<   2008年 06月 ( 30 )   > この月の画像一覧

america shrinks & goes chrome

今日で、今年も半分終わってしまうというわけですね。
あっという間の半年、何をしたかと考えてみても、結局、生活のために去年と同じ仕事の繰返しをしているだけ、ですね。
小学校時代の夏休みの日は、長かったと今は感じますが、当時は、もう終わってしまったという印象しかなかったですね。

昨日は、日曜を三週間ぶりの休日にあてることができましたが、いつもショッピング・センターに買い物に行き、午後、読書、スカパーで映画を見て入浴、食事。
午後7時から、渡哲也初出演作というのをチャンネルNECOで見ていたのですが、午後8時になると眠くてしょうがなくなりました。映画のせいではなく・・・・です。

昨日の続きですが、Chad Wackerman についての個人的評価は、アンドロイド的メトロノームというものから180度転換しました。

何がきっかけになるかわからないものです。Frank Zappa のThe London Symphony Orchestra vol.1 & 2 を聞きなおしたおかげです。
これらは同じセッションの演奏ですが、2の方は1987年に発表されています。こちらの方は、以前からのFZのおなじみレパートリーをやっていて、その意味でGrand Wazoo あたりからつきあっている人には、おなじみのザッパ・オーケストラの雰囲気がします。

おなじみの曲をやっているので当然なじみのモチーフが出てくるということですね。

こちらで感じるのは、FZが70年代に比べると格段に編曲能力が上がったのではないかとことです。特に管楽器ですね。
弦楽器のアレンジに関しては、前も書いたかもしれませんが、ハリウッド映画音楽に多くを学んでいるのだと感じます。

ハリウッドの映画音楽で西部劇の音楽といっても、50年代や60年代半ば当たりまでは、別にC&Wが出てくるわけじゃなくて、スタジオの座付き作曲家が作曲、編曲し、ロサンゼルス・フィルのメンバーが小遣い稼ぎに演奏していたわけですね。

ハリウッドの映画産業(音楽産業)というのは、東部のエスタブリッシュメントではなく、東欧からやってきたユダヤ系の人たちが金を出し、ワーナーとかMGMを作る。
映画は、スタジオという分業システムの中で作られるわけですが、その担い手の多くは、監督や脚本家、作曲家の他、俳優などの多くも仮にイギリス風の名前を名乗っていても、後からアメリカへ移民してきた東欧のユダヤ系の人やイタリア系の人が多かったわけですね。

Randy Newman のおじさんたちはオスカー受賞者ですが、彼らが書いた西部劇の音楽は、それこそドヴォルザークやチャイコフスキー的な中欧、東欧ロマン主義古典音楽の雰囲気があるわけです。
FZは、これらを教材にしていたのだと思います。

LSOの演奏を聞いていると、弦楽器のアンサンブルにそれを感じます。

Vol.2の方が全体にまとまった演奏のように感じるのは、単に、聞く方が曲を知っているからだけではないのかもしれません。

今日は、朝からVan Morrison です。彼は多作なのでというかキャリアが長くて、ちゃんと継続的にアルバムを出していて、きちんと追っかけをしていて・・・というわけです。

Astral Weeks で、はまったのですが、ヘビー・ローテーションでかけるとすればThem 時代を集めた二枚組CDになるんでしょう。
というわけで今週は、仕事場でずっとヴァン・ザ・マンと付き合うことになりそうです。
Van MorrisonのThe Big Royalty Check という曲は、聞いたことがないと思ったらThe Lost Tapes Vol.1 というアルバムに収録されているようです。
1967年のBang Session のときの録音だろうと他の収録曲名を眺めながら考えています。

      The Big Royalty Check

I’m waiting
For my royalty check to come,
And it still hasn’t come yet.
It’s about a year
Over due.
I guess it’s coming
From the big royalty check in the sky.
I waited and the mailman
Never dropped it in my letterbox.
Oh, oh-oh, oh...
I guess it’s a big royalty check in the sky.
Oooh baby.
But you can’t
Beat the tax man
And me
All at once.

1967年のヴァンの経済状態だったら結構切実な思いそのままかなと。
このThe Lost Tapes なんてやつもブートなんだと思いますけどね。印税欲しいって歌が入ってるCDが売れてもきっとヴァンには印税は、入らない。ピリオド。
ネットにこの歌がいっぱい転がっているので驚きました。

曲を書けば印税が入るわけですね。ちゃんとユニオン・スタイルで契約していれば、演奏やバック・コーラスだけでもちゃんと自分が関わった曲が使われるごとにロイヤリティがもらえる。

ヴァン・モリソンのMoondance を採り上げている詩です。kamryn chew が書いています。

      callings of a wanting heart

There comes a point in a girls life where she needs something more. Having reached this point in my life, I have become antsy. My heart longs for the amazing. The amazing love. The amazing night with that one perfect person. The person who I know is flawed, but the person that I love anyway. My heart needs a warm summer night in the grass watching the stars in the sky. I yearn for a cool breeze in my hair, a sweet kiss on the cheek. Living in the desert you don't really expect these things, but my hope never dies. I want a boat that is candle lit and a sweet song playing in the background. This life I am leading seems to go no where and all along all I have ever wanted is these things I write to you now.

And that also. Writing, I mean. The passion of my life. The ideas that swim in my head, filled to the brim with the romantic things that most would consider foolish. I dream of past times, kings and queens, being the girl who falls in love with the perfect man. A tragic forever. Anything that makes my heart swell is something that I feel I need. So many things, but such little things that bother me until I feel antsy. My head swims with thoughts of these things. Things that I have wanted since I was a little girl. Maybe I have read one too many love stories. Maybe these thoughts are there for my future books. I would like to think that things are the way I imagine them to be. But I know otherwise.

I believe sometimes I am the only one who thinks this way and that I am born in the wrong generation. Although I have a feeling that no matter when I could have been born my ideas will always haunt me. Always left wanting. Always thinking of how wonderful my life would be if I was someone else. Someone who could have all these things. So, so many things. All non material things though. I was never one for the material. Most writers aren't. but I especially am not materialistic. I long for true love.. For a night in shining amour. As silly as that seems I long more and more for that exact thing. More and more for a sweet summer night, a sweet song and a look of love deep in his eyes.

And then I ask myself why I am writing all this, because no one will ever read it. But something about writing has always helped me to calm my nerves. And now days I need that more and more. The antsy-ness is at the brim. John Keats once wrote about being afraid he would never trace the Huge cloudy symbols of a high romance with the magic hand of chance. And more than ever I am feeling the same. Although he was dying, and the reason for his fear was more real, my heart feels as though he was writing my emotions. So many things run through my mind that I fear this will become random and incomprehensible. I want my head to swim with happiness, I want my heart to burst with joy. The kind of joy that I have not possessed for quite a while now. As books take me to these places that I long to be, I feel good for a short while. But then reality hits and I am back in this lonely world.

And this letter would make you believe that I am depressed. While sometimes I feel that I am, I am much too happy of a person to be depressed. I smile and laugh more than most. And it is real. But there is the me that wants something more than what I have been given. I want these things that a man could give me if a man could think of such things. And what man would that be? I have no clue. The gap becomes larger and I'm beginning to fall into it. But my hopes are still high, that is something that will not change. And a weird thought pops into my head. How I miss high school. I miss my senior English class. I miss Mrs. Beasley's class too. The classes that I learned in. The classes that kept me going. The poems in English that made me think hard and made me dream even harder. What I wouldn't do to be lost in a story land like the one in the books and poems.

Could anyone ever comprehend what is in my heart and mind? Is there really a man out there who would be able to understand my heart? Who would love me for the depth and ideas that I have. Are they not too radical? Not to me, but who these days would actually find them interesting? If I met someone who could, my heart would be forever theirs. I have the longing to stroll the beach, to kiss as the waves run over my feet and above the sun sets in the sky. Also to lie on a blanket. Such simple things to dream of, really. But the simple things that I have begun to doubt.

I wish that I would not doubt. I wish that I was in a play where all was well in the end. That this is just the first act. How immature us that? So.. Childish.. I guess. But I remember as a child the feelings of completion were always present. Having nearly nothing never phased me or my family. We were happy. What I would do to have those days back. I talked about some of it today. Some of the sacred things that I have kept for the times when I need a place to go. I told Amanda about some of them. I told her about the summers. There is so much more, so many more memories that I would love to have again. So many memories run through my head even now as I write this. I once read a poem called Tinturn Abby. A man talks about a place he loved as a child. Those memories are my Tinturn Abby. So maybe being childish is the key. Maybe its not such a bad thing. I am quite childish. But serious and womanly also, when the time is right. I guess that is a good way to be.

