<   2008年 07月 ( 31 )   > この月の画像一覧

who's hung up?

7月だというのに、まだ朝は、肌寒いのですね、今年は。週末は、梅雨らしく雨が降りましたが、雨の日もほとんどありません。
農作物の出来が心配ですが、日照時間は足りている、雨は降らなくても灌漑に問題は無いので大丈夫なのでしょう。
ただ、7月に長雨なぞあると、水稲には影響がでそうですが。

書きたいことを自分のために書くというブログのはずが、何時の間にやらブログにはまってしまい、止められない。性格そのままに、思いつきを適当に書き連ねていたら、備忘録としての役割も果たせているのかどうか。

音楽の話は書いていても、その日に聞いていたものをねたにしているので系統だった書き方になっていないので同じ事を重複して書いていたりしますね。とはいうものの、調べ物と聞き比べをを重ねてきちんと推敲した文章を書き連ねるということは、時間的に無理です。

英詩は、特に深い意味があって引っ張り出し始めたわけではないのですが、こっちは、勝手にその魅力を再発見した。

税金の話は、英詩の解説としてアメリカ税制を考えている程度なら特に問題ないのですが、日本の税制の基本的な問題点、最近の重要な租税訴訟の分析をするには、手抜きのし過ぎです。こちらの方は、来年の2月頃まで、いろいろと金にはならないけれど、大きく時間を取られてしまうはずなので、思いつきの備忘録で行くしかないです。

連邦最高裁の銃規制に対する違憲判決に触れ、アメリカの租税訴訟の判決や税制改正の動向をもう一度追いかける必要性を感じています。こちらの方は、Find Law のメール・ニュースが最新情報を送ってくれているのでそれを備忘録的に残しておくことは可能かもしれませんが。
もちろん、著作権の問題があるので、コピペすればすむという話ではないです。なぜ、その訴訟が気なるか、何処が気になるか、などという点を書こうと思うと、これまた時間の問題にぶちあたります。

まあ、いずれにしろ書くという事を迫られないと書けない人間なので、勝手に目的とレベルを設定すれば書けるのかも知れませんが、仕事をする時間がなくなるでしょう。

などとどうでもよい愚痴を書き連ねただけです。

自分で自分のブログが備忘録として機能しないのは、性格そのままに、きちんとあらかじめ整理してブログを書いてなかったからです。

最大の問題は、上に書いたような項目が特に脈絡無く同じ日のブログにぶち込んであることですね。
ただ、これも当初ブログを始めた頃と、今とでは、興味の中心が変わってきているからといえるかもしれません。もっと正確にいうと、もともとなんでも興味があってそれを無理やり連関させることに生きがいを見出していた人間だから、このようなブログになっているのは必然というべきなのでしょう。

半年終わったので、反省会をしました。

昨日の晩の就寝時は、Grateful Dead を聞いてました。単純ですね。ライブをさかのぼり1969年のFillmore West のライブ三枚組セット、これは、Live/Dead と同時期の演奏の録音です。
ディスク2の "Dupree's Diamond Blues" , "Mountains of the Moon", "Dark Star" , "St. Stephen" , "William Tell Bridge" , "The Eleven" , "Death Don't Have No Mercy"と続くところです。
Jerry Garcia がアクースティック・ギターを弾きながら歌いだすところから始まります。リズム・ギターとベースはエレキで、ドラムは二人共、マラカスやコンガを鳴らしています。Tom Constanten のオルガンの音が懐かしい。
以前、「デッドは、メンバーが亡くなって抜けたということ以外においてメンバーが固定していた」と書きましたが、例外がいて、それが、トム・コンスタンテンです。
彼のHPによると、彼は、1959年から現在にいたるまで、ロックからラフマニノフまでやるコンサート・ミュージシャンだとあります。1969年から1971年までデッドにいたわけですが、その後、大学で音楽を講じたりしていて赫々たる経歴であります。
ベリオ、ブーレーズ、シュトックハウゼンに作曲を習ったということだそうです。

