02/26/us/politics/26budget.html
医療制度改革の財源を医療費控除の削減に求めるということです。

少し説明が要りますね。日本の所得税にも医療費控除があります。日本の場合は、給与所得者や年金所得者のように概算控除、つまり給与所得控除や公的年金控除を使って税額を計算する人に対しても、実額の医療費控除を認めています。

アメリカの場合は、日本と異なり事業所得者まで含めて概算控除を使うことができます。ただ、この概算控除を用いて税額計算をする人は、人的控除、つまり扶養控除のようなもの以外の実額控除は認めていません。
実額控除を選択した場合は、給与所得者であっても、必要経費(非常に限定されています、実際は)、地方税、東南災害等による損失、そして医療費、保険料、住宅ローンの利子等の控除ができることになります。

大統領が提案しているのは、超過累進税率をアメリカも用いているので、医療費控除額が1000ドルある人であっても、適用税率が27%の人と13%の人を比べると税率が高い人の方の税金が安くなるので、これを制限しようということです。
担税力から考えるとそうなるというのは理解できます。

全然、話は、変わりますが、40台半ばの知合いがガンで舌を切除、流動食しか採れない、という状況で病院から追い出されるのがこの国です。直る見込みがないから3ヶ月たったら出て行け。
自営業者なので、奥さんは大変です。
いつから、この国の医療制度はこんなひどいことになったのか。医者が多いから医療費が増える、病院通いが多いから医療費が増える、入院期間が長いから医療費が増える、だから、医者にかかれないよう、入院できないようにしようと官僚システムは考えたわけです。

どうしたかというと、長期同一疾病で入院していても健康保険で面倒見ないということにしたのですね。それと病院の医者を減らした。だから、産科のたらいまわしなんて事態になるのです。
あれは、自治体が動向という話ではなく、厚労省の官僚システムが生み出した確信犯的人災です。

医療の民営化をしても医療費が減らないことは国民皆保険ではないアメリカを見ても明らかなのに。

アメリカの医療保険制度改革で医療産業複合体は、巻き返しているとクルーグマン。
Blue Double Cross

By PAUL KRUGMAN
Published: May 21, 2009

That didn’t take long. Less than two weeks have passed since much of the medical-industrial complex made a big show of working with President Obama on health care reform — and the double-crossing is already well under way. Indeed, it’s now clear that even as they met with the president, pretending to be cooperative, insurers were gearing up to play the same destructive role they did the last time health reform was on the agenda.
http://www.nytimes.com/2009/05/22/opinion/22krugman.html
二週間で態度が変わったというか、元から変わっていなかったというべきか。

製薬会社は儲かっているようですね。
Glaxo in potential $1.9 bln tax battle with IRS

Fri May 22, 2009 3:47am EDT

NEW YORK/LONDON, May 21 (Reuters) - British-based drug company GlaxoSmithKline (GSK.L) is battling the U.S. Internal Revenue Service over a potential $1.9 billion in back taxes, interest and penalties.

Glaxo had already detailed the dispute in its annual report in March, but the case was highlighted by The Wall Street Journal on Friday, which said the IRS was investigating a tax-savings technique employed by the company known as "earnings stripping".
http://www.reuters.com/article/rbssPharmaceuticals%20-%20Generic%20&%20Specialty/idUSN2132373120090522
190億ドルが脱税かそうでないかとグラクソスミスクラインとI.R.S. との間で争いがあると。

事案は、2001年に遡り、2008年にすでに合衆国租税裁判所に提訴されているようです。この件の判決は2011年まで出されないのだそうです。よくわからないのですが、事案の性質によるのだとか。

移転価格税制がらみで2006年にグラクソは、I.R.S.と30億ドルの税額で和解しているのですが、それとは別件なのですね。
[PR]
by nk24mdwst | 2009-05-22 17:46 | 租税法(アメリカ)

crash, no clash

今朝は、今冬一番の寒さ、雪が5センチ弱積もっていましたが、午後には雨になり、全部消えてしまいました。

今日は、午後から気分が凹んでいます。クルマが凹んだので。右後方の車が左折してくるなんて思いもよりません。鞭打ちらしき症状自覚あれど、結局、時間が直してくれるのを待つだけですね。

Lumpy Money は、久しく遠ざけていたFZの音楽に回帰するきっかけになってしまいましt。特に60年代Mothers にというわけです。
Mystery Disc を引っ張り出して、Freak Out!以前の音まで遡るというわけです。

