<   2011年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧

anyway, finished still unfinished

さて、今日も例によって、5時に目が覚めたのですが、さすがに目が開けられなかったのです。理由は、簡単で、昨日、3時に起きてそれから、宿題をやってたのですね。一応、7時ごろまでに何とか格好をつけました。メールを見逃していて、事務所へ行ってから、もう少し、見直しの時間があることがわかり、午前中いっぱい、見直しをしていました。

なぜ、いつもこう、締め切りぎりぎりにならないとできないのか。人間性が出てます。宿題をしたくない、人から催促されるとなおさらやりたくなくなるという天邪鬼な性格。うさぎとカメの、カメのようにこつこつ少しずつやればいいのに。それも、きちんと計画を立て資料をそろえ。それができれば苦労はない。いや、昔は、火事場の何とかで土壇場の集中力があったのですが年でそれがなくなった。おまけに、老眼と近視でとにかくものが見えない。画面と文献や本を見ながら何かするというのは苦痛そのもの。

この目の衰えは、仕事に一番差し支えていて生産効率の低下に参っています。仕事もこつこつやれないというのは内緒です。

このブログ、連日更新だけがとりえだったのに、それをやめたら、とたんに更新がなくなった。これも性格が出てまlすね。なぜかというとウェブとのかかわりあい方が変わったからで、ツイッターにはまり、次いで、今は、完全にフェイスブックが主戦場と化していて、というわけです。

今日は、これからここをどうするか、ここで何をするべきかという話ですが、すでにちょっと疲れてきました。目を閉じながら何を書こうか考えていたのですが、そのとき考えていたことについては、まだ何も触れていないですね。

ご報告、誰が待っているのかって、そんなことは言わないで。長い長い宿題が一応、一段落。これがまだまだ完成品になるのに手がかかりそうなのですが、この宿題について少し書く必要があるでしょう。それと、この宿題は、報酬はないのですが、逆にちょっと宣伝して何とか世に広めたい。いや、とにかく出版社の赤字を減らしたい、いや、無理やり買取なんて事態を避けたい。というわけだけど、広くみなに読んでもらえるほどのものになったという自信がなくて。ただ、これ何人もの人が多大な時間を費やしたものなので、やっぱり宣伝しないと。どうせ、他のどこでも宣伝されないだろうし。
新聞等での広告スペースをほとんど持たないところが出す予定なので。
宣伝とは言いませんが、何について、何を目的として書かれていて、内容はどうで、それについてどう考えるべきかという話は、ここで私がしないとウェブには現れない可能性が高いから、恥ずかしいけど、いずれ、やります。

税務行政手続関連の本なのですが。

以前よりもこのブログへ来訪される方は減っていますが、一定の数がいらっしゃって、その方たちの要望にこたえる必要もあるのかないのか。

キーワードを見ると、やはり税金関連、音楽、、詩の順です。税金可憐のキーワードをみると、おそらく税法等を勉強している人が多いように思えます。明らかな傾向があります。大学等でレポートを出すことを迫られているのか、あるいは、訴訟等で問題になる点でもあるので、関わっている方がいたらすいません。ただ、そのテーマで訴訟してたら勝てません。

もう一つは税制改正の動きが少し反映されてきているのかな。これは自分に跳ね返ってきていてフェイスブックで遊んでいないで、震災を隠れ蓑にしたドサクサ増税批判をしないといけないと思うわけですが。

3.11以後の日本と世界は後戻りできないということも考えないといけないんだけど。これについては、来仕方、現状、行く末を考えないといけないのだけど。単に日本の震災、原発の歴史と対策がどうであったからということよりもう少し始点を広げて、19世紀半ば以後の世界の政治経済氏を振り返る中での位置づけをやるくらい風呂敷を広げるというのが私のスタイル。広げた風呂敷が足に絡まり転んでしまうという落ちも見えますが。

フェイスブックの利用法なんてそんなの人それぞれだからどうでもいいのだけれど、垣間見えるアメリカの社会というのをどうするか。これは非常に個人的な付き合いの話なので書くのがためらわれるのですが、FBに書くわけにいかず、ツイッターでは中途半端だからここでしか書けない。アメリカのベビー・ブーマーの人たちと交流が少しできたわけです。その人たちが典型だとは思いませんが、やはり何か見えることがあるのじゃないか。少なくとも、以前思っていたとおりだということよりも、新たな発見のほうが多いわけで。

音楽は、今、実にいい加減な聞き方をしています。仕事場では、シャッフルさせています。ウォークマンでは、アルバムをアルファベット・オーダーで聞いてます。アーティスト関係なしに。
つぶして行こうと思っているのですね。このつぶし先方に変えてから、今まで好んで聞いていた、気に入りのアルバムが邪魔って感じるようになりました。その代わり、こんな詰まらんものなぜ聞かなきゃならんというものも聞いてます。えり好みしないで、聞き漏らしている何か新しいものがないか探しているんですけどね。