It seems there is always a let down. Another last night. Although it almost came through, but still the lack of what I really feel I need. Things are changing and I feel it. I am unsure what the outcome will be and it scares me a little. But I am strong and I know whatever happens was meant to happen. The magic hand of chance. Am I tracing the shadows? I think not. At least not in the way that Keats spoke of. A smart man. What I would do to sit and have a chat with him. Kindred spirits, I guess you could say. My mind wanders back to those days in school when we would sit in that school room and discuss the meanings of poems. Such simple days it seems, but the quiet before the storm. Such a peaceful time. My heart was content. I long for those days again. I need some good old fashioned poetry and essay writing. Ha what a loser I am. But I enjoy it, so I don't really care.

Maria's husband passed. Its really such a tragedy. He was young, and it hit me hard even though I've never met him. To think that someone that close could pass. JJ left for Iraq. That terrifies me, though I don't show it as much as I feel it. Zack leaves in a few months. They are both only boys. Neither are old enough to go fight a war. It is a horrible feeling that runs through my body when I think of all this. It brings me down even more. Such innocence, to be tainted by war. The romance is there, in the death. Maybe that is why it hit me so hard. Always a sucker for a love story, even if it is a tragic one.

I just realized how much I love to write. I have always known, of course. But it has been a long time since I have really spilled my heart into words. A kind of limbo, that is what I have come to think of the state I am in. I just want to write. Is it so difficult? I want to share with the world the romance in my heart. The passion for reading and writing that I have should be shared with all. But I hold back, because I worry that my passion is too strong. If passion is all I have? What of talent? Certainly you need talent to write. What If the talent I feel I have is only there because of the passion in my heart? Could they be the same? I have never written this fear before.

Some things, I feel, are too 'out there ' to share with the general public. They are just the musings of a passionate heart and a wandering mind. I thought maybe I had found someone with the depth to comprehend what I feel, but not even close. Last night showed me how wrong I was. It was simple really what I wanted. Not a big deal. And free! But he crushed it like it was nothing. Oh sure, he didn't mean to. But his actions showed me that he really didn't care. And another one bites the dust.

Another passion of mine. Music. Its most likely the romance that it creates that makes me love it so much. But oh how I love it. And all kinds. Not just one genera. I'm not close minded. Each type of music has its own bit of romance and I catch it from each. Moondance would have to be my favorite though. The romance in every Van Morrison song makes my heart soar. But Moondance is the ultimate. It is what I crave. I have not met anyone with the love for that song that I have. No one feels it like I do. I wish I could find someone with the love for it that I possess. Maybe then I will have found my one and only. Over a song.. Seems silly right? Maybe it is. But once again I don't care.

That song is the one that makes my heart leap. And I think I shall need it until the right man comes along. Lord knows I need that song. I feel it in my heart. Makes me want to do exactly that.. Moondance. A moondance. Worth a thousand words. I'd have to say Van Morrison is a poet, in his own way. The stories his songs tell of Gypsies and the things that are exotic in my mind, I guess. The things that are different. I'm such a junkie for that kind of stuff. For culture. Ha and out comes the geek once more.

Astral Weeks とMoondance どちらが好きか、Them 時代・・・そしていまのヴァンかな。

Duane Allman は、Eat A Peach のジャケットが描いているような桃を積んだトレーラーにぶつかって不慮の死を遂げたわけです。当時24歳、別れた妻との間に2歳の子供が一人。
彼の当時の資産というと、事故のときに乗っていたハーレー、現金と預金を合わせて2000ドルに満たないほどだったようです。

彼はやたらとセッションに顔を出していますが、買い取りスタイルで一回いくらという感じだったと思われます。彼が亡くなった時点でABBのレパートリーは、ほとんどがGreg Allman、出なければ古いブルース・ナンバーでした。
唯一彼が作曲したのがLittle Mertha です。夢の中にJimi Hendrix が出てきて弾いてみせてくれた曲だと近しい仲間に語っていたとか。まあ、ジミヘン云々はどうでもよいことですが。
[PR]
by nk24mdwst | 2008-06-30 11:28 | Poetry

down shoes don't fake it

Grateful Dead を聞いています。Europe ’72 は、LP発売当時、三枚組のセットで出ました。発売と同時に買いました。
この時点で、デッドのライブ・アルバムは、Live/Dead, Grateful Dead の三種類となったわけです。
それ以前のアルバムにもライブ音源が部分的に用いられていましたが、完全ライブというのは、という意味です。

繰り返し聞いたのは、ライブ・デッドでした。72年のライブに関しては、いい演奏だと感じたのですが、当時のレコード、私が買ったのは国内盤だったからかも知れませんが、音が物足りないと感じたのです。
音がきれい過ぎる、やせていると感じたのですね。
ライブ・デッドの方が音が臨場感のある音がしたと感じていたわけです。
演奏も、後年に比較するとはるかに荒削りだと思いますが、ライブ・デッドのインパクト、というかメドレーで演奏されるナンバーにスリルを感じました。

CDになり、ボーナスも追加され、さらにデッドの72年の欧州ツアーのライブ・ヴァージョンは他にHundred Year Hal, lRockin' the Rhein with the Grateful Dead が後年出されたわけですね。
CDになってからは、この時代のデッドを一番、聞くようになりました。

あと、私がLPで買った History of the Grateful Dead Volume One (Bear's Choice) は、録音日時が戻るのですが、これもよく聞いていました。
これは、1970年2月のFillmore East ライブで、このときの前座がAllman Brothers Band だったということですね。
デッドのレーベルから出ていて私が探しているABBのフィルモア・ライブCDは、このときの録音だと思われます。

デッドについて語る資格は私にはないので、Midnight Riders と著者のScott Freeman にけちでもつけることにします。

有名アーティスト、評判のよい本にけちをつけ、アフィリエイトなんていうものと反対のことをしているつもりでも、世間は色々で、あいつがけちをつけているなら、逆に買った方がいいという人もいるかもしれません。

私の場合で言うと、Dave Marsh がけなしているものなら、一度くらい聞いてみる価値はあるのではと思うわけです。

この本がABBについて最初に書かれた伝記本としての価値は認めます。入手困難で最近、やっと手に入れて読んだのですが、色々と気になる点がありますね。1995年の出版だということは、考慮しているのですが、それでもというわけです。

もっとも、最近出たからといって、先に紹介したEC本のようにゴミはゴミですけれど。

書かれたときの状況がそうさせる、あるいは、インタヴュー対象の話に制約を受けることは認めますが、本来、もっと話を聞くべき人の話が欠落しているように思うのですね。

ジャム・バンド・スタイルは、オールマン・ブラザーズ・バンドが嚆矢であるというのは、言いすぎでしょうが。ウェスト・コースとでデッドなんかを見ていなかったらあんなスタイルがその時点でやれたかというと、疑問符をつけざるを得ません。
そりゃ、サザン・オリジン・バンドとしては画期的だったと思いますが。

映画のEasy Rider に出てくるアメリカの南部のイメージがありますね。ステロタイプのC&Wしか聞かない白人の社会と隔離された黒人コミュニティーという図式です。
それが半分ほど当たっているとして、そんなところに13歳からボンドを吸っているDuane のようなやつが生まれ育ったのも事実だし、彼らがBritish Invasion Band のコピーに熱中し、周囲の若者もそれを受け入れたというわけです。

Whippin’ Post の11/4 のイントロだって、デッドのEleven なしには考えられないってミドル・ティーンだった私でも気付きましたからね。
フリーマンの方は、オールマン・ブラザーズがドラッグをめぐるごたごたで空中分解し、Warren Haynes の加入によって再編された時点で書かれているので、ドラッグの話その他、タブロイド的ゴシップは満載ですが、肝心の音楽に関しては明らかな弱点があるように思えます。

デッドとオールマン・ブラザーズの関係についていうと、オールマンの契約をRick Hall から買い取ったPhill Walden が、当初、頭に描いていたのは、Cream,Jimi Hendrix Experience のようなパワー・トリオで売ろうということでした。
ベーシストがいなくてBerry Oakley を引き抜きに行ったところ、ギターとドラマー、Dickey Betts, Butch Trucks も一緒にきたというわけです。
これにGreg Allman が加わるのですが、このツイン・ギター+ツイン・ドラムのスタイルは、デッドと同じですね。

Filmore East ライブに収録されているMoutain Jam はおそらく最低のできのものだと思いますが、Ludlow Garage などでのベッツのギターは、明らかにJerry Garcia の影響下にありますね。

