it's fine and cold

晴天なれど、寒し。

Harry Nilssionを聞いてます。飽きないです。

季節商売という観点から言うと、いわゆる繁忙期に入っています。儲かって儲かって仕方がなく、税金対策どうしようなんて人は、誰もいなくて、何とか一年生き延びた、今年これからどうしようって愚痴ばかり聞く日々。
そういう人たちにすがって生きているこちらも、明日をも知れないのだなんて、言う訳にもいかず、空元気を出して、政府はわかっちゃない、だけど、自助努力で頑張りましょうなんて励ましてる。
他人に対する励ましが、自分に対する励ましになって意欲も出る・・・まさか・・・どれくらい落ち込んでいるのかは、数字を見ているこちらには手に取るように解り、一層先行き、暗いなと思うところを無理やり元気付けているわけで、その分、エネルギーを消耗するのですよ。
こんな思いは、税務調査に来る税務署員にはわからないでしょう。
同様に事業者の帳簿を見ている会計事務所職員にわかるかというと、彼らは(彼女達)、結局、サラリーマンだから自営業者の私とは観点が違うでしょうね。

マスル・ショールズ近辺にフェイスブックで知り合いが少なからずできましたが、かなりの人が自営。Self-employというわけだけど、地域で音楽活動をしている自営なんていうのは、スターなんかじゃないわけで。
世代的には私よりも若い人もいますが、エディー・ヒントンとかデュアン・オールマンと一緒に仕事をしたなんて人もいたりして、ちょっと楽しいです。

金曜の夜は、街のたまり場に集まって、カラオケやるんだとかなんて話を横目でにらんでいるわけです。Karaokeも英語なのですね、いまや。

何を書こうと思ったんだっけ。

週末というか土曜、日曜に仕事をすること自体はそれほど抵抗ないのです。ただ、誰かと会って話をしなければならないというのは、デスクワークよりはるかに疲れるので、土、日は避けたいのですが、時間がないから仕方がない。
[PR]
by nk24mdwst | 2011-02-11 15:48 | 音楽


<< dayly jop dealing taxes >>