まあ、基本的にその音楽を好きになるかどうかの尺度は変わらない。逆に偏狭になる一方です。ただ、ハリウッドのプロがやっているのと同様、ナッシュヴィル、メンフィス、マスル・ショールズにはそれぞれプロがいるのだということを再確認しつつあります。ハリウッドとアメリカ南部とでは微妙な時間のずれ、音楽性に関してもそうだし、曲の演奏の仕方という意味でもそうですがあるのですね。下手な人駄目な人が、全く評価が変わるなんてことが私の中で起きるわけじゃないけれど。

アメリカ南部、要するにメイソン・ディクソン・ラインの南のときの流れ方というのが音楽にどう反映しているかというのがわかり始めたというか、それを受け入れるのも気持ちがいいというのが今の心境でしょうか。
ハリウッドとサウスとの違い、同じところを認識し、応用問題としてのイギリスの音楽をどう考えるか。そしてもう一つ大きなテーマとして、ザッパとビーフハート、デッドですか。この三つは全く違う代物だからこそですが。

なんだか、昔の調子が戻ってきた。ほとんど目が見えない状態で書いているので誤変換、変な日本語、ご容赦ください。

では、また、いつか。

何とかチューブについて思うところというか、また、今度
[PR]
by nk24mdwst | 2011-06-28 07:00 | 音楽

comes rain

なんとなく、なんとなく

 Frankie Miller
 
 


 Gene Clark

 


 酒飲みコンビ

 Ian Matthews

 


 キング・クリムゾンを久しぶりに聞いて、やっぱり最初の面子が最高だなと。
[PR]
by nk24mdwst | 2011-06-18 12:05 | 音楽

it shall be ice age?

この数日、涼しい日が続いています。
今月も半分終わり、今年も半分が終わるというわけです。3月11日を境に、世界は元へは戻らなくなったのだけど、それを認める人と、無視している人、諦めてる人、人、それぞれ。

FBとかTWのようなところで特定の人、といっても音楽関係ですけど、悪口はいうと、色々問題があるようですね。

過大評価されていると思う人は何人もいるし、そもそも、私が最初から無視している大スターも沢山いますが、個別に名前を出して、あれは、駄目っていわれると、気に障る人もでてくる。

FBの中でも大人と子供がいて(生物学的ではなく、精神的に)、まあ、私は子供の部類ですが、そういう発言をする人に対して大人はちゃんと諭してくれたりしますね。

あいつの歌はなっとらんとか、人間的に駄目なやつみたいな話ですから、聞かない、知らなきゃそれでいいわけです。

私の場合は、現実世界で自分に関連するところで面と向かってあなたのいうことは、違うって、直ぐ言ってしまうので修行が足りません。ただ、瞬間湯沸器のように直ぐに爆発しないので気づかれないことが多いだけ。

ここが一番、人が来ないから悪口は、ここで言いましょう。

◎◎は、××だから、私は■■だとおもっていますが、世間では一般に◇◇と思われているようです。

すっきりした。

ここから書き足しなのですが

 朝から、FBとあるアーティストをめぐって、やり取りをしていて半日過ぎてしまいました。
 どうもそのアーティストの名前と私は、相性が悪いようで。
 
 でもまあ、意見がぶつかるということは、いいことで、やり取りをしているうちにお互いの心根が前よりも見えてくるというのもありますね。

 いいことをその人はいいました。誰が見ているか解らないようなところで特定のアーティストを批判するなと。
 好き嫌いは勝手だけれど、不要にどこかの誰かをフユカイにさせる必要はないだろって。さすがに年の功でした。
 マスコミが貼るレッテルで評価してはいけないのですね。
 たとえば、どこかの地域の人たちに共通する特性というのは当然ありうるわけだけど、それが全ての人に通ずるわけではなくて、同じものを根っこにもっていても個人、それぞれの歴史、生活が背景にある。SNSは、そういうものを捨象した、きれいごとだけで付き合っていくべきなのでしょう。でなければ、全部さらけ出して、色々話をして、話の通じる人とだけ付き合うかどちらかで中途半端は、ありえないような気がしてきました。

 逆に、SNSを通じて盛り上がる世論というものがあったら非常に危険だなとも。

 でも、まあ、アメリカのディープ・サウスの人たちというのは、みんな親切というか正直というかストレートですね。本音を出すと解ってくれる。お互い理解しあえないこともわかる。政治的には保守的な人も多いけど、かなりリベラル、プログレッシブな立場の人もいて。そういうのを隠しませんからね。顔写真や思想信条を吐露しない日本人向きじゃないような気がします。FBは。