特に意味があって聞きなおしているわけじゃないのですが、初期のライブから順に聞いていると、ベッツが悪くないと再認識したのですね。

Dominos がLayla を出したとき、当初の評価は低く、その理由として、誰かの歌がパッとしないこと以上に、やたらとオーヴァー・ダブされたギターのパートについて、誰がどのパートを弾いているのかわからないという不満があったわけです。
ミックスしたTom Dowd のせいということもできますが、後年のリマスターを聞いてはっきりしたのは、参加していない曲以外では、スライドはもちろん、普通の弾き方のところでもメインは完全にオールマンなのですね。もう一人は、他人をなぞっているので区別がつかない。

オールマン自身は、ギブソンを弾く自分とフェンダーの相方だからわかるだろって言い方になるわけですが、ABBでは二人ともギブソンであっても誰がどれかって迷うことはないです。

伝記、それも最近の話であっても、あるいは最近の話であるからこそかもしれませんが、筆者の嗜好や識見、集めたデータやインタヴューの制限を受けるわけですね。
インタヴューは、いろんな人の話を聞かないと駄目でしょうね。特にまだ現役で、自らの利害が絡む人に話を聞いている場合は、特にそう感じます。

だから、古代の歴史とかという話になると、何が正しいのか。
利害関係者はいなくなっていると思ったら大間違いですし。

ブログをはじめてよかったことは、アマゾンをのぞいて余計な買い物をしなくなったことですか。それと、よそ様のおっしゃっていることに影響を受けて、知らなかった音源をめったやたらと追い求めることがなくなったことでしょうか。

Emily Dickinson の詩集を買ったこと、Oliver Wendell Holmes, Jr. の本を買ったこと、この二つは、自らまいた種だからしょうがない。

Chad Wackerman とScott Thunes を個人的にどう位置づけるかということについて結論が出せたのも良かったと思います。

機械のように正確なアンドロイド・プレイヤーだと考えていたのですが、FZのバンドで演奏しているときは、息がぴったり合っていて大したやつらだと最近思うようになりました。

70年代以後FZは、有能な若い才能を発掘し、彼らをバンドという楽器として駆使するようになります。若い才能にとっては非常に貴重な学習の機会であるというべきなのかもしれませんが、FZ Alumuni を見ていると、その後音楽の世界で成功した、ないし、独自の地位を確立できたというのはほんの数人ですね。
燃え尽きてしまうほど消耗するのかと思わざるを得ません。

何人かのドラマーが成功しただけですね。

最高のセッション・ドラマーであっても、というか、最高だと認識しているからこそ、独裁的なバンド・リーダーに徹底的に指図され、かつ、独創的即興性を求められた日にはたまったものではなかろうと思います。
まして、それがツアーとして毎日続くとしたら、です。

FZは、くすりも禁じていましたたし。
[PR]
by nk24mdwst | 2008-06-29 06:59 | 音楽

grandson of juzzy cottagecheese

土曜は、目覚めが早いです。
夕べは、就寝が早かったこともありますけれど、休日だということが原因でしょう。厳密には、世間が休日だからです。
私自身は、当然、仕事ですが、通常はゆっくり目に出かけるのですが、何より、電話がかかってきたり、来訪者があったりしない、あるいは、こちらが出かけるということが基本的にないので気楽なのですね。

のんびりと好きな仕事を心いくまで・・・・ではなく、平日だといやでたまらない仕事を片付けるのに最適の日・・・というか、適当に流して仕事のできる日・・・いつも適当じゃないか・・・そのとおりで、このまま適当に地球の停止する日を待つ・・・松なら去年だろ・・・松は正月、去年は待つ・・・ところで、去年の干支は・・・加齢による健忘症・・・夕べの晩御飯は、しかして・・・とほほ。

毎日、自分の食事を記録するだけで、体重を減らせる(ダイエットという言葉は、好きじゃないです。)という方法があると聞きましたが、その場で記録しないと駄目ですね。もう、忘れていますから。

私の場合は、このブログが就寝のときに、聞いた音楽の記録になっていて、それが直ぐに思い出せず、記憶をよみがえらせる過程で頭に浮かんだことを深く考えもせず、書き連ねているだけです。

というわけで夕べは、Quicksiver Messenger Service のeponymous タイトルの第一作を聞いてました。Happy Trail になぜしなかったか、あれは半分ライブで、演奏に気になる点が出てきて眠れなくなるのが怖かったから。
もっとも、ライナーにどう書いてあろうと、Happy Trail は、LP の一面にあたる部分が、Who Do You Love?で、Fillmore East とWestでのライブということになっていますが。拍手が確かに聞こえるのですけど。本当にフィルモアのライブを編集したものなのかな?!よくてスタジオ・ライブなのじゃないかと感じますが。
しかし、このバンドは1967年にキャピトルと契約しますが、そのときは、最もよい条件だったといわれています。残り物に福ありだったのか。バンドとレコード会社双方、立場が違うわけですが。

クイックシルヴァー・メッセンジャー・サーヴィスは、Sons Of Champlin なんかに比べると、サン・フランシスコのヒッピー・バンド色がちゃんとあると感じますけれど。
サン・フランシスコとのヒッピー・バンドが、そのままスタジオに入って録音したという意味でいってるのではありません。

逆に、サンズが非常にスリックな仕上がりになっているということが言いたいわけです。Bill Champlin が主導権をもってレコーディングしだすと、大げさなヒッピー文化賛歌とジャズ色が増してきます。

個人的な偏見ですけれど、Jefferson Airplane は、サン・フランシスコを活動の拠点としていたかもしれませんがレコーディングに関しては、ライブは別にするとロスのというかハリウッドのバンドのような感覚を感じます。
Jorma Kaukonen とJack Casady の個性とグルーヴは、彼ら独自のものだと思いますがバンド・サウンド、バンド・ポリシーは、ハリウッドだと。
そう感じさせる原因となるメンバーは、誰か、ということについては、消去法で消していって残る人(たち)なのでしょう。
後年のStarship が、MTV時代に生き残っていてヒットを連発しているのを、当時、同時代の音楽をネグっていた私は偶然MTVで見て、驚いた記憶があります。

子供時代は素直だったのです。30歳以上は信じるななんてことを言ってたやつらが一番信用できないのだと、自分がその年齢になったときに気づくのですね。

「ABBは、(フィルモア・)ウェストに出たことはない。」と書いています。ただし、ロスのウィスキーには出演しています。
客の受けが悪くて、メンバー全員がめげ、くすりが足りな買ったからかなんて反省しています。'At Fillmore East’ がRolling Stone で絶賛され、チャート上昇中のことです。
よほどロスと連中は、相性が悪いのでしょう。

彼らがサーキットしたのは南部、東部、中西部です。1970年に冬のミシガン湖近辺のハイウェイで大雪に遭遇し、南部出身の彼らは、おんぼろバン(バスがまだ買えなかった。)で立ち往生し、凍え死にしそうになったこともあったとフリーマンの本でローディが語っています。

Dead のTruckin' (Europe "72)を聞きながら・・・
What a long strange trip it's been!

John Berryman の Dream Song から。

      It was the blue & plain ones. I forget all that

It was the blue & plain ones. I forget all that.
My own clouds darkening hung.
Besides, it wasn't serious.
They took them in different rooms & fed them lies.
'She admitted you wanted to get rid of it.'
'He told us he told you to.'

The Force, with its rapists con-men murderers,
has been our Pride (trust Henry) eighty years;—
now Teddy was hard on.
Still the tradition persists, beat up, beat on,
take, take. Frame. Get set; cover up.
The Saturday confessions are really something.

Here was there less or nothing in question but horror.
She left his brother's son two minutes but—
as I say I forget that—
during the time he drowned. The laundry lived
and they lived, uncharged, and went their ways apart
with the blessing of the N.Y. Police Force.

