<   2008年 07月 ( 31 )   > この月の画像一覧

a mother pickup

Fairport Convention の歌、二曲、テーマに共通性ありや

     Who Knows Where The Time Goes?

Across the evening sky, all the birds are leaving
But how can they know it's time for them to go?
Before the winter fire, I will still be dreaming
I have no thought of time
For who knows where the time goes?
Who knows where the time goes?
Sad, deserted shore, your fickle friends are leaving
Ah, but then you know it's time for them to go
But I will still be here, I have no thought of leaving
I do not count the time
For who knows where the time goes?
Who knows where the time goes?
And I am not alone while my love is near me
I know it will be so until it's time to go
So come the storms of winter and then the birds in spring again
I have no fear of time
For who knows how my love grows?
And who knows where the time goes?

こちらは、Sandy Denny が歌っています。

     Time Will Show The Wiser

My mind keeps on telling me that this is no good
And my heart is aching, that tells me I should
But only time will show the wiser
I've fallen in love with a girl that's not mine
If I take her it will hurt him, a very best friend of mine
But I know that I need someone, to hold, to love
And my mind says I shouldn't but my heart says I should
And I don't know which to go by, my mind or my heart
And this is so confusing, it's tearing me apart
Time, it will show the wiser
Well, I wish someone would help me, this decision is mine
And my morals and emotions are hard to combine
And there is no easy way out to limit the time
That it takes till she finds out for the love that I hide
And I don't know which to go by, my mind or my heart
And this is so confusing, it's tearing me apart
Time, it will show the wiser
Time, it will show the wiser
Time, it will show the wiser

こっちは、歌詞からわかるように女性ではなくて、Iain Mathews が音程ふらつきながら歌っています。マシューズとJudy Dyble の音程ふらつきコンビのバックが若いくせにしゃんとしているのが不思議です。

昨日、一昨日とLeo Kottke を聞いて寝ました。
ギターが上手い下手、歌が好き嫌い、色々ありましょうが、彼だけワン・ジャンルというくくりでしょうね。
Tacoma ギタリストということでJohn Fahy のスタイルが元になっているかというと、結果的に似たような指向性を持っているとしても、スタンスは180度違うと思うわけです。

Eight Miles High は、リオ・コトキーのヴァージョンが一番好きです。

ウェブ上に編集者も校正者もいません。垂れ流しの情報があるだけです。
情報の正確性を確認する術も大概、ありません。

紙媒体においても編集者のレベルは下がってしまい、下がったものはあがらないでしょう。
同業者でも、紙媒体を全部スキャンしてPCに取り込み検索ソフトを入れてキーワードで検索するなんてことを自慢する人がいます。
「読む」という営為が知的鍛錬になるのだということが理解できないのでしょう。

私は、ウェブでは垂れ流し続けている一人でしょう。日常生活においてそうであるように素の自分がいるだけです。
もちろん、「素の自分」を装った素の自分ですけれど、透けて見えるのは本当の素の自分です。

時に感情が溢れ出し、あるいは論理的でない理屈を並べ、日本語にならない文章を書き連ねる。
身辺整理レベルが幼稚園児なのに戯言を書き綴っているという次第。

重要性の原則からいうと、一番重要でないところから日課が始まる。現実逃避をしたいですからね。

Simon Nichol が大物なのだと最近思います。

勝手にどこへでも顔を出し、いいたいことを適当にぶちかまして立ち去る私のような人間とは正反対の人間性を感じます。

ウェブを使い、添付ファイルやウェブ上のファイルを使って何人かで編集作業のようなことをしようと思ってもなかなか上手くことは運びません。
会議のときに誰かが人数分のコピーをとる手間が省けるだけです。
遠距離にいて必要最低限の打ち合わせはできますが、つまり、日程調整くらいはできますが、それ以上のことは難しいですね。

出版するような本の構成、編集、校正をしようということになると文章全体の流れから、一字一句が適当かどうか、法律や判例が関係してくれば、その法律や判例の引用が正しいか、あるいは解釈が正しいか・・・解釈は、自由ですが、少なくとも一般的には項であり、それに対し、自分はこう考えるという形式になっているかどうかというように点検すべき綱目は山ほどあります。

このようなことは、とても一人ではできません。

名人芸のコラムもおそらく一流の編集者無しには成立しないのでしょう。

そんなコラムや短評が消えていくのだとしたら、それは編集者がいないからということ丸でしょうし、それを読もうとする読者がいないからでしょう。

一旦絶滅してしまった生物は復活しません。

ただ、違う時代と場所に全く違った形態に見えるかもしれませんが、本質的には同じ機能を果たす、あるいは、同じ生態を有する生物が誕生するのでしょう。

直前の数行で、私は例によって訳のわからない飛躍をしています。

さて、回覧板はできたし、他の方の書いた現行の見直しも担当分は終わったし、今月のルーティンも一応目処がつき、明後日用の報告原稿に取り掛からないと。

なぜ一ヶ月前からわかっているのに直前でないと取り掛からないのか。

馬鹿だからです。
[PR]
by nk24mdwst | 2008-07-31 10:11 | 音楽

at the bus station

世間が、ディケンズが描いた19世紀末のイギリス的様相を呈しているように思われてなりません。
今考えると、あのディケンズの世界の裏には、イギリスの世界進出による資本主義の発達というのがあったわけですね。その先端は、一つは、インド(アフガンで戦争したりしていますが)、もう一つが、南北戦争後の北米への資本進出だったわけでしょう。

さて、私の好きなDorothy Parkerが Charles Dickens というタイトルの詩を書いています。

      Charles Dickens

Who call him spurious and shoddy
Shall do it o’er my lifeless body.
I heartily invite such birds
To come outside and say those words!

例によってきつい一発。Ogden Nash もディケンズに触れています。

     Just Keep Quiet and Nobody Will Notice

There is one thing that ought to be taught in all the colleges,
Which is that people ought to be taught not to go around always making apologies.
I don't mean the kind of apologies people make when they run over you or borrow five dollars or step on your feet,
Because I think that is sort of sweet;
No, I object to one kind of apology alone,
Which is when people spend their time and yours apologizing for everything they own.
You go to their house for a meal,
And they apologize because the anchovies aren't caviar or the partridge is veal;
They apologize privately for the crudeness of the other guests,
And they apologize publicly for their wife's housekeeping or their husband's jests;
If they give you a book by Dickens they apologize because it isn't by Scott,
And if they take you to the theater, they apologize for the acting and the dialogue and the plot;
They contain more milk of human kindness than the most capacious diary can,
But if you are from out of town they apologize for everything local and if you are a foreigner they apologize for everything American.
I dread these apologizers even as I am depicting them,
I shudder as I think of the hours that must be spend in contradicting them,
Because you are very rude if you let them emerge from an argument victorious,
And when they say something of theirs is awful, it is your duty to convince them politely that it is magnificent and glorious,
And what particularly bores me with them,
Is that half the time you have to politely contradict them when you rudely agree with them,
So I think there is one rule every host and hostess ought to keep with the comb and nail file and bicarbonate and aromatic spirits on a handy shelf,
Which is don't spoil the denouement by telling the guests everything is terrible, but let them have the thrill of finding it out for themselves.

さて、回覧板を仕上げないと。

Fairport Convention 三日目に突入。半分終わったかどうか。
このバンドはとにかくめまぐるしくメンバー・チェンジしていて、初期はともかく後半は評価の分かれるところかもしれませんが、ぶっ続けで聞いていると、悪くないじゃないかと。
いたずらに馬齢を重ねている自分に比べれば、いつまでも若々しい演奏をしているかと。ドラムとベースがちゃんとしていればやっぱりいい演奏になるわけでしょう。

フェアポート・コンヴェンションは、キャリアが長いので当然たくさんアルバムを出しているわけですが、ファアポート自体のボックス・セットが通常のヒット曲、名演奏集というスタイルではなくて、アルバム収録されていないものが主体というアンコンヴェンショナルなスタイルなので同じ曲のヴァージョンが増えます。

これに、Sandy Denny, Richard Thompson, Dave Pegg, Dave Swarbrick, Ashley HutchingsさらにCropredy Boxとかが加わると膨大な音源になるわけです。

こういうボックスの編集の仕方をするというのは、ターゲットになる馬鹿がいるということなんでしょうね。
録音の良し悪しは仕方がないとして、レアなライブ音源を聞いているとこのバンドもメンバーがどう変わろうと水準の高い演奏力と歌唱力を持っている歴史があると感じます。

いま、昔、つまり、1960年代後半のファアポート・コンヴェンションの位置づけを考えてみると、同時期の日本の「はっぴいえんど」とか「はちみつぱい」のイギリス版だったのだと思います。

