bear out 90 over

Gov't Mule が聞けないなどと書きましたが、昨晩はWith A Little Help From My Friends Live 4枚組みを聞きとおすどころか、3曲目で記憶がなくなりました。
ドラムが・・・などと思いつつ、やっぱり、連日、寝付けなった反動ですね。

昼間はSandy Denny を流しっぱなしで、途中、出かけたこともあり、まだ全曲終わらない。今日は、Fairport Convention を流しっぱなしにしましょう。

移動中の車の中ではDeadを聞いていて・・・昔、聞いた歌、というかギターを弾きながら歌っていた曲がほとんどですが、覚えているものですね。35年以上たっていても。

カレンダー・ガールだって、ビキニ姿のお嬢さんだって歌えますからね。カラオケは、歌詞を覚えないから駄目ですけど。まあ、カラオケには全く縁がないのではありますが。
だって、歌詞が出るのは許すとして、このタイミングで歌えって指定してくるのが気に入らない。コードの中に納まるのだったら勝手にメリスマをつけたりメロディーを変えたりしたい。いわゆるカラオケの上手い人は五万といらっしゃいますが、物まねばっかりじゃないかと。

Fairport Convention でSandy Denny が歌っているのを聞いています。Richard Thompson とDave Swarbrick が掛け合いで弾いています。18歳のRTは、やっぱり凄い。

Etheridge Knight の失恋の詩。切実だな・・・

      As You Leave Me

Shiny record albums scattered over
the living room floor, reflecting light
from the lamp, sharp reflections that hurt
my eyes as I watch you, squatting among the platters,
the beer foam making mustaches on your lips.

And, too,
the shadows on your cheeks from your long lashes
fascinate me--almost as much as the dimples
in your cheeks, your arms and your legs.

You
hum along with Mathis--how you love Mathis!
with his burnished hair and quicksilver voice that dances
among the stars and whirls through canyons
like windblown snow, sometimes I think that Mathis
could take you from me if you could be complete
without me. I glance at my watch. It is now time.

You rise,
silently, and to the bedroom and the paint;
on the lips red, on the eyes black,
and I lean in the doorway and smoke, and see you
grow old before my eyes, and smoke, why do you
chatter while you dress? and smile when you grab
your large leather purse? don't you know that when you leave me
I walk to the window and watch you? and light
a reefer as I watch you? and I die as I watch you
disappear in the dark streets
to whistle and smile at the johns

彼もアフロ・アメリカン詩人なので

      The Idea of Ancestry

Taped to the wall of my cell are 47 pictures: 47 black
faces: my father, mother, grandmothers (1 dead), grand-
fathers (both dead), brothers, sisters, uncles, aunts,
cousins (1st and 2nd), nieces, and nephews. They stare
across the space at me sprawling on my bunk. I know
their dark eyes, they know mine. I know their style,
they know mine. I am all of them, they are all of me;
they are farmers, I am a thief, I am me, they are thee.

I have at one time or another been in love with my mother,
1 grandmother, 2 sisters, 2 aunts (1 went to the asylum),
and 5 cousins. I am now in love with a 7-yr-old niece
(she sends me letters in large block print, and
her picture is the only one that smiles at me).

I have the same name as 1 grandfather, 3 cousins, 3 nephews,
and 1 uncle. The uncle disappeared when he was 15, just took
off and caught a freight (they say).He's discussed each year
when the family has a reunion, he causes uneasiness in
the clan, he is an empty space. My father's mother, who is 93
and who keeps the Family Bible with everybody’s birth dates
(and death dates) in it, always mentions him. There is no
place in her Bible for "whereabouts unknown."

しかして、自らを省みるに、じいさん、ばあさんのうち、母方のじいさん、つまり母の父は、戸籍でしか知りません。原戸籍をたどれば、名前はわかるものの、ご先祖様経を信奉しつつ、先祖のことを知らないのが日本人の大衆ですか。

消費税30条7項の仕入税額控除の要件としての帳簿等の保存と提示の問題については、平成16年末から17年初にかけての最高裁判決で決着がついたようになっていますが、やっぱりおかしい判決にはおかしいと言いつづけなければいけないのだとおもいますね。

三つの最高裁判決は、どういう位置関係にあって何が問題かということですね。
最も筋の悪い事案を頭に持ってきて、最後にもっともまともというか矛盾の大きな事案に対して、従来の学説、判例を全否定するというか課税庁の調査、処分の恣意性を完全に認める判決を出した。おまけに青取りに関しての最初の最高裁判例だということ等についての考察をしなければいけないのにこれが充分になされているのかどうか。

租税法研究34号における首藤教授の報告とその後のシンポジウムのやり取りを読んでいて、隔靴掻痒をまた感じました。
滝井反対意見をどう考えるかに止まってしまっていて、本丸というべき平成17年3月10日判決の正しい位置づけができていない。

Consumption Tax in Japan
、Consumption Tax in Japan Ⅱ、Ⅲ、Ⅳにそれぞれ、一応判例を貼り付けてみました。

平成17年3月10日判決は、貼ったのですが、これに対応する国賠訴訟の判決、それと関連裁決を並べて検討しないといけないと思っています。

前記判例については、一度まとめたことがあるのですが、まだ不十分です。あと、この一年ほどの研究成果がどうなっているかについてもちょっと目配りを怠っていました。

今年の暮れの税制改正の目玉は資産課税、つまり相続税課税論が目玉なのでしょうね。遺産税スタイルになるのか遺産取得税スタイルになるのか。
財源確保論を前提としての遺産取得税スタイルになるんでしょうか。

そのあとに、お待たせしまたって消費税率が上がりますから。


遺産税で検索かけるとこのブログが初めの方に出てくるようでは、私はどこを探して勉強すればいいのか。
日税研論集や税調答申はありますし、外国文献もありますけどね。
[PR]
by nk24mdwst | 2008-07-26 06:44 | 音楽


<< allmost japanese it's from a... >>