5月3日の憲法記念日のブログでアメリカの憲法第二次修正について触れています。いわゆる銃器保有の自由条項です。

銃器保有の自由を制限するワシントンD.C.の法律が違憲かどうか争われた裁判の最高裁判決が6月26日に出ました。
結論は、「違憲」だというものです。

細かい用語や概念について厳密な定義が必要なので、簡単に論評できません。上記のページではシラバスを原文のまま載せています。なお、シラバスは、単なる要約であって判決文そのままではないので注意が必要です。

まだまだ内容をよく把握理解しているとはいえないのですが、将来的にできるかどうかもわかりませんけれど、5月3日のブログにシラバスを貼り付けました。
連邦最高裁の該当判決文へのリンクもつけました。

6月26日の判決が、5月3日にバック・デートしているのですが、憲法記念日だからあとで引っ張り出すとき便利かなと思ったのでして。

今日も、Pentangle を聞きながらの仕事です。The Trees の’On The Shore'のリマスター二枚組も悪くはないですけれど。
[PR]
by nk24mdwst | 2008-06-28 07:35 | 音楽

aunt maggie's charm

Pentangle の Sweet Child で、Bert Jansch が歌っているのが流れています。このライブ・アルバムは、一曲終わるごとに満場から上品な拍手が起こるので、白けます。
演奏は、手抜きはしてないけど、本気かな?!
一時期、彼らはかの国で人気絶頂だったことがあったのです。テレビ・シリーズの主題歌をやったせいです。

マネージャーは売れるうちに売れってコンサートの連続、アルバムの連発・・・バート・ジャンチとJohn Renbourne は、適当に手を抜いて、ソロの下地を、というかもともとソロだったわけで、自然に崩壊すべくして崩壊したというべきグループだったと思います。

コンサートの連続、年に二枚のアルバムを出す、プロモーションでツアーなどというのは、60年代の終わりから70年代初頭のロック・バンドのお仕事だったわけです。
大阪の興行会社じゃないですけど、バンドのメンバーは諸経費をアドバンスで差っぴかれ、ロイヤリティというか印税が入るのは、作詞、作曲のクレジットのある人間だけ。
そりゃ、みんな潰れます、仮に才能があったとしても。

マイケル・クラークにドラムの才能があったかどうか以前に、当時の業界慣行、バンドのスケジュールなどから考えると半年、スタジオに籠もってアルバム作るなんて事はほとんど不可能だったわけです。

レイラ・セッションだって、実際には、2週間のやっつけ、うち半分はクスリでヘロヘロだったわけです。
それを天才プロデューサーのTom Dowd 氏があのような名作に仕立て上げたわけですね。

忘れないうちに、先日来触れているScott Freeman の本は、おそらくネタ元はローディだった連中とEC、ダウドどまりですね。
だから、レイラ・セッションにDuane Allmanが参加することになったいきさつ、あるいは、ECとABBの初対面のときのいきさつが、Skydog の記述とは異なります。
どちらもインタヴューに基づくので少子、私は目撃者じゃないのでどちらが正しいとは言えません。

ただ、フリーマンのABBのFillmore Live の記述は、レコードの収録順に演奏が行われたかのようなものになっています。
現実には2日間に2セットやっているのですから信頼性にかけるように思います。それと、当初からフィルモア・ライブは、LPとして売る予定で録音していたわけですが、初日のセットで競演したブラス・セクションの存在について一切、触れられていません。
私は、フィルモア・ライブは、二枚組みでラックスより、オリジナルのCD一枚の方がまし。できの良くないMoutain Jam がどうしても効きたければ、それにEat A Peach がある。デラックス版の二枚組みだとフィルモア・イースト・ラスト・コンサートがおまけされているので、こっちがはるかに良いと思っています。

1973年までのABBは、スタジオに続けて1週間いたことがないはずです。

ライブ・アルバムをどう位置づけるか、という問題になるとGrateful Dead の存在を外すわけにはいかないのですけれど、そこへ踏み込む余裕が今ないのです。

ライブとは逆のスタジオ録音とロック(ロックンロール)という話になると、作曲家としてのプロデューサーという概念が登場するのだということに関しては、 Virgil Moorefield の'The Producer as Composer: Shaping the Sounds of Popular Music 'という本がそのタイトルで示しているように事実だと思います。
この本の記述、論理にすべて同意しているわけではありませんが、Jerry Leiber and Mike Stoller を嚆矢とし、Phill Specor が歴史的には頂点を極めるというような感じでしょうか。
私は、リヴァプール出身の四人組のよい聞き手ではないので、George Martin については、触れられません。

昨日の晩、Does Humor Belong In Music?を聞いていて、AMG(どうせ当てにはなりませんが)やRolling Stone などもほとんど完全に無視しているFZのアルバムですが、強烈な衝撃を受けたので、そのことだけ書いておきたかっただけなのですけど。
1984年のツアー・バンドのライブ演奏が基本となった「スタジオ・アルバム」です。まあ、ほとんど、ライブですけど。
1970年代にMothers のライブ・アルバムがあります。それから、Joe's Garage の用にライブ音源を元に編集を強力に加えた一群のものを1970年代後半から1980年初めにかけてFZは、出します。
そして、1980年代の半ばになると、従来編集が必要だったレベルの演奏を実演でノン・ストップでできるバンドを楽器として扱えるようになるわけです。
1980年代になって、FZは、その政治批判姿勢を強力に強め、音楽的には非常に同時代性を高め、あるいは、1960年代以来のおなじみレパートリー、実演不能だったレパートリーを実演できるようになります。
この1980年代のシンクラヴィアにのめりこむまでのFZについて、セルフ・パロディに堕したと評価するかどうかというのが分岐点だと最近、感じています。

ZFTに対する見方、考え方も方向転換の必要アリかな、とも考えました。

先に述べた作曲者としてのプロデューサーという概念ですが、実際には、ライバー&ストーラーやスペクターは、歌を書いています。
一応、力量をどう評価するかという問題はあると思いますが、Gary Asher、Terry Melcher、Russ Titleman, Ted Templeman までひっくるめてこの枠でくくってしまうということにします。
非常に乱暴なカテゴライズであるのは、十二分に承知していますが、ロックやポップにおいてある時代においてプロデューサーが力を持っていた、あるいは発揮できた時代があったということを確認しているだけです。誰が入ってどういう位置づけかは、別の検討課題です。

いい加減なカテゴライズをした後に、その人たちの共通点を挙げようというのも論理矛盾であるのは承知の上で、上記の人たちは、例外はいますが、正規の音楽教育を受けていないこと、楽器の演奏や歌唱に秀でたものをもつ人たちではないという共通点があるのではないか、などと考えるわけです。

その上で、1960年にウェスト・コースとで活動を開始した二人のミュージシャンが非常に気にかかるというわけです。作曲者であり演奏者、歌手でありつつ作曲者としてのプロデューサーであるという人たちです。

John Berryman のDream Song からです。

     101: A shallow lake, with many waterbirds

A shallow lake, with many waterbirds,
especially egrets: I was showing Mother around,
An extraordinary vivid dream
of Betty & Douglass, and Don—his mother's estate
was on the grounds of a lunatic asylum.
He showed me around.

A policeman trundled a siren up the walk.
It was 6:05 p.m., Don was late home.
I askt if he ever saw
the inmates—'No, they never leave their cells.'
Betty was downstairs, Don called down 'A drink'
while showering.

I can't go into the meaning of the dream
except to say a sense of total Loss
afflicted me therof:
an absolute disappearance of continuity & love
and children away at school, the weight of the cross,
and everything is what it seems.
[PR]
by nk24mdwst | 2008-06-27 13:11 | その他

status quo baby

John BerrymanのDream Song からです。

      105: As a kid I believed in democracy: I

As a kid I believed in democracy: I
'saw no alternative'—teaching at The Big Place I ah
put it in practice:
we'd time for one long novel: to a vote—
Gone with the Wind they voted: I crunched 'No'
and we sat down with War & Peace.

As a man I believed in democracy (nobody
ever learns anything): only one lazy day
my assistant, called James Dow,
& I were chatting, in a failure of meeting of minds,
and I said curious 'What are your real politics?'
'Oh, I'm a monarchist.'

Finishing his dissertation, in Political Science.
I resign. The universal contempt for Mr Nixon,
whom never I liked but who
alert & gutsy served us years under a dope,
since dynasty K swarmed in. Let's have a King
maybe, before a few mindless votes.

