Theory of the Taxation

本日は所用で欠席されている中村教授のレジュメにおける米国判例の引用でAPAについて触れた部分があり、この点について確認をする必要があることに気がつきました。
APAとは、行政手続法ですが、日本では、租税領域においては、国税通則法の規定によりその適用が原則として除外されているわけですが、アメリカでは、当然のことですが、そのようなことは行われていないわけです。非常に重要なことです。
グラクソ・スイスクライン事件について検討がいる感じました。

立命館の博士課程研究生の三好さんには、個人的に感想と質問状をお渡ししました。不毛の演説大会と化する討論の場での発言をしたくないからです。

以下は、2008年1月7日記載部分

APAは、Administrative Procedure Actの略で通常の法律分野では行政手続法という意義で使いますし租税法分野でも使います。
ただし、国際租税法領域においてAPAというと一般にはAdvanced Price Agreementの略ということになりますね。移転価格税制における事前価格合意というやつです。

グラクソ・クライン事件は移転価格の話なのでAPAは当然後者の意味ですね。行政手続法だと考えたのは勘違いでした。ずっと前から気づいてはいたのですが。
一応、頭が手続法モードから切り替わったので。


*メモ

レコード・コレクターズ創刊25周年特別企画
2007年5月14日 (月)
70年代ロック・アルバム・ベスト100

1位 The Sex Pistols / Never Mind The Bollocks ×
2位 Neil Young / After The Gold Rush × ニール・ヤングは嫌い、少なくとも好きじゃない。
3位 John Lennon / Plastic Ono Band ×
4位 Carol King / Tapestry
5位 The Rolling Stones / Exile On Main St. × このあたりで、お別れしました。
6位 Sly & The Family Stone
7位 Elvis Costello / My Aim Is True ×
8位 The Rolling Stones / Sticky Fingers ×
9位 Derek & The Dominos / Layla And Other Assorted Love Songs
10位 The Allman Brothers Band / At Fillmore East *Live At The Ludlow Garage がベストでしょう。

11位 Pink Floyd / Dark Side Of The Moon × このバンドは縁がない。
12位 Bob Dylan / Blood On The Tracks
13位 T. Rex / Electric Warrior
14位 James Taylor / Sweet Baby James × この一派が嫌い。
15位 Bruce Springsteen / Born To Run × 縁がなかった。
16位 George Harrison / All Things Must Pass
17位 Led Zeppelin / 4
18位 Steely Dan / Aja
19位 Little Feat / Dixie Chicken
20位 John Lennon / Imagine

21位 Neil Young / Harvest
22位 Patti Smith / Horses ×
23位 Television / Marquee Moon ×
24位 Who / Who's Next
25位 Crosby, Stills, Nash & Young / Deja Vu
26位 Van Morrison / Moondance
27位 Jackson Browne / Late For The Sky
28位 David Bowie / Ziggy Stardust × 縁がない。
29位 Ramones / Ramones ×
30位 Paul McCartney / Ram ×

31位 Ry Cooder / Chicken Skin Music
32位 David Bowie / Low ×
33位 Todd Rundgren / Something / Anything? ×縁がなかった。
34位 Bob Marley / Catch A Fire ×
35位 Dr. John / Gumbo
36位 Eagles / Hotel California
37位 Eric Clapton / 461 Ocean Boulevard
38位 Pop Group / Y
39位 Joni Mitchell / Blue
40位 Jeff Beck / Blow By Blow

41位 Lou Reed / Berlin ×
42位 Paul Butterfield's Better Days / Better Days
43位 Roxy Music / Roxy Music × 
44位 Joni Mitchell / Court And Spark
45位 The Band / Islands このアルバム、評価は低かったと記憶していますが。
46位 Bob Dylan / Desire ×
47位 T. Rex / Slider ×
48位 Lou Reed / Transformer ×
49位 Mike Oldfield / Tubular Bells ×
50位 Clash / Clash

51位 Traffic / John Barleycorn Must Die
52位 Clash / London Calling
53位 Specials / Specials ×
54位 Various / No New York ×
55位 Ron Wood / Now Look × Ronnie Lane を入れてあげて欲しいな。
56位 Leon Russell / Leon Russell
57位 Robert Wyatt / Rock Bottom
58位 Talking Heads / More Songs About Buildings And Food
59位 Janis Joplin / Pearl
60位 Bob Marley / Live ×

61位 Rolling Stones / Love You Live ×
62位 Tom Waits / Closing Time ×
63位 Led Zeppelin / Presence
64位 Rolling Stones / Some Girls ×
65位 Paul Mccartney & Wings / Band On The Run ×
66位 Robert Palmer / Sneakin Sally Through The Alley
67位 Yes / Close To The Edge ×
68位 Kinks / Muswell Hillbillies
69位 Pink Floyd / Atom Heart Mother ×
70位 Steve Winwood / Steve Winwood

71位 Eric Kaz / If You're Lonely ×
72位 Bobby Charles / Bobby Charles
73位 Randy Newman / Sail Away
74位 Joni Mitchell / Hejira
75位 Bruce Springsteen / Greetings From Asbury Park Nj ×
76位 Harry Nilsson / Nilsson Sings Newman
77位 Paul Simon / Still Crazy After All These Years ×
78位 Todd Rundgren / Hermit Of Mink Hollow ×
79位 James Taylor / Mud Slide Slim ×
80位 The Band / Last Waltz

81位 Bob Dylan & The Band / Before The Flood
82位 Jam / All Mod Cons
83位 10cc / How Dare You ×
84位 Black Sabbath / Black Sabbath ×
85位 Laura Nyro / Gonna Take A Miracle
86位 Public Image LTD / Metal Box
87位 Slits / Cut
88位 Bob Dylan / Hard Rain ×
89位 Little Feat / Last Record Album
90位 Faces / Nod Is As Good As A Wink