 しかし、音楽を聞く態度において、バンド経験があるのかどうかというのは、かなり大きな違いのような気がしてきました。耳のいい人はいくらもいますが、バンド経験があるかどうかは大きな違いのようです。このバンド経験というのは、場末のバー・バンドかもしれないけれど金を貰うためにバンドをやったという経験という意味です。
[PR]
by nk24mdwst | 2011-06-16 11:16 | 音楽

half done, unfinished is finished

 不定期更新中、今日も、早起き、意味無く。

 また、暑い日になりそうです。

 夕べ、リチャード・アンド・リンダ・トンプソンのDreams Fly Away を聞きながら、おっとしまった。Dreames Come True とはならず、どこかへ行ってしまったというのはともかく。
 リチャード・トンプソンの音楽は、フェアポート・コンヴェンションの最初から今日至るまで全部聞いているのに、きちんと彼の音楽を考えてみてないなと今頃気づいたしだい。まあ、彼のソロ・ワークは、へヴィに聞こえることがあるので、続けて聞くのをなんとなく避けたい気持ちがあったのも事実なのですけどね。
 一応、彼の音楽の根元にあるものを考える。興味の源泉、演奏時期全体を通じてのスタイルの変化が意味するもの、あるいは変化があると聞こえるのは本当に変化なのか。
 イギリスのトラッドとか、いろんなジャンルの連中とやっているとかっていうことよりも、同時代性、アメリカ音楽、当然アメリカン・ポップ、ロック、カントリーの影響を自分の音楽に反映させているところに、あるいは反映してしまっていることにもっと注目すべきだったのじゃないかと。
 
 こんなに意味無くだらだら書き出してどうするのだ。リチャード・トンプソンの音楽を総ざらいするということを一行書いて、できはしないけど、言い訳にしておけばよかったのに。それと、新作、昔の音源のアンソロジーがいまだに連発して出ているので、それを追いかけるだけでも大変ですけどね。
 新作をいまだに追っているのって、彼と・・名前が詣でてこない・・いないということと本当にぼけてることと・・層、ヴァン・モリソン・・おい、おい、ビッグ・ネームを忘れるな・・・くらいかな。ほかにも誰か一人くらいいそうだけど、考えるのやめます。

 FBでは、あまり分析的に音楽を聞いていることなんていうのは、普通の音楽好きには関係ない話だし。それと、本当に現場にいた人たち、今も現場にいる人たちにとっては、これまた感心の持ち方が違う。
 アラバマ州民に友達作りたかったから、スキナード大好きって連発するといいです。一、二度、スキナード持ち出して懲りました。

 エーっト、税制関連、日本の手続法改正問題、社会保障と税のいったい改革問題、番号制度、給付つき税額控除について、完全にサボっているので、急いで追いかけて復習しないと。それと、この一年の先進国の税制の変遷、方向性も。

 やっぱり書き出したら終わらん。やめよう。
[PR]
by nk24mdwst | 2011-06-09 05:26 | 音楽

hi, there

 思ったとおり、毎日、更新をやめたらとたんに、以後更新の意欲がうせたわけです。

 朝、4時半ごろに目が覚め、フェイスブックを覗き込むというのが日課ですかね。早起きして、何か、使用と思っているときに限って、誰かが、チャットで話しかけてくる。こちらの午前4時は、アラバマあたりでは前日の午後2時ですね。この時差があるから、アメリカの東海岸から順に登場してくる。夕方は、イギリスの朝だし。

 3月11日は、取り返しのつかない一線だったようです。その後のこの国の有様を見ていて暗澹となります。意識の高い人ほどあきらめているのでしょう。震災を奇禍として、増税に直進しそうな政府、手続法の改正は棚上げになりそうな雲行きだし。

 仕事だから、毎日のルーティンはこなさなきゃいけないけれど、勝手に好きでやっている趣味の税金勉強に関しては、興味が失せたというか、なんというか。こちらのほうも、例年以上に宿題が多いんだけど、尚のこと、気が向かない。

 音楽は、ウォークマンに入れた音楽を、アルバムのアルファベット順に聞いてつぶしているというところですね。その日、その日に発見はあるのだけれど、忘れてしまう。

 仕事場ではシャッフル。シャッフルしているのにザッパ、ビーフハート、バーズばかりが出てくる感じで。あとは、エディ・ヒントンにオールマンズ、デッド。まあ、このあたりのほとんどすべてのアルバムをぶち込んでいるからそうなるわけです。

 71年にオールマンズを見に行った経験を話してくれた人がいました。演奏が終わるとデュアンは、スライド・バーといっても薬ビンだけどを客席に、いつも投げ込んだのだそうです。あるとき、それが彼の目の前に飛んできた。以来、デュアンとベリーがいたころのすべての音源を集めるのが目的になったって。

 ウェブで日本の災害、アメリカの竜巻被害をつぶさに見ながら、人間の無力さ傲慢さの付けを感じているしだい。今日は、宿題がいやでここに逃げ込んでいるというわけです。
 
 サザン・ホスピタリティというのは一種独特ですね。地域共同体が教会を中心として生きている。アラバマはとても貧乏な州で、そのくせ、一応、政治的には共和党右派支持の人が多いようですが、彼らのおしゃべりとNYタイムズ、Wポストの論調とは違いますね。この感覚は私が限られた範囲の人たちと話して受けた印象だから一般化できるとは思いません。それと、フェイスブックでのやり取りというのは、ツイッターとは異なり、親密なものが多いので、こんなところに書くのもいかがなものかと。

 ビジネス・ツールとしての可能性って感じないです。それと、日本人が発言しないのには笑うしかない。顔を出して、天気がいいから気持ちがいいって言うだけでいいのにそれもしない。ウェブに何か書いて、一番、目に触れないのは、ここであるようなので。
[PR]
by nk24mdwst | 2011-06-05 16:22 | 音楽