was frank happy?

アメリカの税務調査におけるサモンズの役割について、5年以上前に書いたものを引っ張り出してきてみました。浅学のそしりを免れませんが、今後、もっと研究を深める必要を感じています。

Internal Revenue Service とsummons についてです。

Acknowledgement to foreign readers

the following article, which I wrote more than five years ago, is explaining about summons for Japanese readers most of whom are not familiar with it. As my knowledge about summons was limited, still is though, I think I have to re-write whole by the comparable approach.


はじめに

内国歳入庁(Internal Revenue Service、以下IRS)の行う税務調査は、原則として任意調査であることは、日本の場合と同様です。しかし、連邦議会は、IRSに対し租税法を執行するために強大な調査権限を与えてきました。その調査権限の主たる源泉が内国歳入法典(Internal Revenue Code、以下IRC)7602条に規定されているサモンズ(summons)制度でということになります。サモンズ制度の活用により、IRSの行う任意の行政調査としての税務調査は、強制力を持つものに移行することとなります。

また、アメリカにおいては、税務行政も当然に行政手続法の適用を受けています。それに対し、我が国でも、1994年10月から行政手続法が施行されましたが、国税通則法74条の2により、「国税に関する法律に基づき行われる処分その他公権力の行使に当たる行為」については、原則として行政手続法第2章、第3章および第4章の規定は適用されないことになっています。
税務調査に代表される税務行政手続において「納税者の権利」を保障するためには、「適正手続の保障」が確保されねばならないと考えます。

なお、アメリカの場合においても行政手続法が制定される以前において、既に、内国歳入法典において詳細な手続規定が規定されています。ですから、基本的には内国歳入法典の規定を優先するという制度であることには留意が必要です。

ここでは、アメリカの税務調査における特徴的な制度であるサモンズ制度を概観し、IRSの有する強大な調査権限と適正手続の保障規定、納税者の権利保障について考えてみます。さらに、税務行政における行政、司法、立法の権力分立の重要性を検討してみたいと思います。
 
1 サモンズの目的

1.1IRSの税務調査権限とサモンズの関係

内国歳入庁(IRS)の有する調査権限に関しては、IRC7601条(注1)~7610条に規定されています。
主要規定であるIRC7602条は、(a)項(1)で、IRSの調査担当者が、調査において重要性がある若しくは、関連性のあるとみなされるあらゆる帳簿、書類、記録その他の資料を検査できると規定しています。また、同条(a)項(2)は、IRS職員が税務調査を行うにあたり、「納税義務がある者若しくは納税義務があると認められる者、これらの者の役員若しくは使用者、納税義務がある者若しくは納税義務があると認められる者の事業に関する記載事項を記載した会計帳簿を所有し、保管し、若しくは管理している者、又は調査官が適当と認める者に対し、サモンズに指定されている日時及び場所において、調査官の前に出頭し、当該調査に関連があり、又は、当該調査にとって重要であると認められる帳簿、書類、記録その他の資料を提出し(注1)及び宣誓の上証言すること」を強制するために、IRSにサモンズを発する権限を与えています。(注2)
つまり、IRSは、IRC7602条(a)項(1)の規定により、非常に広範囲な任意調査の権限を有することとされている上、さらに、同項(2)により、サモンズを利用した強制調査を行う権限を与えられているわけです。

1.2 サモンズの目的
IRC7602条(a)項は、次の5項目のいずれかに該当する場合、IRSがサモンズを発する権限を有することを規定しています。
(1)納税申告が適正に行われているかの確認
(2)無申告納税者の申告書作成
(3)連邦税にかかる納税義務者の税額の確定
(4)財産の受贈者又は、受託者の税額の確定
(5)連邦税の徴収
1.3 サモンズの効力と司法省、連邦大陪審

サモンズの効力と司法省及び連邦大陪審との関連についてはIRC7602(b)、(c)項に規定されています。民事上の通常の税務調査と刑事上の犯則調査とサモンズの効力に関しては、多数の判例があります。そして、それらの判例における連邦最高裁の見解を受けて、1982年税制改正により(b)、(c)項が追加されましたが、詳細は、省略します(注3)。
なお、上記の改正の結果、現在のIRSは、犯則調査に関する場合であっても、事案が司法省に付託されない限り、サモンズを発する権限を有することが明白に規定されました。
Sec. 7602. Examination of books and witnesses
(a) Authority to summon, etc.
For the purpose of ascertaining the correctness of any return, making a return where none has been made, determining the liability of any person for any internal revenue tax or the liability at law or in equity of any transferee or fiduciary of any person in respect of any internal revenue tax, or collecting any such liability, the Secretary is authorized -

(1) To examine any books, papers, records, or other data which may be relevant or material to such inquiry;
(2) To summon the person liable for tax or required to perform the act, or any officer or employee of such person, or any person having possession, custody, or care of books of account containing entries relating to the business of the person liable for tax or required to perform the act, or any other person the Secretary may deem proper, to appear before the Secretary at a time and place named in the summons and to produce such books, papers, records, or other data, and to give such testimony, under oath, as may be relevant or material to such inquiry; and
(3) To take such testimony of the person concerned, under oath, as may be relevant or material to such inquiry.

