<   2013年 01月 ( 2 )   > この月の画像一覧

dancing in the street

 正月以来、何も書いてないのですね。とにかく、日がたつのが早い。

 改正国税通則法が、今年の1月1日から施行されているので、税務調査に関連する処分で今年になってから行われているものは、きちんとその通りにされているようです。事務量の増加が目に見えるようです。
 自分で経験していなくて、他人の話からの類推ですが、質問検査権の行使としての調査は手続きをきちんと踏まなければいけないので、簡易な是正等は行政調査として済ませたい当局の意向が透けて見えます。そのほうが、当座は納税者や税理士も楽な感じなのですが、かなり問題があるのだと思いますね。

 行政指導による自主修正申告という形にした場合、加算税はどう取り扱うのか。そもそも、行政指導という概念は、個別税法にはありません。行政指導の用の行政手続きは行政手続法の規定に沿って行われなければなりません。税務調査のような質問検査権も行政手続きの一つなのですが、国税通則法は個別税法に基づくものは行政手続法の適用除外だとしているのですね。だから、税法に既定の無い、任意の資料箋の提出要請などは、単なる行政指導なので、きちんと行政手続法の規定に沿って、責任の所在がだれにあるかを明示した文書を一緒に送付してきます。

 修正申告を伴うような行政指導というものは、今回の国税通則法改正のあとで、FAQなどで国税庁が新たに出してきたもので、何がそれにあたるのか、どのような処理がなされるのかが明らかにされていません。
 行政指導なら、そうであるという文書の交付等が必要だと思うのですが、電話で全部済ませてしまうというのは、非常にずるいやり方です。

 簡易な是正を、質問検査権の行使に該当する調査としたくないというのは、改正国税通則法が、同一税目、同一課税期間等における再調査を原則禁止としたから、後日、普通の調査を遣るときにハードルが高くなるのを嫌がっているのでしょうね。

 ただ、これも変な話であって、きちんと内部事務手続きを踏み、納税者に説明すればいいことだと思います。無用な再調査は当然不要だと思いますけど、国税通則法は、従来から、再更正、再々更正、再決定、再々決定の規定を設けているわけで、事務手続きが面倒だから勝手に行政指導にしてしまうというやり方は、間違いだと思いますね。いずれ、どこかで問題になると思います。

 音楽の話をしようと思っていたのだけど、税金の話になりました。

 具体的にどのようなことが行われているのかについては、事例が少ないので、まだ書けません。もう少し、自分で確認した後でないと。
[PR]
by nk24mdwst | 2013-01-27 06:01 | 音楽

another side of oneself

 特に事もなく、正月が過ぎていくというのは、感謝すべきことですね。元旦は、母の家、昨日はかみさんの母の家へ行って、お節とお酒。元旦は、例年通り、お墓へ行ってその後、初詣。

 租税国家でにおいて租税論を語るとき、政治を抜きにしては語れません。このブログで税について書いているときは、特定の政党を支持批判しているわけではないけれど、現在の制度の矛盾、あるべきだと私が思うことについて書いているので、私の基本的なスタンスは自然に現れてることは意識しています。ただ、今の首相がどうこう言うようなレベルでの話はしたことは、ないかな。

 昨日、義兄に合って酒飲みながら話をしていたら、増税と社会保障切捨て路線が始まろうとしているのに、これからすこし良くなるんじゃないのといわれ、認識の違いに愕然。自民党があれだけ議席を取って(選挙制度のバイアスが相当あるのだけど)、安部首相を支持する人がかはんすういる当てにならない世論調査を目にしてホントかなと思っていたわけですが、やっぱりいるのだそんな馬鹿がと。

 義兄は、地元の上場企業の管理職で定年退職し、年金生活者です。年金だけで夫婦二人食べていけるのだから優雅なものですね。自分たちがターゲットになっていることすら気がつかない。すこしくらい年金が減り、税金が増えても大丈夫なほどもらっているのだと思いますが。こちトラ、国民年金しかないし、65歳満額支給組からももれているし。
 結局、2割程度の恵まれている人たちがいて(この人たちの不幸は、恵まれていることに満足していないこと)、大多数の国に捨てられている人がいるのだけど(こちらは、国に捨てられていることを知らされていない)。自助でやれということは、国が見捨てるということです。高齢化や病気障害等によって生活ができなくなったとき、十分な年金が受け取れない。本来なら国が、その人たちの生活を保障す炉というのが福祉国家の考え方なのだけど、自分で食えない人は、その人が悪いから勝手にしてなっていう態度にこの国は転換し、さらにそれがひどくなろうとしているのにそれがわからない。

 特に今の政権についた連中はよろしくないと思うけれど、民主党へのゆり戻しはあったものの、結局、この20年間、財界(経団連)と財務省(経産省)がタッグを組んで歩んできた路線、計画してある路線を、さらに純化しながら突き進むのでしょう。でも、20年結果出せてないんだから、ちょっと立ち止まって考えればいいのにと思いますよ。同じことは、アメリカにもいえるし。

 こんなこと書くつもりは全然、なくて、年末に亡くなったレイ・コリンズと彼がオリジナル・メンバーだったマザーズ・オヴ・インヴェンションの話をしようと思ってたのだけど。

 ブログなんてなぜいい加減かというと、というか手抜きしているかというと、上述の私の現状認識についての根拠をきちんと説明しなければならないのですね。説明することは難しくないです。経済財政諮問会議や政府税調資料を引用して、それを甲読み解くのだと書けばいいわけですから。ただ、正月、今、ここで、それをやるだけの元気がないだけの話。まとめたものはないことはないのだけど、それをコピペするのは、ちょっと問題があって、同じ内容を書くとしても手を加えてコピペじゃない形にしなければいけないので。
 自分で書いたものでも、ブログのコピペならともかく、出版されてしまうとそのまま貼り付けられなかったりしますので。
[PR]
by nk24mdwst | 2013-01-03 12:34 | 音楽