<   2009年 10月 ( 47 )   > この月の画像一覧

blow your whistle

UBS事件で、刑事訴追され有罪答弁し、捜査協力したおかげで、求刑より軽い判決が出ました。
Toy salesman gets 3 months jail in UBS tax probe

By CURT ANDERSON
The Associated Press
Friday, October 30, 2009; 10:58 AM

FORT LAUDERDALE, Fla. -- A federal judge Friday rejected a plea for probation from a New York businessman who admitted concealing $8 million in secret Swiss bank accounts, imposing instead a three-month prison term in the high-profile tax evasion case.
http://www.washingtonpost.com/wp-dyn/content/article/2009/10/30/AR2009103000417.html
800万ドルを隠匿していたことを認めた代わりに捜査協力をした人物なのですが、本来であれば18ヶ月から2年の実刑という判決が出るところでした。
弁護人は、保護観察処分を、検察は6ヶ月を求刑したのですが、3ヶ月の実刑となったわけです。

捜査協力者には、軽い刑が課され、さらに10月まで自主修正の機会を与えてきたわけですが、逆に、これから、脱税で起訴された連中は、死ぬほどきつい実刑と罰金刑を課す判決が出るんでしょうね。
アル・カポーンが、脱税のせいで一生を塀の中で過ごすことになった国ですからね。

アメリカでは、2011年から高額所得対する税率について、33%および35%が適用されていたものが、それぞれ36%および39.6%に引き上げられることになっています。
要するに、現在の財政赤字を補填する財源を高額所得者課税の強化による方針が明らかにされているわけです。
これに対する、節税策案。
Easing Impact of a Tax Rise

By DAVID CAY JOHNSTON
Published: October 28, 2009

IF you make more than $200,000, or $250,000 as a married couple, your income tax rates will almost certainly go up in 14 months. But there are some steps you can take to ease that burden, and if you act in the next two months you could save twice as much.
http://www.nytimes.com/2009/10/29/your-money/taxes/29TAX.html
個人で20万ドル、夫婦合算で25万ドル以上の所得がある人を対象にした話です。

ざっと眺めたところ、例えば、2010年に余計給料を取って、2011年からそれを減らすとかなんて姑息な所得帰属年度の意図的移転を提案しているんですが、そんなの大丈夫なのかな。
日本の中小企業に該当するC Corporationの場合は、原則として法人課税されるのではなく、法人をパス・スルーした故人とみなした課税がなされるのがアメリカのやり方ですが、そっちだと色々てがあるとかって。

ところで、景気刺激策における財政支出、減税等の好悪かについてクルーグマンが述べています。
October 30, 2009, 10:17 am
Stimulating thoughts, 3rd quarter edition

The good news from the new GDP report is that the fiscal stimulus seems to be working just about the way a sensible Keynesian approach says it should. The bad news from the new GDP report is that the fiscal stimulus seems to be working just about the way a sensible Keynesian approach says it should.
http://krugman.blogs.nytimes.com/2009/10/30/stimulating-thoughts-3rd-quarter-edition/
ケインジアンの常識さって感じなのですが、法人減税、個人減税の乗数効果に興味を覚えました。

当初の契約とか税金の問題なんかがあって、60年代、70年代のミュージシャンは、晩年になっても印税暮らしができる人が少ないんでしょうかね。
その点、最初から中小企業の親父だったFZは、ちゃんとしていたというか。
ゲイル・ザッパが賢いんでしょうね。ザッパの場合はトラストになっているのが、LLPのジミヘンと違うところ。
トラスト=信託ということですが、これ、金銭信託とかじゃなくて、事業信託です。
この事業信託というのが、先年の日本の信託法でもかなり自由に使えるようになったはずなんですが、あまりお目にかかりません。
金融商品を転がしてあぶく銭を稼いでいる連中向けなんでしょうか。
[PR]
by nk24mdwst | 2009-10-31 17:12 | 租税法(アメリカ)

what’s remaining in baltimore

今朝も、晴れていますね。

引越し週間、ずっと良い天気でした。ご先祖さんに感謝。あ

今は、Flying Burrito Brothers をファースト・アルバムから聞いていて、サード・アルバムに到達。リック・ロバーツ・ヴァージョンになっちゃいました。
ここまでが、ブリートスと呼べるバンドでしょうね。聞き覚えのあるドラマーが叩いているようです。
ドラムが良くなった代わりに、ベースが普通になっちゃって。
バーズでもクリス・ヒルマンがレコーディングで弾いているやつもあるってことですが。

