doc, feel so bad

役所は今日で御用納め、ということで、とにかく今日は、あちこち走り回り、疲れました。

幸い、雪は雨に変わって、その後、晴れたので助かりましたが。
朝一番から、役所へ書類提出なんていうのは何だかな。
役所のみなさんも正月は、お休みいただければいいのです。ただ、年末調整等は、原則、1月10日までに全て計算を終わらせて、源泉徴収義務者が納税をしなければならないので、正月休みなんて無いわけです。
お客さんも明日辺りから、4日ないし5日までお休みなるのはいいけれど、月末を挟んで1週間ブランクがあるのに、翌月10日というのはきついのです。

もちろん、小規模事業者(10人以下)に関しては納期の特例の特例(誤植じゃないです)で、1月20日に半期分納付が認められてはいますが、いずれにしろ1月中に支払調書と合計表を提出する必要があるし。

要するに、日本の源泉徴収制度を年末調整によって完結させることができるのは、事務負担を役所内部ではなくて外部へ委託している(役所が金をくれるわけじゃない)形になっているからです。
アメリカだとこの部分は源泉徴収義務者ではなく、個人がそれぞれ確定申告によって行うというわけです。

一応、年末だから、自分のところへ来ている請求書については全部払っちまわないといけないし。これがまた、銀行が混んでいる。おまけに本人確認だの何だのというから、仕事の関係での振込みでもめんどくさい。

いまは、ウィルコ・ジョンソン時代のドクター・フィールグッドを聞いてます。ミック・グリーンをコピーしたのがウィルコ・ジョンソンですが、ミック・グリーンも亡くなりました。
この後、Pirates聞こうかな。

Ritchie Haywardも亡くなったのですよね。ということは、Little Featには、オリジナル・メンバーはもう、Bill Payne だけになっちまったということか。
まあ、Paul Barrere のバンドになっちまってるから関係ないけど。

ロウェル・ジョージは、ザッパの追っかけをしていて、レイ・コリンズが抜けたので後釜に納まった。もちろん、穴を埋められるはずも無く。Burnt Weeny Sandwich のWPLJは、耳を澄ますとロウェルの声が聞こえますね。
ビル・ペインもやっぱり、ザッパの追っかけだったけど、結局入れてもらえなかった。当然でしょう。ポールはリトル・フィートの追っかけだった。
このあたりのいきさつは、Rock'n'Roll Doctor と言うロウェルの評伝に書かれています。
リトル・フィートのファーストは、ハウリン・ウルフ風のブルーズも少なからずあって、Magic Bandに通じるものも少し感じます。この頃のロウェルの歌い方はビーフハートの影響があるんじゃなかろうかというと、そうじゃない、ハウリン・ウルフだって言われますね。
むかーし、カラオケで歌を歌ったら、サザン何とかってバンドの人に似てるって言われたのですが、その人と同じ人を真似てただけです。サザン何とかのアルバムないし、歌も一つも歌えない。
ビーフハートの歌を聞きながら、マジック・バンドのメンバーと一緒に合いの手を入れることはできますが。ビーフハートの歌もハミングできると言えばできますが、あんな風に歌える人は、他にいないので、一緒に歌えるなんていえません。
歌詞とメロディーを覚えているのに自分で驚いてます。

ドクター・フィールグッドはローリング・ストーンが昔、貶してましたね。ゴミだって。デイヴ・マーシュ。彼がそういうなら、買うのが正解。
褒められているから買うというのもありでしょうが、貶されているから聞いてみるべきだってものもあったりして。

批評で貶していたら一度、聞いてみるべきだという批評家は、単に私と好みが違うだけですから、きちんと一定の視点で評価している立派な人なんでしょう?!
[PR]
by nk24mdwst | 2010-12-28 18:51 | 音楽


<< work's over turn your love ... >>