(b) Purpose may include inquiry into offense
The purposes for which the Secretary may take any action described in paragraph (1), (2), or (3) of subsection (a) include the purpose of inquiring into any offense connected with the administration or enforcement of the internal revenue laws.
(c) Notice of contact of third parties

(1) General notice
An officer or employee of the Internal Revenue Service may not contact any person other than the taxpayer with respect to the determination or collection of the tax liability of such taxpayer without providing reasonable notice in advance to the taxpayer that contacts with persons other than the taxpayer may be made.
(2) Notice of specific contacts
The Secretary shall periodically provide to a taxpayer a record of persons contacted during such period by the Secretary with respect to the determination or collection of the tax liability of such taxpayer. Such record shall also be provided upon request of the taxpayer.
(3) Exceptions
This subsection shall not apply -

(A) to any contact which the taxpayer has authorized;
(B) if the Secretary determines for good cause shown that such notice would jeopardize collection of any tax or such notice may involve reprisal against any person; or
(C) with respect to any pending criminal investigation.

(d) No administrative summons when there is Justice Department
referral

(1) Limitation of authority
No summons may be issued under this title, and the Secretary may not begin any action under section 7604 to enforce any summons, with respect to any person if a Justice Department referral is in effect with respect to such person.
(2) Justice Department referral in effect
For purposes of this subsection -

(A) In general
A Justice Department referral is in effect with respect to any person if -

(i) the Secretary has recommended to the Attorney General a grand jury investigation of, or the criminal prosecution of, such person for any offense connected with the administration or enforcement of the internal revenue laws, or
(ii) any request is made under section 6103(h)(3)(B) for the disclosure of any return or return information (within the meaning of section 6103(b)) relating to such person.

(B) Termination
A Justice Department referral shall cease to be in effect with respect to a person when -

(i) the Attorney General notifies the Secretary, in writing, that -

(I) he will not prosecute such person for any offense connected with the administration or enforcement of the internal revenue laws,
(II) he will not authorize a grand jury investigation of such person with respect to such an offense, or
(III) he will discontinue such a grand jury investigation,

(ii) a final disposition has been made of any criminal proceeding pertaining to the enforcement of the internal revenue laws which was instituted by the Attorney General against such person, or
(iii) the Attorney General notifies the Secretary, in writing, that he will not prosecute such person for any offense connected with the administration or enforcement of the internal revenue laws relating to the request described in subparagraph (A)(ii).

(3) Taxable years, etc., treated separately
For purposes of this subsection, each taxable period (or, if there is no taxable period, each taxable event) and each tax imposed by a separate chapter of this title shall be treated separately.

(e) Limitation on examination on unreported income
The Secretary shall not use financial status or economic reality examination techniques to determine the existence of unreported income of any taxpayer unless the Secretary has a reasonable indication that there is a likelihood of such unreported income.

2 サモンズの送達及び調査の日時と場所

2.1サモンズの送達
サモンズを発する権限は財務長官に与えられていますが、実務的には、IRSにおいて調査、徴収及び犯則調査を行う職員がサモンズを発することになります。

IRC7603条はサモンズの送達に関し規定しています。すなわち、
(1)調査官が名宛人に対してサモンズの正規の複写を手渡すか、名宛人の直近における通常の居住所に差し置く必要があること
(2)送達担当者により署名された送達証明は、IRSによる執行請求訴訟(後述)における証拠となること
(3)サモンズが帳簿、書類、記録その他の資料の提出を求めているものである場合においては、当該帳簿等に関し合理的確実性(reasonable certainty)をもってサモンズに記載されていれば当該サモンズの有効性を満たすこと
の3点です。
Sec. 7603. Service of summons
(a) In general
A summons issued under section 6420(e)(2), 6421(g)(2), 6427(j)(2), or 7602 shall be served by the Secretary, by an attested copy delivered in hand to the person to whom it is directed, or left at his last and usual place of abode; and the certificate of service signed by the person serving the summons shall be evidence of the facts it states on the hearing of an application for the enforcement of the summons. When the summons requires the production of books, papers, records, or other data, it shall be sufficient if such books, papers, records, or other data are described with reasonable certainty.
(b) Service by mail to third-party recordkeepers

(1) In general
A summons referred to in subsection (a) for the production of books, papers, records, or other data by a third-party recordkeeper may also be served by certified or registered mail to the last known address of such recordkeeper.
(2) Third-party recordkeeper
For purposes of paragraph (1), the term "third-party recordkeeper" means -

(A) any mutual savings bank, cooperative bank, domestic building and loan association, or other savings institution chartered and supervised as a savings and loan or similar association under Federal or State law, any bank (as defined in section 581), or any credit union (within the meaning of section 501(c)(14)(A)),
(B) any consumer reporting agency (as defined under section 603(f) of the Fair Credit Reporting Act (15 U.S.C. 1681a(f))),
(C) any person extending credit through the use of credit cards or similar devices,
(D) any broker (as defined in section 3(a)(4) of the Securities Exchange Act of 1934 (15 U.S.C. 78c(a)(4))),
(E) any attorney,
(F) any accountant,
(G) any barter exchange (as defined in section 6045(c)(3)),
(H) any regulated investment company (as defined in section 851) and any agent of such regulated investment company when acting as an agent thereof,
(I) any enrolled agent, and
(J) any owner or developer of a computer software source code (as defined in section 7612(d)(2)). Subparagraph (J) shall apply only with respect to a summons requiring the production of the source code referred to in subparagraph (J) or the program and data described in section 7612(b)(1)(A)(ii) to which such source code relates.