Tricky Dicky とJack & Bobby K の兄弟の時代というのはもう、はるかな昔ですが、未だにその頃の音楽を、というか、それしか聞いていないですね。

昨日の晩は、Sons Of Champlin の1966年録音のデヴュー作、'Fat City 'なんて聞いてました。おまけのラジオのジングルKCPX Radio Spots の声が笑えます。

ベイ・エリア出身では珍しいファンキー・ソウルのヒッピー・バンドなんて位置づけだったような気がしますが、このデヴュー作は、完全にハリウッドの音です。
Bill Champlin の声は40年前から変わりませんが、ホーンはまだなく、複数の12弦を含むギターをバックに、ハーモニーがきれい・・・Beach Boys にByrds フリカケをまぶしたようなサウンド、曲。なぜか、リード・ヴォーカルだけ力んでるというところでしょう。

未だに現役でやってますからね。
80年代に同時代の音楽をネグりだしていたもので、ビル・チャンプリンがChicagoに加入していた(る)なんて事実、今世紀になってから知りました。
Spirit のデヴューとか、この頃の西海岸のグループの音は、妙に懐かしい感じがします。

よくわかりませんが、ロッキー山脈って音楽状況に影響を与えていたのかもしれません。なにをいいたいかというと、ウェスト・コースとでは、南部のAM局の放送が聞こえなかったという意味においてです。
カナダに届いていたのは間違いないですし、ミシシッピのラジオ局にジブラルタルに駐留する米軍兵士からリクエストが来たって話も読んだことがあるのですけれど。

サンズ・オヴ・チャンプリン(サンズ)とかスピリットなどというと、ヒッピーのバンドのように昔は思っていましたが、ビーチ・ボーイズやクリス・ヒルマンなんかと同様、典型的なウェスト・コーストの中流家庭の出で、高校時代からガレージ・バンドをやってた。
世代的には、フォーク・ブームの洗礼も受けているということだと思います。

スピリットというのが、これまた正体不明です。1968年のeponymous タイトルのデヴュー・アルバムは、Lou Adler のプロデュースで悪くないと思います。
メンバーは、一応、Randy California、Jay Ferguson、 Mark Andes、Ed Cassidy ということになっていますけど。

エド・キャシディは、ランディ・カリフォルニアのおふくろさんの再婚相手で、 the Rising Sons(Taj Mahal, Ry Cooder, Jesse Ed Davis)の最初のドラマーだということになっています。レコーディングで残っているものでは、後年、バーズにちょっとだけ在籍するKevin Kelley がクレジットされていますが。

ジェイ・ファーガソンとマーク・アンデスは、アンデスの弟と一緒にJo Jo Gunne を作るのですね。

ランディ・カリフォルニアの方は、キャシディがセッションの仕事を求めてニュー・ヨークに引っ越したとき、Jimmy James & Blue Flames のメンバーになり、このバンドのギタリストが渡英するときに誘われたけど、10代だったので行かなかった。ジミヘンに誘われたけど、蹴ったのだそうで。
ランディのニュー・ヨークで住んでいたアパートの一階下の住人が、Walter Becker だった・・・これは、ベッカーが語っていますから本当でしょう。

何が不思議といって、ランディ・カリフォルニアは、ギターが下手とはいいませんが、歌もギターもひきつけるほどのものがないのですね、後年のレコーディングでは。

最初の二作は非常に良くプロデュースされたもので、聞いてて安心できます。キャシディさんが叩いているかどうか知りませんが。
[PR]
by nk24mdwst | 2008-06-26 09:53 | その他

america shrinks

環境問題、とりわけCO₂がもたらすという「温室効果」による「地球温暖化」『対策』論は、実にかまびすしいところなのですが、Trade Martin が痛烈に批判をいたしております。

    ++>> “CHURCH OF GLOBAL WARMING” <<++

The Church Of Global Warming…..,
Their God is Co2……,
The libs are in a frenzy…..,
Knowing exactly what to do…..,
They’ve got to pray, pray, pray……,
Night and day, day, day…….,
As they tax in every way, way, way…..,
Until a carbon surcharge…..,
Will come to be OK……,
For climate is the new religion……,
That capitalism will have to pay……,
And at the Church Of Global Warming…..,
Karl Marx will smile today……! ! ! !

前半部分の環境問題ヒステリー、二酸化炭素ヒステリー、温暖化ヒステリーを教会というか、いわば信仰にたとえているところには大いに共感を覚えます。

後半部分も、アメリカの草の根保守ならそういうだろうなと言う感じですが、事はそんなに簡単に右と左という単純なイデオロギー論で終わるのかなということです。
グリーンピースや緑の党は左側という捉え方が一般にされているようですけれど、守備位置の問題じゃないと思います。

まあ、ハイエクは、自由市場の強力な信奉者で、『隷従への道』で、社会民主主義を含め共産主義の破綻を予測しています。

ハイエクがそれらの破綻の根拠とし、また、最も忌み嫌ったのは、政府による管理統制が結局、全体主義と衆愚政治につながるという点です。

環境問題論争についても、右とか左ではなく、環境ファシズムという視点を持ち出したりしたら、袋叩きにあいそうですけど。

環境問題とか何とかいいながら二酸化炭素の排出権取引などというものは、穀物の先物と同様、シカゴのマーカンタイル市場で行われているわけで、市場化されているのです。

私のような素朴なご先祖経の人間から見ると、地球は人間なんか生まれる前からあったし、人間なんかいなくなった後も残ります。二酸化炭素とか温室効果だって昔から存在します。
人間の生産活動が、地球環境に影響を与えていることを否定はしません。しかし、逆に、人間は、あくまで環境の一部でしか過ぎないはずです。
部分が全体を変えるということはないのだと考えます。誰か地球の自転をとめられるかという話です。あるいは、地軸の逆転などという事象自体が現実に起きたのはわかっていますが、人間がそれを起こすこともできなければ、止めることもできません。

無駄な消費はやめればいい・・・つまり、読まない本や、下らないCDは買わない・・・ということは事実だと認めますが、人間だって生まれたときから酸素を吸って二酸化炭素を吐き出しています。

地表のもともとほとんど存在しない物質を人間が作り出し、その物質の影響力の効果が半減するのに何万年もかかるなどということの責任は、人間が負わなければならないとは思いますが、地球的時間の中では、それもそれほどのことではないのかもしれません。
人間の歴史的時間においては、意味があると考えますけれど。

夕べ、最晩年のGene Clark のホーム・レコーデングの未発表デモ・テープのCD化されたやつなんか聞いていたら、眠れませんでした。
声は衰え、曲に魅力もなく、ひたすら忘れ去られたプレイ・ボーイの嘆き節です。スタイルは、1960年代の初頭のフーテナニー以前という表現・・・要するに、聞くに値しないものです、99.99%の人にとって。
眠くて、切り替えが面倒くさがっていたら、これが終わらないのです。

’Gypsy Angel: The Gene Clark Demos 1983-1990 ’ というアルバムです。クラークの最晩年のレコーディングで、12弦を抱えて弾き語りをしています。

年齢のせいで、最近の日本の若い人が歌っている歌がわかりません。わからないというのは、言葉が聞き取れないのです。逆に、この手の、古手の英米歌手が歌っている方が言葉が聞き取れたりします。
上手くないギターと亡霊のような歌声で暗いメロディー、それも、どれもあまり代わり映えがせず、歌詞の次のフレーズが聞く前に予測がつくような歌ばかりなのです。
難しい言葉や表現はないのですが、歌の意図がよくつかめなくて眠れなくなったわけです。
要するに、下らない嘆き節、振られ節なのだと片付けたいとのですが、意味が良く取れない。
才能がないから、意味不明の歌詞を歌っているだけなのかもしれません。墓場から聞こえてくるような歌とでもいうか・・・・。
考えすぎなのでしょうね。

アルバムが変わって、60年代のソロ時代へ戻り、Jim Gordon、Leon Russell, Clarence White, Jerry Cole といったみなさんが聞こえだしたら、安心してしまい、記憶がなくなりました。
こういうバックの音楽になれば、歌は関係ないし、ジーンの声もGosdin 兄弟の声も若いし、というわけです。
このアルバム、ドラムはMichael Clarke なんてクレジットされていますが、気にすることはありません。
これだけちゃんとプレイできたら、’The Notorious Byrd Brothers’ のレコーディング・セッションのCDボーナス・トラックで、David Crosby に罵倒され、四文字言葉の応酬になるはずがないですから。クロスビーは、「ジャズ・ワルツ風にやれって言ってるんだ、馬鹿野郎」とわが身を省みず罵っております。
クラークも負けずにひどい言葉でやり返していて。
[PR]
by nk24mdwst | 2008-06-25 10:22 | その他

why don'tcha do me left?

昨日の晩も、Derek & Dominos の Layla Sessions を聞きました。
Jam 1で ECがだらけたフレーズを弾きつづけていましたが、ギターが聞こえないつもりで聞き出したら、あっという間に寝てしまいました。

今日は、朝から仕事場でDominos です。Fillmore Live のJim Gordon のドラム・ソロに差し掛かっています。
このフィルモア・ライブ二枚組みCDと最初LPで出たものがCD化された In Consert では、同じ曲でもテイクが違ったりするのです。

Charles Bukowski を引っ張り出したいというのはどういう心境と説明すればいいのでしょう。

      The Aliens

you may not believe it
but there are people
who go through life with
very little
friction or
distress.
they dress well, eat
well, sleep well.
they are contented with
their family
life.
they have moments of
grief
but all in all
they are undisturbed
and often feel
very good.
and when they die
it is an easy
death, usually in their
sleep.

you may not believe
it
but such people do
exist.

but I am not one of
them.
oh no, I am not one
of them,
I am not even near
to being
one of
them

but they are
there

and I am
here.