91位 Godley & Creme / Freeze Frame ×
92位 Norman Greenbaum / Petaluma
93位 Can / Tago Mago ×
94位 10cc / Original Soundtrack ×
95位 Johnny Thunders & Heartbreakers / L.A.M.F. ×
96位 Sly & The Family Stone / Fresh
97位 Deep Purple / In Rock ×
98位 Soft Machine / Third
99位 Manassas / Manassas
100位 Maria Muldaur / Maria Muldaur

×多し。80年代は検討する必要ないみたいです。
[PR]
# by nk24mdwst | 2007-12-02 10:08 | 租税論

Netwalkman

NetWalkman ですが、NWーA3000を二個持っています。20GBで、片方がアメリカもの、他方がイギリスものという感じで合計で18000曲ほど入ってます。
ビットレートは基本的に局数を優先して64kbpsで、まあ、十分満足していたわけです。入りきらないほど、まだまだ曲はあるわけですが。三分の一も入っていないかなと。

NWーA808の8GBを買いました。従前のものに不都合が出たわけではないのですが。当然、入る曲数は減るわけです。しかし、転送ソフトのSonicStageCPには256kbpsでせっせと。取り込んでいます。CDの寿命に信頼性が無いからです。

これを圧縮して取り込んだ方が沢山曲数が入るのですが、変換の時間がとてつもなくかかってしまうのですね。同じビット・レートで取り込む方が楽、曲は減る。ただ、音は確かに良くなりました。前から持っているやつに入ってるものをビット・レートを変えて入れ替えるか思案中です。

馬鹿ですね。

Eddie HitonFrank ZappaHot Ratsを聞いてて明らかな音の向上を感じました。逆にPCのDVDドライヴが読み取り不良を起こしている始末で。

SonicStageCPとNetWalkmanとの相性があるのではと感じました。NW-A3000では、64kbpsで9000曲ほど取り込んでいるのですが、256kbpsにしてみても、音が良くなったとは思いますが、4倍よくなったようには感じません。SonicStageCP自体が、NW-A808仕様になっているせいかなと。後者ではもっと音の違いを感じます。

256kbpsにしたら、やっぱり、NW-A3000でも音が向上しています。ニュアンスがはっきり出るようになりました。先述したことは撤回します。2007・12・28記す。

256kbpsにしたら、入る曲数が当然減っちゃったので136kbps(atrac3)で入れなおしました。この変換が死ぬほど時間がかかります。2008.2・14記す。

*メモです。
レコード・コレクターズ誌60年代ロック・アルバム・ベスト100

1位 The Beach Boys / Pet Sounds
2位 Bob Dylan / Highway 61 Revisited
3位 The Band / Music From Big Pink
4位 The Rolling Stones / Let It Bleed
5位 King Crimson / In The Court Of The Crimson King
6位 Led Zeppelin / Led Zeppelin
7位 The Beatles / Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band
8位 The Beatles / Revolver
9位 The Rolling Stones / Beggers Banquet
10位 Jimi Hendrix / Electric Ladyland

11位 Bob Dylan / Blonde On Blonde
12位 Velvet Underground / Velvet Underground & Nico
13位 Jimi Hendrix / Are You Experienced
14位 Beatles / Rubber Soul
15位 Who / My Generation
16位 Mothers of Invention / Freak Out !
17位 Captain Beefheart / Trout Mask Replica
18位 Pink Floyd / Piper At The Gates Of Dawn
19位 Crosby, Stills & Nash / Crosby Stills & Nash
20位 Buffalo Springfield / Again

21位 Band / Band
22位 Beatles / The Beatles (White Album)
23位 Cream / Disraeli Gears
24位 Doors / Doors ×
25位 Big Brother & The Holding Company / Cheap Thrills ×
26位 John Mayall / Bluesbreakers With Eric Clapton
27位 Beatles / Abbey Road
28位 Sly & The Family Stone / Stand !
29位 Jefferson Airplane / Surrealistic Pillow
30位 Led Zeppelin / Led Zeppelin II

31位 Laura Nyro / Eli And The Thirteenth Confession
32位 Traffic / Mr Fantasy
33位 Lovin' Spoonful / Do You Believe In Magic
34位 Kinks / Something Else By The Kinks
35位 Zombies / Odessey & Oracle
36位 MC 5 / Kick Out The Jams
37位 Kinks / Are The Village Green Preservation Society
38位 Beatles / Meet The Beatles
39位 Jeff Beck / Truth
40位 Fairport Convention / Liege And Lief

41位 Stooges / Stoogesiggy Pop ×
42位 Roger Nichols / Small Circle Of Friends
43位 Blind Faith / Blind Faith
44位 Doors / Strange Days
45位 Who / Tommy
46位 Cream / Wheels Of Fire
47位 Byrds / Mr Tambourine Man
48位 Bob Dylan / Bringing It All Back Home
49位 Ronettes / ...Presenting The Fabulous Ronnettes
50位 Elvis Presley / From Elvis In Memphis

51位 Rolling Stones / Aftermath
52位 Traffic / Traffic
53位 Van Dyke Parks / Song Cycle
54位 Byrds / Younger Than Yesterday
55位 Beatles / Please Please Me
56位 Bob Dylan / Freewheelin
57位 Small Faces / Ogdens Nut Gone Flake
58位 Creedence Clearwater Revival / Green River
59位 Creedence Clearwater Revival / Bayou Country
60位 Phil Spector / Christmas Gift For You From Phil Spector