いわゆるブリティッシュ・ビート・グループ、ブルース・ブーム、マージー・ビートなんかとは無縁というと変ですが、The Byrds やJefferson Airplane の影響下にあるグループとして誕生し、おそらくThe Band のMusic From Big Pink にかなり大きな衝撃を受けたのだと思われます。

ただ、ロスでヘロヘロになりながらザ・バンドみたいな音楽やりたいって愚痴ったECとは全然違う反応というか結果を生み出すことになるわけですけれど。

良し悪し評価は別にして、ザ・バンドは、ロカビリー、ロックンロールをやるバー・バンドだったのがカントリーをやりだした。原点回帰・・・連中みんなカナダ人なのにカントリーに原点回帰というところが笑いますが・・・をした。
フェアポートも原点回帰ということで、ブリティッシュ・ブルース・ブームの別働隊としてのブリティッシュ・トラッド回帰へ舵を切るわけですね。
この舵を切らせたのが、サンディ・デニーなのですが、当の本人はそれには飽き足らず、バンドを抜け、八チングスも抜け(こちらは、トラッド原理主義者になります。)、さらに融通無碍なリチャード・トンプソンも抜けるということになります。

バーズやバンドの他、Joni Mitchel, Leonard Cohenなんかのカヴァーも少なからずやっています。ロカビリーまでやりますからね。

通して聞いていて思ったのは、昔は、フラット・マンドリン、フィドル、それと音階のせいでトラッド色が強いと思っていたのですが、一貫して強力なロック・ビートを維持していることです。
まあ、リチャード・トンプソンがいるのでジャンゴ・ラインハルトみたいな曲やケイジャン風の曲もやりますけど。

Steeleye Span とは根本的に違いますし、フォーク・ブルース・ジャズのPentangle とも全く違います。Pretty Things とかBarkley James Harvest などというバンドは、音楽の志向性が違うので比べるのは変なのですが、これらのバンドに感じる独特のにおいがしないバンドです。

Steve Marriott やRonnie Lane からときどき香る匂いです。Rod Stewart はこの匂いを微妙にすり抜けることに成功したように感じます。
化粧回しみたいにこの匂いをさせているのがRolling Stones とかってバンドかな。もともと匂いとは無縁なのに香水のように振り掛けているという意味です、化粧回しが意味するところは。

日本酒の大吟醸と称するものも化粧回しが多くて困ります。米だけで作るから純米酒と名乗っていいものでもないし。

悪貨は良貨を駆逐しますからね。

ウォークマンの電池が切れたので、さっきからFZを聞いてます。Terry Bozzio は凄いな、やっぱり。
[PR]
by nk24mdwst | 2008-07-30 10:17 | Poetry

oh no, no more

Ogden Nash を二つです。

     I Do, I Will, I Have

How wise I am to have instructed the butler
to instruct the first footman to instruct the second
footman to instruct the doorman to order my carriage;
I am about to volunteer a definition of marriage.
Just as I know that there are two Hagens, Walter and Copen,
I know that marriage is a legal and religious alliance entered
into by a man who can't sleep with the window shut and a
woman who can't sleep with the window open.
Moreover, just as I am unsure of the difference between
flora and fauna and flotsam and jetsam,
I am quite sure that marriage is the alliance of two people
one of whom never remembers birthdays and the other
never forgetsam,
And he refuses to believe there is a leak in the water pipe or
the gas pipe and she is convinced she is about to asphyxiate
or drown,
And she says Quick get up and get my hairbrushes off the
windowsill, it's raining in, and he replies Oh they're all right,

it's only raining straight down.
That is why marriage is so much more interesting than divorce,
Because it's the only known example of the happy meeting of
the immovable object and the irresistible force.
So I hope husbands and wives will continue to debate and
combat over everything debatable and combatable,
Because I believe a little incompatibility is the spice of life,
particularly if he has income and she is pattable.

結婚してしまったものはしょうがない。別れるエネルギーと一緒にいるエネルギー、どちらを選択するかという話ですが。

最後の一節から話を飛躍させて、日本における税制上の配偶者控除論、あるいは、国民年金保険制度における三号保険者論をしても・・・いいはずないですね。

もうひとつ、Bylone Berline を聞きながら。

     So Does Everybody Else, Only Not So Much

O all ye exorcizers come and exorcize now, and ye clergymen draw nigh and clerge, For I wish to be purged of an urge. It is an irksome urge, compounded of nettles and glue, And it is turning all my friends back into acquaintances, and all my acquaintances into people who look the other way when I heave into view. It is an indication that my mental buttery is butterless and my mental larder lardless, And it consists not of "Stop me if you've heard this one," but of "I know you've heard this one because I told it to you myself, but I'm going to tell it to you again regardless," Yes I fear I am living beyond my mental means. When I realize that it is not only anecdotes that I reiterate but what is far worse, summaries of radio programs and descriptions of caroons in newspapers and magazines. I want to resist but I cannot resist recounting the bright sayins of celebrities that everybody already is familiar with every word of; I want to refrain but cannot refrain from telling the same audience on two successive evenings the same little snatches of domestic gossip about people I used to know that they have never heard of. When I remember some titlating episode of my childhood I figure that if it's worth narrating once it's worth narrating twice, in spite of lackluster eyes and dropping jaws, And indeed I have now worked my way backward from titllating episodes in my own childhood to titillating episodes in the childhood of my parents or even my parents-in-laws, And what really turns my corpuscles to ice, I carry around clippings and read them to people twice. And I know what I am doing while I am doing it and I don't want to do it but I can't help doing it and I am just another Ancient Mariner, And the prospects for my future social life couldn't possibly be barrener. Did I tell you that the prospects for my future social life couldn't be barrener?

いつも、詩は、コピペで貼り付けています。著作権のことが常に頭をよぎり、おまけにアメリカの政府機関へリンクを貼ってあったりして、連邦最高裁まであるのですが、気になるのですが、一応ネットに転がっていたということで。ただ、権利関係を明示してあるものもあるので、気にはしているのです。

Gov't Mule を三晩続けて聞いて、結論は大体出ました。Matt Abts の本質は、ジャズ・ドラマーだと。現在の私にとって、このカテゴリーに入るということはランクが下がるということですね。

The City のJim Gordon を聞き納得しました。Carol King たちは、このアルバム、基本的に歌っているだけでしょう。余り上手くないピアノやベースが聞ける曲もあるので演奏しているものもあるという位ですね。Danny Cootch も一応参加しているくらいでしょうか。
ドラム・レスのグループだから、コーラス・グループというかThe Byrds のデヴューと同じ位置づけかな。

Laura Nyro は、ニュー・ポートの上がりっぷりはひどいものでしたが、スタジオ物は悪くないですね。彼女の声がふらつかなければもっといいのですが。
つまり、歌手が本職なら言うことなしということですけど。
David Geffen は、1970年ごろはローラ・ニーロの付き合っていたはずですが、Cher がGreg Allman と結婚する直前に付き合っていたのは彼なのだそうで。

寝る前に聞いてる音楽なんだから気楽に聞き流せばいいのに、なぜ、分析的になるのか。どうせ分析するならコピペした詩の分析をしろ・・・と言われても、力不足でありまして。

アメリカ詩は、大学時代に勉強したというか、アメリカ詩のクラスを採ったというわけです。マンモス大学の法学部でもアメリカ詩のクラスに誰が来るか。
最初は、4人でしたね。うち、一人は、文学部から来ていた女性、もう一人は東京の有名国立大学出身の社会人の方が聴講に見えていました。もう一人は、いたはずですが、直ぐに消えたので。
Ms. Phillips というマヤコフスキーと言うロシアのアヴァンギャルド詩人を専門に研究する女性が先生でした。
毎回、彼女が詩のコピーを持ってきてそれについて自由に話し合うという感じでした。この一行の意味がどうのこうのってことにはなるはずもなく、授業は全て英語で進行するし。

このクラスに続けて出られたのは女史の魅力に惹かれたからですね、今、思うと。雰囲気は、アメリカ映画なんかだと生徒に嫌われる中年独身女性教師という風情ではありましたが、話をすると実に楽しかったですね。
英語が特に上手に話せたなんてことはないですが、とにかく主張することだけは主張しないという態度でした。アグレッシブで典型的な日本人だって言われて、言われた本人がびっくりしたわけです。

女史はちゃんとした大学を出て大学院へ進み、奨学金をもらってロシア留学していたような人でしたが、アメリカ社会の機微とか本質的な階層性、階級性の問題等について率直に話してくれたのが記憶に残っています。

