still a fool

今朝方、少し、雨がぱらついて、きょうは、日中も日が差さないので、昨日まで程、気温は上がらない。
なれど、蒸し暑いであります。
山が綺麗に見えたのは、梅雨明け直後の数日だけ、後は、ずっともやに霞んで見えない。

夜は、9時半就寝、朝は、5時半に目が覚める。健康的な毎日。
先月の今頃と比べて、やるべきことは少しも減らず。締め切りの来るものから順に片付けていると、当初、締切りまで余裕のあるはずのものも結局やっつけになってしまう。
暇なときに余裕を見て、手をつけていればいいだけど、最近、また昼間、眠くなるパタン。

今朝は、Marvin Gaye とTammi Terrell のデュオのコンピを繰り返し聞いてました。古きよきモータウン・サウンド。早世した2人のことを思うと残念。
全部が全部、ハリウッド録音とも思えない。ホーンとリズム・セクションがちょっとざらついたような感じがあるのは、デトロイトでの録音なんでしょうか。
モータウンはマフィアに乗っ取られたなんてジャック・ブルースが歌ってますが。70年頃の話です。

ハリウッドのセッション・プレイヤーが関与していたとしても彼らに適正対価の支払いが行われなかったのは、単にブラック・ムーヴメントのせいというよりは、モブの関係だと考えた方が納得できるような気がします。
午後は、昨日に続いてZappaを聞いてます。
ジェフ・シモンズのベースは捨てたものではなかったのだというのが、発見。'70年ごろのザッパのギターのレベルだったらアレで充分でしょう。

Sierra Records からJohn Delgado サンのメールが来ました。GPボックスは、もう少し遅れるけど待っていただけますかって。
待ちくたびれた人は、返金しますから申し出てくださいと。いったん返金された方でも、賞品発送可能になったときに注文くれたら最初の特典どおりの条件で販売しますという申し出。
ここまで待っている人は、わざわざ返金してまた注文するなんて面倒なことしないでしょう。

40年近く前に、クラレンス・ホワイトとGPに自分のレコード・レーベル立ち上げるんだといったら、そいつは大変な仕事だって言われたけど、そのとおりになったとも書いてありました。

発注かけたものが、金を払ったのに入荷しないとか、なんだかとっても大変そうです。全部、1人の手作業なんだそうで。

1990年代半ば以後、日本が真性デフレになっているというクルーグマン。
July 28, 2010, 10:12 am
Japanese Debt And Growth

Just a quick note: I thought it might be worth doing an Irons-Bivens plot for Japan
http://krugman.blogs.nytimes.com/2010/07/28/japanese-debt-and-growth/
示されるデータと結論に納得しますけど、ちっとも楽しくない。

アメリカは、ということですね。
July 28, 2010, 8:28 pm
We’re Number One!

I’ve seen a peculiar meme surfacing here and there lately — the assertion that people like me are exaggerating how bad our current difficulties are, that things were actually worse in the 70s and 80s.
http://krugman.blogs.nytimes.com/2010/07/28/were-number-one/
'70年代、'80年代にも同様の不況があったけれど、今回は最悪だという当然の結論ですね。
ジミー・カーターにまで遡っております。カーター時代に問題の種が生じた。

本当は、ベトナム戦争の後、アメリカは、どうしようもなくなっていたのですね、既に。
アフガンへソ連を引きずりこんで、'80年代に体力を消耗し尽くした同士で全力疾走の競争をしてソ連を脱落させ、インチキ・ヘゲモニーをでっち上げたけど、化けの皮がはげつつある、というところでしょう。
[PR]
by nk24mdwst | 2010-07-29 15:45 | 音楽


<< secret word for... who rules the r... >>