<   2007年 12月 ( 31 )   > この月の画像一覧

Just another Monday

大晦日というよりは、単なる月曜という感じで朝からPCに向かって、RRA1998とTBOR3と格闘中。

DVDで法制定当時の模様を説明する弁護士の言葉をPCで再生、話の区切りごとに現地で聞いたときのメモに加筆。結構、ためになる、ですが、疲れる。

Duane Allman がミリタリー・スクールの寄宿舎へ、ポータブル・プレーヤーとB.B.キングのシングルを持ち込んで、練習していた様子を思い出します。もちろん、読んで知ったのですが。
ベビー・ブーマーである彼らが、例えば、学校へ行かずに髪を伸ばしてギターを手に取り、歌いだすなんて事に当時の親たちは、1950年代のクレンジングされたアメリカを生きてきたわけで、どうしていいか解らず、息子たちをミリタリー・スクールへ送り込んだりしたのですね。

Allman 兄弟の場合は、朝鮮戦争ベテランの職業軍人だった父親が、酒場のけんかで殺され、未亡人となった母親は、働きながら大学へ通って会計士の資格を取るわけです。余談ですが、アメリカでは会計士は大学で会計学を修めて試験合格する資格、弁護士は、大学卒業後、院に相当するロー・スクールを卒業後、試験合格する資格、です。
オールマン兄弟の話に戻ると、南部の田舎町ではぐれ物だった彼らは、GIビルで行ける学校ということで、有無を言わされずに寄宿制のミリタリー・スクールに入れられたのですね。そこをでたり入ったり。Greg の方は、卒業してますが、デュエインはドロップ・アウト。

どうようにミリタリー・スクールへ通わされたというと、Steve Stills が思い浮かびます。彼の場合は、中南米に両親がいたりするので、案外、父親は、その手の仕事だったりして。スパイ大作戦の世界。Frank Zappa が砂漠で高校生活を送る羽目になったのは父親がアトラス・ロケット開発→当然、空軍の仕事というわけで、アンドルーズ空軍基地の近くに住む羽目になった。

Gram Parsons もミリタリー・スクールへ行かされたのですね。

彼は、キングのフレーズをワン・フレーズずつ、ギターでコピーし、マスターすると次のフレーズに進んだと。A面が終わったらひっくり返し。

当然、マスターするまでに弾いては聞く繰り返すわけですが、ベッドに投げ出した足元にプレーヤーを置いて、プレーヤーのアームを足指で下へ戻したのだそうです。

17歳になる前に、デュエインの方は学校を辞めちゃいますが、1963年ごろのアラバマの話。

そのころslow hand of god の方は ・・・

1965年ごろ、南部のサーキットでデュエインのバンドの好敵手だったバンドのギタリスト、シンガーだったのがEddie Hinton ですね。

Eddie Hinton については、バイオグラフィのの骨子は、作りました。
いつどこで、生まれ、どういう育ちでどのような形で音楽と関わるようになり、マスル・ショールズのセッション・マンを経て、1980年頃に再発見され、没するまでです。
Son of Laura D and Horton C Hinton, Edward Craig Hinton was born in Jacksonville Florida on the 15th of June1944.
http://www.zanerecords.com/artists/hinton/biog.html
こちらに簡単な経歴とディスコグラフィがあります。


5 Menits 時代の録音も幸いにして入手できました。Tuscalusa Allstars 時代のやつも一緒には行っています。

ソロ・アルバムについては、ディスコグラフィを作って、演奏メンバー、日時等を特定したいと考えています。

セッション・ワークについては、非常にたくさんあるので、ちょっと困るのですが、網羅的なものを作ることは手に負えかねますので、重要なものをピック・アップするつもりです。

それから、彼の作品がDusty Springfield 等に採り上げられているのでそのあたりで重要なものをリスト・アップしたいと思います。

デュエイン・オールマンがなぜ、レイラ・セッションに参加したかというかレイラ・セッションにいたるまでの、Jim Gordon, Carl Radle, Bobby Whitlock の軌跡を追いかけてみたいとも考えています。
というか、要するに、ゴールド・スター・スタジオのエースたちがなぜ、イギリスへ渡ったか。キー・パーソンはLeon Russell だと考えているわけです。

要するにDelaney & Bonnie が、ECとWinwood のBlind Faith の英国ツアーの前座をつとめたのがきっかけだということはわかっているので、それ以前の話を確かめたいのです。

Shindig がポイントで、これはリオン・ラッセルが音楽やっていたわけですけど、Ike & Tina Turner がPhill Specter のプロデュースでRiver Deep, Mountain Highを作っています。リオンは当然、スペクターと仕事をしているわけです。
スワンプ・ロックなんてものがどれほど価値があったかどうかは別にして、その期限というのはこのあたりにあるのではないかな、という感じでしょうか。

あと、ブリティッシュ・ブルース・ブームでもPeter Green, Mick Abrahams という二人のAnglo Jewish ギタリスト、特に、ミック・エイブラハムズが気になる人なのです。

それから、イギリスからアメリカへ渡って成功したセッション・メンというのも何人もいるのでその人たちのこととか。

いずれにしろ本当に、気に入っている人、気になっている人のことって簡単にかけなかったりするような気がします。
[PR]
by nk24mdwst | 2007-12-31 15:40 | 音楽

Your Rights as a Taxpayer

IRSの広報用文書のナンバー1がこの文書です。すなわち”Your Rights as a Taxpayer”というわけです。税務調査着手時に納税者に対してこの文書を交付しないことは、昨日のTen Deadly Sins の一つに該当し、そんなことをしたIRS職員は適正手続を怠ったことを理由に一発解雇されるということになります。

『納税者としての貴方の権利』というのはいかにも直訳ですわりが悪いのですけど。『納税者の権利とは』という感じがいいのでしょうね。定訳はまだ無いようです。

日本では納税者の持っている権利というのは、電話加入権だけだって発言した日税連幹部がいたりしました。電話加入権の価値がなくなっている今は、何があるんでしょう。

日税連は税理士のことを英語で Certified Public Tax Accuntant としてHPでもそう記載しています。アメリカの公認会計士は、Certified Public Accountant ですから、租税に特化した会計専門家というニュアンスでしょうか。

この訳がいいかどうかは別にして、笑い話です。いいかどうかは別にしてという言い方は、評価しているという表現になるか?!