61位 Association / Birthday
62位 Grateful Dead / Live / Dead
63位 Jimi Hendrix / Axis: Bold As Love
64位 Nick Drake / Five Leaves Left
65位 Neil Young / Everybody Knows This Is Nowhere
66位 Paul Butterfield Blues Band / Paul Butterfield Blues Band
67位 Julie Driscoll, Brian Auger & the Trinity / Streetnoise
68位 Johnny Cash / Live At San Quentin
69位 Byrds / Sweetheart Of The Rodeo
70位 Beatles / Hard Day's Night

71位 Buffalo Springfield / Buffalo Springfield
72位 Millennium / Begin
73位 Yardbirds / Five Live Yardbirds
74位 Velvet Underground / White Light / White Heat ×
75位 Harry Nilsson / ハリー ニルソンの肖像
76位 Fairport Convention / Unhalfbricking
77位 Laura Nyro / First Songs
78位 Frank Zappa / Hot Rats
79位 Simon & Garfunkel / Bookends
80位 Small Faces / Small Faces

81位 Donovan / Sunshine Superma
82位 Laura Nyro / New York Tenderberry
83位 Neil Young / Neil Young ×
84位 Vanilla Fudge / Vanilla Fudge
85位 Paul Butterfield Blues Band / East West
86位 Johnny Cash / At Folsom Prison
87位 Free / Free
88位 Traffic / Last Exit
89位 Holy Modal Rounders / Moray Eels Eat The Holy Modalrounders
90位 Yardbirds / Roger The Engineer

91位 Walker Brothers / ダンス天国
92位 Georgie Fame / Rhythm & Blues At The Flamingo
93位 Ventures / Knock Me Out
94位 Van Morrison / Astral Weeks
95位 Jefferson Airplane / Volunteers
96位 Richard Harris / Tramp Shining
97位 Shaggs / Philosophy Of The World ×
98位 Spencer Davis Group / Autumn'66
99位 Procol Harum / Whiter Shade Of Pale
100位 Simon & Garfunkel / Parsley, Sage Rosemary And Thyme

×は、持っていないもの。
[PR]
# by nk24mdwst | 2007-12-01 23:46 | 音楽

the first of December 2007

今日は、京都の立命館大学での日本租税理論学会に出てきてます。

統計を重視する、経済学的アプローチ、財政学的アプローチについては、背景の社会、法制が異なるので、国際比較を行うことは非常に難しいものであることを再認識しました。

中村雅秀立命館大学経営学部教授は、ワシントンのアーリントン墓地で一緒でした。今日は、なかなか刺激的なサービス貿易にかかる移転価格の問題を指摘されました。

多国籍企業による親子会社間取引が決定的に重要な問題であるという指摘は非常に示唆に富んでいます。

when your brain is tired,
you're in depression.
you'll feel the weight of your skin,
your cheek skin is too heavy
for you to grin or weep.

too far away to go for the goal
just because your feet are heavy so much
so much depend upon your brain
you can feel your brain is in your head
you'll find why your head is so heavy

every feeling is numb
numb is the word
which so much depend upon your shoulder
what is soul, where is it?

getting tired, my fingers're stucked
on a sunny blue monday
i can't go on anymore
where should i be?
[PR]
# by nk24mdwst | 2007-12-01 16:36 | 記憶

End of November of 2007 or Nominal List 3

先の Nominal List 二つを関連付けると 簡単にいきそうで、行くはずがない。ロスの音楽シーンと同時期のロンドンを中心としたイギリスの状況を俯瞰しようという企てなのですけどね。

切り口としては、ニュー・ポート・フォーク・フェスティヴァル(1960年代初頭)が共通の入り口になるかどうか。ブルース・ブームが大西洋の両側で起こるのは、ニュー・ポート・フォーク・アンド・ブルースフェスティヴァルすに起因しているわけです。ブリット・フォークもニュー・ポートというかピート・シーガーの存在、あるいはイギリスにおける不在が大きな位置を占めている。

しかし、カントリー・フォーク・ブルースこそが本物だなんて勝手に東部のインテリが決め付けるものだから、とっくの昔にエレキに転向していたMuddy Waters がアコギを弾いて歌ったりするのですね。
逆に、John Fahey なんてのは、存在しないブルース・ギタリスト名義でレコーディングするなんて悪ふざけをするのですけど。

イギリスを中心としたいわゆるプログレッシブ・ロックの根をどこに求めるか。簡単にカンタベリー・シーンという話になるのか。

1967年に二作目Disrael Gears 録音のためにニュー・ヨークにいたEric Clapton と Frank Zappaの邂逅なんていうのもあります。

ECとFZは、1966年にMothers of Invention が初めて英国へ行ったときにあっています。Cream がレコード・デヴューする前です。

ECは、Lumpy Gravy や、We'er In It Only For Money でしゃべりだけで出演しています。

The 100 Greatest Guitarists of All Time by Rolling Stone
から知らないギタリストを除いて、さらに音源、つまりLP、CD、テープ等を持ってなくてまともに聞いたことのない人を除いてみました。

