switching boys

Charles Bukowski の詩をふたつ

     Are You Drinking?

washed-up, on shore, the old yellow notebook
out again
I write from the bed
as I did last
year.
will see the doctor,
Monday.
"yes, doctor, weak legs, vertigo, head-
aches and my back
hurts."
"are you drinking?" he will ask.
"are you getting your
exercise, your
vitamins?"
I think that I am just ill
with life, the same stale yet
fluctuating
factors.
even at the track
I watch the horses run by
and it seems
meaningless.
I leave early after buying tickets on the
remaining races.
"taking off?" asks the motel
clerk.
"yes, it's boring,"
I tell him.
"If you think it's boring
out there," he tells me, "you oughta be
back here."
so here I am
propped up against my pillows
again
just an old guy
just an old writer
with a yellow
notebook.
something is
walking across the
floor
toward
me.
oh, it's just
my cat
this
time.

私は飲んでません。仕事中ですから。
しかし、日本の酒を駄目にしたのは、酒税法、つまり国税だと思いますね。それと、わかっていない消費者。
バブルがはじけて、幾年月、酔うためにアルコールを摂取する人ばかりが増えたように思えてなりません。
西洋人に比して、日本人は遺伝的にアルコール分解酵素を持たない人たちが過半を占めます。アルコール分解酵素には二種類あって、もう一つの方は、飲んでいるうちに体内に形成されていきます。
いわゆる飲み手が上がるというやつですね。

欧米の有閑階級の印って、午後のマティーニなのですよね。3時ごろからマティーニで初めて夕食でワインをやり、夜中まで飲み続ける。

昔の米国映画やテレビ映画では、重役室と思しきところに通され、かならず、何を飲むかい?なんてやり取りがありました。

     Death Wants More Death

death wants more death, and its webs are full:
I remember my father's garage, how child-like
I would brush the corpses of flies
from the windows they thought were escape-
their sticky, ugly, vibrant bodies
shouting like dumb crazy dogs against the glass
only to spin and flit
in that second larger than hell or heaven
onto the edge of the ledge,
and then the spider from his dank hole
nervous and exposed
the puff of body swelling
hanging there
not really quite knowing,
and then knowing-
something sending it down its string,
the wet web,
toward the weak shield of buzzing,
the pulsing;
a last desperate moving hair-leg
there against the glass
there alive in the sun,
spun in white;
and almost like love:
the closing over,
the first hushed spider-sucking:
filling its sack
upon this thing that lived;
crouching there upon its back
drawing its certain blood
as the world goes by outside
and my temples scream
and I hurl the broom against them:
the spider dull with spider-anger
still thinking of its prey
and waving an amazed broken leg;
the fly very still,
a dirty speck stranded to straw;
I shake the killer loose
and he walks lame and peeved
towards some dark corner
but I intercept his dawdling
his crawling like some broken hero,
and the straws smash his legs
now waving
above his head
and looking
looking for the enemy
and somewhat valiant,
dying without apparent pain
simply crawling backward
piece by piece
leaving nothing there
until at last the red gut sack
splashes
its secrets,
and I run child-like
with God's anger a step behind,
back to simple sunlight,
wondering
as the world goes by
with curled smile
if anyone else
saw or sensed my crime

人間がこんなに、地上にあふれたことはないので人間の死の数も未曾有というべきなのでしょうが、死というのは人間の死だけをいうわけではないはずです。
特定の微生物や光合成を行う植物を除くと動物という代物は、他の生と引き換えに自らの生を永らえることしかできないわけです。

今年は空梅雨、それが突然、昨日から強烈な雨と雷。
地方都市も都市化され市街周辺の水田がなくなり保水、貯水能力がなくなったのでちょっと集中的に雨が降ると直ぐに道路が川になります。

私が子供の頃は、治水が完備していなかったので、ちょっと雨が降れば、畳の上まで川水が来るのは毎年のことでした。10数年前までは、上流のダム等のおかげでそのようなことはなくなっていたのですが。

人間は直ぐに超えてはいけない一線を超えてしまう・・・バブルを忘れるのと同じ・・・同じことをします。

昨日は、Gov't Mule を聞いてました。Warren Haynes は個人的に一番好きなミュージシャンの一人のはずなのですが、一年前とは全く違う印象を受けるのはなぜでしょうか。

Fairport Convention を今日は聞いています。
Judy Dyble が歌っています。

フェアポート・コンヴェンションって考えたら不思議なグループです。同じメンバーで続けてアルバムを出したことがない。
ブリティッシュ・トラッド・グループだとくくられたりしますが、オーストラリア人とアメリカ人が二人ずついるなんてヴァージョンもあったりして。
個人的には、例の交通事故の前までフェアポートが好きですが、今聞きなおすと、当時20代前半、10代後半だった彼ら(彼女たち)は、既に非常に多彩というか多様というかジャンルにとらわれない姿勢だったので未だにバンドの残骸が残り続けているのだと思いますね。

同じ残骸でも、ABBのような亡霊バンドとして35年以上やっているのとは違う。

Cher と Greg Allmana 痴話げんか話は想像以上に面白いというか出来損ないのメロ・ドラマよりはるかにぶっ飛んでいるし、現実というか金、ビジネスの怖さが出ていて。

Scott Freeman はタブロイド記者としては優れていると思いますね。

「『個人所得課税に関する論点整理』の論点を整理する」という特集を組んだ雑誌が届いたので読みました。
誤った整理の仕方をされたものをどう整理しなおすのかという視点が欠けているかな・・・だって最初に論点整理したのは政府税調ですから。
政府税調の議論、資料を基に論点整理していたって同じでしょ?論点整理される前の資料を探して違う組み立てをしないと意味がないじゃないですか。

最適課税論の変形である二元的所得税が云々なんて、はっきりいって平成の頭に消費税が導入される前に既に議論されていました。
学者や役人は世代交代したので新しく思うのかもしれないけれど単に勉強不足であるだけです。
[PR]
by nk24mdwst | 2008-07-28 11:13 | Poetry


<< oh no, no more allmost japanese >>