そうでした、寝る前に分析的に音楽を聞くなでした。気持ちがよければそれでいいのです。詩は、目で見て声に出して読んでみてどう感じるかでしょう。
ロックとかブルースの歌詞も、大体、昔の歌詞カードの間違いの多さからわかるようにそもそも英語を母国語とする人でも聞き間違いをしているわけですし、まあ、それを狙っているものもあったりしますが、イギリス英語とアメリカ英語の違いなんていうのもあって、詮索してもしょうがないと大抵割り切ります。

つまり、耳から入って理解できるだけで充分だとするわけです。だったら、このドラムは誰だなんて気にしなければいいのに、と言うことになりますが。

イアフォンというかヘッドフォンで聞くと昔のようなステレオ・システムで聴いているのと違う聞こえ方がしますね。ステレオ、まあ、モノラルでもいいのですが、あの頃は音場感が一番でしたが、ヘッドフォンになると細部にこだわりたくなります。
もちろん、ドラムやベースなんていう基礎部分はヘッドフォンだろうがスピーカー・システムだろうが関係ないですけど。

歌詞もヘッドフォンだと言葉がわからないのに頭に直接響いてくることがあってぞっとすることがあります。Warren Zevon を聞いていてそれを感じた事があります。

別に自慢をしているわけではないのですが、70年代半ばくらいまでの歌だと英語の歌でも、歌詞が聞こえます。意味がわかりはしないとしても歌詞が言葉として聞こえます。
ラップが嫌いなのはさっぱり意味がとれないからです。意味がとれなくても構わない、音韻だけを楽しめばよいのだということは理解してもいいのですが、趣味じゃない・・・少なくとも私の生活環境とは無縁ですから。

問題は、最近、と言ってもこの10年ほどですが、日本語の歌の歌詞がわからない。言葉が聞こえないのです。非常に大きな苦痛です。
同世代だからいいますが、南部全員集合バンドは、きらいです。特にしゃがれ声のリード・ヴォーカリスト。分不相応にもLowell George Tribute なんかに一曲入っていて、同世代だから影響を受けたことはわが身を省みてよくわかりますが、できは最悪ですね。

馬鹿なDave Marsh は、Dead がまともなリード・シンガーもいないのに長く活動を続けたのはヒッピー・バンドだからだろうなんて書いていました。同じことがFairport にもいえそうです。
でも、歳月って不思議なもので、若造の私は、そうだそうだって思ったのですが、最近は、Jerry Garcia の歌も悪くないなんて思うわけです。Simon Nichol も捨てたもんじゃないとかって。

勝手に自分で解った気分でいるというのと、半数以上の人が納得する解釈を示すと言うのは全く異なることだと思います。

辞書を引かないことにしてからペーパー・バックが読めるようになりましたが、業としての翻訳、業とはしていなくても翻訳ということになると全く違う営みなのだと思います。

それと、基礎的な語学やその分野の知識があるかどうかということもありますが、翻訳するという行為の中には、翻訳者の価値判断が入ります。この翻訳者の価値判断が入っている国際制度比較をするのが上手なのが財務省主税局ですね。
それをネタにいくら議論したところで答えは自ずと決まってくるわけです。
社会的識見の高い人として政府税調委員になっている人に言っているのです。税調特別委員と称している学者の人にもそういいたいのです。

Oliver Wendell Holmes, Jr. の判決文にない言葉を勝手に英語にしている金子租税法の現在の版を書いている人にもいいたいわけです。

このブログをやって本当に良かったと思うのは、コモン・ローの父とされるホームズ二世判事の父親が有名な詩人で人種差別主義者だとわかったことですね。

The Civilization の中には、日本の文化、文明、少なくともペリーが来る前までのものはカウントされていないのです。

さて、Paul Krugman がファニー・メイとフレディ・マック救済、要するに日本が昔やったように税金で破綻した住宅ローン会社をなんとかする法案を議会が通したことを評価しつつ、これで終わりじゃなくて、これが始まりだといっています。
Op-Ed Columnist
Another Temporary Fix
By PAUL KRUGMAN
Published: July 28, 2008

So the big housing bill has passed Congress. That’s good news: Fannie and Freddie had to be rescued, and the bill’s other main provision — a special loan program to head off foreclosures — will help some hard-pressed families. It’s much better to have this bill than not.

But I hope nobody thinks that Congress has done all, or even a large fraction, of what needs to be done.
---------------------------
The back story to the current crisis is the way traditional banks — banks with federally insured deposits, which are limited in the risks they’re allowed to take and the amount of leverage they can take on — have been pushed aside by unregulated financial players. We were assured by the likes of Alan Greenspan that this was no problem: the market would enforce disciplined risk-taking, and anyway, taxpayer funds weren’t on the line.

And then reality struck.
----------------------------
The moral of this story seems clear — and it’s what Barney Frank, the chairman of the House Financial Services Committee, has been saying for some time: financial regulation needs to be extended to cover a much wider range of institutions. Basically, the financial framework created in the 1930s, which brought generations of relative stability, needs to be updated to 21st-century conditions.
----------------------------
But let’s hope that the sheer scale of this financial crisis has concentrated enough minds to make reform possible. Otherwise, the next crisis will be even bigger.
http://www.nytimes.com/2008/07/28/opinion/28krugman.html?_r=1&oref=slogin
納税者に尻拭いさせるようなことになるまで自体をホ負ったら貸しにしていた真犯人は、誰かって名指しで批判していますね。グリーンスパンみたいな輩、単独犯じゃなくて十把ひとからげの一人扱いですが。

今回のアメリカにおける税金投入策は、住宅ローンの返済が滞って差押えを食らっているような人にはこうかがあるかも知れないわけですが、本体はそんなところではなく、証券化され世界中にばら撒かれているわけですからね。

1930年代の規制の時代を思い起こせという結論、時代がやっぱり一巡りしtな尾ですね。
1960年代までの経済政策を担った人たちは30年代の不況の怖さを骨身に沁みて知っている。その世代が退場し、80年代以後に経済政策を担ったのは、豊かさが当然だという世代です。それも、その第二世代になっている。
アメリカにおける階層間の移動、社会の流動性、自由の国アメリカなんていうのは幻想だと民主党のクルーグマンも共和党シンパのケヴィン・フィリップスも異口同音に行っているところに病根の深さがあるのでしょう。
あるいは、本当にターニング・ポイントに来た、潮目は変わりつつある。

ボケているのは、極東の某国でしょう。
法人税率が低い、消費税を福祉財源に・・・・確かに一理あります。
無駄を省こう・・・そりゃ、タクシー代は無駄かもしれません
本当の無駄ってどこにあるのでしょう。
寒いから当直が艦橋に入っちゃう船とかって無駄じゃないですか?

バターがないなんていってましたが、昔、大砲かバターかなんて議論があったのですよ。
[PR]
by nk24mdwst | 2008-07-29 09:41 | Poetry

switching boys

Charles Bukowski の詩をふたつ

     Are You Drinking?

washed-up, on shore, the old yellow notebook
out again
I write from the bed
as I did last
year.
will see the doctor,
Monday.
"yes, doctor, weak legs, vertigo, head-
aches and my back
hurts."
"are you drinking?" he will ask.
"are you getting your
exercise, your
vitamins?"
I think that I am just ill
with life, the same stale yet
fluctuating
factors.
even at the track
I watch the horses run by
and it seems
meaningless.
I leave early after buying tickets on the
remaining races.
"taking off?" asks the motel
clerk.
"yes, it's boring,"
I tell him.
"If you think it's boring
out there," he tells me, "you oughta be
back here."
so here I am
propped up against my pillows
again
just an old guy
just an old writer
with a yellow
notebook.
something is
walking across the
floor
toward
me.
oh, it's just
my cat
this
time.