エイリアンというのは、宇宙人の事を指しているわけではありません。
と一応、書いてみたのですが、どっちがエイリアンだなどという疑問は消えません。数が多いほうなのか、少ない方なのか。

まだ半日以上仕事の時間がありますが、疲れました。
30分の話をするだけで、一日分のエネルギーを使わせる人っているのです。

その人が善意の人でもそうですし、悪意のある人だとなお訳が悪い。

省みるに、自分もその類なのかどうか。
ある種の人たちにとってはそうなのかもしれませんが。

Sly & The Family Stone も来日するようですね。HPを見ると、一応、ほとんどのオリジナル・メンバーが集まって、The Family Stone としてツアーをしているようですけど、たまにスライが顔を出す程度のようです。

Fleetwood Mac というのはオリジナル・メンバーが全員まだ生きているから、Christine McVee を加えて6人で来ないかな?!
Jeremy Spencer は、元気な声で歌っています。

Peter Green は、声がやっぱり年だなって感じさせます。
結局、人間は年齢を重ねると高い声が出なくなりますし、声の艶も亡くなります。
ベテラン・ブルース・マンなんていってありがたがるのは本当は間違いでしょう。

老人が寝ててもできるのはオーケストラの指揮くらい?!・・・などというのは、オーケストラが自力走行できるって前提ですけど。

10日間に二度、合計4日間、東京へ出張っていたので、疲れてます。身体も頭も。
もっとも、飛行機の中で読んでいたScott Freemanが書いた、’Midnight Riders: The Story of the Allman Brothers Band'の中でローディーが、Duane Allmanが亡くなった1971年は277日、演奏したった語っていましたっけ。

Allmans は、アメリカの東部と南部しかまわっていないのですが、おんぼろバスで移動しているのですね。300マイル移動、セッティング、コンサート、撤収、移動を繰り返していたわけです。
白い粉やら黄色い粉やら、カプセルやらなにやらにどっぷりつかっていたのもむべなるかなといいたいところですが。

Capricorn のロゴがマッシュルームだったのにはそれなりの意味があるのだったわけです。長生きするわけないよ、です。
Allmans 一党は、ファミリー意識を当時共有していて、ローディも含めて足首にみんなマッシュルームの刺青を入れていました。マッシュルームの意味するところは明確です。

オールマン・ブラザーズ・バンド、特にデュエイン、それからECとレイラ・セッションに触れているHPがありました。
このHPを作られた方は実によくブート音源を漁っていらっしゃるので感心しました。ただ、アップデートの関係で、この数年、オフィシャルに出た1971年の三種類の音源には触れられていません。

ブート音源をあえて捜すということまではやったことはありません。ただ、入手したものが結果的にはブートだったということはありますが。大した違いはないか。

1970年2月のDead の前座をやったときの音源をもってらっしゃるようでうらやましい限りです。フィルモア・イーストとウェストを混同されているようではありますが。
ABBは、ウェストに出たことはありません。Hourglass時代に、出たことは、あるのですけれど。
「今度来るギタープレーヤーはきっと気に入るよ。Eric Claptonが来るんだ。」全てはプロデューサーのトムダウドのこの一言で始まった。DuaneにとってClaptonはジェフべックと並び、ギターヒーローだった。彼に会わせてくれと頼んだDuaneはたまらなく興奮していた。
以下は、http://sound.jp/allman/tokusyu/3/dominos.htmlを見てください。

このやり取りは、このHPの別のところで触れられている"ALLMAN BROTHERS BAND-Midnight Rider" スコット・フリーマン著/菅野影子 訳 音楽の友社  1997年5月10日 発行 からの引用だと思います。
原著は読んでいてこのようなやり取りが書かれています。訳書はもっていないので確認できませんがおそらくそうだと思います。

スコット・フリーマンの本は、ABBの暗い部分をはっきり書いていてそれはいいと思うのですが、Layla Sessions に関しては、レコード(CD)を聞いた感想と、セッションの経過がごっちゃになっているように思われます。
というか、このセッションに関する部分では、EC とTom Dowd の二人の話、プラス、自分の感想が混じっているのです。

このセッションに関与した残りのメンバーのうち、Carl Radle は、鬼籍に入ってしまってますし(ECにクビを切られたせいです。)、ジム・ゴードンの話を聞くことは、ちょっと無理である状況なので、Bobby Whitlock に話を聞くべきだったと思うのですが。
このセッションのリズム隊が渡英した辺り以後の話は、いま一つ正確性にかけるように思われます。

ぼんやりAmazon. Com を見てたら、ECの自伝の評を見つけました。
Jan Reidによる'Layla and Other Assorted Love Songs by Derek and the Dominos (Rock of Ages) 'は、持っていまして、流し読みしてめげました。カール・レイドルがBlind Faith にいたことになってて、rick Grech はどこにいたんでしょう?
これが案外、評価する人もいたりするので、人はそれぞれ。
本人が書いたとされる'Clapton: The Autobiography' が、昨年、出ています。これも☆4+位の評価になっているのですが、RComposer "RComposer" (Fla.) 氏の評です。
A terrible disappointment, October 16, 2007
I am a guitarist and long-time admirer of Eric Clapton. I've followed his career and life for four decades. I was really looking forward to this autobiography. Sadly, the book has many flaws in its writing and production, but beyond that, I fear that it reveals a terribly shallow and self-centered man. http://www.amazon.com/Clapton-Autobiography-Eric/dp/038551851X/ref=pd_bbs_2?ie=UTF8&s=books&qid=1214385242&sr=1-2

374 人中 293 人がこれが参考になったと。
以下、この本は素晴らしいという評に対して参考になったという人も割合的には多いように感じるのですが。

引用した評の部分は、まだ一番、ECに対して優しいというべきで、長い感想が述べられていますが実に辛辣です。
憎さ余ってだということをちゃんと書いています。

上記では、自分がギタリストであること、ずっとクラプトンが好きだったこと、しかし、本に失望したこと、本だけではなくクラプトンが度量の狭い自己中心的な人間だと感じ失望したというようなことを述べています。
原文を読めばわかりますが、この評者は、10代半ばでCream がスタジオで録音しているところを見たことがあると述べています・・・このあたりが、ネット上の書き込みなので検証不能であるのは事実ですけれど。

100人いれば、100とおりの聞き方、100とおりの読み方があるわけで、それはそれということにしておきましょう。
少なくとも私は、この評が参考になったと感じました。
[PR]
by nk24mdwst | 2008-06-24 12:57 | その他

big red enigma

昨日は、羽田発の最終便で帰ったのに、今朝も6時に目が覚めました。全然、目が覚めないこともあるので、まずは、良いということにしておきましょう。

昨日、書いた、行政不服審査法がらみの部分は話を聞きながらメモを取り、ディスカッションに入ったときの心覚えの走り書きなので、後日、整理することになると思います。

あともう一点、個人住民税を公的年金等(国民年金、厚生年金、共済年金等)から特別徴収、つまり天引きする制度が来年から施行されます。
今年から、年金から、健康保険料等の天引き、特別徴収が始まり大ブーイングになっているわけですが、それより大変なことになるはずです。
保険料の場合は、緩和措置があって、保険料が年金を上回る場合においては、全額天引きしないという制度なのですが、住民税に関してはこのような緩和措置がないのです。
つまり、住民税等が特別徴収されることになって預金口座に振り込まれる年金額がゼロとなる人が出てくるということなのです。
制度の勉強をもう少ししなければと思っています。

ブログの過去の記事をいじるということがどういう意味を持つのかわかりませんが、私のこのブログは、一義的に私のメモランダムなので、過去の記事について後から訂正、修正、改変を行っているのは事実なのです。

実際には、当日のブログに関しては、一時間以上かけないようにしているのですけど、過去ログの訂正等の方に時間がかかっていたりしまして。

性格ですね。つまり、最初から構成をし、プレヴューで確認、きちんと構成してアップするということができないのです。
今朝も、目が覚め、頭に浮かんだことを書こうと思ったのに、こここまでは、それとは関係ないことばかりですから。