個人的には60年代のFZのマスター・ピースは、We're Only In It For Money だと思っていたのを再確認したのですね。そして、序曲としての役割をLumpy Gravy がもっていたということがよくわかりました。
それから、FZのオーケストラ・ワークは、既にこの時点で完成していたということも確認できました。

オリジナルのLumpy Gravy をWe're Only In It For Money と続けて聞けばそれだけでよいのですけどね。ただ、Lumpy Gravy の方はミックスのときにテープの速度を変える等の試みがなされていて、それはそれで、充分に統一感があるのです。しかし、Lumpy Money で、初めて公表されたテープ加工されていないオーケストラ演奏は、実に素晴らしい。
あと、指示を出しているFZの声が若いですね。当たり前か。例のステージ転落事故以後、彼の声は低くなってしまったのですが、若いだけじゃなくて声が高い。

このブログにも貼り付けてあるのですが、FZが自転車を楽器としてテレビ出演している映像がYouTube にあります。明らかにシャイで真面目な変な音楽青年だということがわかります。

Freak Out!は、前も書きましたけど、1965年までにMothers が既にステージでやっていたことの集大成でしかないので、本当にレコーディングを意識して作られたのはこのLumpy Money に納めれら手いる一群の曲だと思います。もちろん、これらも、原型はガリック・シアターでのステージでのアイディアや試みの集大成ではあるのだと思いますが。

FZとJim Gordon を苦心して避けていて、Chris Hillman に集中していたのですが。眠れなくなると困るので。Souther-Hillman-Furay Bandは、避けていたということです。

連邦制というのは難しいですね。カリフォルニア州政府は破綻寸前です。
California, Almost Broke, Nears Brink

By JENNIFER STEINHAUER
Published: February 16, 2009
LOS ANGELES — The state of California — its deficits ballooning, its lawmakers intransigent and its governor apparently bereft of allies or influence — appears headed off the fiscal rails.

Since the fall, when lawmakers began trying to attack the gaps in the $143 billion budget that their earlier plan had not addressed, the state has fallen into deeper financial straits, with more bad news coming daily from Sacramento. The state, nearly out of cash, has laid off scores of workers and put hundreds more on unpaid furloughs. It has stopped paying counties and issuing income tax refunds and halted thousands of infrastructure projects.
http://www.nytimes.com/2009/02/17/us/17cali.html
政府職員のレイオフ等が始まっているというか、金が底をついた状態のようです。

ニュー・ジャージーも同様のようです。
Tax Revenue Refunds Widen State Fiscal Gap

By DUNSTAN McNICHOL
Published: February 13, 2009
ALREADY struggling with falling tax revenues, New Jersey is now sending checks for millions of dollars to companies that are claiming refunds on state corporate taxes they overpaid on profits that failed to materialize last year.
http://www.nytimes.com/2009/02/15/nyregion/new-jersey/15taxnj.html
赤字法人に対する州法人所得税の還付が重荷になっているというわけです。

秘密が売り物のスイスの銀行ですが、UBSに続いて、今度はクレディ・スイスがI.R.S. のターゲットになっています。
Bank Asks Offshore Clients to Sign Tax Forms

By LYNNLEY BROWNING
Published: February 17, 2009
Credit Suisse, under a widening investigation into foreign banks with offshore private banking services, is working to avert a potential standoff with federal authorities like the one faced by the rival Swiss bank UBS.

Credit Suisse is asking wealthy American clients with offshore accounts to sign special tax forms disclosing their names, addresses and taxpayer numbers — a move that may partly lift the veil of secrecy on those accounts.

Through a broad summons, investigators are also trying to force UBS to turn over the names of all American clients who from December 2002 through 2007 had control over accounts at the Swiss-based offices of UBS, its subsidiaries or affiliates — and for which UBS did not have the W-9 tax form.
http://www.nytimes.com/2009/02/18/business/18tax.html
クレディ・スイスは、オフ・ショア口座を持つアメリカ人富裕層顧客に対して、住所、氏名、納税者番号を開示する書類(the W-9 tax form)に署名するよう要請しています。

クレディ・スイスは大多数の顧客の秘密は守られるといっていますが、UBSの場合はそうでなかったわけで、こちらもどうなるのか。ブッシュ政権時代とは明らかに風向きが変わりましたね。

アメリカの租税法の世界に体系なんてないというのはやはり事実なんでしょう。

アマゾン等のネット通販に対する州売上税の話を以前取り上げたことがあります。それに対して、具体的にはメリー・ランド州議会議員に当ててNTUが出した書簡です。
February 17, 2009

