<   2011年 02月 ( 18 )   > この月の画像一覧

spring's coming, can you hear?

日曜なれど、この時期ですから仕事。



James Blood Ulmer (ウルマーとウォルマーというよりは、限りなくオルマーに近い発音を当人はしてます)を振り返ってみると。姓の発音は、要するに英語の曖昧母音をどう発音するかって話ですね。

Are You Glad To Be Living In America?



Black Rock ぎらぎらしてます。



変化の兆し



この後へたれブルーズマンになったと思っていたのですが、この演奏は、ちょっと感慨深いものが。
Dimples なんかは、いただけないけど。



もう一度 Are You Glad To Be In Amereca? オルマーはジミヘンと同い年です。



個人的には、ジミヘンの未完のAngel に思いを馳せたというわけです。
[PR]
by nk24mdwst | 2011-02-27 12:51 | 音楽

it's snow

春の淡雪、もう、解けてしまいました。

特に意味があるわけでなく

Neil Young のSouthern Man



お馴染みLynyrd Skynyrd のSweet Home Alabama



Ronnieは、ニール・ヤングのことなんか話したくないと

Warren Zevon のアンサー・ソング Play It All Night Long



これを、もとのスウィート・ホーム・アラバマの歌詞に登場するThe SwampersのDavid Hoodの息子Patterson Hood がやってるDrive-By Truckers がカヴァー。



全体を見渡して見ると。

現在、ジョージアのアトランタ在住のアル・クーパーがスキナードを売り出し、彼は、その前にスティーヴ・スティルズとスーパー・セッションをやっているとか。
[PR]
by nk24mdwst | 2011-02-26 10:28 | 音楽

open it, man

3年前に右足の小指の付け根を骨折したのですが、その影響か、右足に痛みが。
かかとがまず痛くなりました。ついで、右足の親指の付け根。かばった歩き方をしていたのでしょうね。

ルイ・ジョーダン。ジャンプ・ブルースですね。
まだ、貼り付け練習中。特に意味はなし。

[PR]
by nk24mdwst | 2011-02-25 10:25 | 音楽

just trying



個人的には、この面子のKCが一番好き。
フリップは全くブルーズが引けないというのがボズ・バレルの弁。同感。
このアメリカツアーのとき、イアン・ウォーレス、メル・コリンズはブルーズを聞きまわっていたそうで。これは、メルの弁。
フリップさんは、ジャズの勉強をしたいたそうです。

この投稿にたいした意味はなく、Youtube の貼り方の練習。
[PR]
by nk24mdwst | 2011-02-24 14:50 | 音楽

me, not a number

春ですね。快晴、気温16度ですから。

共通番号制度が動き出しました。

新聞報道、毎日です。
共通番号制度:「内閣府の外局で監視」 個人情報WGが骨格案

 政府の「個人情報保護ワーキンググループ」(WG、座長・堀部政男一橋大名誉教授)が23日開かれ、税と社会保障の「共通番号制度」導入のための個人情報保護策の骨格案が提示された。国民の懸念が強い情報漏えいやプライバシー侵害などを防止・監視する第三者機関の設置を巡っては、公正取引委員会のように内閣府の外局として、独立性の高い組織とする案が盛り込まれた。【谷川貴史、久田宏】

 骨格案は、有識者らでつくるWGの一部メンバーが作成した。第三者機関の監視対象は、国の行政機関や地方自治体のほか、番号を取り扱う民間事業者を想定。番号の管理や運用が適切に行われているかの調査や、是正を促すための指導・勧告、個人情報の取り扱いに対する苦情処理や相談受け付けを最低限必要な機能に挙げた。

 立ち入り検査や、制裁金を科すなどのより強い権限を与えることも検討課題とした。第三者機関のトップやメンバーは国会の同意を得て、首相が任命するとしている。

 個人情報の漏えいや不正利用に対する罰則の創設も提案。罰則を適用する行為として、公務員らが職務以外に利用する目的で個人情報を記録するデータベースを作成▽個人情報の不正な提供や盗用▽他人の番号を利用し個人情報を不正取得する「なりすまし」--などを挙げた。自宅のパソコンなどで、自らの個人情報をいつ、どの機関が取得したかを確認する仕組みを作ることも検討する。