忘れないうちに、昨晩、Ronnie Laneの'Live in Austin'を聞きました。疲れていて直ぐ寝ればいいのに、彼の別のソロ・アルバム' One for the Road'まで聞きました。
Small Faces,Faces , Magic Migits なんてところの参照まで始めると泥沼なので、Layla Sessins のうち、Duane Allman 抜きのセッションを聞き始め、Jim Gorodon のドラムが鳴り出したらすっと眠れました。
この一連のセッションは、Eric Clapton もバンドの他の連中もドラッグとアルコールでヘロヘロ、かつ煮詰まっていてどうしようもなかったところへオールマンが登場するわけです。ECの歌もギターもフィルタリングしてしまうと直ぐに眠れます。

ところで、ロニー・レインのスタイルをどう評すればいいのか。彼はなぜスターになれなかったのか・・・背が低かったから・・・冗談です。別にスターになりたくはなかったのだと思いますが。

忘れないうちに、The Who の亡霊がまた来日するようですね。ロック・スターは、適当なところでこの世から消えている方が良いようですね。
普通のスター・レベルなら、生きていてもひっそりとファンを相手にしていればいいのですが、スーパー・スターは、なまじ、ビッグ・ビジネスになるからわけが悪いんでしょう。
too young to die, too old to Rock'n'Roll と洒落のめしているIan Anderson の方が50歳になって、まともにフルートの練習をしたのだと発言するくらい率直だし、評論家受けはしていないかもしれませんが、真面目にできることをしている、あるいは、するようになったように思えます。

Pete Townshend はロニーを色々助けているので大目に見ておくことにします。

モンタレー・ポップ・フェスにスモール・フェイシズが出ていたら、あるいは、ウッドストックにHumble Pieが出ていたら、ロニー・レインやSteve Marriottのロック人生は変わったのでしょうか。

あのときの、Keith Moon とピートを擁するザ・フーほどのインパクトをアメリカの聴衆に与えることはできなかったであろうと予想されますけれど。

ロニー・レインの音楽の話に戻りますが、彼のスタイルをどう表現すべきか、カントリー・フレイバー漂うなんていう表現が適切かどうか。基本的には、スモール・フェイシズやフェイシズ時代にすでに確立しているスタイルをやっているのですが、R&B的というか、いわゆる黒っぽい部分がそぎ落とされたスタイルに純化しています。

これをカントリーと呼ぶべきか。The Band の’Music From Big Pink'に触発された部分もあるなんていいだす人がいそうな感じですが、時系列でいうとどちらが早いかとい点において疑問符がつきます。

ロニーのこのスタイルに通底すると私が感じるものをやったと思いつくのは、Rod Stewart, Peter Frampton です。
ロッドの場合は、一連のソロのうち最初の3作(’An Old Raincoat Won't Ever Let You Down’, ’Gasoline Alley’, ’Every Picture Tells A Story’)中のR&Bのカヴァーじゃないやつです。フランプトンだっら、ハンブル・パイ初期のカントリーっぽいやつ。

ストレートにこれに近い音を出していたのは、Lindisfarneあたりなのかな。でも、リンディスファーンは、ちょっと勘弁してくれとという気がするときがあるのです。つまり、あまりにイギリスの下町酒場、パブというものの実態を知らないので、ワーキング・クラスの集まる酒場の独特のイギリス風味が強すぎるのです。
初期の Strawbs にも同様の感覚を抱くときが少なからずあります。

このあたりに関して、グラマー・ボーイズのFairport Convention 一派は、それまでのアメリカのフォーク・ロックの影響下のバンド(ロカビリーとサイケデリックの影響もあり)から、ブリティッシュ・トラッドへ方向転換するので小学校唱歌で刷り込みがなぜかなされている日本人の私などが、フェアポートに違和感を覚えない。

Bert Jansch は、フォーク・ブルース・スタイルのシンガー・ソング・ライター・ギタリストだと私は考えています。ワーキング・クラス出身ですけれど。

スキッフルって本当はなんだったんでしょう。

ロニー・レインもロッドもフランプトンもフェアポートもみんな都会の子です。それに比べるとバート・ジャンチは田舎の出身ですけれど。

ブリティッシュ・トラッドというのは、日本のいわゆる民謡がそうなのと同様、伝承歌がそのままの形で受け継がれているわけではなくて、途中で財布等をした音楽家が存在するのです。
民謡だとみんなが思っている「ちゃっきり節」は、作曲者がいますからね。

ほんとに今朝、目が覚めて書こうと思ったところに到達する前の方が長い。

レイラ・セッションについて、録音データと前後の状況を当時の関係者の話をまとめて、つまり、クロス・チェックをかけて、評価を交えず、データで状況だけまとめておけたらと昨日、モノレールの中で考えました。
要するに、当時のセッションの前後、スタジオ近辺に実際にいた人のインタヴューとツアーや録音データを時系列にまとめようと思っているわけです。ですから、かのLayla のCoda 部分は、ジム・ゴードンの手になるものだということについては、何人かのインタヴューで確認しているのですが、それの元がさらに、当時ゴードンのガール・フレンドだったRita Coolidge のアイディアであるというウェブ上の書き込みの存在は知っていますが、その書き込みの元ネタが日本の雑誌の記事の引用なので、そのレベルのものは登場させられないわけです。
確認できれば、作者がバッハだとすればそれでも全然構わないのですけど。

クーリッジ姉妹は、今や、Robbie Robertson と同じようにNative American Music の発掘、承継に力を注いでいるようです。アルバムもいくつか出しています。
Dickey Betts の二度目の奥さんも’Blue Sky'という名前からわかるようにクーリッジ姉妹と同様、西洋から移民が来る前からアメリカにいた人たちの血を引いてますね。

むかし、英語を習っていたとき、先生の姓が、Standingsoldier というものでした。アリゾナ出身で、スーだと言っていました。
彼は、ベトナム従軍後、GIビルで日本の上智大学へ来て人類学の研究をしながら、他学で、英語も教えていました。

オールマン、クラプトンのためではなく、未完に終わるであろうEddie Hinton Story の序章ないし助走として、です。
レイラ・セッションにエディは全く登場しませんからね。

また、違う話ですが、アンソロジーではなく個人の詩集を求めて読もうと思ったのはEmily Dickinson とCharles Bukowskiだけです。
ビート詩人は、はっきりいって嫌いなのですが、ブコウスキーはビート詩人だと意識する前に語り口に魅了されたというべきでしょうか。
だから、彼の人生には興味ありませんし、ディキンソンも同じで、彼女の人生に興味はありません。

J.G. Ballardの小説と彼の生い立ち、Nick Drake との接点・・・ビルマ・・・についていつか考えてみたいと、これもメモです。

最初に私が読んだブコウスキーの詩は、これです。

      don't come round but if you do ...

yeah sure, I'll be in unless I'm out
don't knock if the lights are out
or you hear voices or then
I might be reading Proust
if someone slips Proust under my door
or one of his bones for my stew,
and I can't loan money or
the phone
or what's left of my car
thought you can have yesterday's newspaper
an old shirt or a bologna sandwich
or sleep on the couch
if you don't scream at night
and you can talk about yourself
that's only normal;
hard times are upon us all
only I am not trying to raise a family
to send through Harvard
or buy hunting land,
I am not aiming high
I am only trying to keep myself alive
just a little longer,
so if you sometimes knock
and I don't answer
and there isn't a woman in here
maybe I have broken my jaw
and am looking for wire
or I am chasing the butterflies in
my wallpaper,
I mean if I don't answer
I don't answer, and the reason is
that I am not yet ready to kill you
or love you, or even accept you,
it means I don't want to talk
I am busy, I am mad, I am glad
or maybe I'm stringing up a rope;
so even if the lights are on
and you hear sound
like breathing or praying or singing
a radio or the roll of dice
or typing -
go away, it is not the day
the night, the hour;
it is not the ignorance of impoliteness,
I wish to hurt nothing, not even a bug
but sometimes I gather evidence of a kind
that takes some sorting,
and your blue eyes, be they blue
and your hair, if you have some
or your mind - they cannot enter
until the rope is cut or knotted
or until I have shaven into
new mirrors, until the world is
stopped or opened
forever.