1 Jimi Hendrix
2 Duane Allman of the Allman Brothers Band  彼のセッション・ワークは無視するのか。無視してもいいのではないかとなどと思ったりしているのですけど。
3 B.B. King
4 Eric Clapton  ディッキー・ベッツの方がはるかにまし。
5 Robert Johnson
6 Chuck Berry
7 Stevie Ray Vaughan
8 Ry Cooder  デュエイン・オールマンがスライド・ギターをやりだしたのは、Taj Mahal のバンドでバックでスライド・ギターを弾いていたライ・クーダー、Jesse Ed Davis をカリフォルニアにいた頃に見たからだと。
9 Jimmy Page of Led Zeppelin  バート・ジャンチの方がましなブルース・ギタリスト。
10 Keith Richards of the Rolling Stones (10) 彼のスタイルは、Mick Jones がもとですね。Blues breakers の最初のリード・ギタリストです。
13 Jerry Garcia of the Grateful Dead  ザッパとガルシアの違いは、いい気持ちにさせてくれるジェリー・ガルシアに対して、わざと意表をつくようなことをして驚かす稚気あふれるFZというところでしょうか。というようりは、シート・ミュージックにこだわるかどうかという天が決定的に違う。
14 Jeff Beck
15 Carlos Santana
19 Richard Thompson 1968年、クラプトンよりはるかに上手かったと思います。アコギで一人で歌う、The Who のSubstitute は、聞きものであります。
20 James Burton  
21 George Harrison  
22 Mike Bloomfield
23 Warren Haynes  歌がいい。体が太っている。どこから見ても、典型的南部のレッド・ネック風の容貌に似合わない、繊細なギター・テクニックと先人に対する敬意を素直に表しているところが好きです。
25 Freddy King
27 Mark Knopfler of Dire Straits (20)
28 Stephen Stills  高校のとき一生懸命真似ましたが。Allmans のHPには、ロス時代のデュエインとジャムっていたなんて書いてありますが、ちょっとどうだかなと。Greg Allman の方は、Randy Meisner がクビになった後、Poco のオーディションに出かけていますが。
30 Buddy Guy
31 Dick Dale
32 John Cipollina of Quicksilver Messenger Service  酔っていなければ、です。
35 John Fahey 学者ですね。聞いて楽しいギタリストじゃないです。Leo Kottke がTacoma Guitarists の中では一番。
36 Steve Cropper of Booker T. and the MG's
37 Bo Diddley
38 Peter Green of Fleetwood Mac  若いときは歌も悪くないと思いますが、最近の声は悲しい。おなじ、Anglo Jewish Guitarist ということで言えば、今は、Mick Abrahams の方が元気。
40 John Fogerty of Creedence Clearwater Revival (30)
41 Clarence White of the Byrds  Kentuckey Colonels 時代は無視?Nashville West 時代もありますし。
42 Robert Fripp of King Crimson  Andy Summers の後輩。
43 Eddie Hazel of Funkadelic
44 Scotty Moore
45 Frank Zappa
46 Les Paul
47 T-Bone Walker
49 John McLaughlin
50 Pete Townshend
51 Paul Kossoff of Free (40)
54 Jorma Kaukonen of Jefferson Airplane
57 Roy Buchanan
58 Dickey Betts
61 Ike Turner
62 Zoot Horn Rollo of the Magic Band
63 Danny Gatton
64 Mick Ronson
65 Hubert Sumlin
67 Link Wray
68 Jerry Miller of Moby Grape (50)
71 Lightnin' Hopkins
72 Joni Mitchell
73 Trey Anastasio of Phish
74 Johnny Winter
77 Henry Vestine of Canned Heat
78 Robbie Robertson of the Band
81 Derek Trucks
83 Neil Young
84 Eddie Cochran
88 Dave Davies of the Kinks (60)
91 Robby Krieger of the Doors
92 & 93 Fred "Sonic" Smith, Wayne Kramer of the MC5 本当のモータウン・サウンドをやっていたのはMC5です。
94 Bert Jansch  John Renbourne を忘れてはいけません。
97 Robert Randolph

100人が65人になりました。上記の順序は、Rolling Stone が選んだものであり、さらに、人選も私の感知するところではないのですが、All Time Greatest Guitarist の65%しか知らないというのは、私の人生、何だったのだろう。

下らないランキングをあげつらうのは止します。

いまに、暇ができたら、Guitar Insane とでも題して何かやりますか。

上のリストについて、何でこいつが入っていて、彼が入ってないのだ的なことをやるのは徒労でしょう。

ザッパは、スタジオ・キャッツが嫌いでした。ユニオンも嫌いでした。なにせ、彼は、中小企業の親父ですから。
*まあ、普通に彼の楽曲、発言を聞いたり呼んだりしていると感じるのです、上記のように。本心はどのあたりにあったかは、不明です。
いわく、This is this, and that is that, so what's up?
[PR]
# by nk24mdwst | 2007-11-30 17:20 | 音楽

Under the blue sky

今日は、11月末日だというのに、目の覚めるような青空。ダーク・ブルーの自分の車があんなふうに見えるのは初めて。Julie London の歌を聞きながら、週末の月末の一日。

Frank ZappaDoes Humor Belong in Music を夕べ聞いていました。1985年ごろの演奏。DVDだとせりふやなんかがあるのですが。アンコールが、Allman Brothers Band の Whippin' Post です。Free Bird !!!なんて声が大向こうから上がったりするのがご愛嬌。

1985年頃のバンドは、ザッパ自身としてもかなり満足のできるバンドだったのだと最近、思います。Ruben & the Jetss のドラムとベースもこの時代の連中のやつと入れ替えてますし。(この項、2008.2.6記述)

ザッパは生真面目にウィッピン・ポストをやる。

The 100 Greatest Guitarists of All Time by Rolling Stone
から知らないギタリストを除いてみました。聞いたことのない人という意味です。

