who to roll?

冷たい雨が降る朝です。
明日からは、寒波が来るのだそうで。

Jerry Garcia とHaward Wales のHooteroll ?を探してきて、聞いています。
ハワード・ウェールズは、Dead のAmerican Beauty でオルガン弾いていたりする人です。これ、出たときにLPを買って、二、三度聞いて、つまらんと思いました。

今回聞いているのは、要するにドラムのBill Vitt のプレイの確認のためです。

だいたい、プロデューサーがアラン・ダグラスなので期待通りのできですね。エンジニアは、ボンジョヴィの兄貴の方。
Bitches Brew 時代のMiles Davis 的なサウンドに少し、ファンク風味を足しタ感じで、ジェリー・ガルシアのギターを期待したら当てが外れます。16歳の私がそうだったわけですが。
ウェスト・コースト・ジャズ風なメロウな曲もあって正体不明の一枚です。
これに比べると同時期のSons of Champlin の方がはるかによいですね。

アラン・ダグラスは一時期、ジミヘンの音源のCD化をやりましたが、ひどいものでした。

酷評されているのは、サム・クックじゃなくてテレビ用の伝記映画作者の方です。
TV preview: PBS's American Masters show, 'Sam Cooke: Crossing Over'

DON'T KNOW MUCH ABOUT DOCUMENTARY: Director John Antonelli should have focused more on Sam Cooke's music. (Bob Sandberg/pbs)

By Hank Stuever
Monday, January 11, 2010

It is 1959-ish and Dick Clark is asking the newly famous, chart-topping Sam Cooke why he left a career in gospel music behind to record pop songs -- the genre Cooke's people taught him to regard as "the devil's music." "What caused you to turn to this kind of music?" Clark wonders.
http://www.washingtonpost.com/wp-dyn/content/article/2010/01/10/AR2010011002346.html
サム・クックがどんな育ち方をして、あの歌唱スタイルを作ったかなんて話は全然なくて、単に、年代順にヒット曲を追いかけているだけと。
それから、James Brown, Lou Rawls, Jerry Wexler といった故人のインタヴューが多くて、一体いつ、作ったんだって。Willie Mitchell も亡くなりましたしね。

Soul Stirrers 時代が一番面白いけど、短いと苦言を呈してます。

これも、DVDでいずれ出るんでしょう。しかし、番組の間にCMで流れるサム・クックの5枚組みボックス・セットのコマーシャルのようだって。
新しい、ボックスセットが出るんでしょうか?

サム・クックについてRobert Palmer が書いたもの。
THE POP LIFE

By ROBERT PALMER
Published: January 29, 1986

IN the wake of the Rock and Roll Hall of Fame's first annual induction ceremony late last week, three new albums by exceptional American popular singers have appeared. One is by Sam Cooke, a Hall of Fame inductee; the two others feature artists -Aaron Neville and Arthur Prysock -who have been criminally neglected and unrecorded, men whose contributions can be measured primarily in terms of their outstanding vocal musicianship.
http://query.nytimes.com%2f1986%2f01%2f29%2farts%2fthe%2dpop%2dlife%2d911786%2ehtml%3f
まあ、個人的には、ロバート・パーマーも典型的なRolling Stone の音楽評論家なのだという結論に至った次第でありますが。

例によって脈絡のない書き方ですいません。
[PR]
by nk24mdwst | 2010-01-12 10:42 | 音楽


<< snow and rain piano fighter >>