こんな語り口があるのだと非常に新鮮でした。Bob Dylan よりましだと感じたのかな。
[PR]
by nk24mdwst | 2008-06-23 07:07 | その他

soft-shell inclusion

やっと梅雨らしい日になりました。朝からしとしとと小雨が降っています。
近年は、雨が降るときはスコールのような雨なのですが、梅雨寒なんて言葉を思い出すほど昨日と気温の変化を感じます。

東京は、曇りですね。二週続けて、日曜に東京にいるとは馬鹿げたスケジュールだと思います。

曇りだと思ったら、雨が降ってきましたね。

Charles Bukowski を久しぶりに。

      Alone With Everybody

the flesh covers the bone
and they put a mind
in there and
sometimes a soul,
and the women break
vases against the walls
and the men drink too
much
and nobody finds the
one
but keep
looking
crawling in and out
of beds.
flesh covers
the bone and the
flesh searches
for more than
flesh.

there's no chance
at all:
we are all trapped
by a singular
fate.

nobody ever finds
the one.

the city dumps fill
the junkyards fill
the madhouses fill
the hospitals fill
the graveyards fill

nothing else
fills.

昨日の夜は、何を聞いていたのか、努力してやっと思い出しました。King Crimson の1971年のBrighton のライブでした。
音が悪いので有名なライブ・アルバムEarthbound のもととなったコンサートの演奏がCD二枚組みになっています。
こっちは、オーディエンス録音っぽいのですが、RFが高い値段つけて抱き合わせ販売しているわけです。

Earthbound がスタジオ録音に思えるほど、こちらの音質は落ちますが、演奏はすばらしいのです。
ただ、昨晩は、ここまで音がひどかったかと思ったとたんに記憶が途切れています。

行政不服審査法、及び同法整備法は、国会では審議されず、結果的に廃案になってしまったそうです。

最大の論点は、訴願前置主義の意義・・・新たな言い方では再審査請求の廃止を認めるかどうか・・・これは、青色申告者の場合の特典としての更正等の理由附記を義務付ければ、訴願前置は、不要になるはずだと考えられるわけですね。

納税者に対して課税処分がなされた場合、青色申告者でない場合、ですから、消費税、相続税等の資産税はすべて該当しますが、このような場合においては、不服審査の段階にならないと処分理由が明らかにされないわけです。

行政処分庁内における行政不服審査のひとつとしての国税不服申立制度を考える必要は、あります。
基本的には、司法制度において用いられているような、「対審」的審理が行われることになる方向性ですが、どの程度、現在の制度から変わるのかは、わかりません。

納税者が原処分庁の職員等に対して、不服審査段階において質問できるかというような問題が出ているわけです。
基本的には、質問できる方向性なのですが、どの程度の実効性がある制度ができるかということです。

アメリカにおける租税に関する納税者の不服申立に関しては、IRS内部にある不服審査部門を経由するか、それを省略して、租税裁判所その他の連邦裁判所に訴訟を提起することができます。

IRS内部のAppeal Officeに納税者は、不服申立をすることができるのですが、その場合は書面によることが求められます。
対面による審査が行われるのですが、納税者はIRSに提出する文書その他の証拠等に関しては、通常の訴訟と同様、偽証罪の適用があることになっています。

証拠法の考え方が日米では決定的に違うのでその点に関する理解なしに日米の制度比較することには意味がありません。
[PR]
by nk24mdwst | 2008-06-22 11:15 | Poetry

innovation and spiritual dance of the young bumpkin

暑くて目が覚めてしまいました。自宅のWIN98ⅡプラスISDNのPCで長文書き込みは辛いのです。
ノートPCでエッジで接続する方が速いです。コンパックのプレサリオなんて代物が現役でいるわけです。HDの容量が5GBです。

忘れないうちに、昨日のFZのオーケストラ音楽についての勝手な感想文は、Zappatistaというトリビュート・バンドの演奏を途中に聞いたことがきっかけです。このザパティスタのLive In Leeds というアルバムは入手後一度聞いただけでほったらかしにしていたのを聞きなおしたのです。
ZFTのやり口をすべて認めるわけではないのですが、FZの音楽を他人がやることの難しさが解かりました。演奏がラフで聞いていられる代物ではないと。確かにザッパ・ファンが集まり、それなりに達者な連中が集まってやってればライブはごまかせるでしょうが、二度三度聞くに堪える代物ではありません。だって、FZなりの完成品としての見本がが存在する以上、同じ曲をやるなら、新たな解釈を交え、かつ、同程度の完成度で聞かせることが必要だと思ったわけです。

もちろん、そんなことは余人ができることではないわけです。

FZのオーケストラ作品などよほどの物好きにしかお勧めいたしません。私も、何度も聞きたいと考えているわけではないですし。いつでもと言い換えるべきかな。

クラシック現代音楽ファンというのはどんな人達なのか想像つきかねますし、FZのファンならバンドの演奏カタログが山ほどあるので、ここまで手を伸ばしてくる必然はありません。

クラシックの現代音楽なんて代物は好んで誰が聞くものですか。地元オーケストラの定期公演で、演目のうちの一曲がそうだからとか、遠来の外国オーケストラのドサ周りの演目の一つで仕方なく付き合わされるというの関の山です。

*地元の県庁所在地のオーケストラは、前任常任指揮者がよかったという人がいますが、個人に鞭打ちたくはないですが、故常任指揮者が振らないときの方がはるかによい演奏をしました。
前の主席ヴァイオリン奏者(ドイツ人)が来てから、音が完全に変わりました。
西洋音楽の音がするように鳴ったということです。
音色、抑揚、テンポすべてにおいてです。西洋古典音楽の一小節というものは、長さが変わるし、一拍ごとの長さも変化するという表現をできるようになったわけです。

FZの最後のツアー・バンドのライブを聞いていても感じることで、昨日も書いたのですが、ハリウッド映画音楽のアレンジとストラヴィンスキー、ヴァレーズ、ドゥーワップ、R&Bとブルース、それにジャズ風味を、その時代流行のスタイルのロックをベースに曲作りがなされているという感じでしょうか。
ハリウッドの映画音楽とストラヴィンスキーなどとの距離というのはそれほどないように思えるのですが、結局、一番耳につくのは、ベースのその時はやりのロックと卑猥で趣味の悪い冷笑的な歌詞です。この歌詞も、きわめて同時代批評性が強いので、評価が難しい。
同時代において聞くと、そのとおりだと思うか、強烈に反発するか、80年代ににわかに増えた聴衆のように、「これは、自ら考えることを放棄している諸君達に向けているのだ。」というメッセージを理解しないでただの面白バンドとして捉えられるかということでしょう。

昨日も書いたのですが、FZは、時代を超えることができる音楽を書けたのか、演奏したのか、録音記録として残せたのか・・・いずれにしろ、これこそが、彼の夢だったということだけは確かですが。こんなたいそうなことに結論を出せるほどの人間では、私は到底ありません。

しかし、仕事のほうでちゃんと論理的にものを考えてやれという声が、最近とみに強くなっているのですが、老人性健忘症ないしは身勝手症候群(やりたくない仕事はしない・・・やりたい仕事なんてあるはず無い)にかかっておりまして。

夕べは、The Byrds の5Dを聞き出したとたんに記憶が無くなりました。
今日は、ボックスのThere Is A Season を頭からかけながら真面目に仕事しようと。

Ogden Nash は、ニュースに難癖をつけています。

      Everybody Tells Me Everything

I find it very difficult to enthuse
Over the current news.
Just when you think that at least the outlook is so black that it can grow no blacker, it worsens,
And that is why I do not like the news, because there has never been an era when so many things were going so right for so many of the wrong persons.

ナッシュが目にしていたニュースと今のニュースは違うわけですけれど、結論は同じですね。
天気予報が当たらないのは、許しましょう。今日は終日、雨、明日もそうだということですが、朝から梅雨を忘れた暑い日です。

明日の天気も当たらないのに地震の予報ができるのかなどということも止めましょう。

しかし、某国営放送が、誤った情報を与え、したり顔で某国の普通の人たちを誤った方向へ偉そうに導こうとしているのには、腹が立つといいたいところですが、最近は、ニュースを読むアナウンサーもかなり日本語が不自由なようで、原稿書いてる人間も読んでる人間も、自分たちが伝えているつもりになっていること自体を理解していないように思えるわけです。

5D以後の時代のバーズ、悪くないですけど、David Crosby が張り切りすぎ。

"The Notorious Byrd Brothers”のボーナス・トラック'Universal Mind Decoder' では、クロスビーがMichael Clarke のドラムを罵倒し、クラークが応酬、ブースの外からGary Asher が、’Roggi, Chris・・・’と他の二人に仲裁に入れと促すのですが、二人は我関せずという態度で自分の楽器を爪弾くというやり取りが聞けます。

そりゃ、クビになってもしょうがないだろう、です。
[PR]
by nk24mdwst | 2008-06-21 06:37 | その他