数年前、アメリカでお世話になったロー・スクールの教授が来日し、運転手権通訳(どっちもおぼつかないのですが)としてお供しました。当時、あるMLで日税連の税理士の正式英訳と称するもののPublic という部分について、l を落として記載していた人がいて、そのことを来日した教授に話しました。受けました。

ジョークが受けるとやっぱり気持ちがよかったですね。

税務会計は、学問としては成り立ちうると個人的には考えます。それが絶対の真理を求めるものかどうかについては、富岡教授の見解に全面的に賛成できるわけではないですが。

所得税の応能負担の原則、超過累進税率の有効性についても個人的には意義があると考えていますが、その根拠を憲法に求める北野税法学に全面的に賛成するというわけでもありません。
[PR]
by nk24mdwst | 2007-12-30 14:19 | 租税法(アメリカ)

Ten Deadly Sins

the Internal Revenue Service Restructuring and   Reform Act of 1998 SEC . 1203は、TERMINATION OF EMPLOYMENT FOR MISCONDUCTを規定しています。
   Termination of Employment for Misconduct Notice 99-27

SECTION I.   PURPOSE

    Section 1203 of the Internal Revenue Service Restructuring and Reform Act of 1998 (the “RRA”) provides generally that IRS employees must be terminated from Federal employment if they violate certain rules in connection with the performance of their official duties. The statute also allows the Commissioner to mitigate the sanction of termination. This Notice requests public comments on the proper interpretation of section 1203.

SECTION II.   BACKGROUND

    The basic rules governing disciplinary actions against federal civilian employees are set forth in Chapter 75 of Title 5 of the United States Code. In general, these rules permit discipline, up to and including termination of employment, to be imposed for such cause as will promote the efficiency of the federal service. Agencies generally
have discretion as to whether to impose disciplinary action and as to the form and severity of the action to be imposed, based upon the facts and circumstances of the situation. Most agency decisions concerning the imposition of discipline are subject to review by parties outside the agency, e.g., in arbitration or by an appeal to the Merit Systems Protection Board.
    RRA section 1203 made significant changes in these general rules as applied to IRS employees. Specifically, section 1203 provides that an IRS employee must be terminated from employment if there is a final administrative or judicial determination that the employee violated any of the rules set forth in sections 1203(b)(1)-(10) in the
performance of official duties. In addition, section 1203(c) of the statute provides that the Commissioner may decide to take a personnel action other than removal if certain mitigating factors are present; however, this decision may only be made by the Commissioner personally and is not subject to review in any administrative or judicial proceeding. The full text of section 1203 is attached at Appendix A.

SECTION III.   INTERPRETATION OF SECTION 1203

    The Internal Revenue Service requests comment with respect to the following matters under RRA section 1203:

    A. Existing personnel law and procedures will be applied in interpreting section 1203, unless explicitly provided otherwise. For example, current procedural requirements of personnel law, including advance written notice, an opportunity for an oral and written reply, and a right to appeal the substance of the charges, will be provided employees who are subject to discipline under section 1203.

    B. The current personnel law definition of “employee” will be applied in interpreting section 1203. Section 1203 is triggered with respect to “any employee” of the IRS. In implementing section 1203, the IRS will apply the definition of “employee” in 5 U.S.C. 2105, that is, an individual who is appointed in the civil service, engaged in the
performance of a Federal function under authority of law, and subject to the supervision of an individual already appointed in the civil service while engaged in the performance of the duties of the position. As a consequence of this definition, and since section 1203 applies only to acts or omissions of an employee of the IRS, any acts or omissions that occurred prior to the individual becoming an “employee” of the IRS would not be within the scope of section 1203.

    C. Acts or omissions of IRS employees committed “in the performance of the employee’s official duties” include only those acts or omissions listed under section 1203(b) that have a nexus to an employee’s position in the IRS. To establish nexus, a clear and direct relationship must be demonstrated between the act or omission of the
employee that constitutes the grounds for the employee’s removal and either the employee’s ability to accomplish his or her duties satisfactorily or some other legitimate governmental interest promoting the “efficiency of the service,” as required by 5 U.S.C. 7513(a). See, Doe v. Hampton, 566 F.2d 265, 272 (D.C. Cir. 1977).

    Example 1. While at home after duty hours, an IRS employee becomes involved in a physical argument with his neighbor. The neighbor sues the employee for assault and battery and a court finds the employee liable for civil assault and battery. Is the agency mandated to terminate the employment of the employee pursuant to section 1203?

    Answer. No. Section 1203 is triggered only with respect to acts or omissions committed in the performance of the employee’s official duties. Under the facts presented here, the IRS employee’s conduct was off-duty conduct having no connection to the IRS. Therefore, the civil judgment finding the employee liable for assault and battery on his neighbor would not fall under section 1203(b)(5).
Additionally, the assault and battery was not “on a taxpayer, taxpayer representative, or other employee of the IRS,” as is required by section 1203(b)(5). See F. for a discussion of the meaning of taxpayer and taxpayer representative.

