imaginary music all out

 タイヤの交換が遅れているので、明日の朝が心配。

 とりとめもなく、集めたアーティストの名前を列挙してみます。

 ヴァン・モリソンを忘れてました。
 ポール・バタフィールドとマイク・ブルームフィールド。
 
 何も、見ず、思いつくまま。

 夕べ、ダニー・オキーフを聞いてて、なぜ、彼のエポニマス・タイトルのアルバムがあるのか。完全に失念。今朝、調べてみたらマスル・ショールズで録音してるんですね。エディー・ヒントンをコンプリートしようと思って入手したのだと気づきました。覚えのある音だなと思ったはずです。

 ディランか・・アナザー・サイドまでの曲は、レコードじゃなくて譜面で覚えたという不幸なガキで。

 ディレイニー&ボニー、リオン・ラッセルというあたりは、なぜ、1970年前後に彼らがイギリスの連中と一緒にやるようになったかってことを知らずに集めてましたね。ブラインド・フェイスの前座をD&Bがやったというのがきっかけ。

 うーん、私の関心の中心は、ハリウッドとイギリス、ナッシュヴィル、メンフィス、アラバマの音楽シーンがお互いに影響しあっているということあたりでしょうか。中心はハリウッドで、あと、ナッシュビルの存在って日本人が思っている以上なのですね。

 最近は、アラバマ周辺の人たちに関心が移っていて。ブルーグラスとブルースの両方やるゲリー・ニコルズと、ベッカ・ブラムレットが贔屓。このあたりは、ミーハーです。

 集めているものって他になにあったかな。
 
 有名どころで全く手を出してない人っていうのがかなりたくさんあって、まあ、そんなのは私も忘れているので。
 ライ・クーダーは全部あるのかな。ソロはそろっても、セッションは全部そろえられない。彼のギター・スタイルに影響を受けたのは16歳のときで、その頃に比べたら、今は、関心の中心からは遠いな。

 ジョン・フレンチの本を読んだからだろうな。

 クイックシルヴァー・メッセンジャー・サーヴィスとかエアプレーンって似てるようで、かなり違うような。エアプレーンのライブの下手さっていうのもなかなかのものだったわけで。

 宿題からの逃避はおしまい
[PR]
by nk24mdwst | 2012-12-06 14:14 | 音楽


<< are yall talkin... lack of languages >>