dead fiascograhpy

 ザッパのリマスターがどさっと出ました。まあ、ゲイル・ザッパの振り込め詐欺みたいな話もあったりするのだけど、そんなのはどうでもよくて、このところ、ザッパをずっと聞いてます。久しぶりです。年代順に聞くのは面倒くさいので、アルファベット・オーダーで聞いてますが。

 80年代のバンド編成でのスタジオ録音ものについて、ちょっと、見方が変わりました。歌詞の同時代性、レゲエを取り入れすぎているのが却って、古びた感じがすると思っていたのだけど、見直しました。
 デニー・ウォーリーは、凄い。

 デッドの80年代ものは、一つも持ってないのだけど、「デッドのコンサートチケットが取れないの。あたし、悲しい」っていうところからザッパの80年代は、始まるのかな。

 車の中では、FAME録音物ばかり聞いてます。デュアン・オールマンってFAMEじゃ、結局、ナンバー3くらいの位置づけですね。しかし、あれくらいの飛び入り演奏でバンド維持ができたわけで、ショールズのスタジオじゃ、結構みな稼げたって話です。エディー・ヒントンもセッション・プレイヤー時代は、下手なロック・スターより稼いでた。1970年の10万ドルは悪くないでしょ。
[PR]
by nk24mdwst | 2012-12-02 07:19 | 音楽


<< lack of languages zappa fiascography >>