long wat to go, boy

何とか、年越しできそうかな。資金繰りの話。
ウィンドウズ7が重いので頭にくる。重いだけじゃなくて、頭がまた悪くなっている。
仕事用のアプリがXPに対応しないからというので仕方なく入れ替えた。馬鹿高い金払わされて。

12月だというのに、暖房を入れていないという、今年の馬鹿陽気。
Van MorrisonとZappaを聞いていると、いつまでたっても終わらない。
Fairport Convention一派、Deadご一行なども、切りがないな。

ジミヘンのボックスが出たようだけど、ジミー・ジェイムズ時代のものも入っているようですね。
ジミは、1966年から1968年までの三枚で全てでしょう。あれ以上のものを本人はやろうとしていたのは、色んな音源を聞くと解るのだけれど、結局完成しなかったということは、そういうことですね。
スタジオとライブとでは別人ですし。
ライブのイメージ、ライブ音源を求めるのには余り意味がないかなと。スタジオ・アウト・テイクも所詮アウト・テイク。
くどいですが、Angelを生前、完成させられなかったというのが唯一、個人的には残念です。
一度にあれもこれもやろうと手を広げすぎる。なまじ、できるのが良くない。

Cochiseなんて聞いてます。B.J.Coleのスティールがギターがいる、イギリスのブルーズ・ロック・バンド。狭いところに似たようなバンドが沢山、あったものだと思います。

昨日は、ふと、思い立ってTommy Flandersのソロ・アルバムを聞いてました。いや、なかなか。
最初聞いたときよりも、しゃんとしたものだったと感心。
ギターが三人ほど、あと、ベースとドラムにキーボード、それにフランダースのギターという編成。バックのギターが上手いです。どこでいつ録音したのか。入手したCDは、キリル文字でかかれているもので。
MICHAEL BOTTS A、TOMMY FLANDERS vcls A、BRUCE LANGHORN A、DENNIS McCARTHY A、DICK ROSMINI gtr A、JERRY SCHEFF bs Aと書いてあるサイトを見つけましたが、ドラムは誰?

Seatrainなんてのもありましたね。
[PR]
by nk24mdwst | 2010-12-02 16:05 | 音楽


<< getting darkeer... so, it's co... >>