1Jimi Hendrix
2 Duane Allman of the Allman Brothers Band
3 B.B. King
4 Eric Clapton
5 Robert Johnson
6 Chuck Berry
7 Stevie Ray Vaughan
8 Ry Cooder
9 Jimmy Page of Led Zeppelin
10 Keith Richards of the Rolling Stones
13 Jerry Garcia of the Grateful Dead
14 Jeff Beck
15 Carlos Santana
19 Richard Thompson
20 James Burton
21 George Harrison
22 Mike Bloomfield
23 Warren Haynes
25 Freddy King
27 Mark Knopfler of Dire Straits
28 Stephen Stills
30 Buddy Guy
31 Dick Dale
32 John Cipollina of Quicksilver Messenger Service
35 John Fahey
36 Steve Cropper of Booker T. and the MG's
37 Bo Diddley
38 Peter Green of Fleetwood Mac
39 Brian May of Queen
40 John Fogerty of Creedence Clearwater Revival
41 Clarence White of the Byrds
42 Robert Fripp of King Crimson
43 Eddie Hazel of Funkadelic
44 Scotty Moore
45 Frank Zappa
46 Les Paul
47 T-Bone Walker
48 Joe Perry of Aerosmith
49 John McLaughlin
50 Pete Townshend
51 Paul Kossoff of Free
52 Lou Reed
54 Jorma Kaukonen of Jefferson Airplane
55 Ritchie Blackmore of Deep Purple
56 Tom Verlaine of Television
57 Roy Buchanan
58 Dickey Betts
61 Ike Turner
62 Zoot Horn Rollo of the Magic Band
63 Danny Gatton
64 Mick Ronson
65 Hubert Sumlin
67 Link Wray
68 Jerry Miller of Moby Grape
69 Steve Howe of Yes
70 Eddie Van Halen
71 Lightnin' Hopkins
72 Joni Mitchell
73 Trey Anastasio of Phish
74 Johnny Winter
76 Ali Farka Toure
77 Henry Vestine of Canned Heat
78 Robbie Robertson of the Band
81 Derek Trucks
82 David Gilmour of Pink Floyd
83 Neil Young
84 Eddie Cochran
86 Tony Iommi of Black Sabbath
87 Joan Jett
88 Dave Davies of the Kinks
90 Glen Buxton of Alice Cooper
91 Robby Krieger of the Doors
92 & 93 Fred "Sonic" Smith, Wayne Kramer of the MC5
94 Bert Jansch
96 Angus Young of AC/DC
97 Robert Randolph
98 Leigh Stephens of Blue Cheer

かなり減りました。

the friend of the demon called me
he's not a friend of mine
after i knew him i'm goin' down slow
bad things're have been happenning,
good friends are gone.
please don't waste my time
i'm mortal and small
[PR]
# by nk24mdwst | 2007-11-30 10:24 | 音楽

nominal list

結局、自分が自分のために書くということでしかないですね。私が私のために書く。公開の場であるウェブで書くことに基づく制限は、当然の前提として守るわけであっても、読者としては、自分しかその存在を予定し得ないというのが原則だと思います。

月末が金曜というのは辛いです。土曜、日曜は、北野弘久先生の租税理論学会の大会が京都の立命館大学であるので、それに出かける予定です。

租税と音楽の連関を探して。

社会、人間、人間生活、人間性という共通項をどうとらえなおすかというのが問題でしょう。

Goodbye , useless files!

A man is not a file and a file is not a man. A file does not have a feeling or face but a man does.

Lulu の The Atco Sessions 1969-1972 二枚組みがアマゾンUkから届きました。
Duane Allman のアンソロジーに入っているDirty Oldman が入ってるものです。ちなみに、このDirty Oldmanという曲は、Delaney & Bonnie もやってます。

この一連のセッションについては、いずれ、詳しく検討するつもりです。
最初の11曲は、1970年2月、Layla Sessions の頃、にAlabama のMuscle Shoals Sound Studio での録音です。

guitars:Eddie Hinton, Jimmy Johnson, Cornell Dupuree, Duane Allman; keyboard: Barry Beckett; bass: David Hood; drums: Roger Hawkins というメンバーです。

'Bama Sound という言い方があったようですね。ベーマ・サウンド。当然、いい意味で用いられていたわけでは、ありません。
ニュー・ヨークのようなスリックな都市では受け入れられない田舎者の劣ってニュアンスです。

R&BからR&Rが生まれたというのは、真実だと思いますが、アフリカン・アメリカン音楽から常に一方通行でホワイト・アメリカン音楽に影響が与えられていたというのは、必ずしも正鵠を得ていない考え方だと思います。
R&BのもとにBluesがあったとして、ブルースに対する南部アメリカ白人音楽の影響がなかったなどと誰もいいきれないわけです。

Neil YoungSouthern Man で歌っていたほど、文化的社会的交流は一方通行ではなかったというのが実情ではないかと思われます。逆に、相互影響的であったからこそElvis Plesley も誕生したわけでしょうし、逆に、その事実が表に出るのを恐れるからこそエルヴィスに対する大人の当初の拒否反応などというものもあったかと。

思いつくままに

John K. McNulty 先生 ですかね。

期間損益の合計は、全体損益になるわけで、ゆえに、いわゆる所得課税において、それが法人に対するものであれ、個人に対するものであれ、いずれの課税機関に属するかという問題は、本質的ではないというのが、マクナルティ教授の基本的立場です。

二元的所得税が金融所得に対する一体課税といういい方で日本でも導入する動きが具体化してきましたが、基本的に間違っていると思います。

租税法、税法、税法学、税務会計学、財政学とあるわけです。税務会計学が学問たりえるか?という議論は、あります。個人的には、学問たりえると考えます。ただ、その限界は、どこかということですね。