    Example 2. A taxpayer tells the Internal Revenue Agent who is auditing the taxpayer that the Agent is incompetent. While off duty, the Agent sees the taxpayer at a restaurant and tells him that he did not appreciate the comment. The Agent pushes the taxpayer. A court finds the Agent liable for civil assault and battery. Is the agency required to terminate the employment of the employee pursuant to section 1203?

    Answer. Yes. Under the facts presented, the physical altercation, while occurring off-duty, resulted from the Agent’s interaction as an IRS employee with the taxpayer. Thus, the Agent’s off duty conduct has a nexus, or a clear and direct
relationship, to the efficiency of the service. Therefore, the civil judgment finding the employee liable for civil assault and battery would fall within the scope of section 1203(b)(5).

    D. Acts or omissions of Internal Revenue Service employees will be subject to the discipline prescribed by section 1203 only if those acts are taken, or those omissions are made, with some degree of intent.
    Some of the acts or omissions specified in section 1203 that are subject to the discipline prescribed by that section appear to be based upon standards that are found in the Internal Revenue Code (IRC). Thus, section 1203 (b)(8) mandates removal of an IRS employee whose “failure to file any return of tax required under the Internal Revenue Code ... on or before the date prescribed therefor ” was “willful.” This language mirrors that found in IRC section 7203. Similarly, section 1203 (b)(9) mandates removal of an employee whose “understatement of Federal tax liability” was
“willful.” This language implicates concepts found in IRC section 7201. The IRS will employ standards similar to those applicable to these IRC provisions in implementing sections 1203(b)(8) and 1203(b)(9). To support an action under either of these sections, the IRS must prove by a preponderance of the evidence that the IRS
employee’s act or omission was a voluntary, intentional violation of a known legal duty.
    Section 1203(b)(1) requires removal of an IRS employee who willfully fails to obtain signatures on documents authorizing the seizure of certain types of property. Section 1203(b)(7) requires removal of employees who engage in “willful” misuse of IRC
section 6103 “for the purpose of concealing information from a congressional inquiry.”
    In order to support an action under either of these provisions, the IRS must prove by a preponderance of the evidence that the employee’s act or omission was made with actual knowledge of the failure to comply with, or with a reckless disregard of, the requirements for obtaining approval signatures or for disclosing information in response to a congressional inquiry, as the case might be.

    E. A final administrative or judicial determination pursuant to section 1203(a) is a
determination concerning an individual in a proceeding in which the individual is granted full rights to participate as a party to the action or proceeding. Such a determination becomes final when:
(1) if a judicial proceeding, all appeals have been exhausted or, if no appeals are taken, the time for all appeals has expired; or
(2) if an administrative proceeding:
(i) all appeals have been exhausted, or if no appeals are taken, the time for all appeals has expired, or
(ii) a disciplinary decision is made by the deciding official at the conclusion of a process that included an advance written notice to the individual of the
proposed action to be taken.

    Example 1. A finding is made in an EEO case that an IRS employee has been discriminated against in violation of Title VII of the Civil Rights Act of 1964. Is the finding of discrimination a final administrative determination such that section 1203(a) would require the removal of all IRS employees whose conduct may have contributed
to the finding of discrimination?

    Answer. No. Equal Employment Opportunity cases are filed against the agency, and not against specific individual employees. Therefore, IRS employees, other than the complainant, are not parties to the proceeding, and consequently are not afforded the opportunity to submit evidence or to call or cross-examine witnesses. The finding in the EEOC decision concerning discrimination is not a final administrative determination within the meaning of section 1203 with respect to IRS employees whose conduct may have contributed to the finding.
    However, in every case in which there is a finding of discrimination, the finding will be reviewed by the Office of the National Director, EEO and Diversity, pursuant to specific procedures established by the IRS. These procedures will require that the Office of the National Director, EEO and Diversity, determine whether to refer the matter to the appropriate office for further action. If management makes a determination that any employee committed an act or omission within the coverage of section 1203(b), the employee will be issued advance written notice of the proposal to remove the employee from the IRS. The statutory and regulatory requirements of Title 5, United States Code, and Title 5, Part 752, Code of Federal Regulations (CFR), must be followed in terminating the employment of the employee under section 1203.
    Moreover, the final decision to remove the employee from the IRS is subject to appeal, such as to the Merit Systems Protection Board (MSPB).
    While the employee may challenge the charges, a reviewing body may not mitigate the adverse action of removal if the facts establish a violation of section 1203.

    Example 2. An IRS employee files a formal complaint of discrimination, alleging that his manager has retaliated against him by giving him a low performance evaluation because of the employee’s prior EEO activity. The case is settled, and a settlement agreement is signed. Is this a final administrative determination that the manager has
violated section 1203(b)?

    Answer. No. A settlement agreement is not a determination that discrimination has occurred. Further, the manager was not a party to the discrimination complaint process or to the settlement agreement. The parties are the agency and the employee alleging discrimination.
    Therefore, the analysis set forth in Example 1 is also applicable to this situation.
    In addition, cases in which an allegation of discrimination is raised, but there is no finding or settlement, will be referred to an appropriate office to determine whether there should be further action.

    F. “Taxpayer,” “taxpayer representative,” and “person” will have the following meanings:
    A “taxpayer” means any person subject to any internal revenue law, and with respect to whom an act or omission is undertaken because of that person’s status as a taxpayer.
    A “taxpayer representative” means any person who acts in a representative capacity to a taxpayer, and with respect to whom an act or omission is undertaken because of that person’s status as a representative of a taxpayer.
    A “person” includes an individual, trust, estate, partnership, association, company or corporation.