 WGでは、骨格案をたたき台に、5月をめどに保護策をまとめる方針。

 一方、同日、政府の番号制度に関する実務検討会も開かれ、9団体からヒアリングを実施。「医療情報は漏えいしたら取り返しがつかない」(日本医師会)、「情報公開とプライバシー保護策が明確ではない」(日本弁護士連合会)などの懸念の声も相次いだ。政府は6月までに番号制度の大綱取りまとめを目指し、安心感が得られる個人情報保護策を打ち出すことで国民の理解を求める考えだ。

毎日新聞 2011年2月24日 東京朝刊
http://mainichi.jp/select/seiji/news/20110224ddm008010040000c.html
何で、政府の当該ページへリンクを貼らないんでしょう。

ワーキング・グループのサイトはこれ。
http://www.cas.go.jp/jp/seisaku/jouhouwg/
2月23日の議事についてはこれ。
個人情報保護WG(第2回)
議事次第
平成23年2月23日(水)
10:00~12:00
於:三田共用会議所 3階大会議室

開 会

議 事
(1)第1回個人情報保護WGで課題となった件について
(2)社会保障・税に関わる番号制度及び国民ID制度における個人情報保護方策の骨格案について

閉 会
(資料1) 第1回ワーキンググループで課題となった件についての資料
1:税・社会保障に関わる番号制度に対する国民の懸念
2:諸外国の個人情報保護に対する懸念及びその対策
3: 三条委員会等の整理
(資料2) 番号制度創設に伴う個人情報保護に関する第三者機関・三条委員会の必要性
(資料3) 社会保障・税に関わる番号制度及び国民ID制度における個人情報保護 方策の骨格案
http://www.cas.go.jp/jp/seisaku/jouhouwg/dai2/gijisidai.html
新手続法制定に対する検討と一緒に追いかけていかないと。

フェイスブックの話でお茶を濁すつもりでしたが。
サイケデリック・ファーズなんて聞いてます。
[PR]
by nk24mdwst | 2011-02-24 09:44 | 租税法(日本)

harry

Harry は、良いな、などと今頃になっていっている私は、もぐりですな。

予算案と予算関連法案がどうなるのか、解らんというのも困ったものですが。
23年度税制改正法案に関しては、ほとんど完全に経団連、財務省路線なのだと思うわけです。是非は、別にして、この法案を作ったときに現在の民主党政権にこれを独力で通す力が無いことを財務省は充分に認識していたはずで、そうするとこの法案に書かれていることはどうなるのか。

この税制改正法案に関しては、実体法、たとえば法人税率引下げのようなものもあれば、国税手続に関する新法を作るというものもあります。
このうち、歳入に直接関わってくるのは、実体法の部分なので、これらに関しては、自民党と民主党がネゴをして何とかするということも必要だろうし、可能だろうと勝手に考えたりします。
しかし、手続法に関しては、どうなるのか。
この部分に関しては、例えば、参議院で否決されると廃案になります。あるいは、継続審議にして宙ぶらりんにするという手もありえます。

まあ、情勢が情勢なので難しいのですが、この手続新法が日本の税務行政を根底から買えるものであるということに対する認識がどれほどの人が感じているのか。具体的に、どのようなときにどのようなことが問題になるのか。
このような問題を考えるときには、何人かで新しい法案を、逐条的に読み合わせをして意見交換していく必要があるのだと思うのですね。
財務省が本気でこの法律を成立させようとしているのかどうかという点は、よくわかりません。この法律に対する評価は、一端、おくとしても、とにかく具体的に検討してみないとと思うのですが。雑誌等では、まだ、まともな法案自体に対する論評が出ているわけでもなく。
また、具体的にこの法案に関して、逐条的に呼んで議論をできる人も限られているようにかんじられてなりません。

番号制度の方は、番号制度自体の功罪は別にして、制度だけを導入しようというスケジュールだけが先行しているようです。

まあ、老い行く日本より、中東での一連のデモとそれに伴う政変ということは、冷戦の終結以後、最大の歴史的出来事なのではないかという気がします。
イスラム教徒の多い国々で、独裁体制に対する市民の拒否宣言が伝播していくとすれば、東へ東へということになるのですね。

