call me a vegetable not any number

3連休は、道を走る車も少なく、ショッピングモールの人でもまばら。明らかに自粛ムードですね。
精神的なものもあるでしょうが、経済的な先行き不透明感が財布の紐を締めさせている。

ジミ・ヘンドリクスのエンジェルは、決定版がないのです。


も一つ、ジャム


ジミヘンは、パフォーマーとしても優れていたと思うのですが、それを見るのは40年前に不可能になってしまった。レコーディング・アーティストとしてのジミは、全く新しいアイディアの持ち主の一人だったはずなのだけど、66年から68年始めにかけて、三作出したきり。後は膨大なデモの山。
全部ゴミだといってもいいです。ゴミを集めたから言えます。

最後は、DBT。


Buttholeville というのは酷い名前ですが、何をというかどの町を指すのかは想像がお付かと。物議を醸した曲です。
DBTは、マスル・ショールズ・リズム・セクションの息子が中心になっているということで、世代と育った環境を理解してみる。ハリウッドで、おじさん二人がアカデミー賞を取ったというランディ・ニューマンのアラバマ版といったら、石が飛んでくるか。

アーティストはタグを三個まで入れられるので、リック・ロバーツのいるころのフライング・ブリート・ブラザーズ。


共通番号制度の話とかあるのは、明日。
[PR]
by nk24mdwst | 2011-03-22 17:02 | 音楽


<< what about y... lasted russed l... >>