    Example 1. An IRS employee is stopped by a police officer for speeding. The employee tells the police officer that he will be audited if the employee receives a ticket. The police officer does not have an open, ongoing dispute with the IRS. Does
the employee’s conduct come within the scope of section 1203(b)(10)?

    Answer. Yes. The definition of taxpayer does not require that the person have an ongoing dispute with the IRS. The police officer fits the definition of a taxpayer since the employee’s conduct is directed toward the police officer because that officer
is subject to the internal revenue laws. Additionally, the purpose of the IRS employee’s conduct was to extract personal gain or benefit. Based on these facts, a nexus would also exist (see C. above).

    Example 2. A taxpayer service representative is driving her car and sees an empty parking spot. Before the taxpayer service representative can pull into that parking space, another driver parks her car there. Unknown to the employee, the other
person represents taxpayers. The employee, unable to control her anger, shoves the taxpayer  representative and is eventually criminally convicted of assault and battery.Does the employee’s conduct come within the ambit of section 1203(b)(5)?

    Answer. No. The employee’s conduct, although directed against someone who represents a taxpayer, was not directed against that individual because she represents a taxpayer. The employee did not know the individual represented taxpayers, and even if she had known, her conduct toward the representative was unrelated to that individual’s capacity as a representative. Therefore, the employee’s conduct does not constitute an assault and battery upon a taxpayer representative.

    G. The false statement referred to in subsection 1203(b)(2) must be with respect to a
material matter involving a taxpayer or taxpayer representative, as those terms are defined in F. To be material, the false statement must be one that would have a natural tendency to influence, or be capable of influencing, a decision on the matter involving a taxpayer or taxpayer representative.

    Example 1. A Revenue Agent intentionally falsely states under oath that a taxpayer had shown him receipts to document a particular deduction when he had not seen any such receipts. Is this false statement within the coverage of section
1203(b)(2)?

    Answer. Yes. The Revenue Agent’s false sworn statement that the taxpayer had shown him receipts to document a particular deduction would have a natural tendency to influence, or the capacity to influence, a decision on the matter involving the taxpayer or taxpayer representative. Thus, it is within the coverage of section
1203(b)(2).

    Example 2. A Revenue Officer is being questioned about his use of annual leave. The Revenue Officer provides a statement to the Treasury Inspector General for Tax Administration, under oath, in which he intentionally falsely states that he was at the office all day each of the prior six Fridays. Is this false statement within the coverage of section 1203(b)(2)?

    Answer. No. The Revenue Officer’s false statement to the Treasury Inspector General for Tax Administration does not have a natural tendency to influence, or the capacity to influence, a decision on a matter involving a taxpayer or taxpayer representative. Therefore, it would not be within the coverage of section 1203(b)(2).
    However, even though the IRS would not be required to terminate the employment of the Revenue Officer pursuant to section 1203(b)(2), the IRS may discipline the Revenue Officer up to and including termination from Federal service.

    H. Section 1203 applies only to acts or omissions occurring on or after July 22, 1998.
This position is based on existing law regarding the retroactivity of civil statutes. See, Taylor v. Rubin, No. 97-2398 (W.D. LA Sept. 21, 1998). In general, where statutory provisions are substantive, in that they create new rights or impair vested rights,
impose new duties, or attach new disabilities regarding past transactions, as opposed to merely procedural provisions, the rule is that the provision will not apply retroactively absent a clear congressional intent otherwise. Landgraf v. USI Film Products, 114 S.Ct. 1483 (1994) (holding that punitive and compensatory damages provision of the 1991 Civil Rights Act amending Title VII did not apply retroactively to a case that was pending when the statute was enacted, since there was not clear congressional intent concerning retroactivity). See also Hughes Aircraft Co. v. U.S. Ex Rel. Schumer, 117 S.Ct. 1871, 1876 (1997) (The Court affirmed the “time-honored” presumption against giving retroactive effect to legislation unless Congress had clearly manifested its intent to the contrary, holding that a 1986 amendment to the qui tam statute which would deprive defendant of a defense, did not apply retroactively).
http://www.irs.gov/pub/irs-drop/n-99-27.pdf

10項目を定義して、そのような行為を納税者に対して行ったIRS職員は、即刻解雇されるという規定です。Ten Deadly Sins と呼ばれるものです。
具体的に何かという事のあらましは、上記です。

今日の収穫は、講演のDVDを見ながら、原稿を起こすことは可能だということが解ったこと。通訳が飛ばしているところも、止めて確認できますから。案外、その場で自分でメモしたものが正確だったので驚きました。メモは、自分の書いた字が読めないのでいつもPCで直接取るようにしているわけです。
[PR]
by nk24mdwst | 2007-12-29 16:07 | 租税法(アメリカ)

What did I do on Dec. 24?

12月は、毎日、書いていたのに、24日は休んだ理由を忘れないように。

クリスマス・イヴにもかかわらず、朝一で東京へ行き、午後の研究会までの時間を羽田のレストランで飯を食いながら原稿書きをして過ごす。厳密にいうと他人の原稿に手を入れていたわけで。

しかし、同じときに同じところにいても、人それぞれ見方、感じ方が違うということを再認識。専門知識、予備知識があるなしという問題もありますが、感性の違いはやはりある。生半可な知識が無い方が、直感的に真実を見つけることにつながることもあるかなと。

午後は、研究会、その後、忘年会、二次会でホテルに帰ったら日付が変わっていました。

研究会で面白かったのは、財政学の先生の放った一言、「今年の税調答申は悪文だ。」というものです。税調答申内容の是非、賛否は、個人の価値観、立場で異なるので触れないことにしますが、悪文なのは間違いないです。