アラビア半島、イラン、その先には、旧ソ連、ロシアにおけるイスラム教徒の動き、さらに、中国の内陸部のイスラム教徒たちがどう反応するのか。
独裁といえば、開発独裁だけど、パキスタン、マレーシア、インドネシアとかと続くわけでこれらの国々の先行きまで思いをはせると、世界史の一大転換点なのかもしれません。

まさか、ツイッターやフェイスブックを使って誰かが操っているとも思えないし。

先の世界金融危機後、景気回復のために先進諸国が、超金融緩和政策を続けていることが世界的な金余り状況を作り出していることが背景にあるのでしょうが。中国なんかどうなるんでしょうね。

さて、ニルソンを聞きながら寝ましょうね。
[PR]
by nk24mdwst | 2011-02-20 01:16 | 音楽

hard luck

もう、はるかなと思わせる日和であります。
新聞によると太陽フレアが爆発して、明日位から地磁気の異常が見られるとか。程度次第では、被害が大きくなる。ニコラス・ケイジ主演の映画にもありましたっけ。

ブログは、書こうとすると、以前のように気楽に、今日も生きてます、元気です、調子悪いですなんて書くのではつまらないと感じるようになったのですね。
ウェブ上で、今日も私が、生きてるんだということは、ツイッターでもできるし。音楽関係のこととか、日常生活レベルの他愛のない話題に満ちたアラバマ近辺の人たちとのフェイスブックでのやり取りが一番、楽しかったりするわけでs。

きょうは、朝からずっとというか、夕べの晩からずっとエディー・ヒントンを聞いてます。まあ、アラバマ、それもマスル・ショールズ、シェフィールド周辺に住む人と知り合うきっかけは、エディー・ヒントンと彼のことを取り上げたドライブ・バイ・トラッカーズが、きっかけなのですけど。
昨日の夕方、フェイスブックでエディーのハード・ラック・ガイの話をしてたら、あのレコーディングは大変だったんだ、なんていう人が現れたわけです。
それ以前からその人とは話していたのですが、このアルバムをやっている途中にエディーが亡くなってしまい、ほとんどの曲は、カセット等のデモ音源にあとからダビングでリズム・セクションやホーンを加えたということは知ってのですが、それに加わっていたなんて言い出すんだから。
まあ、気づかなかった私も悪くて、クレジットを見たらちゃんと名前がありました。

ドライブ・バイ・トラッカーズの新譜が出ましたが、それをじっくり解題できたらいいなって思ってます。

えーっと、通則法改正については、国会に予算関連法案として提出されたようですから条文ごとに新旧対比して考えをまとめるメモにしたいと思うのですが。
新旧対照表にして色をつけたり下線を引いたりというのをしないとわかりにくいと思うのですが、このブログでそんなことをしたことがないので、なんだか面倒くさいというのが本音。やれば、そう難しいはずもないんでしょうけど、一応、本業が繁忙期なので、余計なことを覚えることを頭が、拒否している。要するに、廊下の始まり。IMEは、本当に馬鹿。廊下は学校じゃあるまいし。老化のの始まり。

アメリカの税金の話なんて、なんだかどうでもよい気分。

ハード・ラック・ガイが聞こえてきたのでやめよう。
[PR]
by nk24mdwst | 2011-02-17 17:26 | 音楽

book's green

アメリカの2011年度予算
Budget of the United States Government: Browse Fiscal Year 2011

Issued by the Office of Management and Budget, the Budget of the United States Government is a collection of documents that contains the budget message of the President, information about the President's budget proposals for a given fiscal year, and other budgetary publications that have been issued throughout the fiscal year. Other related and supporting budget publications, such as the Economic Report of the President, are included, which may vary from year to year.
http://www.gpoaccess.gov/usbudget/fy11/index.html
きょうは、John Hiatt
[PR]
by nk24mdwst | 2011-02-16 11:24 | 租税法(アメリカ)

no snowing

昨日の晩、ニュースで東京が雪だと騒いでいましたが、当地は、全くといって良いほど雪も降らず。街中では北側の日陰の道端で除雪した雪を集めたところにしかもう雪はありません。
山の方へ行けば、道の両側にまだ2メートル弱の高さで雪が積みあがっています。
今年は、やっぱり特別だと、雪に慣れている山麓の人も言っています。