私は飲んでません。仕事中ですから。
しかし、日本の酒を駄目にしたのは、酒税法、つまり国税だと思いますね。それと、わかっていない消費者。
バブルがはじけて、幾年月、酔うためにアルコールを摂取する人ばかりが増えたように思えてなりません。
西洋人に比して、日本人は遺伝的にアルコール分解酵素を持たない人たちが過半を占めます。アルコール分解酵素には二種類あって、もう一つの方は、飲んでいるうちに体内に形成されていきます。
いわゆる飲み手が上がるというやつですね。

欧米の有閑階級の印って、午後のマティーニなのですよね。3時ごろからマティーニで初めて夕食でワインをやり、夜中まで飲み続ける。

昔の米国映画やテレビ映画では、重役室と思しきところに通され、かならず、何を飲むかい?なんてやり取りがありました。

     Death Wants More Death

death wants more death, and its webs are full:
I remember my father's garage, how child-like
I would brush the corpses of flies
from the windows they thought were escape-
their sticky, ugly, vibrant bodies
shouting like dumb crazy dogs against the glass
only to spin and flit
in that second larger than hell or heaven
onto the edge of the ledge,
and then the spider from his dank hole
nervous and exposed
the puff of body swelling
hanging there
not really quite knowing,
and then knowing-
something sending it down its string,
the wet web,
toward the weak shield of buzzing,
the pulsing;
a last desperate moving hair-leg
there against the glass
there alive in the sun,
spun in white;
and almost like love:
the closing over,
the first hushed spider-sucking:
filling its sack
upon this thing that lived;
crouching there upon its back
drawing its certain blood
as the world goes by outside
and my temples scream
and I hurl the broom against them:
the spider dull with spider-anger
still thinking of its prey
and waving an amazed broken leg;
the fly very still,
a dirty speck stranded to straw;
I shake the killer loose
and he walks lame and peeved
towards some dark corner
but I intercept his dawdling
his crawling like some broken hero,
and the straws smash his legs
now waving
above his head
and looking
looking for the enemy
and somewhat valiant,
dying without apparent pain
simply crawling backward
piece by piece
leaving nothing there
until at last the red gut sack
splashes
its secrets,
and I run child-like
with God's anger a step behind,
back to simple sunlight,
wondering
as the world goes by
with curled smile
if anyone else
saw or sensed my crime

人間がこんなに、地上にあふれたことはないので人間の死の数も未曾有というべきなのでしょうが、死というのは人間の死だけをいうわけではないはずです。
特定の微生物や光合成を行う植物を除くと動物という代物は、他の生と引き換えに自らの生を永らえることしかできないわけです。

今年は空梅雨、それが突然、昨日から強烈な雨と雷。
地方都市も都市化され市街周辺の水田がなくなり保水、貯水能力がなくなったのでちょっと集中的に雨が降ると直ぐに道路が川になります。

私が子供の頃は、治水が完備していなかったので、ちょっと雨が降れば、畳の上まで川水が来るのは毎年のことでした。10数年前までは、上流のダム等のおかげでそのようなことはなくなっていたのですが。

人間は直ぐに超えてはいけない一線を超えてしまう・・・バブルを忘れるのと同じ・・・同じことをします。

昨日は、Gov't Mule を聞いてました。Warren Haynes は個人的に一番好きなミュージシャンの一人のはずなのですが、一年前とは全く違う印象を受けるのはなぜでしょうか。

Fairport Convention を今日は聞いています。
Judy Dyble が歌っています。

フェアポート・コンヴェンションって考えたら不思議なグループです。同じメンバーで続けてアルバムを出したことがない。
ブリティッシュ・トラッド・グループだとくくられたりしますが、オーストラリア人とアメリカ人が二人ずついるなんてヴァージョンもあったりして。
個人的には、例の交通事故の前までフェアポートが好きですが、今聞きなおすと、当時20代前半、10代後半だった彼ら(彼女たち)は、既に非常に多彩というか多様というかジャンルにとらわれない姿勢だったので未だにバンドの残骸が残り続けているのだと思いますね。

同じ残骸でも、ABBのような亡霊バンドとして35年以上やっているのとは違う。

Cher と Greg Allmana 痴話げんか話は想像以上に面白いというか出来損ないのメロ・ドラマよりはるかにぶっ飛んでいるし、現実というか金、ビジネスの怖さが出ていて。

Scott Freeman はタブロイド記者としては優れていると思いますね。

「『個人所得課税に関する論点整理』の論点を整理する」という特集を組んだ雑誌が届いたので読みました。
誤った整理の仕方をされたものをどう整理しなおすのかという視点が欠けているかな・・・だって最初に論点整理したのは政府税調ですから。
政府税調の議論、資料を基に論点整理していたって同じでしょ?論点整理される前の資料を探して違う組み立てをしないと意味がないじゃないですか。

最適課税論の変形である二元的所得税が云々なんて、はっきりいって平成の頭に消費税が導入される前に既に議論されていました。
学者や役人は世代交代したので新しく思うのかもしれないけれど単に勉強不足であるだけです。
[PR]
by nk24mdwst | 2008-07-28 11:13 | Poetry

allmost japanese

夕べもMuleを聞き出したらすぐに、寝ちゃいました。Warren Haynes のせいでもMat Abts のせいでもなく、単に疲れているだけでしょう。
今朝は、すっきり目が覚めてGov't Mule のWith A Little Help From Friends を聞き出しています。

ミュールは、ベーシストのAllen Woody(ABB alumni)が薬で死んじゃってからレギュラー・ベーシストをおかずにゲストを呼んできているわけですが、このコンサートも入れ替わり立ち代りベーシストが登場します。

へインズは、私より少し若いくらい、一応、アメリカのベビー・ブーマーの一番最後という世代、かの国では1960年までカウントするので、というわけで同じものを聞いて育ったことがよくわかり、カヴァーに彼の先達に対するリスペクトが感じられるのですね。

30 Days In A Hall(Humble Pie)の次がMr. Big(Free)と来るわけです。
コピーではなく、全部ミュールのオリジナルだと感じさせるだけの力量があります。

マット・アブスは、いいドラマーです。ただ、最近の私の感覚からいうとほんの髪の毛一筋でいいけど早めにお願いしたいなと。ハード・ヒッターのスタミナ・テクニシャンだとは思いますが。ABBの二人とはリーグが違うと思ってはいるのですが。

Scott Freeman の本ですが、Greg Allman がCher とデートしたところまで来ました。この10日ほどで一日、一頁読めないのです。つまらない。
ビートルズ以後最初に野球場でコンサートをやったのはABBなのだとかどうでもよいことばかり。

Camilla E. Watson の'Tax Procedure And TAxFraud'の方がはるかに面白い・・・まあ、ちょっと必要があっておさらいしているのですが。

話は変わりますが、民主党が権利擁護官制度を提案しています。
東京新聞ONLINEの記事によると
【政治】
消費者保護 民主が独自案  『権利擁護官』を創設
2008年7月27日 朝刊
 民主党が、食品偽装や詐欺被害などから消費者を守る「消費者権利擁護官」制度案をまとめた。福田康夫首相肝いりの「消費者庁」構想に対抗する独自案。消費者行政は、自民、民主両党首がそれぞれ掲げる「生活重視」の本命だけに、競い合う展開になりそうだ。 (大杉はるか)
首相の構想は、複数の省庁が担当している消費者行政を一本化し、内閣府の外局として消費者庁を設置する内容。来年度創設を目指している。
 これに対して民主党案は、民間から登用する権利擁護官ら計五人からなる「擁護委員会」を、内閣から独立した機関として設置するのが特色。一定の独立性を持たせることで、行政全体を監視する役割を担保する狙いだ。
 消費者の相談窓口は、都道府県と市町村にある消費生活センターをそのまま活用。生活相談員の身分や調査権限は強化する。擁護委が各センターから問題点を吸い上げ、関係省庁に行政処分を勧告したり調査を要求。悪質業者には違法行為をやめさせたり、被害者救済に充てるため財産を勝手に処分をさせないよう裁判所に直接申し立ても行う。)
 党人権・消費者調査会の枝野幸男副会長は、昨年の参院選後に制度設計を始めたと説明した上で「政権が近づいたので、初めて組織案にも手をつけた」と、政権を意識して踏み込んだ内容にしたことを明らかにした。
 仙谷由人調査会長も「民主案は現場を重視した制度」と強調する一方、首相の構想を「二重行政を招くだけで、実効性に欠ける。迅速な被害救済も保障されない」と批判した。民主党には、うちこそが消費者保護に長年取り組んできた、という自負がある。
 民主党は、政府が秋の臨時国会に消費者庁設置法案を提出すれば、対案を提出することを検討している。党幹部は「消費者保護は臨時国会の焦点になる」と期待する。別の幹部も「分かりやすくて具体的な(福田政権との)対立軸だ」と指摘する。
http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/news/CK2008072702000133.html
という報道です。

「民間から登用する権利擁護官ら計五人からなる「擁護委員会」を、内閣から独立した機関として設置するのが特色。一定の独立性を持たせることで、行政全体を監視する役割を担保する」というのは、省庁横断的に行政全体を監視するというのは、北欧やオーストラリアに見られるオンブズマン制度を想起させます。
また、民間からの登用を含めた委員会スタイルというのは、98年IRS改革法で設置されるようになったIRS監視委員会(The IRS Oversight Board)を連想もさせます。

行政全体が対象ですから、当然税務行政も含まれることになるはずです。前に触れたことがあるかもしれませんが、オーストラリアでは連邦オンブズマンが税務オンブズマンを兼ねています。
ですから、民主党案のような行政に対する権利擁護委員会ができれば、実質的には税務行政に関しても納税者の権利擁護を行うことになるはずです。