なぜ、悪文か。要するに日本語の体をなしていない、意味不明であるということですね。意図してか否かは別にして、公式文書が意味不明、理解不能というのが日本の現状ですか。

与太話でしか応じられない私は、「そもそも日本語の力自体が落ちたのではないか。NHKのニュースもひどい言葉づかいをしている。大体、群馬県と茨城県を地図で間違えるほどだし」と。

アメリカでは、ロー・スクールでリーガル・ライティングを教えているので、法律家の文書は、読みやすいと感じます、日本の裁判官のそれに比べて。

別にアメリカの司法システムが日本のシステムより勝れているなぞと大それたことは言うつもりはありません。アメリカにおいて法律家は、弁護士、検察官、判事、あるいは、行政府ないし議員、議会における立法助言者としての役割を果たしているわけです。

日本の法律家とアメリカの法律家の違いは、思考過程が全く違うということです。かの国においては、法律家は、それぞれそのときの立場において、自分が代理人を勤める依頼者にとって最もよい結果=それが自分の報酬、キャリア・アップにつながる=になるよう、先行判例、証拠等を積重ねて結論を導き出そうとするように訓練されています。

社会は、こうあるべき、真実はこうあるべきなどということは、それが例えば訴訟等で有益だと判断すれば言うでしょうが、「べき」論では議論しないのですね。結論へ直線的に最短でいける論理を探す。お互いにその論理を振りかざしけんかをするのですね。

日本の裁判官の判決文によくあるのですが、結論は決まってしまっているわけです。それが事実か、あるいは、裁判官の良心そのものであるかどうかとは別に、です。日本の場合は、アメリカのように終身身分保障された判事はいないわけですから。ただ、良心の呵責というといいすぎかもしれませんが、前段、前振り、その他でもってさも善人、物分りのよさそうな振りをして延々長講釈した後、論理が急展開して、判決に行ってしまうのですね。

租税訴訟がそうですが、行政訴訟においては、特にその傾向が強いと感じます。それから、日本における刑事訴訟の本質は、究極の行政訴訟ではないかと勝手に考えていますが。
[PR]
by nk24mdwst | 2007-12-28 17:29 | 租税訴訟

slow hand of the god 3

どうやって弾いているのかどうしても解らないのが、Robert Johnson です。
Me and Mr. Johnson なんて大それたタイトルのアルバムを出した人がいますが、あの人は、ロバート・ジョンソンの影響を基本的には受けていなかった人だと思います。もちろん、Eric Clapton のことですけれど、彼が同世代のブリティッシュ・ブルース・ギタリストに比べると、そのレパートリ、アイディアの貧困さで際立っているというべきです。
Peter Green はもちろん、Jeremy Spencer 以下だったと思います。

ロバート・ジョンソンは、デルタ・ブルースの伝統の中から出てきたのは間違いないわけですが、同世代というべきMuddy Waters Howlin' Wolf さらには、彼らに続くオーセンティックなシカゴのアーバン・ブルース・マンにも直接的影響を与えていないわけです。それこそ、60年代の初めに白人ブルース・ファンに発掘、発見されたというべきでしょう。

昨日、Dickey Betts をちょっとけなし気味でしたが、Allman Brothers 参加前の彼のバンドでは、Strange Brew をCream の完全コピーでやっています。

いずれにしろ、1966年というのは、いろんな意味でターニング・ポイントです。

1966年に出たアルバムを検討しなければなりませんが、もう一つ大事なことは、この年に、 The Beatles が、ライブをやらないことを宣言したということです。
逆にいうと、イギリスとアメリカにおいて、ロックのライブを求める若者に対して、市場には大きな穴が開いたわけです。

チャス・チャンドラーは、これを意識してJimi Hendrix をイギリスへつれてきたわけですし、クリームが結成されたこともこのあたりに因果関係を求めるのはそれほど牽強付会ではないかと考えています。

With a little help from my friend というビートルズの曲があります。ウッドストックでJoe Cokerが謳ってました。ここで言う友達というのも、当然、ドラッグですよね。
Simon & Garfunkle のThe Bridge Over the Troubled Water もドラッグに対する隠喩があります。
[PR]
by nk24mdwst | 2007-12-27 17:08 | 音楽

slow hand of the god 2

Shut up 'n' listen to the music!!!と行きたいのですが、与太話です。

Black's Law Dictionary を引くのに疲れました。Legal Term とくに、税制や司法手続きに関わるテクニカル・タームは、本を読んで自分で理解する(したつもり)になる分には、構わないのですが、文章にしてそれを人に伝えるとなると大変です。

*2008.1.25追記
Black's Law Dictionary は、法律英語一般という点では、必要不可欠ではありますが、租税法固有概念という点になると、さらにTax Dictionary が必要ですね。

そもそも、制度が違う、用語も定訳が定まっていないものが少なからずある。いずれにしろ、翻訳と称するものは、訳す人間の主観の排除ができないということを意識する必要があります。

Frank Zappa と King Crimson の両方でやってるのは誰かという話になると、Adrian Belew の他、Eddy Jobson あたりですかね。

かすっているのが、Aynsley Dunbar ですね。ザッパは、1970年にMothers MKⅡを作ってツアー、レコーディングをやりだしますが、中心は、Flo & Eddie の Turtles 組というより、エインズリー・ダンバーというべきだと思います。

ダンバーは、当時若かったですが、キャリアは充分でした。John Mayall の Blues Breakers でやり、その後、自分のバンドとして、Retaliation 、次いで Blue Whale を結成し、当時流行のブラスを入れたブルース・ジャズ・ロックをやってます。Willie the Pimp では、Captain Beefheart がゲストでいたりして。
ダンバーは、Jeff Beck Group の最初のドラマーで、Donovan のBarabajagar で叩いてるのは、彼です。

