tweeting or blogging

暑い、朝から35度ほどあるのじゃないでしょうか。

いつもの日曜と同様、午前中はショッピングモールで買出し。夏休み最後の日曜、通常の日曜より人出多し。

ブログやってて、一応、この二年ほど一日も欠かさず、意味のないことを書き連ね。遅ればせながら、ツイッターなども始めてしまいました。

私の性分にはどちらがあっているのか、どう使い分けるか、まあ、考えるべきなんでしょうが。

気の向くまま書いているうちに、読む人はともかく、自分の思いが勝手に広がる私のようなタイプの場合は、字数制限140字は、きつい。
英語で書くと、あっという間に字数オーヴァーするし、短縮表現を少しは知らないでもないけれど、ツイッター流は解らない。反応が早いのはいいのか、悪いのか。

ノイズが多いのがきつい。
携帯で使うには、ツイッターかなとは思うけど。

昨日、山手線、京急、JALと乗り継いでいる間、Trout Mask Replicaを聞く。眠る前にもう一度聞く。
メロー。

車の中でLittle Feat のSailin' Shoesを聞きながら、Beefheart とLowell Georgeに、共通する、Howlin' Wolfの影響は、いつものとおりに感じたわけです。
ロウェルがスライド・ギターをダビングしているのはMagic Bandだなと。

先ごろ亡くなったRitchie Hayward とJohn French のドラムに共通点を感じたのが意外な発見。
トラウトではフレンチは、バック・ビートをほとんど全くやってないけど。

今朝、疲れていたので、リンダ・ロンシュタットを聞きました。テキサス・カントリーの伝統上にいるって前も書いたことがありますが、良くプロデュースされているし上手い歌手だな。最近のはともかく。
やっぱり、ドラムがいいと歌なんかどうでもいいかなと。

T兄の後姿を見ながら、よろよろ歩いてます。

めがねをかけてないのでディスプレイが見えない。

本を読むことにしましょう。

ウェブを捨てて本を読もう。

来月になったら、タイトルの北京の秋スタイルをやめてしまおうかなと考えています。
[PR]
by nk24mdwst | 2010-08-29 15:11 | 音楽


<< how high the mo... home work done >>