国税局等に形式的に存在する納税者支援調整官とは異なるものになるでしょう。

ただ、アメリカのIRS監視委員会やオーストラリアのオンブズマン等は苦情等があった場合において調査をし、勧告をする、あるいは、独自に調査をして改善策を提案するというような性格のもので、それ自体が一定の行政行為に対して差し止めをする等の行政上の処分権を持つものではありません。

このような制度や組織が存在しないことに日本の後進性はあるのですが、アメリカの納税者擁護官制度のように行政庁は強力な法解釈権と執行権を有しているわけで、それに対抗するためには、特定の行政庁から独立し、かつ、独自の執行権を行使できる組織が必要だと思います。

いずれにしろ、推移を注視しなければいけないと思います。

日本においては、司法が行政に対する監視能力を発揮できていないという状況があります。最高裁も法務省という行政庁の下部組織であるようにしか思えないときが少なくないのですね。
そのような、日本において、新たな行政庁としての消費者庁の創設というのは本質的な解決策ではないと考えます。
なお、最高裁を頂点とする司法による違憲判断のあり方については、多様な考え方があり得、選挙の洗礼を経ていない、つまり民主的手続を経ていない裁判所が新たな立法を行うことになるような判決を下すことの是非は、現時点において私は一応留保しておきますが。

さらに、いわゆる司法、立法、行政のいずれにも属さない民間登用委員をも含む権利擁護委員会を設置し、それを代表する権利擁護官に処分権限を与えうるかという法的問題は存在すると思います。

しかし、単なる首相の私的諮問機関にしか過ぎない経済財政諮問会議が小泉改革時代において影響力を発揮し、それが今日の日本にどのような負の遺産を残したかということも考える必要がありますけれど。
[PR]
by nk24mdwst | 2008-07-27 07:34 | その他

bear out 90 over

Gov't Mule が聞けないなどと書きましたが、昨晩はWith A Little Help From My Friends Live 4枚組みを聞きとおすどころか、3曲目で記憶がなくなりました。
ドラムが・・・などと思いつつ、やっぱり、連日、寝付けなった反動ですね。

昼間はSandy Denny を流しっぱなしで、途中、出かけたこともあり、まだ全曲終わらない。今日は、Fairport Convention を流しっぱなしにしましょう。

移動中の車の中ではDeadを聞いていて・・・昔、聞いた歌、というかギターを弾きながら歌っていた曲がほとんどですが、覚えているものですね。35年以上たっていても。

カレンダー・ガールだって、ビキニ姿のお嬢さんだって歌えますからね。カラオケは、歌詞を覚えないから駄目ですけど。まあ、カラオケには全く縁がないのではありますが。
だって、歌詞が出るのは許すとして、このタイミングで歌えって指定してくるのが気に入らない。コードの中に納まるのだったら勝手にメリスマをつけたりメロディーを変えたりしたい。いわゆるカラオケの上手い人は五万といらっしゃいますが、物まねばっかりじゃないかと。

Fairport Convention でSandy Denny が歌っているのを聞いています。Richard Thompson とDave Swarbrick が掛け合いで弾いています。18歳のRTは、やっぱり凄い。

Etheridge Knight の失恋の詩。切実だな・・・

      As You Leave Me

Shiny record albums scattered over
the living room floor, reflecting light
from the lamp, sharp reflections that hurt
my eyes as I watch you, squatting among the platters,
the beer foam making mustaches on your lips.

And, too,
the shadows on your cheeks from your long lashes
fascinate me--almost as much as the dimples
in your cheeks, your arms and your legs.

You
hum along with Mathis--how you love Mathis!
with his burnished hair and quicksilver voice that dances
among the stars and whirls through canyons
like windblown snow, sometimes I think that Mathis
could take you from me if you could be complete
without me. I glance at my watch. It is now time.

You rise,
silently, and to the bedroom and the paint;
on the lips red, on the eyes black,
and I lean in the doorway and smoke, and see you
grow old before my eyes, and smoke, why do you
chatter while you dress? and smile when you grab
your large leather purse? don't you know that when you leave me
I walk to the window and watch you? and light
a reefer as I watch you? and I die as I watch you
disappear in the dark streets
to whistle and smile at the johns

彼もアフロ・アメリカン詩人なので

      The Idea of Ancestry

Taped to the wall of my cell are 47 pictures: 47 black
faces: my father, mother, grandmothers (1 dead), grand-
fathers (both dead), brothers, sisters, uncles, aunts,
cousins (1st and 2nd), nieces, and nephews. They stare
across the space at me sprawling on my bunk. I know
their dark eyes, they know mine. I know their style,
they know mine. I am all of them, they are all of me;
they are farmers, I am a thief, I am me, they are thee.

I have at one time or another been in love with my mother,
1 grandmother, 2 sisters, 2 aunts (1 went to the asylum),
and 5 cousins. I am now in love with a 7-yr-old niece
(she sends me letters in large block print, and
her picture is the only one that smiles at me).

I have the same name as 1 grandfather, 3 cousins, 3 nephews,
and 1 uncle. The uncle disappeared when he was 15, just took
off and caught a freight (they say).He's discussed each year
when the family has a reunion, he causes uneasiness in
the clan, he is an empty space. My father's mother, who is 93
and who keeps the Family Bible with everybody’s birth dates
(and death dates) in it, always mentions him. There is no
place in her Bible for "whereabouts unknown."

しかして、自らを省みるに、じいさん、ばあさんのうち、母方のじいさん、つまり母の父は、戸籍でしか知りません。原戸籍をたどれば、名前はわかるものの、ご先祖様経を信奉しつつ、先祖のことを知らないのが日本人の大衆ですか。

消費税30条7項の仕入税額控除の要件としての帳簿等の保存と提示の問題については、平成16年末から17年初にかけての最高裁判決で決着がついたようになっていますが、やっぱりおかしい判決にはおかしいと言いつづけなければいけないのだとおもいますね。

三つの最高裁判決は、どういう位置関係にあって何が問題かということですね。
最も筋の悪い事案を頭に持ってきて、最後にもっともまともというか矛盾の大きな事案に対して、従来の学説、判例を全否定するというか課税庁の調査、処分の恣意性を完全に認める判決を出した。おまけに青取りに関しての最初の最高裁判例だということ等についての考察をしなければいけないのにこれが充分になされているのかどうか。

租税法研究34号における首藤教授の報告とその後のシンポジウムのやり取りを読んでいて、隔靴掻痒をまた感じました。
滝井反対意見をどう考えるかに止まってしまっていて、本丸というべき平成17年3月10日判決の正しい位置づけができていない。

Consumption Tax in Japan
、Consumption Tax in Japan Ⅱ、Ⅲ、Ⅳにそれぞれ、一応判例を貼り付けてみました。

平成17年3月10日判決は、貼ったのですが、これに対応する国賠訴訟の判決、それと関連裁決を並べて検討しないといけないと思っています。

前記判例については、一度まとめたことがあるのですが、まだ不十分です。あと、この一年ほどの研究成果がどうなっているかについてもちょっと目配りを怠っていました。

今年の暮れの税制改正の目玉は資産課税、つまり相続税課税論が目玉なのでしょうね。遺産税スタイルになるのか遺産取得税スタイルになるのか。
財源確保論を前提としての遺産取得税スタイルになるんでしょうか。

そのあとに、お待たせしまたって消費税率が上がりますから。


遺産税で検索かけるとこのブログが初めの方に出てくるようでは、私はどこを探して勉強すればいいのか。
日税研論集や税調答申はありますし、外国文献もありますけどね。
[PR]
by nk24mdwst | 2008-07-26 06:44 | 音楽

it's from arkansas

けさは、Allman Brothers Band の'Peakin' at the Beacon'などというものがかかっています。
これが終わったらSandy Denny に戻りますが。一日、二日じゃ、彼女のカタログ終わりませんので。Fairport 時代を除いても。

'Peakin' at the Beacon'は、結成30周年コンサート。楽隠居できたはずなのにって思いますが。
このコンサートからDerek Trucks が参加、さらに3ヵ月後、オリジナル・シックスのDickey Betts がファクスで解雇されちゃうことになります。

デレクとベッツのギターの区別がつかないとか、Greg Allman の声は、Johnny Winter そっくりになって別にいなくていもいいなんてアマゾンの評がありました。

二人のギターの区別がつかないのは耳が悪いだけ。グレグは年とアルコールのせいで高い声が出なくなってますが、若い頃とは違う歌いぶりになっていてそれは、それで悪くないかなと。
というかジョニー・ウィンターは昔から私は、好きじゃないので。

