where's autmn?

庭や町並みの木々の紅葉は、少し色づいたくらいです。
だけど、昨日までは、12月のような冷え込みでした。雨は、この地方の冬の雨。
台風が来たせいでしょうか、きょうは、シャツの腕まくりをするような感じ。

山麓は、実に素晴らしい紅葉を見られる年なのですが、下の方は、紅葉、いまだし。

間違っている可能性が少なくないことを承知で、Margie Josephのスタックスでのセカンド・アルバムのドラマーは、限りなくJim Gordonに近いように聞こえました。
'70年代になってからなので、南部でサザン・ソウル・アーティストの録音がしづらくなっていたということが背景にあるのかな。
マスル・ショールズ・サウンド・スタジオやフェイム・スタジオは、サザン・ソウルの名作を生み出してきているのですが、オーナーも主要プレイヤーは、みな白人ですから。
マージー・ジョゼフのアルバム自体は、シュープリームスのカヴァーなんかやってて、とてもポップでいいアルバムですけどね。彼女は、ディープ・サウスのミシシッピ州出身で正統派サザン・ゴスペル・ソウルの流れの人ですが。

突然、思い出したのですが、1968年のメキシコ・オリンピックのときにハインズたちが、表彰台でこぶしを突き上げた時から、何が変わって、何が変わっていないのか。

ツイッター上で、DecoysのKelvin Hollyを見つけました。
Scott Ward 氏によるとKelvin Holly は、Spooner Oldhamたちと一緒にカナダ出身有名歌手の奥さんのバック・バンドでツアーに出るそうです。

話題が急に転換。
ジャック・ブルースに、なぜ、長年、Cream 以後もひかれ続けて来たのかは、彼の自伝を読んで納得しました。Creamのスタジオ録音がひどかった理由も解りました。時間がなかった上に、仲も悪かったから。
ジャック・ブルースはストレートなロックの作曲家でもなければ、ジャズの作曲家でもないような気がします。部うr-ズ・ファンであるのは事実だすが。西洋古典音楽の影響とイギリスにおける、ジャズの位置づけがアメリカとは違ったというところなのかな。
根拠を示して、理論付けていないので単なる感想にもなっていませんが。

ザッパとブルースは、ある意味では非常に似ているのだけれど、作ったものは決定的に異なっているのは、なぜかということもだんだんわかってきました。
良し悪しは別にして、正規の古典的音楽教育を受けているか否かというよりは、西洋古典音楽からの影響が大きいのだけれど、影響の元が時代的にいうとザッパの方が新しい。それから、ザッパはジャズ・プレイヤーとして金を稼ぐ必要がなかった。

John Frenchの本を読んで非常に良くわかったのは、ドン・ヴァン・ブリートは、唯一無二の理解不能な人物であることかな。知れば知るほど、解らなくなった。

いつかも書きましたけど、サザン・カリフォルニア内陸部における、カントリーの影響、特にオクラホマ出身者の影響かなあ。
それから、アメリカ南部における人種隔離政策というのはいまも続くわけですが、建前での平等と本音での隔離、さらに、底辺での文化的相互交流の深さでしょうか。

宿題が山ほど残っているので。
[PR]
by nk24mdwst | 2010-10-31 15:50 | 音楽


<< it starts raining feel so bad >>