The 100 Greatest Guitarists of All Time by Rolling Stone

1Jimi Hendrix
2 Duane Allman of the Allman Brothers Band  Allmans 以外の演奏は無視?
3 B.B. King
4 Eric Clapton  神様はロバート・ジョンソンの上・・・
5 Robert Johnson
6 Chuck Berry
7 Stevie Ray Vaughan
8 Ry Cooder
9 Jimmy Page of Led Zeppelin  嫌いです。バート・ジャンチから盗むな。
10 Keith Richards of the Rolling Stones  Mick Jones こそが innovator
11Kirk Hammett of Metallica
12 Kurt Cobain of Nirvana
13 Jerry Garcia of the Grateful Dead
14 Jeff Beck
15 Carlos Santana
16 Johnny Ramone of the Ramones
17 Jack White of the White Stripes
18 John Frusciante of the Red Hot Chili Peppers
19 Richard Thompson
20 James Burton LAの他のエースを忘れているのか!!!
21 George Harrison  John Lennon の方が・・・まだ
22 Mike Bloomfield
23 Warren Haynes
24 The Edge of U2
25 Freddy King
26 Tom Morello of Rage Against the Machine and Audioslave
27 Mark Knopfler of Dire Straits
28 Stephen Stills  何で?!
29 Ron Asheton of the Stooges
30 Buddy Guy
31 Dick Dale
32 John Cipollina of Quicksilver Messenger Service  QMS以外のときは?!
33 & 34 Lee Ranaldo, Thurston Moore of Sonic Youth
35 John Fahey  他のTacoma Guitarists は?!
36 Steve Cropper of Booker T. and the MG's
37 Bo Diddley
38 Peter Green of Fleetwood Mac
39 Brian May of Queen
40 John Fogerty of Creedence Clearwater Revival  何で?
41 Clarence White of the Byrds  Byrds と断わり無用・・・
42 Robert Fripp of King Crimson  Andy Summers も入れてあげましょう
43 Eddie Hazel of Funkadelic  黒いRobin Trower
44 Scotty Moore
45 Frank Zappa
46 Les Paul
47 T-Bone Walker
48 Joe Perry of Aerosmith
49 John McLaughlin  Chris Spedding ですね
50 Pete Townshend
51 Paul Kossoff of Free
52 Lou Reed
53 Mickey Baker
54 Jorma Kaukonen of Jefferson Airplane
55 Ritchie Blackmore of Deep Purple
56 Tom Verlaine of Television
57 Roy Buchanan
58 Dickey Betts
59 & 60 Jonny Greenwood, Ed O'Brien of Radiohead
61 Ike Turner
62 Zoot Horn Rollo of the Magic Band
63 Danny Gatton
64 Mick Ronson
65 Hubert Sumlin
66 Vernon Reid of Living Colour
67 Link Wray
68 Jerry Miller of Moby Grape
69 Steve Howe of Yes
70 Eddie Van Halen
71 Lightnin' Hopkins  John Lee Hooker もいれましょう
72 Joni Mitchell  クラプトンよりもコードを知っている
73 Trey Anastasio of Phish
74 Johnny Winter
75 Adam Jones of Tool
76 Ali Farka Toure
77 Henry Vestine of Canned Heat
78 Robbie Robertson of the Band
79 Cliff Gallup of the Blue Caps (1997)
80 Robert Quine of the Voidoids
81 Derek Trucks
82 David Gilmour of Pink Floyd
83 Neil Young  David Crosby もいれちゃえば?!
84 Eddie Cochran
85 Randy Rhoads
86 Tony Iommi of Black Sabbath
87 Joan Jett
88 Dave Davies of the Kinks
89 D. Boon of the Minutemen
90 Glen Buxton of Alice Cooper
91 Robby Krieger of the Doors  素晴らしい人選
92 & 93 Fred "Sonic" Smith, Wayne Kramer of the MC5
94 Bert Jansch   John Renbourne といつも飲んでけんかしてました
95 Kevin Shields of My Bloody Valentine
96 Angus Young of AC/DC
97 Robert Randolph
98 Leigh Stephens of Blue Cheer
99 Greg Ginn of Black Flag
100 Kim Thayil of Soundgarden
[PR]
# by nk24mdwst | 2007-11-29 09:19 | 音楽

where can i find

under construction
[PR]
# by nk24mdwst | 2007-11-28 19:09 | その他

reference

半世紀生きてきて、たった一度だけなのですが歌を歌って、景品をもらったことがあります。

歌ったのは、Neil Young の‘Helpless’ です。ニール・ヤングは、好きなタイプには属さない人なのですけれど、歌った場所が場所だったので。
10年程前のことですが、カナダへ行ったことがあります。トロント郊外の何とかという有名な庭職人養成施設併設の植物園で観光バスが泊まりました。トイレ休憩を兼ねてというわけですが、そこで、あるカナダのアイスクリーム・メーカーが宣伝をしていました。
木箱をひっくり返した台の上に見物客を上げてマイクを持たせて何か叫べとか何とか言っていました。

ツアー・ガイドが、行ってみればというのでお調子者の私は、台に上がりマイクを持ちました。何か歌おうと思ったのですが、なぜか最初に頭の浮かんだのは、Jefferson Airplane のSomebody To Love だったのです。何も考えずに歌いだそうとしたとき、ここはカナダだと気付き、カナダ人の歌をと考えました。

最初に浮かんだのは、Ian & Sylvia のFour Strong Winds で、これは、中学一年のときに覚えました。宣伝のお兄ちゃんとお姉ちゃんは大学生のアルバイト風だったので、これはだめだなと。
カナダといえば、まあ、The Band の歌がありますが、彼らのレパートリーの過半はアメリカの南部の話なので考えるのが面倒くさくなったときに思い浮かんだのが「ヘルプレス」というわけです。
歌がうまかったなどとは言いませんが、喜んでくれて、シロクマのアイスクリーム・メーカーのロゴ入りのティー・シャツをもらいました。抜けるように青いカナダの大空の下、地平線を見ながら歌うという貴重な体験をしました。

      Helpless by Neil Young

There is a town in north Ontario,
With dream comfort memory to spare,
And in my mind I still need a place to go,
All my changes were there.