自然な流れでDark Star に曲は変わっていきます。

70年代に入ってからの演奏に比べるとリラックスした雰囲気が強いんだなと再確認しました。だれているという意味なんかでは全くありませんが。逆に、この後の数年で非常に洗練されたというと変ですが、シャープなジャムをやるようになったのだなとも感じました。

この時代のデッドの演奏にDuane Allman はジャム・バンド・スタイルの原点を見出したのだろうと推測しますが、そのようなことに触れた文章にお目にかかったことはありません。
ロスにHourglass として行っていてAllman Brothers Band のメンバーになったのはオールマン兄弟だけです。Greg の方は、音楽的主体性を持っていない人物だったわけだし。
兄貴の言う事、指図に絶対服従していたのです。

いずれにしろ、1970年2月のフィルモア・ウェストで、デッドの前座をやったのは他のメンバーにとっては大きなカルチャー・ショックだったと思われます。Berry Oakley とPhill Lesh とではスタイルは、大きく違いますが、ベーシストが自己の存在を前面に押し出す演奏をすることの意味というか、そういうことをやってもよいのだと感じるようになったのではないかと。

ABBの伝記作家たちは、彼等をどのような視点から評価するかという違いはあっても、基本的にその多くが南部生まれでABBの音楽に衝撃を受けて育った世代なのですね。
逆に、彼等は、同時期のデッドを直接見た経験が無いわけで、デッドがオールマンズに大きな影響を与えていることは、極東からはっきり見えるのに、敢えて無視しているとしか考えられないような書き方をしています。

逆に、Rolling Stone のようなメディアの方は、南部とそこで育ってそこを活動拠点としている連中に対してステロタイプの偏見を持っていて、これまた、客観的な評価を下すことが出来ない。最初は、黙殺、アルバムが売れ出したら持ち上げ、メンバーが死んだりするとこき下ろす。
メディアというのは所詮そのようなものなのでしょうが。

今日も、一日、Van Morrison を聞いて仕事ということになりそうです。
Tell Me Something The Songs Of Mose Allison(1997)の中の一曲、’ News Nightclub’の歌詞です。

Been workin’ in nightclubs so long, can hardly stand the break of day
Been workin’ in nightclubs so long, can hardly stand the break of day
Run down rooms and bad places
But it’s still the only way

Gonna be here through sunday evening, be someplace else on tuesday night
Gonna be here through sunday evening, be someplace else on tuesday night
If I get home with all my money
Everything will be alright

If I had a million dollars, I’d sit right down and relax
If I had a million dollars, I’d sit right down and relax
I’d go off and buy myself a nightclub
And write it off my income tax

ナイトクラブで歌っているのか、単なる従業員なのかということは、ヴァンが歌手だから一瞬疑問に思うのですが、work ですから従業員でしょうね。

100万ドルあったら、ナイトクラブを経営して税金もみんな払っちまうというわけです。

海外旅行をすると、レストランその他で食事等をしたときにチップをメニューの料金に加算して払うのが習慣です。このチップというのは、店に入るのではなく、そのテーブルを担当したウェイター、ウェイトレスの収入となります。
彼ら(彼女たち)は、このチップが収入源、生活の糧なのですが、当然所得税が課税されるということになります。

このような現金収入の所得に関して、どうやって申告するのか興味があるところですけれど。帳簿なぞ付けているはずもなく。

ちなみにアメリカでは、レストラン等の経営者は、テーブルごとの客数を課税当局に情報申告する義務付けがなされるようになりました。
テーブルごとに担当だからです。そこから把握しようということなのでしょうが。

アメリカは付加価値税がありませんが、ヨーロッパには付加価値税があるわけです。そうすると、これらのチップ等に関して付加価値税においてどうするかという問題が生じます。基本的には課税取引に該当するわけですが、チップとインボイスはどう折り合いをつけるのか。

ウェイター等のチップ等による収入が免税点を超えれば付加価値税の課税事業者になりますし、課税事業者に対して支払ったチップ等は仕入税額控除の対象となるなんて話ですが。

いつものとおり、ぐるりと一回りの分裂ブログの体を保っていますね。
[PR]
by nk24mdwst | 2008-07-01 05:34 | その他