ゆうべは、FZ のスタジオZ時代のものを集めたFor Colletors Only を聞いてました。Cucamonga と同じものですけどね、基本的に。
レイ・コリンズの歌がいいです。

三流ホラーのテーマみたいな The Jeepersなんてので始まるのですが。

ポール・バフから、スタジオ設備だけじゃなくて、ドラムやベースまで込みで1,000ドルで買ったのがこのスタジオですね。
バフはストロベリー・アラーム・クロックなんかにこのあと関っていたりして音楽業界では、余り日のあたらないところを歩いていくのですね。ナッシュヴィルに最後には、到着する。
しかし、この60年代前半から半ばの時期は、さすがに元海兵隊員らしくサーフ・ミュージックに入れ込んでいますね。

ストロベリー・アラーム・クロックというと、ラス・マイヤーの例の映画に登場してきます。このバンドのギタリストだったエド・キングは、サザン・ブルーズに目覚めてレーナード・スキナードに加入して、あのトリプル・ギター・スタイルが完成するわけですけど。
ジャケット写真を見るとわかりますが、いつも一人離れてたっているのが印象的です。彼がスキナードから抜けたのは当然の帰結なんでしょう。

カリフォルニア出身だけど、ジョージア州に住んでいるようです。アル・クーパーもジョージアに住んでいるとか。
[PR]
by nk24mdwst | 2009-10-31 08:08 | 音楽

on a fine day

今日も、秋晴れ、静かな日でした。

夕べは、実に久しぶりにChunga's Revenge を聞きました。
エインズリー・ダンバー、フロー&エディー、ジョージ・デューク、それに、ジェフ・シモンズが登場するわけです。

歌手としてのザッパをどう評価するかなんていうのには、あまりお目にかかったことがないのです。
ザッパは、もともと声が低い方だと思いますが、30歳のこのあたりまでの声は、まだ聞けます。
例のロンドンでのコンサートでステージから突き落とされて怪我をして長期休養に入ってしまうのですが、その怪我で両足の長さが変わった、それと、声が二音下がったと本人が語っていますね。

声も結局、声帯という筋肉を使うので、普通は年齢を重ねるにつれ声の音が下がり、高音が出なくなります。
80年代のザッパの声は、本当に低くなってしまいます。

最晩年のThe Yellow Shark の冒頭で「今晩のシークレット・ワードは・・・」などといつもの調子で言っている声は、低いだけではなく、力もないように感じられて、体調がもうよくなかったのだと感じるのですね。
このアルバムも、私のウォークマンで再生頻度が高いかというと、そうでもないです。再生頻度が高いやつというのは、ほとんど聞かずに寝ているやつばかりですから。

このコンサートで、ザッパは、あんたらシークレット・ワード、聞きたいだろと言って、シンセサイザーがビヨーンと鳴って、会場は拍手喝采となるのです。このときの拍手が一番大きい。
次いで、アンサンブル・モデルンが紹介され、一曲目にDog Breath Variations が終わると大きな拍手。
後は、クラシック・コンサートらしく、一曲終わるごとに、拍手があるのですが、心なしか、だんだん拍手が小さくなっていくような気がするのですね。

ザッパのアンサンブル・モデルンを使ったザッパのためのコンサートだと思えばそれまでですが、必ずしも、聴衆がみんな喜んでいるわけではないように聞こえます。
ロック・ファンが半分、クラシック・ファン、それも現代音楽なぞという変なものを金を出して聞く人が半分でしょ?ロック・ファンというか、プロ・ザッパ・ファンといっても時は、80年代のアメリカであるわけで、ハロウィーン・コンサートのおふざけ大好きって人も多かったはずです。