ブログを書くのが習慣だったのは、ツイッターを始めても止まらなかったけれど、フェイスブックでアラバマはマスル・ショールズ、シェフィールド近辺の人たちとお話するようになったら止まってしまいました。
たいした話は、しません。
音楽関係のつながりでできた知り合いということなので、基本的に音楽のこと、時候の話。政治とか世界情勢なんてヘヴィーな話は、ほとんど出ません。
この当たりが、日本のツイッターと違うところかな。ツイッターではアメリカ人でも失業中だ、助けてくれとか、政権に対するあからさまな悪口等が飛び交っていますが。

昨日当たり、盛り上がっていたのはニール・ヤングとグラミー賞の話。私は、彼が苦手なので見てるだけでしたが。
基本的に1940年代から1960年代に生まれた人たちの知り合いができたということです。
アラバマは、ディープ・サウスでニールの「サザン・マン」に対してレーナード・スキナードが「スウィート・ホーム・アラバマ」と歌ったところです。カナダ人なんかに解らんさって歌でしたが、スキナード・ファンのアラバマの人たちは、ニール・ファンでもある。
簡単にカテゴリーに当てはめるわけにはいかないようですね。
極東の田舎から、アラバマの様子の何がわかるか。生活がどうわかるか。雪が降ったとかということくらいは解ります。

車の中でドライブ・バイ・トラッカーズを今日は、聞いているのですが、トラッカーズは、「プレイ・オール・ナイト」というスキナードが登場する歌をカヴァーしています。彼らがこの歌をカヴァーしていることの背後の重層構造の本質は、私なぞには到底解る筈がないのですが、重層構造が存在することくらいは感じます。

それから、アメリカも確定申告シーズンなのですが、税金の話題が一切、出ないのも不思議といえば不思議。
壁に耳あり、障子に目ありですからね。
[PR]
by nk24mdwst | 2011-02-15 13:47 | 音楽

dayly jop

昨日は、終日、雪、という予報だったのですが、幸い、雪は夜半過ぎから。今朝、見るとうっすら白いものが。

ブログを三年余り、毎日欠かさず、意味のないことばかりですが、継続は力なりと続けてきました。ツイッターとかフェイスブックに浮気しながらも続けていたのですが、先週、サボりました。
サボりは、癖になりますね。忙しかったといえばそうなのですが、それでも意地で続けてきたわけで、一端、サボるとそれに苦痛を感じなくなる。
学校をサボるのと一緒。不登校の始まりですよ。

小学校2年生の2月に風邪で一日、学校を休んだあと、小学校、中学校は無遅刻、無欠席。高校もずっと、無欠席でした。
遅刻は常習でした。なぜか、一時限終了後に出欠をとる学校だったの、出欠をとるまでに学校へ行けばいいと。一時限に間に合うように行こうとするとぎゅうぎゅうづめのバスに乗らざるを得ず、それがいやでした。
中学時代は、3年生の1学期は間ではそれほど、勉強したという記憶が無く、部活、読書、音楽という日々だったのですが、2学期から受験体制になり、なぜか勉強する習慣がついてしまいました。高校に合格し、春休み中に高校の教科書を貰うわけですが、勉強の習慣が続いていて、することが無いので勉強しました。
1学期が始まるころには、1学期にやるあたりまで各教科の教科書等を全部自習してしまい、学校の授業中は、当てられたときは別にして、授業なんか聞かずに自習の時間にしていました。一応、数学の時間は数学の自習。

また、全然、どうでもいいことかいてます。バッドフィンガーのこととか、昨日見たタンゴの実演の素晴らしさを書こうと思っているのに。

高校時代の話に戻ると、高校3年の1学期に全部教科書やっちまったので、2学期から学校自体は受験体制になったのですが、学校へ行く必然性が無くなり・・・理屈になってない・・行かなくなりました。家では、勉強も飽きたので、ギター弾いたり音楽聞いたり、いや楽しい半年でした。遊ぼうと同級生を誘って嫌がられましたが。