2.2調査日時と場所
調査の日時と場所に関しては、IRC7602条に基づく調査の日時と場所は「諸般の事情を考慮して合理的」(reasonable under all the circumstances )であることが要求されています。そして、サモンズに基づく調査であるときは、さらにサモンズ送達日から最低10日を経過した日でなければならないとされています(IRC7605条)。この規定は、調査対象者に対し情報と記録を集める十分な時間的余裕を与えるのが目的だとされています。

IRC7605条は、税務調査に関する一般的規定ですが、通常の調査の場合における納税者の事情を合理的に(注4)勘案することを求めているばかりでなく、強制調査であるサモンズに基づくものである場合においても最低10日間という日時の余裕を納税者等に与えているのです。これは、調査日時の告知を調査の適法要件としていないわが国の場合とは、対照的だといえます。
サモンズ規定の一部の内容をみても、納税者の権利保護思想が、具体的に手続規定に現れていることを確認することができます(注5)。
Sec. 7605. Time and place of examination
(a) Time and place
The time and place of examination pursuant to the provisions of section 6420(e)(2), 6421(g)(2), 6427(j)(2), or 7602 shall be such time and place as may be fixed by the Secretary and as are reasonable under the circumstances. In the case of a summons under authority of paragraph (2) of section 7602, or under the corresponding authority of section 6420(e)(2), 6421(g)(2), or 6427(j)(2), the date fixed for appearance before the Secretary shall not be less than 10 days from the date of the summons.
(b) Restrictions on examination of taxpayer
No taxpayer shall be subjected to unnecessary examination or investigations, and only one inspection of a taxpayer's books of account shall be made for each taxable year unless the taxpayer requests otherwise or unless the Secretary, after investigation, notifies the taxpayer in writing that an additional inspection is necessary.
(c) Cross reference
For provisions restricting church tax inquiries and
examinations, see section 7611.

(注記)

1.IRC6001条は、
「本編により賦課される租税を納付しなければならない者は全て、財務長官が定める記録を保存しなければならない」と規定し、財務省規則は、「所得税を納付しなければならない者、若しくは、所得に関する情報申告書を提出しなければならない者は、総所得、各種控除、税額控除の金額その他その者によって当該納税申告書または情報申告書に記載されなければならない事項について十分に証明することができる恒久的会計帳簿または記録・目録を保存しておかなければならない」
と規定している。アメリカにおける納税者は、日本よりはるかに厳しい帳簿・記録保存義務があり、 IRSはこれらを全て調査する権限を有することになる。
Sec. 7601. Canvass of districts for taxable persons and objects
(a) General rule
The Secretary shall, to the extent he deems it practicable, cause officers or employees of the Treasury Department to proceed, from time to time, through each internal revenue district and inquire after and concerning all persons therein who may be liable to pay any internal revenue tax, and all persons owning or having the care and management of any objects with respect to which any tax is imposed.
(b) Penalties
For penalties applicable to forcible obstruction or hindrance
of Treasury officers or employees in the performance of their
duties, see section 7212.

2.民主的納税制度である申告納税制度の下において、IRSに税務調査権を与えている理由として、連邦最高裁は、United States v. Bisceglia事件において「申告納税制度は、個々の納税者の誠実な情報開示を政府は期待するしかない。しかし、この制度を悪用しようとするものが存在し、脱税を犯したものを判別することが困難である以上、IRSに対し税務調査に対する広範な権限を与えている」と指摘し、「このような調査権は、従来使用されてきた意味での、租税法規違反が存在すると考えられる相当な理由(probable cause)がある場合でなくても行使できるのである」との見解を示している。420 U.S. 141 (1975)
刑事捜査においては、合衆国憲法修正4条に基づき、証拠の蓋然性として①刑事事件に関係のある物品の存在とその物の特定、②捜査の場所に当該物品が存在することの二つの要件が満たされなければならないが、行政調査において同じ要件を求めることは不可能であるということである。
3.金子宏「アメリカにおける税務調査――質問検査を中心として」『日税研論集』9号30頁以下(1989)に詳しい。
4.「合理的」基準の具体的内容に関しては、下川環「アメリカの税務調査手続における適正手続と納税者の権利保障――召喚状による質問検査を中心に」『法律論叢』68巻2号117頁(1995)参照。
5.増田英敏「アメリカ合衆国の税務調査と納税者の権利」松澤智先生古希記念論文集『租税行政と納税者の救済』(中央経済社、1998)112ページ

以下、続く。
[PR]
by nk24mdwst | 2008-04-16 15:51 | 租税法(アメリカ)


<< rain, pain, and... sunny day, in d... >>