A Letter to Maryland Legislators in Opposition to HB 337, the Streamlined Sales and Use Tax Agreement

Dear Legislator:

In the current uncertain economic and political climate, Americans have so far been able to take solace in a rational and moderate tax policy toward the Internet. Online purchases from retailers based outside the consumer's home state are currently not subject to sales taxes. Unfortunately, some policymakers continue to advocate the Streamlined Sales Tax Project (SSTP), which seeks to create a multi-state cartel to impose a blanket sales tax rate on Internet sales regardless of the location of the retailer's "bricks and mortar" establishment. There are a number of problems with SSTP:
http://www.ntu.org/main/letters_detail.php?letter_id=656
この消費の低迷しているときに、対して税収があがらないものに税金をかけるのは消費抑制になるだけだと。
[PR]
by nk24mdwst | 2009-02-18 17:12 | 音楽

who needs the peace corp or war?

今日は、さすがに少し肌寒い曇りの日です。

Lumpy Money を聞いています。1968年にFrank Zappa が録音したものです。本来セットとして出されるべきだったLumpy Gravy とWe're Only In It For Money は、契約上のトラブルもあり、別個に出されました。
また、歌詞その他に関して編集が加えられてしまったのですが、それをオリジナルに戻したスタイルというわけです。
ただ、分けて出された二枚もCD化されていますから、ハードコアFZファン向きですね。ミックスの違い、コーラスが加わっているとかという違いがあるだけといってしまえばそれまでです。

ただ、二枚に別れたアルバムとして出されたものが一体として構成されていたということがよくわかります。もちろん音もよくなっていますし。ジャケットにはTommy Tedesco がスタジオでにっこり笑っている写真が三枚もありますし、Ray Pohlmanの姿も見えます。

オリジナルのLPスリーヴがそのまま縮小されてジャケットに用いられているのですが、きちんとオーケストラやセッション・メンバーが元のLPではクレジットされていました。しかし、それが、CDサイズに縮小されたら小さな名前が全く読めません。きちんとブックレットにくじレットを載せるべきだと思うのですが、Gail Zappa にはそんなことは思いつかなかったのでしょうね。
著作権にやたらとこだわるくせに、肝心なところで抜けているというか、不誠実としか言いようがないと断じておきます。

ジャズ・ギタリストとしてのザッパを評価する向きもあったわけですが、こんなのをみつけました。いわく、FZは、ジャズ・ギタリストの範疇に入らないブルース・ロック・ギタリストだと。
Joe Pass, Tommy Tedesco and Frank Zappa

My favorite Joe Pass story is the Frank Zappa saga. I had read in many publications about Frank Zappa that said he was a gifted jazz guitarist, one of the best in the world. I had a problem with this propaganda because on his recordings he played very lack luster rock and roll solos.

Joe and Tommy Tedesco were doing a NAMM show in Anaheim California in the early 1980s. For the folks who do not know who Tommy Tedesco was, most of all the TV themes and movie scores, with guitar, Tommy Tedesco played them all from the 1950s through the 1970s. He was the busiest session guitarist in Hollywood at this time always getting "First Call." Aside from these accomplishments, Tommy was a great jazz guitarist also.

The story goes like this according to Joe Pass and I'm paraphrasing: "Tommy and I were both very excited to hear the Frank Zappa would be gracing our small stage that day at the NAMM show." Joe went on to say "In fact I was nervous, my palms were sweating, I had read and heard that this man was one of the greatest guitarists and composers of all time, like a modern day Mozart."

"We played a set, we waited, no Zappa, we played another set, still no Zappa. By this time, the suspense was killing both Tedesco and myself," (myself meaning Joe Pass.)

"At last, we see a dark haired man wearing a black long cape surrounded by a flock of worshipers coming toward our stage. We had to stop playing because there was complete chaos around our booth as Zappa was signing autographs and his fans were trying to touch his garment."

"After an hour of worship and autographs, he picks up a guitar and bangs out a couple of loud bar chords. Zappa turns to Tommy and asks, 'What do you guys what to play?'" Joe Pass started to rattle off tunes like Giant Steps, a John Coltrane classic, hey, Joe said, "we figured this Zappa guy is the best, lets play the most demanding music possible."

"After requesting more then two dozen standards, we realized this guy couldn't play any standards, not one. We ended up playing a TOO loud 12 bar blues, that's all Frank could play. It was pathetic."

Both Tommy Tedesco and Joe Pass decided to take a very long break and escape, outside at least until Zappa left.