西洋古典音楽の中のいわゆる現代音楽として、ザッパのこのときの演奏をどう位置づけるかなんて、そんな話は、私の身の丈を超えているのでどうでもいいのです。
しかし、これがザッパのスワン・ソングだとしたら、ちょっと切ないかな。

パッチワーク大好きのザッパのギター・ソロをいっぱい聞かせてもらったおかげで、私には、ザッパが、ブルース・ギタリストにしか聞こえなくなっているのですが、彼がギター・インプロヴで使っていたフレーズがあちこちにはめ込んであるのに気づきます。それが、どうだといわれても、何にもならないのですが。

ここで話は、急転回して、クリス・ヒルマンの話になります。バーズではほとんど歌わず、ブリートスでやっと前に出て歌うようになった彼は、年齢を重ねても高い声が出るというそれだけの話です。
同年代だけど、声がガラガラになっちゃったのがスティーヴ・スティルズですね。

ニール・ヤングとスティルズが、ロスで偶然で再開してバッファロー・スプリングフィールドを作ったというのは、本当かもしれませんが、あまりできのよくない作り話のように思えます。
大体、Southern Man なんて歌、スティルズに対する当てつけかって、今は、思います。

この曲を聞いたころというのは、こっちは15歳過ぎ、そして、レナード・スキナードがアンサー・ソングのSweet Home Alabama なんて曲をヒットさせたので、スティルズの出自のことを忘れていました。というよりは、良くわかっていなかった。
レスター・マドックスの名前と写真は、ランディ・ニューマンのおかげで昔から知っていました。しかし、彼が、当時、人種差別主義を売り物にしたジョージア州知事(1967~1971)だったって知ったのは、今世紀になってからです。シドニー・ポアチエ主演の映画を思い出します。
あの映画で、ポアチエは、フィラデルフィア市警の刑事という設定でしたが、フィラデルフィアも差別がきついところで知られているわけで。

カナダ人のニール・ヤングが行ったこともないアメリカ南部人をステレオ・タイプで非難するのは勝手なんでしょうが、おそらく本当に仲が悪かったと思われるスティルズが反論しなかったか。あるいは、オールマンズが反論しなかったのか。

スティルズ、オールマンズとヴァン・ザントたちとの間にもどうも境界線があったようですね。

アーカンソーへ冬になると戻っていたホークス時代のザ・バンドの連中は、路上でサニー・ボーイ・ウィリアムソンⅡ(ライス・ミラー)が、意味なくぶん殴られるのを見て呆然としたそうですが、驚くほどのことじゃないってリーヴォン・ヘルムは、他の連中に言ったのだと自伝に書いてありました。
まあ、ジョニー・ローガンの本だから話半分ですが。

どうでもいいこと、グダグダ書いていて、馬鹿ですね。

きょうは、タイトルに意味があって、天気のいい日、空電状態のよい日は、キング・ビスケット・フラワー・アワーでサニー・ボーイが生で演奏するのが、カナダでも聞こえたのだそうです。本当かうそかは知りませんが、リクエスト葉書が来たので一番遠いところは、キプロスだったとか。

いずれにしろ、サウス・ポーなんて言い方自体差別的だと左利きの私は思いますね。
メジャーでも、変なことをするやつがいると、どうせ、あいつはサウス・ポーだからだって、タグ・マグローが「スクリュー・ボール」という自伝で書いてました。

オールマンズとスキナードとの間の線と関係するかはともかく、ゲイロード・ペリーというスピッターを操り、メジャーで322勝したピッチャーの話を思い出します。ノース・カロライナのタバコ農場で働く家で生まれ、育った彼が、初めて自分用の新品の革靴を履いたのは、徴兵で入営したときだったと、「Me And The Spitter」という自伝に書いてありましたっけ。15歳までは木靴しか履いたことがなかったと。彼は、1938年生まれです。