バッドフィンガーですね。
フェイスブックのせいで、ほとんど縁の無かった、某tubeを見ることが増えました。といっても平均以下なのだと思います。ただ、フェイスブックが時間を奪うのは、tubeのせいですね。人がアップしたもので興味があるものは見ますからね。ブログで貼り付けてあってもほとんど全く見なかったのに。
はってあるものが違うというか、同じものもあるけど、こんなのあるのかって感じたものがあるからですね。アラバマの普通の音楽好きの人たちはゼップもアップするけど、私が知らないアメリカの昔のテレビ・ショーとか、カントリーものをあげてくるので見てしまうのです。

ついでに自分も何か見てしまうということに相成るわけですが。

まだtubeを良くわからんのですが、あるアーティストのある楽曲があるとします。何でもいいのですが、たとえば、バッドフィンガーのWithout You だとしましょう。
パタンとしては、オリジナルのレコードないし、CDをリップしたもの、プロモ映像、彼らのライブ版等があるのですね。仮に自分のフェイスブックの壁に貼るとしたら何を貼るか。
オリジナル音源でもっとも音質のいいものを貼るべきなのかなと思うわけですが。
ライブ映像というやつが問題ですね。リップシンク、バックは録音、歌だけライブ、全てライブとかいろんなやつがあるわけです。あとデモなんてやつもあったり。
ライブで全て実演のやつは演奏がいいものを、そして音のいいものを貼るべきか。
最近、ロックのように録音音楽の誕生後に生まれたものは基本的には録音された、つまり、いわゆるライブ盤でないものを好むようになってきているのでライブ映像は、どんな顔しているとか、実際はどの程度演奏できたのかって検討するため以外には見たいとは思わないわけです。
ただ、まあ、自分の壁に貼るんだから自分用のメモなので、ライブ映像で実際にやってるものを貼るのかな。
私は、心が狭いので、自分がオリジナルの音源や映像を持っているものに関しては貼る必然を感じない。

カヴァー・ヴァージョンに関しても同様のものがあり、さらに、同じアーティストでも時期の違いがある。晩年のものなんて、見たかないですけどね。

バッドフィンガーか。才能あるバンドだったと思うけど、当たらず失敗したかわいそうなバンドですね。ライブ映像を見て思ったのは思ったより演奏能力が高いらしいということかな。スタジオで全て彼らが演奏したかどうかは、確信を持てませんが。
このバンドが二人も自殺者を出したというのもライブを見てなんとなく解りました。四人しかいないけど、ビートルズのジョンとポールじゃないけどピート・ハムとジョーイ・モーランドは、考えていることがかなり違っていたんだというか才能にも違いがあったのじゃないかなって。

今もバッドフィンガー聞いてるんですが、ドラムとかギターなんてどこかで聞いた様な演奏振りであります。上手いもん。

ついでに、昨日、タンゴのライブを見ました。アルゼンチンから来たセプテット。タンゴ・ブームなのだそうですね。セプテットでした。バンド・ネオン、ヴァイオリンが各二人、ピアノとベース、これが基本でさらにキーボードがいる。このキーボードが何をしているのかあまり良くわからなかった。
バックビートの聞いたダンス音楽なのだと知りました。アフロ・アメリカン音楽の流れに位置づけられるんでしょうね。
普通、ドラム、ベース、ピアノ、ギターがリズム・セクションと呼ばれるわけだけど、ベースとピアノしかいないけど、この2人と、バンド・ネオンがリズム・セクションなのですね。ベースはドラムをかねているし、ピアノはリズム・ピアノそのものです。
バンド・ネオンは当然メロディー楽器と思われるんですが、二人いるのを生かして、コードでリズムを刻む。ブルーグラス・バンドのマンドリンを思い出しました。
ピアノ、ベース、バンド・ネオンに第一ヴァイオリンが上手くて感心しました。特にダブル・ベースにはびっくり仰天でした。

昨日、勉強会で国税通則法改正の話をして意見交換したんだけど、問題意識の持ち方の違いが大きいなと。デモ、共通の意識を持っていただけるようになった人もいたようで。それもこちらの予測とは違ったような感じの人に持ってもらえたようで、良かったのか悪かったのか。
[PR]
by nk24mdwst | 2011-02-13 06:50 | 音楽