It just goes to show you that you can never believe what you read. Until you, the listener actually hear the musician play, only then can you make your own judgment. Remember magazine articles are written by non musician journalist and in many cases can be pure propaganda.

God bless Joe Pass and Tommy Tedesco.
http://www.stevelaury.com/html/s_zappa.html
1980年代前半、ジャズ・ギタリストのジョー・パスとハリウッドのナンバーワン・セッション・ギタリストのトミー・テデスコのショーへFZが現れ、一緒に演奏したときのことが語られています。
ジャズ・ギタリストのSteve Lauryが、師と仰ぐジョー・パスから聞いた話という体裁です。伝聞なので真偽のほどは定かではありませんが、充分に納得できる話ではあります。
要するにFZは、ジャズ・スタンダードを全く知らず、故に演奏できなかった、弾けたのは12小節ブルースだけだと。

音楽ジャーナリズムがFZを天才ジャズ・ギタリストと持ち上げるのは神話の創造だと決め付けています。何をもってジャズ・ギタリストというかという問題がありますが、FZは、ジャズ・スタンダードに関する知識が全くなかったとは思えませんが、弾けなかったのなら興味がなかったのでしょう。

本質的にブルース・ギタリストだというのは、彼のギター・ソロを集めたアルバムを聞いていて私が最近感じていることと同じですね。ただ、Freak Out!, Lumpy Gravy でFZと仕事をしているトミー・テデスコの見解も聞いてみたいところですね。無理ですけれど。

トミーは初見でどんな曲、どんなスタイルでも弾けた人というか60年代のハリウッドのヒット曲のほとんどでギターを弾いている人です。ベンチャーズも含め。

FZの本質がブルース・ギタリストだというのは事実だと思いますが、Mystery Disc などを聞くとオーソドックスなジャズ・ギターを弾いてみせていますけどね。それから、Joe's Domage はGrand Wazoo のセッションの様子の断片の寄集めですが、そこで、FZは、自作の曲の各パートを歌ったり、ギターで弾いてみせてホーン・セクションに指図をしています。

このあたりの事情は、Lumpy Gravy における作曲家、コンダクターとしてのレコーディングときのFZの様子をEmil Richardsが回想していて、これが、Lumpy Money のライナーにあるのですね。曰く「バスーン奏者やバス・クラリネット奏者がこんなものを演奏するのは不可能だ、というので、FZが、じゃ、俺がちょっとやってみるから聞いてみてくれといい、ギターで弾いてみせたら、バスーン奏者たちも本気で練習しだした」というわけです。
トミー・テデスコが、全編でギターを弾いていますが、FZとは意気投合したのだそうです。
Lumpy Money には、未公表のセッション・テイク、オーヴァー・ダブ・ミックス前のベーシック・トラック等が入っている三枚組みです。

冒頭に出てくるLumpy Gravyサーフ・ギター風のところは、トミー・テデスコだと前から確信していました。それはともかく、今回初めて私が聞いたディスク3の一曲目How Did That Get In Here (25分プラス)は、1967年2月13日キャピトル・レコーディング・スタジオでの録音だというのですが、1967年だとすれば相当アヴァンギャルド・ジャズ風のギター・ソロがあります。
ソニー・シャロック風でバックはフォー・ビート。エミール・リチャーズのヴィブラフォンがフィーチャーされているシークエンスがあるのですが。
FZの手癖とはちょっと違う感じがするのですが、ギターの音色は当時の彼の音かな。ただ、このセッションでFZは基本的にコンダクターなので、トミー・テデスコなのか。
インプロブ風ですけど譜面があるのは間違いないと思います。

FZのギター・ソロは、インプロヴが全てではないのではないかというのが、最近の私の疑念です。つまり、事前に譜面に起こして暗譜して演奏したものがある可能性を排除できないのではないかということです。1970年代後半にスタジオに籠もりきりになる時期がありますが、そのころ、全く違う場所で違う曲の演奏におけるドラム、ベースのパートにこれまた違う曲のギター・ソロ(これらは、いずれもライブ音源です。)を重ねてひとつのきょくにしたてあげるなんてことをしてましたから。それにどんな意味があるのかというのは、別の問題でしょうが。

非常に逆説的なのですが、初期というかずっと金・・・つまりレコーディングにかかる時間、練習等の問題にFZは、悩まされ続けていて、セクションごとに録音するとか、基本トラックにオーケストラをかぶせるということを余儀なくされていたという経験を逆手に取ったといえないでもないですね。