これからは、いわゆるMythなので、話半分ですが、Chas Chandler が1966年にJimi Hendrix をイギリスに連れて来てバンドを作らせたわけですが、エインズリー・ダンバーもオーディションを受けています。ギャラが折り合わず、Mitch Mitchell になった。

キング・クリムゾンもRobert Fripp がバンドを乗っ取る過程で、ドラマーのMichael Giles が抜け、後釜探しに苦労するのですね。Ian Wallace に落ち着くまでの間にダンバーにも声がかかったけれど蹴飛ばされたそうです。

ECはいつ出てくるのか
[PR]
by nk24mdwst | 2007-12-26 18:16 | 音楽

slow hand of the god

Monkees なんてリアル・タイムではハリウッドのテレビがBeatles の対抗馬にすべくでっち上げたバンドだと思って馬鹿にしてほとんど聞いてませんでした。単に馬鹿で生意気な田舎者だったわけで、その点は、今も変わっていないので。
Goffin&King Another Present Valley Sunday は好きな曲でしたね。ミュージック・ライフなんて雑誌が昔あって、そこでモンキーズに触れていて、Hal Blaine とかLeon Russell が関係しているって書いてあったような記憶があります。
昔は、何のことかさっぱりわかりませんでしたが、いまは一応ハリウッドのスタジオ・システムについても多少知識も出来ましたので。

最近、Pisces, Aquarius, Capricorn & Jones Ltd. とかHeadquarters の再発を入手してちゃんと聞きなおしてみると、立派な音楽だと感心します。大人がちゃんと真面目に作ってますからね。

セッション・プロのきちんとしたお仕事だと良くわかります。
バンドのメンバーは、オーディションで寄せ集め、されど、メンバーの個性も出ている。こういうことが、がきのときにはわからなかった。
ガキにわかっちゃ困ったでしょうし。

Byrds と同じ音がします。Peter Tork にオーディションを受けるよう勧めたのは友人で自分は落ちたのがSteve Stills ですが、Buuffalo Springfied も同じ音がしますね。
リオンはバーズについて、Roger McGuinn 以外は、ギターも碌に弾けないやつだって言ってますが、お説ごもっとも、であります。
Preflyte Sessions とか In The Beginnings を聞いていて、バンドの音がだんだんちゃんとしていくのが良くわかります。
十二弦ギターの絡みがだんだん良くなっていくのですね。リードの12弦ではなくてバックでリズムを刻んでいる複数のギターの味わいです。

Glenn Campbell のライブなんてのを持っていてMr. Tambourine Man をやっているのですが、強烈なエレキの12弦を聞かせてます。もろバーズであります。

1972年のClarence White のいるバーズの「ミスター・タンブリン・マン」です。この頃は、バーズは立派なロックバンドだったと思っていますけど。世間的には、ハリウッドの落ちこぼれ扱いでしたね。

Byrds、Buffallo Springfield それに Beach Boysの三つがウェスト・コースの3Bs。特に、深い意味はないです。
ライブでもレコードとおなじ音なのは、素晴らしい。テープだろうとナンであろうが元の曲が良いのは確かなので。


もっとも、バッファロー・スプリングフィールドは、ビーチ・ボーイズと一緒にライブをやっていることが多いようです。

スティルズが、Neil Young とバンドで演奏していたかどうかも定かではないドラマーがカナダ・ナンバーの車に乗っているのに偶然出くわしたなんて話、案外本当かもしれませんが、作り話っぽいですね。バッファロー・スプリングフィールドのボックス・セットを聞いていると、弾き語りでRicie Furay, ヤング、スティルズがデモをやっているやつ以外で連中がギターを弾いているのはどれくらいあるのかなと感じます。
フィード・バックが効いていてニール・ヤングだろうなとか、この左手の指使いはスティルズだろうなってのも数えるほどありますが。

基本的に、3Bsは、同じような人たちがやっていたと思えばすとんと落ちます。
Blue Bird でバンジョー弾いてるのは、Doug Dillard ですね。

晩年のダグですが、The Doug Dillard Band/ Doug's Tuneです。

The Birds ってバンドが60年代半ばにイギリスにありまして、Ronnie Wood がギターを弾いていました。Jeff Beck Group でベース、Faces, Stones でスライド・ギターを聞かせるあのロン・ウッドです。
The Action などと並んでいわゆるブリット・モッズのバンドであります。

頭のてっぺんから足先までモッズで決めていたので驚いたとIan McLagan が評したのがEric Clapton さんです。
60年代のブリティッシュ・ブルース・ブームの中の連中の曲をたくさん聞いたところでどこへたどり着くものでは、ありませんが、ナンバー・ワンがECでなかったことだけは確かです。

勢いに乗って書いちゃいますが、もう一人過大評価されているギタリストは、Robert Fripp だと思います。Andy Summers の後輩なんだからおとなしくしていろっていいたいところですが、King Crimson も全部持っていたりするので、馬鹿に言われる筋合いはないか。

でも、21世紀スキゾイド・バンドの演奏の方が、いまのKCよりずっと良いのですから。

ECとFZの関わり方、Frank Zappa のバンドとKing Crimson の両方に関わっているやつについていつか検討してみないとといいながら、ギタリストについて思うこと。

歌わない、あるいは歌えないギタリスト、あるいは、ギター、他の学期でもいいのですが、楽器を弾きながら歌わないシンガーというのは今ひとつ信用できないとわけのわからない偏見を述べておきます。特に歌えないギタリストというのは問題ありでしょう。
というわけで、ここで、フリップはアウトとなるわけです。

