photo

ネームカードにEddie Hinton がギターを持って歌っているのを貼りました。
貼れました、というべきでしょうか。

車の中でCream を勇気を振り絞って聞いて見ました。
ドラムとギターが、平均点以下というか、完全に落第。Clapton も駄目だけど、Ginger Baker はどうしようもない。
Wheels Of Fire のスタジオ録音の方を聞いていると、パパラルディが頑張ったのだなというか、ジャック・ブルースの自伝によると何もしなかったって話だけど。
ブルースとパパラルディはバック・グラウンドが似ている。クスリ漬けだったようですね、パパラルディ夫婦は。

クリームの後で、Eric Clapton のエポニマス・デヴューを聞きました。ドラムがJim Gordon に変わると、ちゃんとロックになったので不思議と言うか当然と言うか。

ミック・テイラーがブルーズブレーカーズ以後、ずっと下降線だったのはクスリを止められなかったからのようですし。かみさんがディーラーじゃ。

Tommy Talton とScott Boyer それとDBTばかり聞いている感じです。
トミー・トールトンが、Little Feat ナンバーをやっていたりするのには、笑いますが。

リトル・フィートは、ロウェル・ジョージ没後の活動を否定はしませんが、どんどんドサ回りバンドになっていくだけですね。最初からドサ周りの、もとCowboy コンビとは、違う。余り晴れ舞台に立っていない分、余力が残っているのかな。

ボビー・チャールズが亡くなっちゃったのは残念。

トニー・ジョー・ホワイトは、今の私の感覚では、とても洗練されていると言う感じですね。
[PR]
by nk24mdwst | 2010-06-21 19:35 | 音楽


<< bruce power liar >>