いずれにしろ、ゲイル・ザッパの不見識について、恥を知れと断じておきます。私の知る限り、アルバムにコントラクターの名前を入れたのは1966年のFreak Out!が最初であると思っているのです。

いずれにしろ、このセット、円高のおかげで割安のいい買い物だったと思います。今年になって私の買ったのは、Clarence White、次いでこれ。

クレジットは、元のアルバム引っ張り出したり文献を探せばわからないことはないのですが、それができる人間にしか売らないつもりだから構わなかったのかな。

エーと、ジャズの方がロックより上なんていうのは馬鹿げているし、FZの西洋古典アヴァンギャルド音楽コンプレックスもちょっと悲しいですが、このセットは飽きないというか。
27歳にしては大したものをやったというか。まあ、人間の創造力というのは若いときの方があると相場は決まっているわけで、年を重ねて経験を積んで、創造力の欠落を補う術を身につけるのでしょう。

こんなのが、つまり、オフィシャル・リリースされていなかったディスク3の冒頭の曲があるのを知っていたら、Sleep Dirt が、一番、なんて馬鹿なことは言わずに済んだのに。

FZがジャズを知らないから可愛そうなんていうのは、変な思い上がり。ハリウッドの映画音楽を充分に栄養としているのがFZだって知らないんでしょう。もちろん、FZのスタイルを好むかどうかは、個人の主観ですけどね。

久しぶりにFZについて書いたような気がします。

ちょっと旧聞なのですが、かつては、I.R.S.の調査権限が非常に政治的な思惑で用いられていた時代があり、それに対して当時のニクソン大統領の意向に沿わなかったことで有名だったドナルド・A・アレグザンダー元I.R.S. 長官の死亡記事です。
Donald C. Alexander, 87, Who Resisted Nixon at I.R.S., Is Dead

By DAVID CAY JOHNSTON
Published: February 8, 2009
Donald C. Alexander, a former Internal Revenue Service commissioner who said that President Richard M. Nixon tried several times to fire him because he would not use the tax agency for political purposes, died last Monday at his home in Washington. He was 87.
http://www.nytimes.com/2009/02/09/us/09alexander.html?partner=permalink&exprod=permalink
戦争と大恐慌についてクルーグマンの見解、いつもと同じではありますが。
February 15, 2009, 11:03 am
Debt in wartime

It also shows something I haven’t seen emphasized: the role of WWII in cleaning up private-sector balance sheets. During the war years there was very little private borrowing, thanks at least in part to wartime restrictions; meanwhile there was both strong economic growth and a lot of inflation. The result by the war’s end was a very low private debt level relative to GDP.

How big a role did these improved balance sheets play in the fact that the postwar economy didn’t fall back into depression?
http://krugman.blogs.nytimes.com/2009/02/15/debt-in-wartime/
このグラフは説得力があると思いますね。
[PR]
by nk24mdwst | 2009-02-16 13:10 | 音楽

the grass is greener, the snow is whiter

きょうも、雪です。

The Byrds が続けて流れています。I Knew I'd Want You の色んなヴァージョンです。
まあ、今の私はGene Clark モードではないのです。
ブルーグラス・モードです。

昨日、Bert Reynolds の "Smokey and the Bandit" (1977)を見ました。学生時代に何度も見ている映画です。カーター時代の南部の復権を象徴するような映画の一つだったのかなと。
スタント・マン上がりのHal Needham 作品、共演がカントリー歌手のJerry Reedです。

南部らしいジョークは、昔も感じたのですが、30年前に見たときはカントリーにしか思えなかった音楽が今の感覚ではそうでもないなと思った次第。バック・ビートがきいていて。
Eagles の方向転換、ABBを初めとするサザン・バンドの人気興隆とその反動。そしてレーガン時代という流れですか。

さて、先日のU.S. v. Textron の訴訟の記事について取り上げましたが、判決文がみつかりました。

じっくり検討してみるべき点が多々ありそうです。

かつてニクソンが「われわれは、今やみなケインジアンだ」といったことがありましたが、アメリカも絶対的市場神信仰を捨てつつあるのか。
新政権の大幅な財政拡大政策が明らかになってきました。
In Effort to Build Support, Obama Details Stimulus Plan

By PETER BAKER
Published: January 24, 2009
WASHINGTON — President Obama, seeking to broaden the appeal of his signature initiative, said Saturday that a proposed $825 billion package of spending programs and tax breaks was crucial not only to turn around the economy but also to rebuild the nation for a new era.