Warren Haynes と Derek Trucks のどっちがすきかというとウォーレン・へインズになるというのはその辺りに原因があるのか。

映像でギターを弾く様子を見て驚いたのは、ザッパのピックの持ち方、Richard Thompson が、フラット・ピックをもちながらフィンガリングするときに、右手の小指を使うこと。そしてウォーレン・へインズの右手と左手。
フラット・ピックとフィンガリングを織り交ぜて弾いてますが、早業でピックをでかい右手の手のひらにいれてしまうところ、フィンガリングも親指を使ったり、人差し指のつめではじいたり口を開けてみてるだけ。
薬指にスライダーをはめているのは、Duane Allmanと同じですね。

スライドとフィンガリングも混ぜて弾くのは他にも沢山いますが、左手の薬指にスライダーをはめて、残りの三本指ではや引きするのは凄いです。デレク・トラックスは、小指にスライダーでフィンガリングをします。
Dickey Betts は、中指スライダーなので、フィンガリングができないのでしょう。

ザッパとクリムゾンの両方でやっているギタリストといえば、Adrian Belew ですね。彼は、スライダーを左手の人差し指にはめてネックの上からスライドさせるやり方です。ナッシュ・ビルあたりの出らしく、スティール・ギターっぽいやり方かなと。Jimi Hendrix も同じようなやり方をしているのを見たことがあります。

サム・ピックを使って、サム・ピッキング、フィンガー・ピッキング、スライド奏法と色々見せてくれて、こんなのもありかと思わせるのが、Doobie Brothers Pat Simmons です。

Lowell GeorgeEasy to Slip は、ドゥービーズに歌わせて一発あてようとしたのか、デモ用に、リズム・マシーンだけをバックにしているのがあり、これが悪くないのです。

Slow Hand の話は、まだ出てきませんけれど。
[PR]
by nk24mdwst | 2007-12-25 13:04 | 音楽

RRA1998-2

RRA1998が施行されて直ぐにIRSの組織や機構が変わった訳ではなく、その後現在に至るまでの10年間で徐々に変わってきているというのが現状です。
ロソッティ前IRS長官の自伝というか自慢話本を読み、現地へ行って、法改正前後から現在に至るまでの色々な過程で関与をしてきた人たちの話も聞きましたが、10年前のIRSは、信じられないほど時代遅れの機関と化していたのは事実であるようです。

しかし、アメリカの底力というべきでしょうが、そのようなときに大きく根底から組織を変えてしまうような動きが出るところが凄いというべきかと。

右とか左、保守とかリベラルとか言った政治信条とは関係の無いレベルで変革しなければならないときに自ら変身する力を持っているようです。

アメリカの昨日は、日本の明日、というわけで。

1998年頃を境にして現在に至るIRSの組織再編その他の動きについて、前提としては、先にも述べたように、アメリカの雇用環境の変化があるという認識が必要です。
要するに、源泉徴収制度はあるものの、日本のように年末調整制度のないアメリカの連邦個人所得課税においては、給与所得者は基本的に確定申告により納税額を確定、基本的に税額還付を受けるという形でした。
要するに2億人プラスの人口のアメリカにおいて、1億2千万近い申告書の処理といっても、IRSが実際にやっていたのは、年末調整だったわけです。
アメリカにおいては、給与所得者も必要経費の実額控除が認められていますが概算控除との選択性で、大多数の納税者は概算控除を選択しているわけです。
要するに日本の給与所得控除と同様です。アメリカの個人所得課税において、概算控除を選択した納税者は、日本では所得控除に当たる社会保険料控除、医療費控除、住宅ローンの利子の控除等についても実額控除することができないことになっているので注意が必要です。
つまり、単純な日米の給与所得者間の課税最低限の比較はできないのです。

IRSの組織再編の話に戻りますが、1998年は民主党のクリントン政権であり、クリントン政権が民間出身のロゾッティIRS長官を任命したわけです。そしてクリントン民主党政権下において、IRSの組織、機構その他の改革を行おうとしていた。
他方、当時、議会の多数派は、共和党でRRA98は、最終的には超党派かつ両院の合意を経て法律化されますが、主導権を握っていたのは共和党だということに留意が必要です。

したがって、2000年にインチキをして現在のブッシュ政権ができたときには、逆に政権は共和党、議会多数派は、民主党という逆転現象がおき、それまで書いていた青写真がなかなか進展しなかったということも事実だと認識することが必要でしょう。

ロゾッティの後任がなかなか決まらなかったこととか、Oversight Board のメンバーもずっと決まらなかったことの原因はこのあたりにあるのでしょう。
[PR]
by nk24mdwst | 2007-12-23 15:43 | 租税法(アメリカ)

RRA1998

Tax Procedure And Tax Fraud: In a Nutshell (Nutshell Series) by Camilla E. Watson は、the IRS Restructuring and Reform Act of 1998の改正内容まで盛り込んでいる本で、アメリカの現在の租税手続法関連の本ではもっとも情報が新しいものです。

Federal Tax Practice and Procedure: Cases, Materials, and Problems (American Casebook Series) (Hardcover)by Camilla E. Watson, Brookes, D., Jr. Billman , Brookes D. BILLMANは、ハード・カバーのケース・ブックです。Nutshell Series は、概要を知るには充分ですが、やはり、ケース・ブックは、具体例、判決文、評釈、質疑応答スタイルになっていて、重いことを除けば、字も大きいし、よいです。

Nutshellがエッセンスを全て網羅していることも再確認できますが、実務経験のある人にはケース・ブックの方がわかりやすいかなという気もします。
解釈論ではなくて事実認定に全て帰着するという言葉の重みを感じます。法文の概念規定は、個別の事案によってどのように理解されるべきか、また、一般化できるものと個別、特例的事案における議論の進め方等、非常に勉強になります。

