comes an e-mail

きょうは、晴れ。

Sierra Records からメールが来て、もう直ぐGPのボックス出るよって。
もう直ぐって言われてから半年以上たったような気がします。

Burritos 以前のレコーディング他のボックスでおまけがいっぱい。

CBとGPにFZか。

最近、また、80年代ザッパに拒否反応が出てきています。
ABBは、Derek,Warren & Co. と名前を変えてしまえばいいのに。

Greg Allman の声の衰えは、痛々しいとしかいえないわけで。

税理士法1条と納税者の権利擁護論は、どう関連付けられるのか。
納税者と課税当局とでは、持っている情報、能力その他において圧倒的に力が違うので、公正中立な立場にたてと税理士法1条が言っているとすれば、当然、力の均衡を保つために納税者の立場に立つのが論理的帰結になるのか。
個人的には、そう思っていますし、そう思ってやってきたつもりではあります。

ただ、解釈論とすれば、税理士に対する損害賠償ということもあり、税理士は職業専門家としての責任があるわけで、その責任が、納税者の権利擁護と両立するかどうかは自明ではないように思えます。

難しいことを言っているわけじゃなくて、税理士だって間違える。あるいは、そのとき納税者の権利を守るとなれば、損害賠償責任論が出てくるはずなので。

だからといって税務署の下請けになんか成り下がりたくは無いわけです。
[PR]
by nk24mdwst | 2010-04-26 15:47 | 音楽


<< GP's Box then comesthe t... >>