演奏は、Eat A Peach を思い出させる選曲。レコーディングの途中にDuane Allman が死んじゃったこのアルバムのライブ・サイドは、フィルモアの残り物ですが、スタジオ録音は、彼らのベストでしょう。
レコーディングの順と逆に収録されていて、前半が5人になってから、後半が6人いる編成です。Blue Sky に代表されるサザン・メロウ路線の主導権は、ベッツにあったのではないことが確認できます。だから、バンドの人気が絶頂になったときに残った連中が右往左往するわけです。

Scott Freeman の’Midnight Rider'は、演奏以外の話が多すぎますが、ベッツが若いときからバイクで流れ歩いていたやつだということを知りました。
飲んで街で暴れるメンバーのけんかを収めるのは彼。ただし、彼自身はやたらとショット・ガンを振り回していたりして。

この演奏、全体にテンポが遅めですね。Warren Haynes が復帰してからの方が活気があります。もちろん、鈍臭いリズム隊は、健在でありまして・・・。

今日は、Sonia Sanchez をひっぱりだすのが本題。

     Personal Letter No. 3

nothing will keep
us young you know
not young men or
women who spin
their youth on
cool playing sounds.
we are what we
are what we never
think we are.
no more wild geo
graphies of the
flesh. echoes. that
we move in tune
to slower smells.
it is a hard thing
to admit that
sometimes after midnight
i am tired
of it all.

ソーニャ・サンチェスは、1960~1970年代にかけてが活動の中心時期だったアフロ・アメリカン・女性詩人で活動家です。

     Poem #3

I gather up

each sound

you left behind

and stretch them

ここに持ってきたものはおとなしいものばかりです。’TCB’という詩を学生時代に読みましたが、時代だったとはいえ、かなりインパクトがありました。

夕べは、Stoneground などというものを聞いていたら眠れなくなりました。Filmore Last Live Concert に出てくるベイ・エリアのバンドなのですが、スタジオ録音のこの一作目は、フォーク・ブルース・ファンク・ロックというか、1971年ですからDelaney & Bonnie スタイルに近い感じですね。
歌は、Beau Brammels あがりのSal Valentino と無名の女性シンガー陣なので、まあどうでもよいのですが。
基本的には、ドラム、ベース、キーボード(ピアノとオルガン等)は、聞き覚えのある人たちの立派な演奏。
クレジットでは、イギリス人でロッドのバックなんかをやっていてStarship に参加することになるPete Sears がベース、キーボードとされています。
そういわれればそうかなという曲もあり。

ギタリストが上手いのですね。基本的にエレキが三本プラス、アコギがプラスされることあり。
ブルース色が濃くて、リード・ギターはEC風のフレージングでJesse Ed Davis 的な音色、かつ、技術と表現は二人の数段上かな・・・。
ボトル・ネックが登場する曲もありますが、Ry Cooder 的な音色ではありますが、彼やLowell George、デュエインなんかに比べるとはるかに控えめでいながら強力にうまい。
Clarence White らしき音もしますが、これは脇で弾いている人です。ストリング・ベンダーじゃなく、音色がホワイトっぽい。
ジェシ・エド、クラレンスは参加している気がするし、Jerry McGee 氏あたりなのかな中心は・・・。
というか、Harvey Mandel かなとも思うのですが、本当の大御所のみなさんかな・・・。
とにかく、外れのない演奏なのですね。ドラムとピアノは、想像がついていますが。

眠れなくなり、Super Session を聞きながら、Al Kooper いなけりゃいいのにと思い、また眠れず、Pure Prairie League を聞き出したらドラムがビル・クルーツマンみたいに叩くので、Dead に戻りThree From The Voltsにたどり着きました。
最初からそうすればよいのに。

Mat Abts のドラムが気になり、Gov't Mule が聞けなくなっているのですね。
[PR]
by nk24mdwst | 2008-07-25 10:52 | Poetry

lot of nostalgia

昨日の午後は、仕事場でもFZを流しっぱなしにしていました。
1960年代の演奏、録音と1980年代のものがまったく違和感なくつながるのだと感じました。
厳密にいうと引っかかる点が一つだけあって、ドラムとベース、特にドラム。
Jimmy Carl Black とArt Tripp は下手なドラマーではないのですが、上手くいえませんが、ちょっとスタティックすぎるように感じました。
昔嫌っていた、Vinnie とかChad が他ではどうかは、知りませんが、FZの80年代の演奏のコンテキストの中ではしっくり来るのだと・・・60年代と基本的にコンテキストは変わっていないので、入れ替えるのもやはり一つの考え方かもしれません。
だって、FZは、オリジナルをファンが持っていることを当然知っているわけで、こんなのもあるよって出してみせたわけで。

今朝は、Sandy Denny のBBCライブです。思い入れが少なからずある人なので却って遠ざけているのです。聞き流す方が楽です。
デニーのBBCライブは、基本的に彼女のピアノないしギターの弾き語りが主です。バンドが伴奏のものもありますが。彼女は、ピアノは上手いです。

今日は、サンディの日にすることにしました。

夕べ、Grateful Dead の通称Skull & Roses を聞いていました。発売されたときから聞き続けています。二枚組のLPで、Mickey Hart が色々あって抜け、5人編成のデッドです。
演奏について触れるつもりはないのですが、CDからウォークマンに落として聞いていて、ここはLPの1枚目のBサイド、ここからLP二枚目の頭だってちゃんと覚えているのですね。
高校時代までに聞いていたものはアルバムのある曲が終わると次の曲のイントロが頭に浮かびます。デッドに限りません。

CDだからできることもあるでしょう、さらに、MP3にして曲のばら売りもできるでしょう、でも私は、シングルを買って育った世代ではなくて、いわゆるアルバム単位で音楽を聞く時代に育った人間なのだと感じました。

PCやウォークマンで曲名でソートかければ同じ曲の色んなヴァージョン聞けますし、アーティストを絞り込んでソートかけて聞くことも可能です。

FZの晩年の仕事を聞いていると聞き手の記憶を大前提にしているように思えます。同じ曲のヴァージョンをソートされることまで想定していたのでしょう。だからライブもあえてぶち切って違う曲と流れるように繋ぎ合わせてある。

本当は消費税増税と社会保障の話をしないといけないと思いつつ、分裂ブログは今日も行く。

ブログを始めてよかったことは、新しい発見があったこと。あるいは再発見をしたこと。ハードボイルド詩人Kenneth Fearingの再登場です。

      Love 20¢ The First Quarter Mile

All right. I may have lied to you and about you, and made a few
pronouncements a bit too sweeping, perhaps, and possibly forgotten
to tag the bases here or there,
And damned your extravagance, and maligned your tastes, and libeled
your relatives, and slandered a few of your friends,
O.K.,
Nevertheless, come back.

Come home. I will agree to forget the statements that you issued so
copiously to the neighbors and the press,
And you will forget that figment of your imagination, the blonde from Detroit;
I will agree that your lady friend who lives above us is not crazy, bats,
nutty as they come, but on the contrary rather bright,
And you will concede that poor old Steinberg is neither a drunk, nor
a swindler, but simply a guy, on the eccentric side, trying to get along.
(Are you listening, you bitch, and have you got this straight?)

Because I forgive you, yes, for everything.
I forgive you for being beautiful and generous and wise,
I forgive you, to put it simply, for being alive, and pardon you, in short, for being you.

Because tonight you are in my hair and eyes,
And every street light that our taxi passes shows me you again, still you,
And because tonight all other nights are black, all other hours are cold
and far away, and now, this minute, the stars are very near and bright

Come back. We will have a celebration to end all celebrations.
We will invite the undertaker who lives beneath us, and a couple of
boys from the office, and some other friends.
And Steinberg, who is off the wagon, and that insane woman who lives
upstairs, and a few reporters, if anything should break.

