beef bites tax

雨降り。当地の12月らしい天気、なれど、暖かい。

長いですが、一読の価値ありかと。
Captain Beefheart's Far Cry

This excellent article / interview was written by Lester Bangs and was taken from the October 1st - 7th 1980 edition of Voice.

He's alive, but so is paint. Are you?
http://www.beefheart.com/zigzag/articles/cry.htm
John "Drumbo" Frenchのことが頭から離れない。
http://www.properuk.com/artist-drumbo-john-french.html
Van Morrisonをずっと2週間ほど続けて聞いていて、以前と全く違う印象を持ち出してい手、Them まで遡ったので、次は、CBを聞こうと思っていた矢先に訃報です。

年末、年始をBeefheartを聞きながら過ごすということになりそうです。
ビーフハートは最初から最後までビーフハートですね。ロンドンやリヴァプールのライブの演奏レベルが高いのは、ザッパのバンドのライブのレベルが高いのと同様、リハーサルの賜物だと思います。
違うアプローチ、違う方向性の二人の独裁者が生み出した音楽の共通点と相違点。

共通点は出身高校が同じこと、Trout Mask Replicaというアルバムを作ったことですね。
Trout Mask Replicaをどう位置づけるかが宿題です。このアルバムの主導権は誰にあったか。一番貢献したのは誰なのか。皮肉なことに、このアルバムは一度も絶版になったことが無いのですね。
[PR]
by nk24mdwst | 2010-12-22 11:38 | 音楽


<< don't do no... legacy >>