私が歌を歌わされた公園というのは、トロント郊外にありました。オンタリオ州北部とはいえませんが、オンタリオ湖の北ではありました。
オーストラリアもそうでしたが、どこまでも何もないというのは、つまり地平成と青空だけの世界というのは日本人には、余り体験のできないものです。
このときは、アルバータ州都のエドモントンまで成田から直行便でいきました。アルバータは本当に何も無いところで、Ian & Sylvia の Four Strong Winds じゃないですが、四方が地平線、長い、長い、貨物列車がゆっくり走るのを眺めました。
トロントの方へは列車で移動しました。

Blue, blue windows behind the stars,
Yellow moon on the rise,
Big birds flying across the sky,
Throwing shadows on our eyes.
Leave us

高い空をジェット機が飛んで行く。それを黙って見つめ、どこへも行けない自分か。
若いときの感傷感があふれすぎ?!
飛行機の影といえば、カナダは知りませんが、私の家の上が着陸コースなので実感できます。もっとも、高高度飛行の飛行機の影というのはどんなのでしょうね。
夕方、太陽の近くに動く小さな光をみつけ、見つめ続けていたら、それが高高度を飛行する飛行機だと気がついた経験はありますけれど。

Helpless, helpless, helpless
Baby can you hear me now?
The chains are locked and tied across the door,
Baby, sing with me somehow.

このヴァースにおけるドアを開けることを敵わなくする鎖は、何を意味しているのでしょう。

Blue, blue windows behind the stars,
Yellow moon on the rise,
Big birds flying across the sky,
Throwing shadows on our eyes.
Leave us

Helpless, helpless, helpless.

Neil Young の声やギターは、好きではないというのが正直なところではありますが。

カナダ旅行記は、またいつの日か。

田舎者の私が、helpless だと感じたときの最初は、大学生として東京に出てきたときですね。
大学の学生数が、私の郷里の町より多かったにもかかわらず、周囲には知る人は誰もいない。
孤独でした。
映画と読書、野球観戦、あと、ギターをかき鳴らすだけの日々でした。
図書館と映画館が安息の場所でした。

大手町とか東京駅というもの自体が砂漠のように見えました。

オールマン兄弟もロスで同様に感じたようです。
[PR]
# by nk24mdwst | 2007-11-27 15:11 | その他

Electric Ladyland

1963年11月23日がこのブログにおける、the day 1、1968年7月20日が the day 2、そして、1994年6月20日を the day 3 と呼ぶことにします。

the day 2に私が持っていたものは、何だったかと記憶を探ると タイトルのLPが唯一の持っていたレコードでした。Jimi Hendrix の三作目です。ティーンネイジャーになったばかりの田舎のガキにしては、ませたレコードを買ったものです。

あと、叔母に前年のクリスマスに買ってもらった当時6000円のギター。ヤマハのガット・ギターでした。安倍先生の本で、クラシック・ギターを独習。夏ごろには、フォークの楽譜集を買ってきて弾き語りめいたことを始めていました。

最初に覚えた曲は、PPMのPuff 、次がBob Dylan の Blowin' in the Wind 。夏ごろには、ディランばかり歌ってました。ディランの肉声を聞いたこともなく、ましてByrds も聞いたことがありませんでした。

Anyway the Wind Blows. by FZ

題名は、ディランのもじりですが、音楽はドゥーアップで、歌詞はティーン・エイジ・ラブ・ソング批判ですね。

*2008.1.24 補足

How many roads must a man walk down before they call him a man?
ディランの Blowin' in the wind は、このフレーズで始まります。
男は人々が彼を男と呼ぶ前にいくつの道を歩かなければならないのか・・・直訳にもなっていないわけですけど。

a man は、ある意味で、明らかに特定できる人物です。Martin Luther King, Jr.です。彼の非暴力主義による町々での行進を前段は語っています。
シドニー・ポアチエ主演の夜の大捜査線を見るとよくわかりますが、白人より劣る人種とみなされていたアフロ・アメリカンは、成人であっても boy と呼ばれていたわけです。だから、a boy ではなく、a man と人々が彼のことを呼ぶ=アフリカン・アメリカンを一人前のアメリカ市民としてみんなが認めるために、キング牧師はどれくらいの道を歩かねばならないのかというはなしです。

Muddy Waters のような大人は、I'm a Man. と胸を張っているのですけどね。

まあ、ディランはローリング・サンダー・レヴューでボクサーのハリケーンをネタにしました。FZのところへアポ無しでやってきてプロデュースを頼んだり。
確かにフェイクといえばフェイク。

フーテナニーなんてものは、東海岸のインテリ左翼のフェイクですよ。ディランは、プレスリーに憧れていたわけで、流行ものだったからフォークをやった。
だいたい、ウディ・ガスリーだって替え歌名人のフェイク。