According to the report, the Obama plan would double the generating capacity of renewable energy over three years, enough to power six million American homes. It would retrofit two million homes and 75 percent of all federal buildings to better protect against the weather, saving low-income homeowners an average of $350 a year in utility costs and the government $2 billion a year.

The White House also envisions using loan guarantees and other financial support to leverage $100 billion in private sector investment in so-called clean energy projects over three years. The plan would lay 3,000 miles of new or upgraded transmission wires for a new electric grid.

The plan would help 8.5 million Americans keep health care coverage by providing workers who lose insurance with tax credits to pay for continuing coverage under the federal law known as Cobra, and by expanding Medicaid coverage for low-income Americans who lack access to Cobra. The Medicaid formula would be adjusted to protect 20 million Americans whose coverage might be in jeopardy because of state budget shortfalls.

The plan would modernize 10,000 schools, improve security at 90 ports and build 1,300 wastewater projects. It would bolster Pell Grants to help seven million students and offer a new tax credit for four million college students. And it would increase food stamp benefits for 30 million Americans and increase Social Security benefits $450 for 7.5 million disabled and elderly people.
http://www.nytimes.com/2009/01/25/us/politics/25obama.html?partner=permalink&exprod=permalink
古くなった公共施設を整備し、環境にやさしいプロジェクト、住宅に助成、それと、失業により医療保険がなくなった人たちに対するメディケアに対して支出、さらに学校の整備というような感じですね。

当然、共和党は反対というわけです。
Republicans Are Resistant to Obama’s Stimulus Plan

By SHARON OTTERMAN
Published: January 25, 2009
Republicans plan to test President Barack Obama’s commitment to bipartisanship as his $825 billion stimulus package heads to the floor of the House of Representatives this week, with the House Republican leader saying Sunday morning that many in his party will vote no unless there are significant changes to the plan.
http://www.nytimes.com/2009/01/26/us/politics/26talkshow.html?partner=permalink&exprod=permalink
8,250億ドルの財政出動の3分の2が公共投資だというのが気に入らない。
減税すべきだと。

クルーグマンは当然、反対するというわけです。
Bad Faith Economics

By PAUL KRUGMAN
Published: January 25, 2009
As the debate over President Obama’s economic stimulus plan gets under way, one thing is certain: many of the plan’s opponents aren’t arguing in good faith. Conservatives really, really don’t want to see a second New Deal, and they certainly don’t want to see government activism vindicated. So they are reaching for any stick they can find with which to beat proposals for increased government spending.

The point is that nobody really believes that a dollar of tax cuts is always better than a dollar of public spending. Meanwhile, it’s clear that when it comes to economic stimulus, public spending provides much more bang for the buck than tax cuts — and therefore costs less per job created (see the previous fraudulent argument) — because a large fraction of any tax cut will simply be saved.

This suggests that public spending rather than tax cuts should be the core of any stimulus plan. But rather than accept that implication, conservatives take refuge in a nonsensical argument against public spending in general.

Finally, ignore anyone who tries to make something of the fact that the new administration’s chief economic adviser has in the past favored monetary policy over fiscal policy as a response to recessions.

It’s true that the normal response to recessions is interest-rate cuts from the Fed, not government spending. And that might be the best option right now, if it were available. But it isn’t, because we’re in a situation not seen since the 1930s: the interest rates the Fed controls are already effectively at zero.
http://www.nytimes.com/2009/01/26/opinion/26krugman.html?partner=permalink&exprod=permalink
話は、簡単で、通常ならFRBが金利政策で対応すべきであるけれど、今はそれがゼロ金利になってしまってもう意味がない。
政府が景気刺激策をとるとして減税をすべきか公共投資をすべきかという選択しかないが、公共投資のほうが効果があると断じています。

先日のコラムのタイトルもそうでしたが、クルーグマンはロック・ファンかな。ECとWinwood のバンドの名前を思い出しました。

景気刺激の前に、三年後の増税を論じているどこかの国は、やっぱり変です。

アメリカ人は別に宗旨変えをしたのではなく、何が今、必要かと考えているだけでしょう。

最大の問題は、アメリカが今回作る大きな借金を返すのは誰なのかということですが。
[PR]
by nk24mdwst | 2009-01-26 11:56 | 租税法(アメリカ)

the front page comes last

きょうは、少し、暖かいような、されど気分は最低。

Little Feat のFront Page Back Page が続けざまになっています。
Bill Payen がリード・ヴォーカルをとるのが普通ですが、Lowell George が歌っているやつもあって、アレンジが違うので、何だこれって思いました。