今朝の新聞で政府与党が2009年度税制改正で消費税率アップを見送ると買って書いてあったわけですが、当然の前提として今年度上げるつもりだったということです。
また、近い将来、税率アップがあるのも確実であるわけで、その際の、殺し文句は、高齢社会と福祉財源論でしょう。

どっかの海で給油しているコストを違うところに向けるという発想はないのでしょうかね。

租税法研究36号が届きました。「国際租税法の新たな潮流」と題されていて冒頭から財務省参事官のレポートです。
この分野は、学者は横文字はできても日本の場合は実務の場、あるいは条約交渉の場に出ることはありません。
非常に専門特化している分野であって、日本の多国籍化した企業の中には専門家がいるのかもしれませんが、表に出てはきません。

アメリカの回転ドアシステムで鍛えられた人たちに立ち向かうのはきつそうです。

税大論叢で国税と社会保険料の徴収等の問題を取扱ったものがあります。
47 平成17年6月29日 論文 国税と社会保険料の徴収一元化の理想と現実 松田 直樹
47 平成17年6月29日 論文 地方税当局及び社会保険庁との徴収共助 長坂 光弘

さらに、アメリカにおけるIRSと社会保険料の徴収の問題について高山憲之教授の「アメリカの社会保障番号制度と税・社会保険料の一体徴収について」のがありまして、
アメリカの社会保障番号制度と税・社会保険料の一体徴収について
           高山憲之
         2008 年2 月7 日
本稿は2007 年10 月18 日(木)、19 日(金)に米国のIRS およびSSA にてThomas E. Steven 氏(IRS, International Visitors Program 担当課長)、Alan Plumley 氏(IRS 調査・分析・統計部局のTechinical Adviser)、Eli Donkar
氏( SSA, Deputy Chief Actuary )、Alan Lane 氏 (SSA, Associate Commissioner) 等に対して行ったインタビューの結果をとりまとめたものである。インタビューにあたり小多章裕氏(財務省主税局課長補佐)、瀬沼雄二氏(国税庁国際業務課)および森真弘氏(在米日本大使館1 等書記官)に一方ならぬお世話になった。記して感謝申し上げる次第である。
http://www.ier.hit-u.ac.jp/~takayama/pdf/interviews/america0802.pdf
ということだそうです。
「スポンサーから一言」ってフレドリック・ブラウンの短編がありました。

先進諸国の税務行政機構の比較がOECDのHPにあって
Tax Administration in OECD and Selected Non-OECD
Countries: Comparative Information Series (2006)
Prepared by the October 2006 Forum on Tax Administration
http://www.oecd.org/dataoecd/43/7/37610131.pdf
といのがあって、国税庁のHPでも
OECD租税委員会による「税務行政比較情報シリーズ(2006年)」の公表について
 OECD租税委員会は、「税務行政比較情報シリーズ(2006年)」を公表しました。これは、各国(OECD加盟国30か国及び主要な非加盟国14か国)の税務行政を国際的に比較分析した報告書です。
 詳細につきましては、下記をご覧下さい。
* 「税務行政比較情報シリーズ(2006年)」(原題: Tax Administration in OECD and Selected Non-OECD Countries: Comparative Information Series)(原文)(仮訳)
http://www.nta.go.jp/sonota/kokusai/oecd/press/09.htm
として紹介されています。仮訳もあります。

身銭を切らずに勉強できる人はいいな。サンディ・デニーは、やっぱり素晴らしい。心臓を切りつけられるような気がしています。仕事場に流すのにはやはり相応しくないです。

Lowell George のLittle Feat 時代の曲Easy To Slip をやっているのを聞いて、なぜか、Joni Mitchellを思い出しました。駄目な男に捨てられて自分を見失ってしまう女性と、「自立した」女性か・・・
FZへまた戻ってきたりしまして。

ジョニのWoodstock をイギリスでやったのはFairport Convention 卒業生のIain Matthews だったりして。
[PR]
by nk24mdwst | 2008-07-24 10:12 | Poetry

oh yes

Mason & Elliot は、まあ、こんなものかなというか予想の範囲内でした。ちょっと、緩すぎかなと。
昨日は、Gentle Giant などというバンドを聞いていました。
5人で30種類以上の楽器をライブでやってみせるというバンドはそうざらには無いと思います。DVDが楽しい。
King Crimson のように陰鬱なところないです。
いまは、John Martyn なんて人が聞こえています。

仕事場へ車で来ましたが、今週はGrateful Dead をかけています。Working Man's Dead が終わり、American Beauty に差し掛かったところで到着。せっかく、Box Of Rain、一緒に歌っていたのに。

昨日の夜は、早寝をしようとデッドをかけようとしたら、電池切れ。仕方がないのでもう一つのウォークマンを取り出しました。
こっちは、FZ全曲集でありまして、嫌な予感がしました。適当に選んだら、You Can't Do That On Stage Anymore vol.1に当たってしまい70分余り聞き続け、次へ進む・・・
これはいかんと、イヤフォンを外して寝ました。
このシリーズについて書き出すと切りがないのですが。

スタジオ・ヴァージョンがどのように発展してきたかを探るということもできます。Kelly Fisher Loweは、基本的にこのシリーズについては言及しないとしながらも、スタジオ・アルバム分析の手段として用いています。
逆にこのシリーズを基にしてスタジオ・アルバムを分析することもできるでしょう。

というか、一通りFZのほとんど全ての作品、演奏を聞いてしまった人間にとっては、ある意味至福の楽しさがあることに気づきました。
FZのバンドには非常にたくさんのバリエーションがあるのですが、この演奏はどのバンドがやっているのかが解ってしまうのですね。メンバー紹介がなくてもドラムとベース、ヴォーカル・ハーモニーでわかってしまうのです。

基本的にスタジオ・テクニックを使わないでライブそのままの録音なのですが、録音時期が異なる異なるヴァージョンのバンドの演奏で途切れなく繋ぐという手法です。
なぜか、これが一つのコンサートのように聞こえる、さらに、スタジオ録音以上の演奏がライブで可能になっていたことが良くわかります。
Trout Mask Replica とFZのこのシリーズは同じ作られ方をしていると感じるわけです。だから、TMRでのCaptain Beefheart は、確かに自作を即興でやっているわけですが、アルバム自体は完全にFZのコントロールのもとにあります。
譜面の読めないビーフハートの場合は、ハミングらしきものを元にJohn French が譜面を起こしたわけですけれど。

Overnight Sensation あたりが人気ですが、こちらのシリーズにはるかに優れたヴァージョンがあります。

今日も、回覧板作りなので・・・

The Byrds 時代のというか、Gene Clark の歌で一番すきなやつです。

     I'll Feel A Whole Lot Better by Gene Clark

The reason why I can't say
Gotta let you go babe and right away
After what you did I can't stay on
And I'll probably feel a whole lot better when you're gone

Baby for a long time you had me believe
You said your love was all mine and that's the way it would be
I didn't know that you were putting me on
And I'll probably feel a whole lot better when you're gone
Oh when you're gone

I got to say that it's not like before
And I'm not gonna play your game anymore
After what you did I can't stay on
And I'll probably feel a whole lot better when you're gone
Oh when you're gone
Oh when you're gone
Oh when you're gone

これ以上の曲を彼は書けなかった。この歌がそれほど大したものか?Dave Marsh は褒めています。
マーシュをけなしていたのは誰でしたっけ?!
マーシュ曰く、アメリカのティーン・ラブ・ソングに新しい地平を切り開いただったかなんだかって。
確かに、失恋してよかったというのは新しい視点ではあったかもしれませんが、本当にそうかなって。Mr. Tambourine Manのシングル・フリップ・サイドがこの曲で、おかげでジーン・クラークには印税がたくさん入り、最初にフェラーリを買ったとか。

故に他のメンバーの不興を買い、特に自尊心だけ強い小柄なやつにバンドを追い出された次第。バーズもモンキーズも確かに同じですよね。
シナトラもザッパもイタリア系のフランクで同じだし。

Emily Dickinson Complete Poems(1924)のPart One: Lifeからです。

120      I HAD a daily bliss

I HAD a daily bliss
 I half indifferent viewed,
Till sudden I perceived it stir,—
 It grew as I pursued,

Till when, around a crag,
 It wasted from my sight,
Enlarged beyond my utmost scope,
 I learned its sweetness right.

もう一つ。

130     IS bliss, then, such abyss

IS bliss, then, such abyss
I must not put my foot amiss
For fear I spoil my shoe?

I ’d rather suit my foot
Than save my boot,
For yet to buy another pair
Is possible
At any fair.