ジャッキー・ロビンソンがカレッジ中退だったのとは大違いです。

要するに、アメリカなんてさっぱりわからん国だってことですね。

1970年代半ばのNFLのレギュラー・ライン・メンは、南部出身のアフロ・アメリカンを除くと、その7割ほどがニューヨーク州とペンシルヴェニア州の境にある山岳地帯の出だというデータもありました。古い炭鉱地帯なのですね。

高校生のころ、夜、一所懸命、ラジオのチューナーを合わせて中日ドラゴンズの中継を聞いていたのと同じか。全然違うか。とにかく頑張って、ラジオを聴いて、ほとんど全試合、スコアブックつけてましたけどね。

昔は、神宮球場へドラゴンズを見に行くと、いつも同じ堰に同じ顔がいて、スコアをつけている人もちらほらいたりしたものですが。初めて、ナイターを見たときは感激しましたね。
ロッテにいて、ドラゴンズに移籍していた打てないショート・ストップだった広瀬の一塁への送球を見て、さすがに商売人は違うと思いました。
[PR]
by nk24mdwst | 2009-10-30 19:27 | 音楽

down in south

マナサスの演奏を見たことがありますが、例によって、クリス・ヒルマンがやる気なさそうにギターを弾いていました。
スティーヴ・スティルズのラテン音楽風味を私は、嫌いではありません。

CSN&Yで、地獄のようなエレキ・セットでのジャムもどきを聞かされるのは苦痛ですが。
デヴィッド・ゲフィンが仕掛けたサウザー・ヒルマン・フューレイ・バンドでわかったことは、ヒルマン以外の2人を足しても、スティルズには及ばないということでしょうか。

マギン・クラーク・ヒルマンなんかもこの延長線上なんでしょうね。

ウィリアム・ジェファーソン・クリントンが大統領になった夜、ホワイト・ハウスに招かれた南部出身のミュージシャンが少なからずいたわけです。アーカンソー出身のロニー・ホーキンズ、ザ・バンド(元)、それにスティーヴ・スティルズもいたそうです。

デュアン・オールマンとスティルズは、南部の軍人一家の出だという点が共通点でしょうか。この世代の共通点として、親の言うことを聞かないので、子供を理解できない親は、彼らを全寮制のミリタリー・スクールに押し込むのですね。

実は、SHFも私のウォークマンでは、星5つであります。睡眠導入剤として最適でした。マナサスだ、歌っているのがリッチー・フューレイだという点が違うだけって思ったとたんに眠れました。

昨日は、久しぶりにEddie Hinton を聞いていました。
エディー・ヒントンに運がなくて、売れなかったと言う点はあるでしょうが、それ以上にマスル・ショールズ的な音楽が売れなくなったということの方が大きかったようです。
売れなくなったサザン・ロッカーは、結局、ナッシュヴィルへ行かざるを得なかったのですね。

ウォーレン・へインズは、10代半ばから、地元のバーでプロと一緒にやっていたようですが、彼が最初に音楽で生計を立てられるようになったのはナッシュヴィルでの音楽プロダクションの雇われ作曲家としてです。
[PR]
by nk24mdwst | 2009-10-29 13:44 | 音楽

goodbye home

今日も、秋晴れです。
来週から、冬型だっていっています。昨日と同じことを書いているような。

ファースト・タイム・ホーム・バイヤー・クレジットを延長するというのが連邦議会のコンセンサスになりつつあるようです。
Extension of home buyers' credit has wide Senate support

By Dina ElBoghdady
Washington Post Staff Writer
Thursday, October 29, 2009

The Senate has reached a broad bipartisan consensus on extending a lucrative tax credit for first-time home buyers beyond the Nov. 30 deadline and expanding it to include some current homeowners, according to the Senate's Democratic leader.
http://www.washingtonpost.com/wp-dyn/content/article/2009/10/28/AR2009102804732.html
反対する人の言い分としては、税額控除の乗数効果を疑うという論理ですね。
公共支出(教職員、警察、消防等の公務員の雇用維持を含む)の方が効果があると。この中にアフガン増派までカウントしているのですが。
戦争というのは最大の公共投資(破壊)ではありまけれど。