レコードを数十枚しかもっていなかった頃は全部、擦り切れるほど聞いていて、次にどの曲が来るかまでわかったものですが。アルファベット・オーダーで聞いていると新しい発見というか何というか。

結局、CDやLPが増えても、繰り返し聞くものは限られているので、ウォークマンに取り込んでいてもちゃんと結局同じものばかり聞くのですね。
一定の意図をもって聞くということもしないことはありません。つまり、特定の曲、プレイヤーに絞って聞くというスタイルでしょうか。
アルバム単位で聞こうとすると同じものの繰り返しになります。

このウォークマンからはFZは全て除いているので、Dead とABB、The Byrds とその周辺が一番多くはいっているのかな。CBがときどき出てきて、アクセントになります。

ラジオ等でかかってヒット曲になるものというのが存在する理由がわかりました。アルバム一枚通して聞こうとすると耐えられないバンドなんかでも一曲だけ、気を入れて作れば、あるいはまぐれかもしれませんが、聞ける曲はあるのですね。

あと、Leo Kottke ですね。ヴォーカルの魅力を感じます。

さて、ブッシュ政権に対する悪口を二つばかり。
Forgive and Forget?

By PAUL KRUGMAN
Published: January 15, 2009

There’s much, much more. By my count, at least six important government agencies experienced major scandals over the past eight years — in most cases, scandals that were never properly investigated. And then there was the biggest scandal of all: Does anyone seriously doubt that the Bush administration deliberately misled the nation into invading Iraq?

Why, then, shouldn’t we have an official inquiry into abuses during the Bush years?

And to protect and defend the Constitution, a president must do more than obey the Constitution himself; he must hold those who violate the Constitution accountable. So Mr. Obama should reconsider his apparent decision to let the previous administration get away with crime. Consequences aside, that’s not a decision he has the right to make.
http://www.nytimes.com/2009/01/16/opinion/16krugman.html?partner=permalink&exprod=permalink
アメリカの新大統領が、前政権時代の不始末を追及するつもりがないといったことに対してクルーグマンは怒っています。

しかし、アメリカの大統領は素晴らしい年金生活が約束されているようですね。
For Immediate Release Jan 16, 2009
For Further Information, Contact:
Peter J. Sepp, Natasha Altamirano, (703) 683-5700
Golden Years to Bring Golden Pension Payout of $5.6 Million to Bush, $3.2 Million to Cheney, Taxpayer Group Finds

NTU calculates that George W. Bush will draw a Presidential pension that will start at $196,700 per year, and would add up to $5.56 million over his lifetime, should he live to be 83.5 years old, the age predicted by actuarial tables for a male born in his year. All former Presidents receive a pension for life immediately upon leaving office, linked to the current salary of Cabinet Members (which often rises).

Dick Cheney's service as a Representative and Vice President (presiding officer of the Senate) would count toward a pension under Congressional rules, which are more generous than those that apply to most other federal employees. His service in other various Executive Branch posts is calculated under a different formula. All told, Cheney’s career in government entitles him to an estimated pension equivalent to $132,451 per year (which is regularly adjusted for the cost of living). According to his predicted life expectancy (84.4), Cheney could accumulate an inflation-compensated lifetime retirement benefit of $3.24 million.
http://www.ntu.org/main/press.php?PressID=1084&org_name=NTU
全米納税者連盟が、ブッシュ大統領とチェイニー副大統領が受け取ることになる年金がそれぞれ、556万ドル、324万ドルになると試算しています。

GAO(会計検査院)は、この点に関して余り積極的な調査をしていないと指摘しています。
なお、元大統領等の職にあった人にはシークレット・サービスによる終身警護がつくわけですが、そのコストはここにカウントされていないのは当然ですが、膨大になるんでしょう。

もう一度クルーグマンですが、アメリカは日本と同じになると。
January 16, 2009, 2:02 pm
The TIPS spread

But there are new worries. These days I’m looking at the TIPS spread: the difference between nominal US bond rates and rates on Treasury Inflation-Protected Securities. This spread is an indicator of expected inflation. And what it shows isn’t good.

Bear in mind that the Fed tries to keep inflation expectations “anchored.” Too low is as bad, or worse, than too high — because if expected inflation is low or negative, even a zero interest rate isn’t that good a deal, and the Fed may have a hard time booting us out of a recession. Normally the Fed wants expected inflation to be in the 2-2 1/2 percent range.

Whoops.