But bliss is sold just once;
The patent lost
None buy it any more

さて、回覧板・・・

終わりました。週に一回、6時間ほど、これからまだ一年か・・・
テキストだけなら4ページものでも1時間でできるのですが。
ビジュアルは苦手です。
このブログのビジュアルは、ディキンソンの詩。

こんな記事があります。
基礎的収支、2011年度は3・9兆円赤字…見通し下方修正
7月22日21時26分配信 読売新聞
 政府は22日に開いた経済財政諮問会議(議長・福田首相)で、2011年度までの経済見通しに関する試算結果を提出した。
 この中で11年度の基礎的財政収支(プライマリーバランス)の見通しを下方修正し、歳出削減と経済成長を両立させる理想的なシナリオでも、国内総生産(GDP)比の赤字は1月に予測した0・1%(0・7兆円)から、0・7%(3・9兆円)と大幅に拡大するとの試算を示した。
 歳出削減が徹底されず、名目成長率が1%台にとどまるシナリオでは、GDP比で1・5%(7・9兆円)の赤字になる。政府は「11年度に基礎的財政収支を黒字化する」という目標を掲げているが、増税なしで達成するのは一段と厳しい状況になった。
 試算の前提となる08年度のGDP成長率は、今年1月時点の予想に対して、家計や企業の景気実感に近い名目は2・1%から0・3%に、物価の動きを除いた実質は2・0%から1・3%にそれぞれ大幅に下方修正した。
最終更新:7月23日2時2分
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080722-00000058-yom-bus_all
この記事をどう理解するかは、色々あると思いますが、消費税収についていえば、税率1%当たり2.5兆円と一般にいわれています。
3.9兆円の財政赤字は増税で補うしかないなどという意見が当然あるわけですが、税率でいうと2%は足りないよという話ですね。
これは下方修正されたとしてもかなり楽観的見通しとされていますから3~5%消費税率を上げないと持たないという地ならしのための宣伝でしょうね。
だって統計数字、それも将来予測なんて誰も検証できませんから。

何が何でも消費税増税に反対するわけではありませんが、消費税に限らず増税を行っても経済活動は変わらないと考えるのは、役所と大学だけにして欲しいです。
経済は静的なものではなくて動的なものだと思いますけど。

クルーグマンは経済の先行きに悲観的ですね。10年は駄目だろうと。
Op-Ed Columnist
L-ish Economic Prospects
Article Tools Sponsored By
By PAUL KRUGMAN
Published: July 18, 2008
Home prices are in free fall. Unemployment is rising. Consumer confidence is plumbing depths not seen since 1980. When will it all end?
The answer is, probably not until 2010 or later. Barack Obama, take notice.
・・・・・
But what the economy gives, it can also take away. If the current slump follows the typical modern pattern, the economy will stay depressed well into 2010, if not beyond — plenty of time for the public to start blaming the new incumbent, and punish him in the midterm elections.

To avoid that fate, Mr. Obama — if he is indeed the next president — will have to move quickly and forcefully to address America’s economic discontent. That means another stimulus plan, bigger, better, and more sustained than the one Congress passed earlier this year. It also means passing longer-term measures to reduce economic anxiety — above all, universal health care.

If you ask me, there isn’t much suspense in this year’s election: barring some extraordinary mistakes, Mr. Obama will win. Assuming he wins, the real question is what he’ll make of his victory.
http://www.nytimes.com/2008/07/18/opinion/18krugman.html?_r=1&oref=slogin
クルーグマンはオバマ大統領の誕生の可能性が高いと考えているようですが、経済の状況に関しては切迫していると言っています。

複式簿記を勉強したら、あんな失敗は起こらないと思うのですけどね。
[PR]
by nk24mdwst | 2008-07-23 09:47 | Poetry

a duodenal ulcer

いま、仕事場には、Dave Mason & Cass Elliotが流れています。
このころのローレル・キャニオンあたりの事情については、Laurel Canyon by Michael Walker が活写いたしております。
この本では、キャス・エリオットの自宅の庭でJoni Mitchell がギターを弾くのを呆然と眺めているEC、にやついているDavid Crosby の写真が秀逸です。

実は、長らく探していて初めて聞いているのです。ドラムがRuss Kunkel なのですね。がっかり。Alone Together のときのメンバーだったら良かったのに。

Dave Mason は、確かSteve Winwood のTraffic を出たり入ったりしますが、その前は、記憶ではSpencer Davis Group のローディだったと読んだような。
まあ、人柄でしょうか、Jimi Hendrix のAlbert Hall コンサートに飛び入りしていたり、Electric Ladyland なんかにも参加しています。

Dalaney & Bonnie がECとウィンウッドが作らされたBlind Faith の前座として渡英したとき、親しくなり、ECなどと一緒にD & BのOn Tour なんかに参加するわけですね。
このオール・スター・バック・バンドはディレイニーと金で揉めてそっくりJoe Cocker のバック・バンドになってMad Dogs & English Men になるわけです。

残ったBobby Whitlock とECが意気投合し、George Harrison のAll Things Must Passのセッション等を経てDerek & The Dominosになるというわけですね。

夕べは、Grootna, Mother Earthと続けて聞いてました。そんなにいい曲があるわけではないのですが、演奏は誰だろうって考えたら眠れなくなってしまって。Tracy Nelson は、いい歌手ですし。
Jackie DeshanonのLaurel Canyon を聞き出しました。ボーナス・トラックと本体とは全く別のセッションだと思われるのですが。
結局、これもあれこれ考えていたら全20曲聞いてしまい、Dead に切り替えてやっと眠れました。

まあ、昨日は37度近くありましたからね、日中。

今日は、回覧板の日です。

Emily Dickinson の Complete Poems(1924).Part Four: Time and Eternityからです。

      ONE dignity delays for all

ONE dignity delays for all,
One mitred afternoon.
None can avoid this purple,
None evade this crown.

Coach it insures, and footmen,
Chamber and state and throng;
Bells, also, in the village,
As we ride grand along.

What dignified attendants,
What service when we pause!
How loyally at parting
Their hundred hats they raise!

How pomp surpassing ermine,
When simple you and I
Present our meek escutcheon,
And claim the rank to die!

もう一つ。

      THE LAST night that she lived

THE LAST night that she lived,
It was a common night,
Except the dying; this to us
Made nature different.

We noticed smallest things,—
Things overlooked before,
By this great light upon our minds
Italicized, as ’t were.

That others could exist
While she must finish quite,
A jealousy for her arose
So nearly infinite.

We waited while she passed;
It was a narrow time,
Too jostled were our souls to speak,
At length the notice came.

She mentioned, and forgot;
Then lightly as a reed
Bent to the water, shivered scarce,
Consented, and was dead.

And we, we placed the hair,
And drew the head erect;
And then an awful leisure was,
Our faith to regulate.

時代はずっと下がって、1969年。The Byrds のこの時代は、Roger McGuinn しかオリジナル・メンバーはいないのですが、つまり残りのみんなはすべて雇われということですね、このヴァージョンのバーズは好きです。

      Ballad Of Easy Rider

The river flows, it flows to the sea
Wherever that river goes that's where I want to be
Flow river flow, let your waters wash down
Take me from this road to some other town
All he wanted was to be free
And that's the way it turned out to be
Flow river flow, let your waters wash down
Take me from this road to some other town

Flow river flow, past the shady trees
Go river go, go to the sea
Flow to the sea
The river flows, it flows to the sea
Wherever it goes that's where I want to be
Flow river flow, let your waters wash down
Take me from this road to some other town

Clarence White Guitar, Vocals 、Gene Parsons Guitar, Drums, Vocals, 5-string Banjo、Roger McGuinn Synthesizer, Banjo, Guitar, Vocals 、John York Bass, Vocalsというメンバーです。
Skip Battin が加入する前です。

前、このブログのどこかに意に沿わない引用とそれに対する反論をどうするかって書いたことがあります。

租税制度に関して、租税実体法であれ、租税手続法であれ学問的な論文としての体裁を整えるためには比較法的考察を欠くことができません。、特に、他国の制度や手続と日本のものを比較法的に考察することは、考察者が、いわゆる研究者ではなく、実務に近いところにいる人の場合には有意義だと思います。
課税庁サイドであろうと納税者サイドであろうと立場の問題ではありません。

しかし、比較法的に検討するなら、入り口としてはそれらを採りあげた日本の文献から入るのは仕方がないでしょうが、それらの引用文献で採りあげられている参考文献や引用判例に関しては、もとの原典、原著、あるいは原判決を点検検討することが不可欠だと思いますね。
テーマとして採りあげていることについて触れている日本語文献があり、それを適当に引用すると、それらの文献を書いた人の意図とは違う引用になりますし、それらの引用文献には原典が、原判決が書いてあるのだからそれに当たるべきでしょう。
意に沿わない引用をされるはずだと思いました。意がそもそもわかっていない、原判決自体を見ていないのですから。
日本の現状に関する意見が異なるのは立場の違いもあるからしょうがないですが、それ以前の問題でしょうね。

そんな論文が一人歩きされた日にはたまったものではありません。
確かに、いわゆる、大学等で研究者として論文作法を学んだ人たちがそのような論文を黙殺する理由の一因がわかったような気がします。しかし、日本人はお上という権威に弱いので、きちんと誰かが反論しておかないと駄目なのですね。

誰からが打たれ役というか出る杭いになって叩かれる必要があるようです。

そんな奇特な人っているんでしょうか。

少なくともブログというのはそれに相応しい場所ではなさそうですし。
[PR]
by nk24mdwst | 2008-07-22 10:04 | Poetry