hotter and hotter

午後に入り、どんどん気温が上がっているようです。エアコンを入れているにも拘らず温度の上昇を感じます。

今日は、Van Morrisonを復習中。Moondance, Tupelo Honey と順に、です。まあ、止せばいいのに、長らく我慢していたリマスター版についに、手を出したからですが。このような消費スタイルをアメリカ人が変えることができるか。
I.H.T. Op-Ed Contributor
Rebalancing the World Economy
By RAGHURAM G. RAJAN
Published: August 10, 2010

CHICAGO — There is a fair amount of agreement that the world economy is in need of rebalancing. Countries like Iceland, Greece, Spain and the United States overspent prior to the crisis, financing the spending with government or private borrowing, while countries like Germany, Japan and China supplied those countries goods even while financing their spending habits.
http://www.nytimes.com/2010/08/11/opinion/11iht-edrajan.html
借金して過剰消費するアメリカに対して、中国、日本、ドイツが輸出していた。
アメリカの家計が緊縮に転じた今、どうすべきか。
もう一度、過剰消費体質に戻るのか。中国の内需拡大が有効だなんていってますが、既にかの国ではバブルの兆しと所得格差の拡大が起きていてそうは、簡単に内需拡大というわけにもいかず。
まして、アメリカ政府がとやかく言える問題ではない。
教科書的には、市場が為替レートを通じて調整するということになっているけれど、'85年のプラザ合意は市場の圧力に政府が屈したというべきなのでしょうか。
アメリカの圧力に日本が屈しただけでしょう。
中国政府は人民元の対ドル為替レートの上昇を認めるって言ったけれど、実質的にはそれほど大きな上昇は見られないわけで、経済学なんて、所詮、国際的な政治力学には勝てないのでしょう。

Fairport Convention一派の場合は、ちゃんとしたボックス・セットが出てます。フェアポートだけのもの、Sandy Denny, Richard Thompson, Dave Swarbrick, Dave PeggそれにCropredy のボックス。
Steeleye Spanの方は、そうじゃないですね。
確かに、Ashley Hutchings(もともとFairport)とMartin Carthy(ブリティッシュ・フォークの大物そのものだから当然)のボックスは、あるのですが、スティーライ・スパンのボックスは廉価版以外、ないですね。
このあたりに、それぞれのバンドの位置づけがあるのかな。
June Tabor のボックスがあるのに、Maddy Prior のちゃんとしたボックス・セットって無いもの。これは、明らかにおかしいと思いますが。
スティーライ・スパンはドラムが無いときはともかく、ドラマーが弱いのが欠点か。

個人的には、ドラムのいないときのスティーライ・スパンが好きですけどね。

議会が州政府に対する連邦政府支援法案を可決し、大統領が署名して法律化されました。
House Passes $26 Billion in State Aid

By CARL HULSE
Published: August 10, 2010

WASHINGTON — The House interrupted its summer recess on Tuesday to approve $26 billion in aid to school districts and states to prevent large-scale layoffs of teachers and public employees and to engage in another partisan fight over policy priorities.
http://www.nytimes.com/2010/08/11/us/politics/11cong.html
共和党の抵抗で、50億ドルプラスだった法案は結局、26億ドルになっちまいましたが。
馬鹿げています。

グレグ・オールマンがツアーに復帰というのがタイムズに載るのですね。
August 9, 2010, 4:00 pm
Allman Brothers to Return to the Stage
By BEN SISARIO

Less than two months after getting a new liver, Gregg Allman is ready to work again.
http://artsbeat.blogs.nytimes.com/2010/08/09/allman-brothers-to-return-to-the-stage/
肝臓移植手術から、脅威の復活。

昨日、元スキナードのEd King について触れたんですが、あのインタヴューをみていると、エド・キングは心臓移植手術を受けているのですね。
[PR]
by nk24mdwst | 2010-08-11 16:06 | 音楽


<< dan's comin... blues for eddie >>