日本的な、解釈論化事実認定論かという二元論でくくらない、実にプラグマティックなアメリカにおける訴訟実態に触れることができるのです。

Skydog: The Duane Allman Story by Billy F. Gibbons は、なかなかよく書けた本だと思いました。Eddie Hinton Duane Allman のかかわり等、興味深し。

Layla And Other Assorted Love Songs by Derek And the Dominoes (Rock of Ages) by Jan Reid の方は、はっきりいって買う必要のない本です。

Desperados: The Roots of Country Rock (Paperback) by John Einarson は、フォーク、フォーク・ロックからカントリー・ロックの誕生のあたりの状況がよくわかる本です。Amazon.Comの書評では、著者がカナダ人だからといってIan & Sylvia を取り上げている理由がわからんなんて書いてますが、逆に、Ian & Sylvia とカントリーの関係を再認識させてくれた本で私は、気に入っています。Ian and Sylvia and the Great Speckled Birdのギタリストが Amos Garrett というわけです。

ちょっとヴォリュームは増えますが、Hotel California: The True-Life Adventures of Crosby, Stills, Nash, Young, Mitchell, Taylor, Browne, Ronstadt, Geffen, the Eagles, and Their Many Friends (Paperback)
by Barney Hoskyns 
を続けて読むと60年代末のLAの状況がさらに理解できます。

さらにイギリスはどうだったかということになるとDazzling Stranger: Bert Jansch and the British Folk and Blues Revival (Paperback)by Colin Harper を読むとなるほどと。

イギリスとアメリカを結びつける糸を解きほぐしてくれるのが先に紹介したWhite Bicycle by Joe Boyd なのですね。

この先は、サザン・デルタ・ブルースへと進み・・・
[PR]
by nk24mdwst | 2007-12-22 17:14 | 音楽

Lulu Atco Sessions

Lulu Atco Sessions は二枚組みCDで、前半三分の一が、Muscle Shoals Soud Studioで録音されています。LuLu のこの一連のプロジェクトは、セールス的には失敗だったのでしょうが、Dusty Springfield Dusty in Memphis に触発されたものだと位置づけることができるでしょう。もっと古くは、Aretha Frankin に遡るのですね。

個人的には「ダスティ・イン・メンフィス」の二枚組みCDの全てがメンフィスで録音されたとは考えていません。ハリウッドの音がします。

ブリティッシュ・ガール・ポップ系のルルとダスティ・スプリングフィールドとゴスペル出身のアリサ・フランクリンがAlabamaのマスル・ショールズへやってくるというという点に留意でしょう。
CBSのClive Davis はアリサの売り方が解らず、Atlanticで彼女は本領を発揮することになります。アリサのマスル・ショールズ録音がLulu のAtco セッションの原点でしょう。

Muscle Shoals Sound Studio は、同じくマスル・ショールズで60年代前半からヒット曲を録音していた Rick Hall FAME Studio の主要セッション・メンバーだったBarry Beckett (keyboards), Roger Hawkins (drums), Jimmy Johnson (guitar) それに David Hood (bass) が、フェイム・スタジオを去り、自らのスタジオを立ち上げたのです。
サザン・ソウルの一時代を画すことになる彼らは、全員白人です。

フェイム・スタジオ時代から、リード・ギター、ピアノ、バッキン・ヴォーカル兼ソング・ライターとして活躍していたのが、Eddie Hintonです。

ハリウッドのHal Blaine、Carol Kaye、Tommy Tedesco その他のプロ・セッション・メンとサザン・セッション・メンの違いは、おそらくハリウッドと南部の時間の流れ方の違いに起因するところが大きいと思います。

ハリウッドの場合は、時間きっちり、お金もきっちりなのですが、メンフィスやアラバマあたりでは、朝から気楽なジャム風に始めて全員の気分が乗ったところへOtis Redding が登場して一発決めるという感じなのですね。

マスル・ショールズ・サウンド・スタジオが独立後最初に録音したのは、"3614 Jackson Highway”というスタジオの所在地の番地をタイトルにした Cher のアルバムです。ウィキペディアはヒット作なんて書いてますが、これが見事にポシャってしまうのです。第二作が、Steve Miller Band を抜けた直後の Boz Scaggs のセルフ・タイトルのソロ・デヴューなのですが、これも見事にこけます。

ボズのソロでは、バリー・ベケット、ロジャー・ホーキンズ、ジミー・ジョンソンのリズム隊+リード・ギターがエディー・ヒントンというのが基本線ですが、三曲目から Duane Allman が加わり、雰囲気が一変します。当時、デュエインは、生活費稼ぎのためのセッション・ワークとAllman Brothers Band のきついロード・ワークをこなしていて、常に飛び込み状態でセッションに加わっていました。Layla Sessions も例外ではありません。譜面の読めない彼は、全体の進行を耳で覚え、一発どりに近い状態で、最高の歌判ギタリストとしての地位を確立していくのですね。

破綻寸前のマスル・ショールズ・サウンド・スタジオを救ったのは、Wilson Pickett Hey Jude のヒットというわけです。この曲をやろうとデュエインが言ったのは有名な話です。

オールマン兄弟もバンドをやろうとしたきっかけ自体は、ブリテッィシュ・インヴェイジョンの影響 なのですけれどね。

Joe Boyd がプロデュースしたWhat's Shakin' のSpoonful なんかのコピーしてた連中が、二、三年で立場が入れ替わっちまうという話です。

Hey, Eric, what have you bin doin'?
[PR]
by nk24mdwst | 2007-12-21 13:12 | 音楽