カテゴリ:poem & music( 1 )

eddie, where have you been?

自称 hard travelin', ramblin' cowboy/beatnik/hippy poet だという Paul the Lion は、 Allen Ginsberg, Gary Snyder, Bob Marley, Grateful Dead, Kris Kristofferson, Townes Van Zandt, Hank Williams, Johnny Cash, John Denver, Woody Guthrie, Bob Dylan, Phil Ochs, Pete Seeger の影響を受けているのだと言っています。

ブルースも好きなようです。

      Eulogy of a Blues Master

No music,
not reggae, not punk and certainly not rap,
is more hip, more with it,
than the blues
And no blues musician
was more profound
than John Lee Hooker
Born long, long ago
way down in the state
of Mississippi
He grew up poor
on the Big Muddy
on the delta
amongst other poor negros
amongst poor white folks
amongst segregation, amongst racism
amongst hatred
But he and his guitar
would rise above
to play the rhythm
of an oppressed people
And brother, could he jam!

He dug
Big Legs, Tight Skirts
He drank
One Bourbon, One Scotch, One Beer
He'd
Boom Boom, Greg Corso music
all night long
And as for his
guitar pickin', huh
He was the Hendrix of the blues
Ain't nobody better'n Johnny Lee!
The King of the Blues!

And even though maybe
you can't hear it,
Somewhere,
Somewhere,
John Lee is still playin' that boogie

John Lee Hooker のブギは、Greg Corso music だというのが面白い。
ジョン・リー・フッカーも一人ワン・ジャンルという感じの人です。
お前は、好きかといわれると、独創的な人ですね、位にしか答えられませんが、ブリティッシュ・ビート・グループに多大な影響を与えているのは、事実ですね。

ブリティッシュ・ビート・ブームが過去りし頃、18際のときに"The Face of 1968"に選ばれたのがPeter Frampton です。当時、ティーン・アイドル・グループのThe Herd のリード・ギタリスト、シンガーだったわけです。

ポール・ザ・ライオンの次の詩は、Frampton Comes Alive!のインパクトを表しているようです。

     Peter Frampton Butterflies On A Warm Frisco Morning

Sitting outside a cafe drinking my coffee
Smoking my cigarette
In San Francisco
In North Beach
Near City Lights Bookstore
In my cowboy boots
Peace symbol 'round my neck
Good hair day
Dressed all in black
Looking like a wannabe goth
Or a Johnny Cash ripoff
Morning sunlight shimmering
On my blonde hair
Morning sunlight baking
Me in my dark clothes
I take off my hip old school sunglasses
Close my eyelids
Take a drag and
Bask in the morning sun
A passerby,
A middle aged woman smiles and
Remarks, admiringly,
'You look just like Frampton, blondie'
Her girlfriend gasps, giggles
And agrees
A middle aged man sitting a few tables away from me
(he's probably gay, judging by his speech,
but in Frisco you can never be sure)
blurts out flamboyantly
'Ohhh my god, he does in-deeed. Kid, you look like a rock star.'
A small crowd of my eight or nine gathers 'round
All of 'em aging hipsters
(Lenny Bruce comes to mind)
I try to play it cool, like it's nothing

Though I find it odd
They think a young cowboy dressed all in black
Looks like a sex symbol-rock star of thirty years past
Honestly, inside,
Way deep inside me,
The butterflies are everywhere
And I blush,
Blush a boyish grin
In front of everybody
On that San Francisco Saturday morning

Frampton Comes Alive!は、1976年のプラチナ・アルバムですからね。当時、一家に一枚なんて言われたものです。

フランプトンは、1968年の終わりにSteve Marriott とHumble Pie を作ります。
マリオット、フランプトンにベースのGreg Ridley の三人がそろっていた頃のハンブル・パイは、好いバンドだったと思います。

マリオットは、80年代半ば、アメリカ南部のどさまわりをしていたこともあります。
マリオットの晩年のライブ映像をDVDで見ましたが、元気いっぱいです。フランプトンとバンドを組む話なぞもあったようですが、自宅の火事で亡くなってしまったのが惜しまれます。

フランプトンは、基本のしっかりした気の効いたギタリストですし、マリオットは、ギタリストとしても捨てたものではないのです。

Amazon. UKのThe Herd のベスト盤のファン・レヴューで、フランプトンのギターが聞こえないから不満だっていうのがありましたが、アイドル・グループだったわけで、ギターを弾くことなんか、要求されていなかったわけですからね。

「フランプトン・カムズ・アライヴ」は、Fleetwood Mac を押えて76年のベスト・セラー・アルバムの位置を勝ち取ったのです。

Amazon.com でのPeter Green 時代のアルバムに☆一つをつけているレヴューがあって、これは、Rumor をやったグループじゃないから、気をつけろって。
Black Magic Woman は、ピーター・グリーンのヴァージョンが悪くないと思っているのですが。Jeremy Spencer のElmore James のコピーキャットぶりは、大したものだと思いますし。
まあ、いろんな人がいるのです。

ピーター・フランプトンが突然スターになり、突然、忘れ去られたというのは、どちらも不思議でたまりません。

スティーヴ・マリオット・メモリアル・コンサートでは、フランプトン、Jerry Shirley, Dave Clempson(フランプトンの後釜でした。)、それに、なくなる直前のリドリーがそろってやってました。
まあ、年寄りの冷や水といえばそれまでですが、非常に控えめなPaul Weller と元気いっぱいのIan McLagan が印象に残ったのですね。

もう一つおまけです。

      Girl in the Castro

You
Grateful Dead hat
Me
feeling lonely
You
crazy red dreadlocks, give a smile with braces
Me
like a ten year old, blushing

You seem cool for a hippy chick in a Burger King
Let's be friends today

You
sitting by yourself
Me
walk over shyly
You
giggle as I say hi
Me
ketchup on face, unnoticing

There's an Authority Zero concert in the Mission District
Want to see it tonight?

You
covering your ears
Me
feeling like a dummy
You
wanna leave, man?
Me
let's get going

We stroll down to your Castro apartment
You invite me in, far out!

You
taking your hat off
Me
kissing you, finally
You
calm as the breeze
Me
nervousness is soaring

You know, it's after one o'clock
Maybe I should skedaddle

You
take it easy, cowboy
Me
trying not to act silly
You
is it my braces?
Me
no, it ain't nothing

We make love all night long
Have beer for breakfast

You
a few dreadlocks undone
Me
eat some peyote
You
cuddle up beside
Me
what a beautiful morning


Woody Guthrie いわく、'Take it easy, but take it! '。

ウディ・ガスリーってどう位置づければ好いのかなぞと、Donovan を聞きながら思っているのです。Barabajagar は、Aynsley Dunbar とNickey Hopkins だななんて思っていたら、Jeff Beck も出てきました。
[PR]
by nk24mdwst | 2008-05-13 15:28 | poem & music