UBS事件の一連の裁判で、最初に有罪答弁をした弁護士に判決が下りました。罰金と自宅監禁。
普通なら実刑ですから、非常に甘いですね。
Ex-client of UBS gets house arrest for tax fraud
Wed Oct 28, 2009 12:31pm EDT

By Tom Brown

MIAMI (Reuters) - A former client of UBS AG who cooperated in a U.S. probe of the Swiss bank's ties with wealthy Americans hiding money overseas was sentenced to one year house arrest and a fine on Wednesday for a multimillion-dollar tax evasion scheme.
http://www.reuters.com/article/businessNews/idUSTRE59R3E720091028
その後の捜査への協力が評価されたようです。

司法取引のある国ですからね。
[PR]
by nk24mdwst | 2009-10-29 13:28 | 租税法(アメリカ)

in north ontario

カナダのオンタリオ州は広大で北の方は、何にもないところですが、トロントがあるのはオンタリオ州です。ミューチュアル・ファンドの手数料と売上税の課税の話です。
Wealth Manager-Mutual fund investors face Ontario tax bite

Tue Oct 27, 2009 1:33pm EDT

By John McCrank

TORONTO, Oct 27 (Reuters) - Ontario's mutual fund industry is fighting for changes in a new tax regime that it says unfairly targets its products, but government officials say the province's economic malaise leaves them with little room for compromise.
http://www.reuters.com/article/BROKER/idUSN2042667320091027?sp=true
カナダのいわゆる消費に対する大型間接税としては、連邦のGST5%、それと州の売上税PST、さらに、それを一体化させたHSTを用いている州があるということなのですが。

オンタリオ州の場合は、PSTの税率は、8%で、来年の7月からGST 5%とPST 8%を合算して、13%のHSTに移行することになりました。
双方で課税対象となっているものに関しては問題ないわけです。しかし、オンタリオ州における信託の手数料に関しては、GSTの課税対象、PSTは、非課税とされているわけです。
ここで、HSTにおいては、GSTで課税対象とされるものはすべて課税対象となるというシステムなので、従来非課税であった、信託手数料に関してHSTが課税されることになったという話です。

単に、税率を足し算しただけではなく、自動的に課税ベースが広がったということですね。徴税上の便宜からすればそうなるのだと思いますが、州の財政自主権はいずこです。

所得税や法人税、消費税、つまり直接税、間接税の如何を問わず、税率論だけが常に一人歩きしますが、課税ベースがどうなのかということに対する認識が必要だと思います。

カナダのこの例は、意図したのかどうかはともかく、HSTを導入することにより自動的に州税レベルにおいて課税ベースが広がったということですね。

10月29日補足

GSTは、goos and sales tax の略で、付加価値税です。
PSTは、 provincial sales tax の略で州(Province)売上税です。単段階のもので、物品の販売のほか、サービスの提供にも課税されます。
HSTは、上記の二者を統合したものです。

ミューチュアル・ファンドの手数料が州税としては、非課税だった理由は、おそらく、その手数料を支払うものが、上記の例の場合はオンタリオ州ですが、その州に在住しているとは限らないからだと思われます。
アメリカでアマゾンの通信販売に対する州売上税課税においても、使用者、利用者の所在地、あるいは、恒久的施設の所在地が問題になっているわけですね。
HSTを導入すると、申告納付は連邦にし、その後分配という形になるわけで、この分配システムがどのようになっているかは、検討課題ですね。まじめな意味で。
なぜなら、日本の消費税と呼ばれているものは、厳密には消費税及び地方消費税で、国に対して申告、納付(国が徴収)し、そのうち地方消費税分を分配するシステムになっているからです。

