<   2011年 11月 ( 1 )   > この月の画像一覧

Trout Mask Replica in the Library of Congress

Trout Mask Replica went to the Library of Congress

キャプテン・ビーフハートのトラウト・マスク・レプリカがアメリカの議会図書館に重要なレコーディング遺産として収録されました。

News from the Library of Congress

April 6, 2011

Lost Language, Political Voices and Earliest Known Recording Among 25 Named to the National Recording Registry

The controversial release of the first recording of contemporary stand-up comedy, the country music hit that divided American women, and an innovative television theme song are among the sound recordings that have been selected for preservation by the Library of Congress. Today, Librarian of Congress James H. Billington named 25 new additions to the ninth annual National Recording Registry of the Library of Congress, ensuring that these cultural, artistic and historical recordings always will be available to the American public.
http://www.loc.gov/today/pr/2011/11-073.html


フェイスブックでジョン・フレンチが紹介してくれました。
彼の功績が認められたということですね。

ビーフハートの音源は、ブートを除くと基本的に全て持っているのですが、このトラウト・マスク・レプリカが一番、苦手です。以前にもこのブログに書いたことがあります。レコーディングのいきさつ、模様については、ザッパの自伝、ジョン・フレンチのビーフハート本に詳しいです。
以前も書きましたが、これは、ザッパとビーフハートのコラボレーションなどではなく、ザッパによるビーフハートを短時間収録したもののコラージュだというのが私の考え方です。ザッパの作品と位置づけているということですね。ビーフハートの音楽そのものを聞くために、あるいは、その音楽を代表しているものではないのだと後になればなるほど感じています。だから、至極最近になってこのアルバムを通して聞いて、全体像がつかめるような認識をしているということです。
このアルバム製作時のいきさつを少し説明すればいいのですが、省略。先にあげた本を読んで下さい。逆に、それ以外の本に書いてあることは、どうですかね。
このアルバムをビーフハートの代表作としている本や評論、人がほとんどで、トラウト・マスク・レプリカに一定の価値を見出すとしても、ザッパとビーフハートの二人のいずれにとっても例外的なものだなどという位置づけをしているのは、私くらいでしょう。
まあ、素人のいうことですから。

税理士でスライド・ギターを弾き、ザッパとビーフハートをほとんど全て聞き、彼らについて書かれたものも主だったものはほとんど読んでいるということだけは認めますが。
日本語のものは、はっきり言ってあまり目を通していませんけど。注釈等が物足りませんから。

クリップを一つはります。Pachuco Cadaver



ギャリー・ルーカスが自身の音楽をバックにしてドン・ヴァンブリートにインタヴューしています。
Don van Vliet Interview with Co de Kloet 1993 (Long Edit) with "I Have A Cat" by Gary Lucas


ビーフハートの声が弱弱しくて痛々しいですが、内容は面白いです。

クラプトンがまた来ているみたいだけど、今度はスティーヴ・ウィンウッドと一緒なのですね。オーストラリアのFBフレンドから、見に行くのかって。行かないよと。
誰を連れてくるかが目当てになったら終わりでしょうね。
[PR]
by nk24mdwst | 2011-11-20 05:06 | 音楽