More and more, this looks like a Japan-type trap.
http://krugman.blogs.nytimes.com/2009/01/16/the-tips-spread/
要するに、世界的に急速な信用収縮が起こっていて、流動性のわなにはまり、どうやって抜け出せばいいのか誰にもわからんということですね。

いずれにしろ、アメリカの過剰消費に頼るスタイルは終焉を迎えたのではないかと思うのですが。

新聞等で、政府の昨年12月24日の閣議決定の税制改革中期プランをめぐって与党内でももめているという話がでています。
財務省所管の財政制度審議会が定額給付金止めろという始末ですし。

先週、このあたりを書きかけ、ほったらかしになっているのですが、少しまとめつつあります。
エーット、民主党税制抜本改革アクションプログラム-納税者の立場で「公平・透明・納得」の改革プロセスを築く-にも問題があるように感じます。それも少なからず。

アメリカで税金を払っていない巨大銀行に税金を注入することの当否は、というわけですね。
U.S. Subsidiaries in Offshore Tax Havens

By LYNNLEY BROWNING
Published: January 16, 2009

Many of the largest United States corporations, including big banks now receiving federal bailout money, operate scores of subsidiaries in offshore tax havens that may let them evade or defer their tax bills, according to a government study released Friday.

The study, by the Government Accountability Office, singled out Citigroup as having 427 subsidiaries in offshore havens like the Cayman Islands, British Virgin Islands and Switzerland. Bank of America has 115 subsidiaries in offshore havens, while Morgan Stanley has 273, the report said.
http://www.nytimes.com/2009/01/17/business/17tax.html?partner=permalink&exprod=permalink
GAOが金曜に公表したリポートによると、アメリカの複数の大銀行が海外子会社を使って租税回避をしていたというわけです。
シティグループが427の子会社をケイマン諸島等のタックス・ヘイブンに作っていた。バンカメが115、モルガン・スタンリーが273、それぞれ同様の子会社を利用して租税回避をしていた。

まあ、日本でもバブル崩壊後、法人税の青色欠損金の繰越期限が7年になり、大銀行はこの10年来税金を払っていないということになるはずです。

で、GAOのリポートのサマリーです。
International Taxation: Large U.S. Corporations and Federal Contractors with Subsidiaries in Jurisdictions Listed as Tax Havens or Financial Privacy Jurisdictions
GAO-09-157 December 18, 2008

Summary
Many U.S. corporations operate globally and have foreign subsidiaries. The subsidiaries may be created, for example, to take advantage of sales opportunities or favorable labor conditions. In some cases they may be used to reduce taxes. GAO was asked to update its 2004 report on large federal contractors with subsidiaries in countries sometimes called tax havens because of low taxes and a general lack of transparency. In response, GAO determined how many of the 100 largest publicly traded U.S. corporations and the 100 largest publicly traded U.S. federal contractors have subsidiaries in jurisdictions listed as tax havens or financial privacy jurisdictions. GAO (1) combined three lists of such jurisdictions created by governmental, international, and academic sources and (2) identified large publicly traded U.S. corporations and federal contractors and the locations of their subsidiaries using the Fortune 500 list, a federal contracting Web site, and a Securities and Exchange Commission (SEC) database.
http://www.gao.gov/products/GAO-09-157
このサマリーでは、銀行等に限らず米国の大企業全体のタックス・ヘイブンを利用した租税回避について述べています。
全文テキストは、こちらhttp://www.gao.gov/new.items/d09157.pdfです。

グローバリズムというのは結局、課税回避のできる大企業、富裕層にとってはチャンスですが、言語、習慣、宗教等によって属地性が強い普通の個人にとっては、指をくわえてみているだけですね。
弾けたといってとばっちりだけ受ける。

しかし、タックス・ヘイブンにある留保所得を非課税で還流させようというのが政府自民党の閣議決定にもありましたし、民主党のアクションプログラムにもありました。
世界中で資金ショートが起きているので、課税強化すべき時期なのかどうかとは思いますが、ブッシュ政権が終焉を迎えると同時に、アメリカの舵は少し、切られているように見えるのです。

ただ、クルーグマンが難じているように、現下の経済危機脱却最優先ということだけを目標にして、結果的に前と同じことを繰り返すのか、きちんと責任を取るべき人間に責任を取らせるか。
マモンを唯一神とする世界は、一旦、後退するようには思えますが、人間は物忘れが上手ですからね。
[PR]
by nk24mdwst | 2009-01-17 12:29 | 租税法(アメリカ)