ケベック州のQSTは、付加価値税ですが、他のPSTはすべて、単段階の小売売上税タイプです。
理論的に一括徴収した付加価値税を国と地方とに分割するということに整合性を求めるのは非常に難しいかなと思います。
それから、日本の場合は、地方消費税の税率だけが別個に変更されうるということに留意が必要でしょう。それから、地方分権の観点からは、地方、例えば県ごとに、地方消費税の税率を変える(標準税率を地方税法で設定した上で)ということも、考え方としてはありうるのではないかと思います。
[PR]
by nk24mdwst | 2009-10-28 18:51 | 租税法(日米以外)

a sence of loss

今週いっぱいは、天気のいい日が続くようです。

ここから見える風景が変わり、奇妙な感覚です。
片付けがまだ、完全に終わっていないなか、再始動。

足元が、薄ら寒い建物だなと感じていて、冬が思いやられます。北を向いているので、北西風が、きついでしょうね。
小雪が吹き込んできたりして。

夕べは、何を聞いたか。Weasels Ripped My Flesh を最後まで聞いてしまいました。Burnt Weeny Sandwichと対になるという感じでしょうか。
オリジナル・マザーズ解散後の補遺集かな。

CDになったヴァージョンを聞いて思ったのは、ローウェル・ジョージの声が、よく聞き分けられるようになったということでしょうか。

FZのアルバムで、再生頻度が高いのは、Jazz From Hell, Francesco Zappa, The London Symphony Orchestra, vol.1, vol.2 です。朝の二度寝用睡眠導入剤として用いて時期がかなりあったので。
意味なく、音楽を覚えてしまいました。

Playground Psychotics は、寝るときに聞いていて、すぐに眠れる場合と最後まで聞く場合があるので、要注意です。まあ、Flo & Eddie Mothers のライブ演奏があるとは言うものの、正体は、200 Motels のころのメンバーの雑談を録音したものばかりです。
まあ、Jeff Simmons が、映画の台本を棒読みしながら読んでいるのを、ヴォルマン、ケイランが茶化していたりはしますが。

私のマザーズ、あるいは、ザッパのアルバムに対する好みは、そこに参加しているミュージシャンが誰かということに左右されてしまいます。
そうすると、レイ・コリンズがいるヴァージョン、ついでフロー&エディー・マザーズですね。

ドン・プレストン、イアン・アンダーウッド、ルース・アンダーウッドがいるヴァージョン。ドラマーとしては、テリー・ボジオがいるとき。
あと、ハリウッドで録音された大編成物ですか。

私のウォークマンには、マザーズのドン・プレストンのソロ・アルバムとリオン・ラッセルのところにいたブルーズ・ギタリスト、ドン・プレストン(バングラデシュ・コンサートとか、マッド・ドッグズで歌っていました)のソロが並んで入っているので困ります。いや、別に困りはしないのですが。
[PR]
by nk24mdwst | 2009-10-28 13:09 | 音楽

what to do and not to do

ファーストタイム・ホームバイヤー・クレジットは、効果がないというポストへの寄稿。
The home-buyer tax credit: Throwing good money after bad

By Simon Johnson and James Kwak
Tuesday, October 27, 2009; 12:20 AM

Congress and the administration seem likely to extend the first-time-home-buyer tax credit. Senate Majority Leader Harry M. Reid wants to extend it through December 2010 but phase out the amount over time; Republican Senator Johnny Isakson, a former real estate agent, wants to extend it through June but double the income limit and make it available to all home buyers.

This is a bad idea.
http://www.washingtonpost.com/wp-dyn/content/article/2009/10/27/AR2009102703791.html
2010年まで延長しようという案が上下両院、さらに政権内でもあるのに対して、明確に効果を否定しています。

税額控除によって、納税者の手元に残ったお金、戻ったお金は消費される、ないし貯蓄されるわけですが、乗数効果が低いと。さらに、この税額控除によって、不動産市場における価格下落に歯止めがかかったとする意見に対しては、人為的に価格維持することに意味があるのかと問いかけています。

