mad octopus

いつものように、ショッピングモールへ買い物の日曜日。お盆前で家族連れ多し。
しかし、暑い。

Zappaを聞きなおしていて、Peti Wazoo Tour の不出来振りが際立っていると再確認。
聞くべきものは、Jim Gordonのドラムしかないなと。
スイスでの火事の一件は、Deep Puple の歌のネタを与えただけですが、ロンドンで暴漢にステージから落とされて大怪我をしたのは、結果的にザッパの音楽経歴に大きな影響を与えてしまったようです。
不要の休息期間を作ってしまったこと、Flo & Eddie Mothersでもう少し新たなことをやれる可能性があったのに、その機会が無くなったこと、でしょうか。
Howard KaylanとMarc Volmanは、あのあとスケジュールあけてザッパからの声がかかるのを待っていたのです。
'88年ツアー・バンドくらいのもの1970年代前半に完成させられた可能性が無きにしも非ず。ただ、財政状態が、'70年代と'80年代では決定的に違うのですね、ザッパの場合。
ハーブ・コーエンやワーナーと切れてから、上手く金が回りだし、時代も変わっていた。'80年代にザッパのコンサート会場を埋めた人たちは、'60年代にザッパが一番批判的だった、流行に乗る連中が多かったのではないかなどと思わないでもないです。

このあとに、クルーグマンや税金の話をくっつけるの、やめますね。
[PR]
by nk24mdwst | 2010-08-08 14:24 | 音楽


<< it was never right nothin' cha... >>