still something wrong

みぞれというか、雪混じりの雨です。
例年なら12月第1週にタイヤ交換をしているはずなのですが、今年は、まだ。ノーマルだとちょっとの雪で車がすべるのでどうしようもないのです。
人に聞くと、私が東京へ行っていたときに積雪があり、そのときにかなりの人がタイヤ交換を済ませてしまっているようです。
風邪もやっと治まり、頭が少しすっきり、財布はからっぽ、足元寒し。

今週は、気力が無くて仕事場で音楽も聞きません。寝る前はというと、寝床に入ると直ぐに寝てしまっているようで睡眠導入剤代わりの音楽も必要ない。
頭痛のときに、ヘッドホンで音楽を聞く気なぞ起きるはずがない。

音楽については特に語ることも、無いのですが。

フェイスブックで何人かアメリカは、アラバマ州に知り合いができました。顔写真を入れて実名ですから、自然とお行儀も良くなります。
思想信条や小難しい話は、なしよ、です。

もっとも、アドレスを公開しているのでフェイスブック以外で直接忌憚のないところでの話は、可能ということなのでしょう。

アラバマ州、特にマスル・ショールズとシェフィールド近郊の人たちと知り合いになったというのはスコット・ウォードさんがきっかけだからです。
彼の周辺にいるミュージシャン等とやりとりしていて、エディー・ヒントンの話になったら、60年代から良く知っているなんて人が現れたのですね。
まあ、経歴から予想はしていたのですが、エディー・ヒントンの奥さんは高校の同級生だったなんて話でありました。

などと1960年代半ばのディープ・サウスに思いを馳せながら、聞いているのが、21世紀になってからの、ウォーレン・へインズのベネフィット・コンサート・シリーズ。フィル・レッシュ&フレンズにウォーレン・へインズが加わっている。
スコット・ウォードさんは、へインズみたいな風貌であります。

今朝見た夢は、不思議で、身内の結婚式で演奏しているのがMothersだというものでした。インスト中心マザーズじゃなくて、Flo & Eddieにオリジナル・マザーズが加わって、寸劇をやり続けるパタンのマザーズ。英語でしゃべってた。今週、ザッパ、聞いてないのに不思議だ。
英語でしゃべってるから何をいってるか、解らない。どうせ、夢ですから。
[PR]
by nk24mdwst | 2010-12-16 14:38 | 音楽


<< here it comes no one's ru... >>