こっちは、メモです。
Fixed rates and protectionism, 2009 edition

Barry Eichengreen and Doug Irwin have a new paper challenging the conventional wisdom about protectionism in the 1930s. It wasn’t about economic ignorance, or at least not about microeconomics; it was about the attempt to escape the “golden fetters” of the exchange rate.
http://krugman.blogs.nytimes.com/2009/10/26/fixed-rates-and-protectionism-2009-edition/
とにかく張っただけ。

頭の中では、昨日から、Lumpy Gravy がずっと鳴り続けています。まあ、それも悪くないかと。

FZは、中小企業の親父だから、リハーサルに対しても時給を請求するユニオンが大嫌いなのはわかります。身銭を切る立場だから。それと、身銭に限りがあるので、本当の一流どころを思う存分使えないという歯がゆさもあったかと思うのであります。
ただ、時給だけど、初見でちゃんと演奏できるシステムがあったことには喜ぶべきでしょう。そのシステムを作ったのは、FZでは、ないこともちゃんと自覚する必要があったのではないかと。自覚しているが故の、コンプレックスかな。
[PR]
by nk24mdwst | 2009-10-27 18:45 | 租税法(アメリカ)

rain is over

雨は、朝方で終わりました。

大物の搬出、搬入は無事終了。
午後から、中で棚等の組立て、整理。

なべて、世は、こともなしならいいのですが。

昨日、当市にある大会社の施設が、設備縮小で閉鎖されるとの発表、市長、知事が驚いていました。

市長は、絶対に許さないって。でも、市の歳入総額より大きな利益を上げている会社を相手に何を言っているのかですけど。

ただ、当市は、自主財源の半分が人件費、残りの半分が公債費という状況です。ここで、市税収入の半分以上を負担していたであろう企業が去っていくということは、大変なことです。
財政再建団体になるんじゃないかと。

アメリカの州がどうのこうの、連邦政府がなんていっている場合じゃないのです。

結局、大きな助成金で誘致、誘致後もさまざま
[PR]
by nk24mdwst | 2009-10-27 13:23 | その他

there's no pen

日ごろの行いがわるいので、小雨の中、引越し第1日目。

電話の切替えに付き合って、3時間。旧を切り、新に付替え。
統一規格で、同じにしないから、時間がかかるんでしょうね。ホームタイプだのマンションタイプだの、光だの音だのって。
これに、電話会社が色々あって。

テレビで、ネットの接続まで全部頼んで楽々、なんていってますが、そんな恐いことしてもいいのかなって思っています。

棚から出したものは、入れなきゃならない。明日は、素人の手に負えない、大きな入れ物の移動です。PCも、入れ物なんですよね。
馬鹿でかい複合機は、一人じゃ持てないし。
LANの設定とかは、明日です。これは、ノートで書いているのですが。

夕べは、Lumpy Money を聞いたような気がするのですが。
何せ、昼間、身体を動かしているので、寝つきが早く、夜中に目も覚めず、朝までぐっすりで、あります。

今朝の日経の経済教室欄で混合診療をめぐる裁判について阿部泰隆教授が、解釈論、政策論、双方から理路整然と書かれておりました。なぜか、今月、阿部先生の本を何冊か目を通していたので、偶然だなと。

お年の割には、柔軟というか凄い発想をしてらっしゃいます。
脱税摘発は手間がかかるので、密告性がいいとか、通勤手当の非課税を止め、運賃も通勤時間は高くする(アメリカなんかでは実行されていますね)と通勤時間がばらけてラッシュが緩和される。
まあ、どういう立場から議論するかって話ですが。

この手の議論は、ボリス・ベッカーなんて経済学者の得意とするところですね。
いわく、麻薬の合法化プラス課税と、非合法プラス取締り強化では、社会的コストはどちらが大きいかって言うような議論に、通じますね。法と経済学なんて領域があるやに聞いてはおりますが。

市場主義の立場の経済学者ではなくて、行政法の学者が言うところに意味があるんでしょう。二重の意味が。

さて、明日は、晴れて欲しいです。
ちゃんと、物が入るべきところに入ってくれれば。

ザッパが終わったら、ビーフハートに挑戦。
[PR]
by nk24mdwst | 2009-10-26 19:13 | 未分類