high tide

今日は、左義長、正月飾りを燃やしました。
1月15日でないので、何か不思議な感覚です。

例年のごとく、いつも行く、車で1時間ほどのところの神社へ遅かりし初詣。
神社庁ともめて最高裁まで争い、昨年決着がついたとことです。納まるべきところに納まったということでしょう。どたばたがあったせいか、年末にある、年始参りの案内が遅かったのですが。

一年がたつのは、早いです。この年になると、季節ごとに同じことをすることに意義を見出すのですね。
私の生業は、季節ごとに毎年繰り返すものなので、なおのことそう感じるしだい。

雪は免れたものの、強い風と雨で、神社の境内を歩き回るのは寒かったです。人出も、かつてほどでなくなってますね。
ご先祖経ゆえ、神社仏閣、何でもありがたいと単純に思う私なのですが。

北緯37度にあり、山を背に東の海の方を向いている神社です。最初の鳥居は砂浜にあります。先祖が来た方向を向いているというわけですね。

今週から来週にかけて、ちょっと遠出をするので、連日更新だけが自慢のこのブログの更新ができない日があるやに知れません。
ウェブにつながる環境なのかどうか。面倒くさいので調べてもいませんが。

昼飯を食いながら、家人となぜかし半世紀前の思い出話をしてしまいました。

さて、特に、言うべきこともなし、これにて失礼。

夕べは、また、Captain Beefheartを聞いてました。飽きませんな。
[PR]
by nk24mdwst | 2011-01-09 18:27 | 音楽


<< library freezed to die ... >>