Whatever happened to Bobbie?

とにかく、最近、訃報ばかりで時代の終わりを感じますね。私がなじんで聞いていた人たちで生き残っている人は、60代半ばから70代になってますから、仕方がないことですが。

ダグ・ディラードも病気だと知ってたのですが、今週亡くなってしまいました。

個人的に一番訃報を聞いて残念だったのは、バート・ジャンチです。

60年代に彗星のように現れ、70年代に静かに隠遁生活に入ったボビー・ジェントリーの特集をイギリスのBBCチャンネル2がやりました。ここできけます。

Whatever Happened to Bobbie Gentry?
http://www.bbc.co.uk/i/b01hjd81/


ローザンヌ・キャッシュがナレーションをしてます。当時の関係者のインタヴューを交え、バックではボビーのヒット曲が流れます。
彼女の経歴について語る必要もないと思いますが、いい番組だと思いました。サイモン・ニコルの奥さんに教えてもらいました。FBのおかげ。イギリスにいなきゃ、今、聞いたけど、よかったなんてわかりませんからね。

不勉強で、キャリアの最後の方でボビー・ジェントリーがマスル・ショールズのFAMEで録音していることを知りました。'Fancy'というアルバムをつくってます。ショールズの知り合いに知っているかと聞いたら、知ってると。
彼の知り合いがキーボードをやってたと思うという話でした。ご当人にはまだ確認してませんが。
70年なので、ジミー・ジョンソン以下は独立したあとのセッション・プレイヤーの時代になるようです。

クリップをはってもいいのだけど、ボビー・ジェントリーについては、もっときちんと整理されたサイトがあるのでやめます。

しかし、食うために仕事はしなきゃいけない。国民年金しかないから死ぬまで・・・できるかどうか解らんけど。

5月もあと10日。3月決算、原稿2本、おまけに調査の立会い、やりたくないことばかり。本も読みたいし、音楽も聞きたい。

誰も反応しないから、ブログは気楽。
[PR]
by nk24mdwst | 2012-05-20 06:38 | 音楽


<< I'm still here duck's gone >>