フェイクのフェイクは本物か。つまり、フェイクのウディ・ガスリーのフェイクをしていたディランは本物だということになるのかもしれません。

逆に、ピート・シーガーなんかの方がはるかに怪しい。10代のスティーヴ・ウィンウッドみたいには絶対に歌えない。ただ、イギリスのブルース・ブームというののもとには、ニュー・ポート・フォークの影響とかもあるわけで。
エディー・ヒントン、フランキー・ミラー、スティーヴ・マリオット、ジム・ゴードン、リオン・ラッセル、デュエイン・オールマン、リオ・コトキ、リチャード・トンプソン、サンディ・デニー、デイヴ・スウォーブリック、バート・ジャンチ、フランク・ザッパ、ドン・ヴァン・ブリート、ジーン・クラーク、ジーン・パーソンズ、クラレンス・ホワイト、ジミ・ヘンドリックス、ジャック・ブルース、ロイ・エストラーダ、ドン・プレストン、ジェシ・エド・デイヴィス、リック・ダンコ、リチャード・マニュエル、リーヴォン・ヘルム、イアン・マクドナルド、イアン・ウォーレス、ポール・バタフィールド、ピーター・グリーン、ミック・エイブラムズ、イアン・アンダーウッド、ルース・アンダーウッド、テリー・ボジオ、ダニー・トンプソン、ヴァン・モリソン、クリス・ヒルマン、バーニー・レドン、ボビー・ウィットロック、ロウェル・ジョージ、ミッチ・ミッチェル、グレン・ロス・キャンベル、ズートホーン・ロロ、ライ・クーダー、グレグ・リドリー、フェアポート・コンヴェンション、フォザリンゲイ、スティーライ・スパン、ペンタングル、ジェスロ・タル、ブロドウィン・ピッグ、フリートウッド・マック、エインズレイ・ダンバー&ブルー・ホエールにリタリエーション、コロシアム、ナイス、キング・クリムゾン、フリー、スモール・フェイシズ、ハンブル・パイ、ニュークリアス、バーズ、フライング・ブリート・ブラザーズ、ポコ、バッファロー・スプリングフィールド、グレイトフル・デッド、ジェファーソン・エアプレイン、クイックシルヴァー・メッセンジャー・サーヴィス、オールマン・ブラザーズ・バンド、ファイブ・メン・イット、ガヴァメント・ミュール、マザーズ、マジック・バンド、リトル・フィート、ファクトリー、プロコル・ハルム、ディラーズ、マラード、ブリンズリー・シュウォーツ、スティーリー・ダン、ソフト・マシーン、ザ・バンド、マン、ファミリー、ジョイ・オヴ・クッキング、コールド・ブラッド、ゼム、ヘルプ・ユアセルフ、ミュールスキナー、メロウ・キャンドル、セロニアス・モンク

特に意味は無いというべきか、大きな意味があるというべきか。

getting tired, have to walk to the end
can't see nothing but nothing meaning anything

keeping sleeping walking till waken
crying, weeping, laughing before taken

*starting the ehp today. when it's over , smp'll be the next.
[PR]
# by nk24mdwst | 2007-11-26 10:41 | 記憶

Does Humor Belong in Music ?

タイトルは、Frank Zappaの晩年の作品の名前です。このブログのタイトルは、それをもじっているのです。
音楽とユーモアは共存できるか?ってザッパは言うわけです。FZのユーモアというのは、独特のものがありますけどね。シニシズムというべきでしょうか。
Taxation つまり、税制ですが、ユーモアと税制の共存なんてあったら笑います。ただ、人間性と税制という問題は永遠の課題です。

以下、*は、2008.1.22補足

*シュンペーターが定義するように、現代資本主義国家は全て租税国家であるわけで、税制を語ることは国家を語ることです。だから、税制にユーモアがあるかという問いかけは、国家がユーモアを持ちうるかという意味になります。
いいかえると、国家と人間性の問題というのは永遠の課題であり、民主主義=人間性という図式が成り立つのかという問いかけにもつながります。

Now Wait For Last Year という Phillip K. Dickの小説のタイトルをもじって Now Wait for Songs of Last Year です。昔の音楽を待ち続けている私がいるのです。

*ディックの小説のテーマとしてずっと語られているのは、機械と人間性の問題です。ディックの言う人間性というのは、他人を思いやる心です。ですから、皮膚を切れば赤い血が流れ落ちるものであっても平気で人殺しのできるものは、人間ではなく、ディックの言うアンドロイド=機械ということになるのです。
逆に、ディックの小説には優しい思いやりを持った機械も登場します。自宅に帰ると『おつかれさまでした』というナヴィのある世界にわれわれは今住んでいるのです。

昔というのは、個人的な経験、感覚、知識以外のことは解りませんから、要するに、記憶をたどることかと思います。

記憶に残る日の一・・・・1963年11月23日の朝。その日、勤労感謝の日で学校は休みだったわけですが、朝、寝床から這い出してきた私がテレビで見たニュースは、ジョン・F・ケネディ暗殺の話でした。現地時間では11月22日ですが、その日は、日米間で最初のテレビ衛星同時中継の行われる日でした。

記憶の日の二・・・・1969年6月20日、アポロ11号が月面に人類史上初めて着陸し、ニール・アームストロングが、かの偉大な一歩を踏み出した日です。この日は、一学期の終業式の日で、終礼を前に校庭を掃除していた私は、職員室のテレビの声でこの実況を聞きました。

その三・・・・1994年6月20日、アーリントン墓地。前日、生まれて初めてアメリカ、というか海外自体が初めてだったわけですが、ワシントンに着いた私は、アーリントン墓地の門の前で、ケネディの墓を一目見ようとするアメリカのおのぼりさんの列の中にいました。気温40度近く、湿度は90%を超えていました。

大風呂敷を止めて、時間と話題を限定するつもりで書いてみたのですが。

*風呂敷は広がるところを知らず・・・・

this site is not a frank zappa's fan site ever and never.
it's just a fun for a fool like me, nothing more than that or less.

so, please do not categorize this site, which means nothing, man.
[PR]
# by nk24mdwst | 2007-11-24 18:23 | 記憶