just before sunrise

さて、二日連続であります。早朝ゆえ、頭がぼっとしております。ジュディ・コリンズの5thアルバムを聞いているので、その感想を書いてもいいのですが、まじめに書こうとすると・・・
 
 指がキーボードの上を踊るがまま、余り何も考えずにそろそろと参りましょう。

 今さっき、起きたところなのですが、夢を見ました。夢の中で夢を見ていると気がついたので、その夢の中の夢が何かを思い出したいのですが、高校時代の自分が出てきたような気がするだけで。夢を見ていると気づいた夢は、それ以外のことは覚えていないし。夢を覚えていられないのです。

 私の行ってた大学は、下宿から坂を下ったところにありました。高校は、バス停から丘を20分ほど登ったところにありました。昔は、試験に間に合わない、坂を登っても登ってもたどり着かないという夢をよくみたのです。なぜか、坂の下にあるはずの大学へ向かって坂を登るというところが夢の夢たる所以ですか。仕事に追われているときにみたのですね。今は、見ません、全く。

 仕事に追われていないか。今の方が追われています。仕事が増えたからじゃなくて、能率、能力が落ちているので減っているのに追われているというお粗末。年の功か、あまりそういうことを気にしなくなったのでしょうね。期限までに、仕上げないと不利益を関与先に与えてしまう仕事をしているので、期限までに間に合わないなんてことは絶対に許されないわけで。

 横道です、例によって。思い出しました。記憶をたどって、子供のころの一番最初の記憶って何かなってという話から、始めようなんて思っていたことを思い出しました。

 昔のことは、断片でしか覚えていませんけれど。今の仕事を始めてからのことは思い出そうと思えば覚えていますが、苦い思い出ばかり。そうでないものもあるけれど、なぜか、仕事が税金関係、趣味は、租税制度の勉強、研究と判例を読むなんて変人になってしまったので何を書けばいいのか。おいおい、これまで、そんなことばかり書いてきたじゃないかと、自分で突っ込みますか。

 後は、音楽か。映画を浴びるほど見てたころもあるし、最近、60年代の日本のプログラム・ピクチャーを見直していて、昔だったら気づかなかったことに色々気づいているのですが。前口上ばかりだなあ。

 一番、古い記憶のことから、次回は書き始めるという当てにならない予告をして終わります。

 本編のない、出来損ないの予告・・・続く・・・かな

と、ここまで、昨日の朝、書いて、投稿できなかったのだけど、さて、できるかな
[PR]
by nk24mdwst | 2012-10-26 05:49 | 音楽


<< without net try to remember >>