it's right, but nothing's changed

サム・クックのA change is Gonna come の歌詞でです。
I was born by the river in a little tent
And just like that river I've been running ever since
It's been a long time coming
But I know a change is gonna come, oh yes it will

It's been too hard living, but I'm afraid to die
Cos I don't know what's out there beyond the sky
It's been a long, a long time coming
But I know a change is gonna come, oh yes it will


And then I go to see my brother
And I ask him to help me please
And he just winds up knockin' me
Back down on my knees

There were times when I thought I couldn't last for long
But now I think I'm able to carry on
It's been a long, been a long time coming
But I know a change is gonna come, oh yes it will
Dylan のBlowin' In The Wind のアンサー・ソングだというのですが。

希望に満ちているようですが、不吉な感じもあります。

It's been too hard living, but I'm afraid to die
Cos I don't know what's out there beyond the sky

というあたりですね。実際、この曲を作った直後に、不可解な殺人事件でサム・クックは亡くなります。

ディランにとって、フォーク・ブームというのは世に出るための手段であったのと同様、サム・クックにとってのSoul Stirrers 時代のゴスペルも同様に世に出るためのものだったわけでしょう。

Oh, Lord がHey, Baby に置き換わるだけですからね。

というか、置き換える前から、彼の歌声にノックアウトされるファンは多かったわけです。

Buddy Miles のThem Chages は、ここから出てくるのかな。突然、Chambers Brothers の名前を思い出しました。
夕べ、とこの中で思い出せなかったバンドの名前です。

例の1965年のニューポート・フォーク・フェスティヴァルに出た二つのエレクトリック・バンドのうちの一つ。
もうひとつは、Paul Butterfield Blues Band ということになるわけですね。
[PR]
by nk24mdwst | 2010-01-06 15:38 | 音楽


<< some sunny day some changed, o... >>